« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月 6日 (水)

「第五十一話」

それは、とても蒸し暑い6月の雨の日曜日の午後でした。私は、外に遊びにも行けず2階にある自分の部屋のベットの上で寝っ転がりながら漫画を読んでいました。
「おーい!」
すると、1階のリビングから私を呼ぶ父の声が聞こえて来たんです。
「なーにー!」
「ちょっと来てみろー!面白いもんがあるぞー!」
正直言うと、怠かったので無視しようかと思いましたが、まあ暇だったし他にする事もなかったので相手をしてあげようかな?と、読んでいた漫画をきちんと本棚にしまい、私は軽い気持ちで部屋を出ました。
「ガチャッ!」
正直、父の面白いもんって言葉に
「バタンッ!」
今年で18になるって言うのに
「タッタッタッタッタッ!」
年甲斐もなく私は、ワクワクしながら階段を降り、父のいるリビングへとやって来たのです。
「ガチャッ!」
「どうだ!凄いだろ!」
ドアを開けた私の目に飛び込んで来たものは、父の横に並ぶ父と同じぐらいの背丈をしたなぜかスーツ姿の人型ロボットでした。
「どうしたのそれ!?」
「びっくりしただろ!雨で暇だったからな。じーさんの地下室を探索してたら発見したんだよ!」
祖父は、2年前に他界しました。当時、祖父の遺産を巡って一悶着あった事は、記憶に新しい事です。父には、3人の姉がいます。まあ、3人の意地悪な姉と言ったほうが正しいでしょうか?祖母は、私が5歳の頃に他界してしまったので、4人で祖父の遺産を分割する事になったのです。父は、半ば強引にこの家と祖父が生前熱心に集めていた「いったいどんな使い道があるの?」って感じのお宝(ガラクタ)を相続したのです。もちろん、お金やら不動産やら価値のある物やらは、意地悪な3人の姉達が相続しちゃいました。
「まさかロボットが眠っているとはな!」
本当の事を言っちゃうと、この子供のようにロボットを目の前にして無邪気に笑っている父が、この家とお宝(ガラクタ)を熱望したんです。父の3人の姉達が無理矢理に相続させた訳じゃありません。まあ、意地悪なってとこは、特に否定するつもりはありませんけどね。母は、そんな父の姿を見て、これまた無邪気に笑っていました。意味分かんないし。
「何なの?このロボットは?」
「いや~雨で暇だったからな。じーさんの」
「それ聞いたから。」
「そうか!じゃあさっそく始めようか!」
「いや間を話してくれなきゃ分かんないから。」
「まあまあ落ち着け!」
「ツケオチ!」
「パパが落ち着きなよ。」
「ツケオチ!」
「じーさんの奴!とんでもない遺産を残してくれてたんだよ!」
「それがそうなの?」
「チガウチガウ!」
「そんじょそこらのロボットじゃないんだぞ!」
「そうなの?そんな風には見えないけど?」
「オマエハパンツマルミエダケド?」
「聞いて驚くなよ!」
「オドロイテモイイゾ!」
「パパ?ちょっと聞いてもいい?」
「なんだ?」
「カンダ?」
「喋ってない?なんかさっきっからちょくちょくこのロボット喋ってない?」
「シャベッテナイシャベッテナイ!」
「気付いたか!」
「気付くって!」
「キヅカレタッテ!」
「ほら?」
「実は、このタイムマシーン」
「えっ!?タイムマシーンなの!?このへんちくりんなロボットがタイムマシーンなの!?」
「ソウダッタンダ!」
私のワクワクは、言葉で表せないほどのワクワクでした。夏休みと学校に行く日が逆になったらきっとこんな気持ちなんだろうなって思いました。ねっ?あんまり上手く言い表せないでしょ?
「ねぇねぇ!どこ行く?あたしはどこでもいいんだけどねぇ~?やっぱし未来がいいかなぁ~!」
「センスナイゾ!」
「なによ!いいじゃないの!あたしの勝手でしょ!いいから早く未来に連れて行きなさいよ!」
「ヤダ!」
「やだってなによ!あんた持ち主の娘の言う事が聞けないって言うの!」
「まあまあ落ち着きなさい。」
「ツケオチ!」
「だってパパ~!」
「ダッテパパイヤ~!」
「そもそも未来や過去なんかに行ける訳ないんだから落ち着きなさいよ。」
「ツケオチ!」
「えっ!?だってさっきパパ、タイムマシーンって言ったじゃん!」
「コチュジャン!」
「うるさい!」
「XOジャン!」
「タイムマシーン君って言おうと思ったらお前が急に話に食いついて来たんだよ。」
「へっ?」
「プゥ~!」
「これってタイムマシーンじゃなくってタイムマシーン君て名前なの?」
「そうだよ。」
「なんてややこしい名前なのよ!えっ?じゃあ、このタイムマシーン君は、いったい何なの?」
「シラナイ!」
「聞いて驚け!タイムマシーン君はな!つっこみマッシィーン!なんだよ!」
「つっこみマシーン?」
「違う!つっこみマッシィーン!だ!」
「そのつっこみマッシィーン!って何をしてくれる訳?」
「つっこみをしてくれるに決まってるだろ!」
「ソウダッタンダ!」
「あたし宿題があったんだった。」
「嘘つくんじゃない。」
「ツケウソ!」
「嘘じゃないわよ!」
「ちょっと待ちなさい!」
「手を放してパパ!くだらな過ぎる!あまりにもくだらな過ぎる代物よ!やっぱりおじいちゃんだったわ!」
「じーさんを悪く言うんじゃない!いいからボケてみなさい!タイムマシーン君がバシバシつっこみを入れてくれるから!」
「バシバシ!」
「そんなの全然面白くない!」
「バシバシ!」
「面白いじゃないか!つっこみを入れてくれるんだぞ?」
「キットナ!」
「パパ1人でやればいいでしょ!」
「たまには娘とのスキンシップをと思ってな!」
「オヤコカンノハレヲヒカセルタメカ!」
「思わないでよ!」
「泣くぞ!」
「えっ!?」
「このままお前が自分の部屋に戻ったら、父さんは泣くからな!しかも窓全開にして!」
ガキかよ!でも私は、父のあまりにも馬鹿げた発言で、少しだけつっこみマッシィーンのタイムマシーン君の相手をする事にしました。実際に父の目がウルウルしてたってのもあるけどね。
「どうすればいい訳?」
「何かボケてみなさい!」
「いきなりそんな事言われても困るよ。」
「イイカライイカラ!」
「えっ?じゃあ、暑は夏いねぇ~。」
「いいぞいいぞ!さあ、タイムマシーン君!つっこみを入れてやってくれ!」
「デ?」
「えっ?」
「えっ?」
「ピクチャー?」
「それは絵でしょ!パパ?全然つっこみなんか入れないじゃない!」
「おかしいなぁ?もう一度言ってみてくれないか?」
「え~!」
「ビ~!」
「頼むよ。でなきゃ泣くぞ?」
「わ、分かったわよ。いや~」
「アツハナツイネ~!」
「何であんたが言っちゃうのよ!何なのこのロボット?壊れてるんじゃないの?」
「おかしいなぁ?ちゃんと動いてるから大丈夫だと思ったんだけどなぁ?博士に見てもらわないとダメかなぁ?」
「博士って誰よ!」
「お前がつっこみ入れてどうするんだよ!」
「ボケてたのね。」
「ドウシタンジャ!」
「あんたが博士やってどうすんのよ!」
「ナツハアツイデショ!」
「今ごろつっこみ入れてどうすんのよ!何なのこのつっこみマッシィーン?てか、何であたしはつっこみマッシィーン!につっこみ入れてる訳?」
「あっ!」
「イッ!」
「どうしたのパパ?」
「ウッ!」
「分かったぞ!」
「エッ!」
「何が分かったの?」
「ピョッ!」
「ピョッって何よ!ピョッって!オッ!でしょ!てか、話してるんだから静かにしてなさいよ!」
「それだよ!」
「それ?」
「THIS!」
「それこれじゃない!って、ややこしいのよ!こいつは無視して続けてパパ!」
「サミシイナァ~!」
「このロボット、タイムマシーン君は、つっこみマッシィーン!だが、ボケた相手につっこみを入れるつっこみマッシィーン!じゃなかったんだよ!一緒にいる相手がタイムマシーン君につっこみを入れる意味のつっこみマッシィーン!だったんだよ!」
「ソンナバカナ!」
「あたしのセリフよ!!」

第五十一話
「つっこみマッシィーン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

「第五十二話」

こんな真っ暗で 真っ暗闇で
いったい何処へ 何処へ向うんだ

そんな大胆な 綿密な計画練って
いったい何を 何を企んでんだ

夜空の星達が 一つ一つ違うように
あれもこれもそれも 全部違うんだ

こんな真っ直ぐで 一直線で
いったい何処へ 何処まで向うんだ

そんな適当な 強い信念持って
いったい何を いったい企んでんだ

夜空の星達に 一つ一つ意味があるように
あれもこれもそれも 意味があるんだ

狙ってるんだか 狙ってないんだか
ないようである
ルールの中を彷徨ってる

何の捻りもない
COSMIC☆な夜



こんな煌めいて とことん輝いて
いったい何処へ 向おうとしてんだ

そんな曖昧な 発想を縁取って
いったい何を 企み続けてんだ

夜空の星達が 一つ一つ思うように
あれもこれもそれも 答えは違うんだ

分かってるんだか 分かってないんだか
浮かんでは消える
ループの中を彷徨ってる

何の捻りもない
COSMIC☆な夜



途方もない 理由もない
勝算もない 理解もない

でも何だか気分がとてもいい

何の捻りもない
COSMIC☆な夜

何の捻りもない
COSMIC☆な夜

あえて捻らない
COSMIC☆な夜

第五十二話
「COSMIC☆な夜」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

「第五十三話」

「ブーン!」
わし、寝てたの。
「ブーン!」
したら耳元で虫が飛んでんの。
「ブーン!」
わし、こう見えても神経質だから虫の羽音が物凄く気になったの。一度気になり出すともう駄目なの。だからわし、そのまま眠り続けてる事が出来なかったの。
「ブーン!」
「ガバッ!」
わし、掛け布団をガバッ!ってやって上半身を起こしたの。
「ブーン!」
この五月蝿い虫を退治する為にわし、上半身を起こしたの。
「ブーン!」
まずわし、本当に虫がいるのか肉眼で確認する事にしたの。
「ブーン!」
いたの。確かにいたの。わしの顔の回りをクルクル回ってるの。わし、直視し過ぎてちょっと酔いそうになったの。
「パチンッ!」
まずわし、右手と左手で挟み打ちにしてやろうと思ったの。だから、予行練習してみたの。
「パチンッ!」
「パチンッ!」
一回の練習じゃ不安だったから、後二回練習してみたの。だんだん右手と左手のタイミングが合ってきたの。わし、これならいける!って思ったの。
「パチンッ!」
やったの。タイミングばっちりだったの。
「ブーン!」
後は、虫が右手と左手にタイミングを合わせてくれれば退治出来たの。わし、こう見えても頭の切り替えが早いの。だから、挟み打ちやめて別の方法を考える事にしたの。
「ブーン!」
わし、ベットの脇にある三段目の引き出しからスプレーを取り出したの。これで虫を一撃必殺なの。
「プシュー!」
「ブーン!」
なんか金色が噴出したの。布団とか金色になっちゃったの。スプレー缶を凝視してみたら、金色って大きな字で書いてあったの。取り間違えたっぽいの。だから、今度はちゃんと殺虫スプレーって書いてあるやつを手に取ったの。そして、虫の方に噴出口を向けたの。これでジ・エンドなの。
「ブーン!」
「スー!」
空なの。中身が空だったの。バーサンのやつ買っとけなの。
「ガンッ!」
「ブーン!」
だから、殺虫スプレーを虫目掛けて投げたの。当たるはずもなく外れたの。
「ブーン!」
したら金色の虫がわしから離れて、ちょこっとへっこんだ奥の壁の方に飛んで行ったの。
「パン!パン!パン!」
「ブーン!」
だからわし、右手を銃の形にして撃ったの。三発目が確かに虫を撃ち抜いたの。でも、嘘んこの銃だったから死ななかったの。
「パン!パン!パン!」
「パン!パン!パン!」
「ブーン!」
だからわし、今度はベットの脇にある二段目の引き出しから本物の銃を二丁取り出して撃ったの。でも、壁に穴が開いただけだったの。たぶん、あの穴を見たらバーサン怒るの。激怒しちゃうの。
「ブーン!」
わし、だんだん腹が立ってきたの。朝から虫におちょくられてる事に腹が立ってきたの。
「ボッ!!」
だからわし、近くにあった火炎瓶を虫目掛けて投げてやったの。
「ブーン!」
ジュウタンは燃えたけど、虫は燃えなかったの。ジュウタンだからよく燃えるの。でもわし、頭の回転が早いから気付いたの。このまま燃え続けると確実に虫は殺せるけど、わしも殺せるって気付いたの。
「パリーンッ!」
だから、これまた近くにあった大きな花瓶を両手で投げて消火活動したの。
「シュー!」
「ブーン!」
見事に火を消す事は出来たの。でも、虫を消す事は出来なかったの。
「ブーン!」
わし、ベットの下にあるバットを取り出して車椅子に乗り込んだの。虫に近寄ってって、直接叩き殺す事にしたの。
「ブーン!」
「ボコッ!」
「ブーン!」
「バリッ!」
「ブーン!」
「ガシャーンッ!」
「ブーン!」
「ボコッ!ボコッ!」
「ブーン!」
「メキッ!メキッ!」
「ブーン!」
「バリバリバリ!」
「ブーン!」
「ガンッ!ガンッ!」
「ブーン!」
「パリーンッ!」
「ブーン!」
「ゴンッ!ゴンッ!」
「ブーン!」
随分としぶとい虫なの。なかなかの虫なの。虫ながらあっぱれなの。部屋が大変な事になってるの。
「ブーン!」
でも、今はそんな事関係ないの。虫がまたわしの顔の回りをクルクル回って挑発してきたの。わし、勘忍袋の緒が切れそうになったの。でも、切れなかったの。だから、タンスの一番上の引き出しからマシンガンを取り出したの。
「ダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッ!!」
わし、ぶっ放したの。辺り構わずぶっ放したの。ストレス解消も兼ねてぶっ放したの。
「ダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッ!!」
「ブーン!」
でも、虫には一発も当たらなかったの。もはやこれって、かなりの強運を持った虫なんだな。と思うしかなかったの。気付くとさらに部屋が大変な事になってたの。大変な事どころじゃなくて、大惨事なの。
「ブーン!」
わし、生まれて初めてなの。こんなに頭にきたの生まれて初めてなの。このとんでもない状態になってる部屋の中を悠々と飛び回ってる虫が憎くて憎くてしょうがないの。だからわし、クローゼットの中にあるバスーカ砲を取り出したの。
「ブーン!」
優雅に飛び回っていられるのも今のうちなの。もうすぐ木っ端みじんなの。わし、構えたの。憎たらしい虫目掛けてバスーカ砲を構えたの。そしてわし、うっすら笑ったの。勝利を確信したからうっすら笑ったの。虫は、あまりにもなめ過ぎたの。わしの事をなめ過ぎたの。
「ブーン!」
「終わりなの。」
「ドガーンッ!!」
「……………。」
物凄い煙と埃の先に見えたのは、いつも窓から見えるはずの景色だったの。それが壁から見えてるの。ついにやったの。わし、ついに虫を退治したの。
「ブーン!」
「!?」
まさかなの。そんな馬鹿ななの。虫が生きてたの。無傷で元気に飛び回ってるの。
「ブーン!」
こうなったらなの。こうなったらあれを使うしかないの。もう家なんかどうなったっていいの。また、建て直せばいいの。
「ブーン!」
「パカッ!」
わし、隠してあった自爆スイッチのある部分の壁を取り外したの。
「ブーン!」
この赤いボタンを押せばあの虫も終わりなの。
「ブーン!」
「!?」
その時なの。ボタンを押そうとしたまさにその時なの。虫が壁に開いた大きな穴から外に出て行ったの。わし、喜びのあまり涙が出てきそうになったの。でも、出なかったの。やっと終わったの。長い長い戦いがやっと終わったの。と同時にわし、最初から窓を開けてればよかったと言う邪念が脳裏を過ぎったの。けど、過ぎらなかった事にしたの。まあ、でもこれで一安心なの。
「ブーン!」
「ブーン!」
「!?」
と思ってたら入って来たの。今度は、二匹入って来たの。お友達も一緒に入って来たの。わし、再び自爆スイッチに指を当てたの。本当の本当に終わりにする為に自爆スイッチを押そうとしたの。
「ブーン!」
「ブーン!」
「ジ・エンドなの。」
「ガチャッ。」
「ジーサン!」
バーサンなの。バーサンが入って来たの。やばいの。この部屋を見たら絶対に確実に怒られるの。
「ジーサン!」
「ごめんなの。これには深い理由があるの。」
「自分の足で立っとるよジーサン!」
「えっ!?」
本当なの。本当に車椅子無しで自分の足で立ってるの。スキップとかも出来ちゃったりするの。これはまさに奇跡なの。これを奇跡と言わずに何を奇跡と言うのって事なの。ある意味、虫に感謝なの。

第五十三話
「Ⅰt’s a miracle!」

「って夢を見たの。」
「随分と派手な夢を見たんじゃのぅ。」
「バーサン、これはきっと何かのお告げみたいなものなの。たぶん正夢みたいなものだと思うの。」
「正夢のぅ。」
「そうなの。絶対に正夢なの。きっと近いうちに夢と同じ出来事が現実に起こるの。」
「でもジーサン?」
「何なの?」
「ジーサンは、車椅子に乗っとらんじゃろ。」
「そうなの。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

「第五十四話」

淡く澄んだ月光下で作った
雪の指輪を持って僕は
君に会いに行く



甘い花の香りに満たされた
春の風の真ん中で僕は
君を抱きしめる



そして
口付けをする前に僕は
君にシンプルな言葉を贈る



それは限りなく透明で
果てしなく真っ直ぐな言葉



とてもわがままだけど
鳥達ですら羨ましがる言葉



君を見つめながら僕は

心から「愛してる」と



愛おしい君へ僕は
これから何度でも
このさき何年でも
このシンプルな言葉を贈るだろう

第五十四話
「誰が為に・・・・・・・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »