« 「第十四話」 | トップページ | 「第十六話」 »

2006年9月27日 (水)

「第十五話」

「ポッポー!」
「行けー!!」
わしは、機関車の運転士をやっとるかっちょいい男の中の男だ。だから皆からは、敬意を込めてこう呼ばれとる。「キャプテン!」とな。機関車の運転において、この西部中を見渡したとて、このわしの右に出るもんなんぞおらん。そして、このじゃじゃ馬を乗りこなせるのも、わしぐらいなもんだ。この雄大な荒野を乗客を乗せて、こいつと走るのがわしの毎日の日課であり、楽しみでもある。しかしだ!その楽しみを邪魔するもんが時折おるってのが、玉に瑕だ。
「キャプテン!!」
「どうだ!奴等も追い付いて来れんだろ!」
「追って来てます!」
「しつこい奴等だ!」
わしらの旅を邪魔するもんの一つに、列車強盗がおる。しかも、数分前からわしとじゃじゃ馬は、奴等と追い掛けっこをしとる。奴等め!わしの楽しみを邪魔しおって!乗客乗員の安全とわしのプライドに賭けて、負ける訳にはいかん!否、追い付かせる訳にはいかん!
「もっと石炭を入れんか!」
「分かりました!」
奴等がいくら列車強盗と言えども、所詮、乗りもんは馬だ!ええぞええぞ。どんどんスピードが上がってきとる。にゃっはっはっ!
「ポッポー!」
これならこのじゃじゃ馬に何者も追い付いて来れまい!ましてや、奴等の馬なんぞ、絶対に無理だ!
「キャプテン!!」
「よーし!このまま次の駅に向かうぞ!」
「キャプテン!!」
「わーった、わーった!焦る気持ちはあるだろうが、祝杯を挙げるなら駅に着いてからだ!」
「駄目です!」
「おいおい!ここでか?いくらなんでも、ここで祝杯は無理だろう!なんたってバーボンが無い!」
「追い付かれます!」
「なにー!!」
本当か?本当に追い付かれそうなのか?この若造が、わしをびっくりさせようとしとるんじゃないだろうな?驚かせてわしのリアクションを見て楽しむ魂胆じゃないだろうな?若い奴等の考えてる事は、分からんからな。どれどれ?確かめてみるかな。わざと大きなリアクションでもとってやるとするか。
「なんだとー!!」
本当だ!本当に追い付かれそうだ!あれ馬か?
「奴等が乗っとるあれ、馬じゃない可能性があるかもしれんな!」
「馬です!」
馬か!そうか!だったら話が早い!
「全速力だー!!」
「はい!」
見ておれ!わしを本気にさせた事を後悔させてやるわい!
「ポッポー!」
そして!じゃじゃ馬を甘く見た事を思い知れ!この列車強盗どもめ!
「にゃっはっはっ!さすがの列車強盗も、これで追い付いて来れまい!」
これで追い付いて来るならば、そいつは嘘だ!
「来てます!」
「うそだー!!」
「本当です!」
あっ、本当だ!しかし、最近の馬ってのも凄いもんだな。フルスロットルの機関車に追い付くんだからな。たいしたもんだ。って、
「ふざけるなー!!」
「キャプテン?」
「おい若造!何で馬が!馬ごときが!機関車に追い付こうとしとるんだ!」
「分かりません!」
「わしにも分かりません!」
いかんいかん。ついカッとなっちまった。こう言う時こそ、冷静にいこうじゃないか。キャプテンとして、冷静に指示を仰がんといかん!
「ワープ!」
「出来ません!」
落ち着け、落ち着くんだわし!
「飛行モードに切り替えるんだ!」
「なりません!」
「なれ!!」
「なれません!」
「そこの赤いレバーを引くんだ!!」
「見当たりません!」
「付けとけ!!」
なんて無茶苦茶言うんだわし!落ち着け、本当に落ち着けわし!
「ポッポー!」
よし!落ち着いた!
「こうなったら限界ギリギリまでスピードを出す!」
「分かりました!!」
頼むぞ!踏ん張っとくれよじゃじゃ馬!
「ポッポー!」
おーし!きたきたきたー!このボジィに響き渡る振動!ハァトゥに伝わる躍動!若い頃を思い出すわい。あの頃は、こんな無茶ばかりしとったもんだ。
「キャプテン!!」
「何だ!!今、思い出に浸っとるとこだ!!」
「浸らないで下さい!!」
「お前がわしの思い出に浸るタイミングまで仕切るな!!」
「追い付かれます!!」
「だったら!!猶の事!!思い出に浸らせてくれ!!ほっといてくれ!!現実逃避させてくれ!!」
「させられません!!」
「そう来ると思って次の手を用意しとる!!」
「何ですか!!」
「例のお助けロボを呼べ!!」
「キャプテン!!」
「何だ!!」
「真面目にお願いします!!」
「うむ!!」
さて、どうしたもんか?これ以上のスピードアップは、じゃじゃ馬を破壊しかねん。
「おい!」
「はい!」
「おい!!」
「はい!!」
「おい!!!」
「はい!!!」
だが、男には、やらんといかん時があるってなもんだ!!
「さらにスピードを上げるぞ!!」
「無理です!!」
「そんな事は、承知の上だ!!じゃじゃ馬を信じるんだ!!いいか若造!!男に」
「もう!!石炭がありません!!」
「なんてこった!!」
「どうしたらいいんですか!!キャプテン!!」
どーするもこーするも、あーするもそーするもないだろうが!
「ポッポー!」
「何をやってるんですか!!」
「考えとるんだ!!」
考えろ!考えるんだわし!考えて考えて考えまくるんだわし!
「その辺にあるもんを燃やせー!!」
「キャプテン!!」
「何だ!!」
「もうやりました!!」
「なんだってー!!」
すっぽんぽんじゃないか!偉いぞ若造!!立派だ!!今のすっぽんぽんのお前を笑う奴がおったら、その前を隠しとるスコップで、わしがそいつを殴り飛ばしてやる!
「ポッポー!」
この汽笛は、わしとじゃじゃ馬からの敬意の汽笛だ!取っておくんだ若造!
「プシュー。」
まあ、現実ってのは、こんなもんだな。そりゃ、止まるってもんだ。石炭で動いとるんだもん。若造の作業着とパンツで動いとる訳じゃないもん。
「シュー。」
じゃじゃ馬よ。ようここまで走り続けて皆の命を守ってくれたな。よう頑張った。後の事は、このわしに任せておけばええ。お前は、ここでゆっくり休んどれ。
「キャプテン!!」
「声デカイんだよ。もう走っとらんのだから、普通のトーンで聞こえるよ。」
「どうするんですか?」
愚問だ若造!勿の論でこうするまでだ!
「シールド全開!」
「完備してません!」
「レーザー砲の発射を許可する!」
「されても困ります!」
「こうなったら秘密兵器の」
「囲まれてます!!」
「なにをー!」
あっ、囲まれとる。完全に囲まれとるよ。まったくもって、逃げ道なんぞ見当たらんほどに、見事なまでに、囲まれとるよ。
「キャプテン。ここは、奴等の言う通りにしましょう。そうすれば、命だけは助かるはずです。」
「若造。」
「はい。」
「補償は、あるのか?」
「・・・・・・・・・ありません。ありませんけど」
「ばかもん!!乗客の命がかかっとるだ!そんな補償も出来んような事が出来るか!」
「すいません。だけど」
「見てみろ。荒野のサンセットだ。まったく、美しいってもんじゃないか。」
「キャプテン?」
「行くぞ!」
「行くって、いったいどこへです?」
「決まっとるだろ!外へだよ。」
「外に出て行くんですか?」
「当たり前だ!」
「どうするつもりなんですか?」
「戦う!」
「戦うって、武器なんて無いじゃないですか!」
「にゃっはっはっ!武器ならここにある!」
「カード?ですか?」
「男ならポーカーで勝負だ!!」
「それこそ、補償が無いどころの話じゃないじゃないですか!そんな提案をしに外へ出て行ったら、一番最初にキャプテンが殺されますよ!」
「ばっかもーん!お前は!わしが殺されたとこを一度でも見た事があるのか?無いだろ!」
「一度で十分ですよ。」
「さあ、行くぞ!」
「ガチャッ。」
「キャプテン!待って下さい!殺されちゃいますって!キャプテン!!」
さあ、列車強盗ども!目にもの見せてくれるわい!にゃっはっはっ!
「さーてと、リーダーは、どいつだー!!」
「俺だー!!」
「やめましょうよキャプテン。絶対に殺されちゃいますって!」
「うるさい!お前は、黙ってそいつで大事な部分でも隠しとれ!貴様かー!だったらわしとこいつで勝負しろー!!」
「もうどうなっても知りませんよ。」
「奇遇だなぁ。俺もこいつで勝負をつけようと思っていたとこだ!!」
「んな馬鹿な!」
「にゃっはっはっ!だったら話が早いわい!」
吠え面かくなよ列車強盗どもめ!返り討ちにしてくれるわい!!
「ルールは、ファイブカードスタッド!!勝負だ!運転士!!」
「運転士?わしゃキャプテンだ!さあ、来い!列車強盗!!」

第十五話
「サンライズポーカー」

|

« 「第十四話」 | トップページ | 「第十六話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/3511810

この記事へのトラックバック一覧です: 「第十五話」:

« 「第十四話」 | トップページ | 「第十六話」 »