« 「第三十六話」 | トップページ | 「第三十八話」 »

2007年2月28日 (水)

「第三十七話」

くるぶし くるぶし
くるぶし仮面

くるぶし くるぶし
くるぶし仮面

全身タイツで戦う
真っ向勝負で戦う

価値ある未来のために
未知なる平和のために

悪者絶対 許さない
悪者断然 許さない

ピンチになったら使うんだ
ピンチになったら使うんだ
チャンスの時でも使うんだ

くるぶしビームを
使うんだ 使うんだ

くるぶしビームで
許さない 許さない

くるぶし くるぶし
くるぶし仮面

くるぶし くるぶし
仮面は付けてない

付けてる感じで戦う
付けてる風味で戦う

意味ある勝利のために
大いなる一歩のために

不正取引 許さない
交通違反 許さない

8割以上はくるぶしパンチ
2割未満もくるぶしパンチ
ピンチになったら使うんだ

ここぞ!と言う時に
使うんだ 使うんだ

くるぶしビームを
使うんだ 使うんだ

くるぶし仮面が
許さない 許さない

「よーし!今日も頑張るぞ!くるぶし号も絶好調だし!くるぶし履歴書だってバッチリなんだ!これで採用されなきゃ嘘だ!嘘に近い!っと!?おっとっと!」
「キーッ!」
「ここだな?ここのコンビニに今日バイトの面接をしてくれる店長さんがいるんだな?くるぶしヘルメット解除!」
「スポンッ!」
「さーて!行くぞー!!」
「テクテクテクテク。」
「オープン・ザ・ドアー!」
「ウィーン。」
「すいません!3時から面接予定のくるぶし仮面と言う者ですが!店長さんはご在宅でしょうか!はい!はい!そうです!はい!あっ!事務所の方にご在宅なんですね!どうもありがとうございました!レッツ・ゴー・オフィス!」
「テクテクテクテク。」
「ふ~ん。なかなかの品揃えじゃないか。これなら、いつ悪者が襲って来たとしても安心だな!安心に近い!おっと!?さてはこの重厚なドアの向こうに店長さんがいるんだな!」
「コンコン!」
「3時に面接のお約束をさせていただきました!くるぶし仮面です!悪者絶対許さない!くるぶし仮面です!青空大好き!くるぶし仮面です!見返り求めない!くるぶ・・・あっ!はい!では失礼します!」
「ガチャッ。」
「バーンッ!!」
「ああっ!すいません!思っていたよりもドアが軽かったもので!」
「パタン。」
「くるぶし仮面です!宜しくお願いします!悪者絶対ゆる・・・えっ!?はい!是非座らさせていただきます!オン・ザ・チェア!」
「ストン。」
「うむ!なかなかの坐り心地ですね!気に入りました!気に入ったに近い!あっ!履歴書ですか!」
「バッ!バッ!バッ!」
「どうぞ!くるぶし履歴書です!熱き魂を込めて!あえて利き手ではない方の手で書きました!はいそうです!くるぶし仮面と言います!はい?本名かと聞かれたらこう答えます!仮面を付けている場合ではない!!と、えっ?齢20歳です!夢はこの世界を悪者のいない世界にする事です!そこに愛はありません!あるのは勇気のみです!ほのかに香る勇気のみです!勇気が・・・はい?特技は皆のアイドル!くるぶしビームです!右足の内側のこの小さく開いた丸の部分から出ているくるぶしから発射されます!くるぶしビームは悪者を懲らしめます!懲らしめるに近い!左足ですか?左足からは出ません!だから穴も開いてません!ほらね?博士が言ってました!もっと強大な悪者が現れた時!その時!お前の左足からビームが出るようになるだろう!と、だから今は出ません!出そうと努力をしても出ません!それはなぜか?博士が言ってました!もっと強だ・・・はい?趣味ですか?こう見えても結構、多趣味なんですが・・・中でも昔から変わらないもっとも有名な趣味と言えばただ1つです!愛しのマスコット的キャラ!くるぶしフィッシュの飼育です!そうです!俗に言う金魚です!金魚に近い!いえ、金魚です!くるぶしフィッシュは、残念ながら喋りません!だから、言葉のキャッチボールは出来ません!が!!心のキャッチボールは出来ます!この前なんてくるぶしフィッ・・・はい?そうですねぇ?長所は悪者を絶対に許さない所です!今まで生きてきた中で悪者を許した事がありません!短所は飽きっぽい所です!あっ!特技で思い出したんですが!歌が得意です!では歌います!くるぶし仮面のテーマ!

くるぶし くるぶし
くるぶし仮面

くる・・・はい?動機ですか?あのう。ここだけの話なんですけど・・・・・・・・・。どうやら博士が悪者を懲らしめるための新たな武器を作るらしいんですよ!で、そのための資金を稼ぐために僕がバイトをしなければいけなくなってしまったんです!感動でしょ?感動に近いでしょ?泣いてもいいですよ?男が人前で泣くのは、何も恥ずかしい事なんかじゃありません!むしろ!正義です!それは正義なんです!博士が言ってました!もっと強だ・・・はい?時間帯は、いつでもオーケーです!曜日もいつでもオーケーです!ただし!悪者がこの世に蔓延りそうになった時には!その時には!!レジを打ってる場合ではありません!袋にお客様がお買い上げになった商品を入れてる場合ではありません!先入れ先出しなんかしてる場合ではありません!バイトの先輩と猥談してる場合ではありません!バイトの女子に恋をしてる場合ではありません!事務所で寝てる場合ではありません!悪者を退治しに行きます!!」
「くるぶし! くるぶし! くるぶし! くるぶし!」
「すいません!ちょっと電話が・・・あっ!出てもいいんですか?ありがとうございます!」
「くるぶし! くるぶ」
「ピッ!」
「はいくるぶし仮面!あ~博士!悪いんですけど今バイトの面接ちゅ・・・なんだって!?なんなんだって!!分かりました!直ぐ行きます!」
「ピッ!」
「店長さん!!今まさに悪者が蔓延りそうになっています!なので!行かなければなりません!ですから店長さん!面接の続きは、悪者を退治してからと言う事で!では後ほど!シー・ユー・アゲイン!」

もしも あなたの家に
写真立てがあったなら

それを くるぶし仮面に
送ってみて下さい

きっと 彼の写真が入って

送り返されてくるでしょう
着払いで届くでしょう

嗚呼 くるぶし仮面
笑顔素敵な くるぶし仮面

嗚呼 くるぶし仮面
心霊写真な くるぶし仮面

嗚呼 くるぶし仮面
今日も悪者 許さぬ仮面

もしも あなたの家に
冷やご飯があったなら

それを くるぶし仮面に
送ってみて下さい

きっと 彼は喜んで

冷やご飯を食べるでしょう
チンせずに食べるでしょう

嗚呼 くるぶし仮面
米大好き くるぶし仮面

嗚呼 くるぶし仮面
味付けは 嬉し涙の塩味

嗚呼 くるぶし仮面
毎日少し 痩せてく仮面

泣きそうになる日だって
折れそうになる日だって

涙は仮面の中で流してる

負けそうになる時だって
諦めそうになる時だって

正義が心の中で流れてる

嗚呼 くるぶし仮面
今日も 悪者と戦う仮面
明日も 空腹と戦う仮面

食費を 水道光熱費が奪う

第三十七話
「くるぶし仮面」

「くるぶし! くるぶし! くるぶし! くる」
「ピッ!」
「はいくるぶし仮面!あっ!店長さんですか!ちょっと待っていて下さいね!今この悪者をやっつけてからそちらに駆け付けますから!後はとどめのくるぶしビー・・・えっ?その面接結果は、決定事項なんですか!?決定事項に近いんですか!?」

|

« 「第三十六話」 | トップページ | 「第三十八話」 »

コメント

採用? なわけ・・・?
こんな店員 余裕があれば 面白いかも♪
仕事できなそ~(^。^)

投稿: chyboo | 2007年3月 2日 (金) 08時51分

採用されたのか?されなかったのか?
さてさて
どっちなのでしょうか?
コメントありがとうございます。
ありがとうに近い!

投稿: PYN | 2007年3月 3日 (土) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/5467790

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三十七話」:

« 「第三十六話」 | トップページ | 「第三十八話」 »