« 「第三十三話」 | トップページ | 「第三十五話」 »

2007年2月 7日 (水)

「第三十四話」

 昨日、友達と夜遅くまで飲んでいたせいか、俺は昼過ぎに目が覚めた。まあ、どうせバイトは夜からだし、別に彼女がいる訳でもないし、やる事ないからゆっくりグダグダ時間まで過ごそうと思っていた。
「グゥー。」
何だか腹がメチャクチャ減っていた。そのせいで目が覚めたってのもあるんだよな。下から美味そうなカレーのいい匂いがしている。そう言えば昨日、家に帰って来た時もカレーのいい匂いがしてたっけなぁ。おそらく昨日の夕飯がカレーだったんだな。空腹の絶頂期に達していた俺は、いてもたってもいられなくなり自分の部屋を飛び出して台所に向かった。
「ガチャ。」
「バタン。」
「タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッ!」
「ガチャ。」
「バタン。」
やっぱりな。しかも、テーブルの上にはカレーライスが用意されている。不思議と母親がいる気配は、感じなかった。
「買い物かな?」
そう言って、少し母親の姿を捜しながら椅子に座った。さすが俺の母親だ。ちゃんと俺の起きる時間を分かっていて、あったかカレーライスを用意しとくなんて、粋だね。わくじゃなくって、いきだね。俺は、にんまりしながら目の前のカレーライスを見た。
「ん?」
すると、その横に一枚のメモ用紙が置いてあった。俺は、それを手に取った。
「なになに?」
(おはよう。)
母親からだ。
(おはよう。母ちゃんは、ちょっくら買い物に行ってきやす。)
やっぱり買い物か。まあ、何でおはようを二回続けて書いてあるのか?どうして粋な表現なのか?気にはなったが、そんな事をいちいち気にしていたらこの母親とは付き合っていられない。まあ、でもよく三十年以上も付き合ってこれたものだと、自分で自分を誉めてやってもいいと思った。
(かれーらいすを用意しときました。)
なぜに平仮名?
(サービスでライス大盛りです。)
店か?どんだけ自由奔放な店なんだよ!店主買い物行っちゃったよ!
(しかもおかわり自由です。)
だったら大盛りにする意味無いだろ!おかわりさせる気無いだろ!
(ルーはダメ!)
どんな権限だ!もはやこの時点でライス大盛りは、サービスじゃなくて嫌がらせとその姿を変貌させたぞ!
(逆さから読むと!メダはール。)
棒ちょんはいいだろ!そこまで読まなくてもいんじゃないか?って、こんなメモ用紙一枚で言う事を聞くとでも思ったか!しちゃうよ!絶対にルーもおかわりしちゃうよ!
(お冷もおかわり自由です。)
書くほどの事か?こんなの書く暇があったら、さっさと買い物に行けよ!
(蛇口を捻れば出るようにしときました。)
元々だよ!自分の手柄みたいにすんなよな!
(捻ると言ってもそれは、あくまで表現方法の一つであって、実際には軽く下に押し倒すだけで出ます。)
知ってるよ!俺どんだけ馬鹿なんだよ!何回その作業を繰り返しやってきたと思ってんだよ!
(図5のように→)
無いぞ図5!矢印の先、空欄だぞ!そもそも1~4どこだい!
(二杯目からはアップルジュースが出ます。)
どんなシステムだ!じゃあ三杯目はなにか?オレンジジュースか?
(・・・・・・・・・・・・・・・。)
・・・・・・・・・・・・・・・。ってなんだよ!・・・・・・・・・・・・・・・。って!書かなくていいよ!オレンジジュースじゃないんだろ!ってそもそもアップルジュースが出ないよ!
(もしスプーンを落とした時は・・・・・・・・・。)
なんだよ。
(その時は・・・・・・・・・。)
だからなんだよ。
(そんな時は・・・・・・・・・。)
いったいなんだってんだよ!
(面白く拾え!)
どんなお題だ!誰が得すんだよ!
(それから福神漬けは、まだ漬け途中なのでありません。)
出来とけ!てか自家製なの?初めてその事実を知ったよ!なんかむしろカレーライスより福神漬けの方が食べたくなってきちゃったじゃないか!
(買って帰ります。)
自家製うそかい!そのための買い物だったのか。
(それでは、カレーライスを心置きなくお食べなさい。)
どっかの偉い人なの?俺招かれちゃってんの?まったく・・・・・・・・・やっと食べれるよ。食べてる間にちゃんと福神漬け買ってきてくれんのかねぇ?まあ、スーパーはそんなに遠くでもないからな。ん?ちっちゃな字でまだ何か書いてあるぞ?
(因みに、食べたら死にます。)
なんで?なぜそんなリスクをおかそうとしているんだ?だったらなんのための買い物だ!ん?更にちっちゃな字でなんか書いてあるぞ?
(食べないで下さい。)
だったら作るなよ!俺どんだけ悪い事しちゃったんだよ!悪戯にも限度があるだろ!こんなスタンバイまでされて食わない奴なんかいないっての!
「いただきます。」
そんな事を思いながらスプーンでカレーライスをすくって食べようとした俺は、驚愕の事実を知る事となった。
「な、なんなんだこれは!?」
ス、スプーンの先っちょの部分が!?そこで何かをすくうためにあるスプーンの先っちょの部分が!?スプーンとしては一番重要な役割を担っている先っちょの部分が!?まさにスプーンの部分が!?
「ない!!」
カレーライスを食べようとルーにつけてそれをライスに絡ませようと持ち上げたら先っちょの部分が無くなっていた!いや、よく見ると溶けた感じだ。だったらなぜ皿は溶けないんだ?金属だけに反応する薬品か何かなのか?冷静に分析している場合じゃないぞ!なんなんだこのカレーライスは!まさか本当に食べると死ぬのか!?こ、これは殺人じゃないか!立派な殺人事件じゃないか!なぜだ?なぜ俺の母親は、俺の事を殺そうとしているんだ?俺がいったい何をしたってんだ?俺は・・・・・・・・・。
「何もしていない!?」
確かに俺は何もしないで家でゴロゴロしてる生活を送っているよ!だからって何も殺す事ないじゃないか!待てよ?むしろここで俺が死なないで買い物から帰って来た母親と顔を合わせちゃった時の方が気まずいじゃないか!いったいなんて言えばいいんだ俺は?
「生きちゃった。」
馬鹿か俺は?何をニヤニヤしながら言っちゃってんだよ!
「今日のカレーは、一味違ったね。」
アメリカンコメディーか俺は!笑えるか!なんかいろいろと面倒臭いから、ここはおもいきってガッツリ食べて死んどこうかな?って、いかんいかん!動揺し過ぎて思考回路が麻痺しているぞ。
「ん?これは!?」
俺は、スプーンを握っていた手がベタベタしている事に気付いた。そして、その手を開いて見てみると手の平が銀色になっていた。
「まさか!?」
俺は、重要な部分が無くなったスプーンの溶けた部分を舐めてみた。
「甘っ!」
思った通りだ!このスプーンは飴だ!スプーンの形をした飴だ!おそらく銀色の着色料を使い、スプーンの形にわざわざ作ったんだろう。だから、あったかカレーライスに入れた時に熱で溶けてしまったんだ!・・・・・・・・・なんて手間の掛かる悪戯を!
「暇かっ!」
俺は、思わず声に出してツッコミを入れてしまった。
「はあ~。」
なんかもう疲労と空腹でついつい溜め息が出てしまった俺であったが、何気なくもう一度メモ用紙を手に取った瞬間!衝撃の事実を知る事となった。
「あれ?裏にも何か書いてあるぞ?」
(読んだら死にます。)
「えっ!?」
(読まないで下さい。裏へ続く。)
読んだら死ぬって・・・・・・読まなきゃ読めないだろ!別のメモ用紙に書くとかなんかもっと工夫しろよな!裏へ続く?って、だいたいこっちが表だったのかよ!裏表間違えて置くなよな!いっつも肝心なとこで詰めが甘いんだよ俺の母親は!
「えっ!?」
読んだら死ぬ?読んだら死ぬだって!?読んだら死ぬっていったいどっからどこまでを読んだら死ぬんだ?一文字でもアウトって事か?いやいや、そんな問題でもないぞ!ガッツリ読んじゃったぞ!ツッコミ入れながらガッツリ読んじゃったぞ俺は!死ぬのか俺は?死んでしまうのか俺は?まさか・・・・・・まさかありえない!ありえる訳がない!出来やしない!メモを読ませただけで相手を殺す事なんて出来やしナ
「ガタンッ!」

第三十四話
「おふくろの文字」

|

« 「第三十三話」 | トップページ | 「第三十五話」 »

コメント

ぶは(≧曲≦)ナイス母ちゃんにゃ

投稿: にゃん吉 | 2007年2月11日 (日) 19時15分

粋ですよね。
コメントありがとうございました。

投稿: PYN | 2007年2月11日 (日) 19時24分

食べても、読んでも死んじゃうんだ。。。迷路のようなお話。いっそ死ぬなら一口食べたい。

投稿: yotan | 2007年2月25日 (日) 16時17分

迷路のようなお話・・・。
まさにそうかもしれませんね。
ただ
彼はカレーを食べて死んだのか?
メモを読んで死んだのか?
あるいはもっと別の・・・。
そもそも
彼は本当に死んだのか?
その辺を想像していくとさらに面白いですよね。
コメントありがとうございました。

投稿: PYN | 2007年2月25日 (日) 22時45分

こんばんは(^^)/

メモのボケに突っ込むというお話もすごいですね。しかも、ちゃんと上質なコントになっている!流石!

えーっと、昨日お話しした、詩を書いたブログ友達ですが、「Nagisa」ちゃんといいます。

是非是非遊びに来てください、そのうちこちらからも遊びに来ま〜すとのことです。

アドレス欄に、彼女のブログのアドを貼っておきましたので、よろしかったら遊びに行ってあげてください♪

先日の英文、スペル間違いが一箇所ありました……(^^;)

投稿: MASSIVE | 2010年5月20日 (木) 21時09分

コメントありがとうございました。

上質なコント、ありがたいお言葉を頂戴してしまいました。

僕の目指す一つの形として、コメディー+サスペンスがあってですね。
まあ、そんな感じです。(どんな感じだ!)

アドありがとです。是非是非、遊びに行ってみようと思います。

スペル、良かったら訂正しときますよ。

投稿: PYN | 2010年5月20日 (木) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/5189535

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三十四話」:

« 「第三十三話」 | トップページ | 「第三十五話」 »