« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月 4日 (水)

「第五十五話」

 この空間。この時間。この場所で僕は、いったい何をやっているんだろう。真っ白なベンチに座り、見渡す限り広がる草原とその先にある海を眺めて、いったい何処に向かおうとしているんだろう。
「君も一人かい?」
「・・・・・・・・・はい。」
僕の目の前の真っ白なベンチに座る老人が話し掛けてきた。
「わしも一人だ。」
老人は、そう言って笑った。
「頑張ってるかい?」
「はい?」
老人は、突然そんな事を聞いてきた。頑張ってるって言っても、いったい何をだろう。
「何をですか?」
「人生をだよ。」
「・・・・・・・・・人生?」
人生・・・・・・・・・。どうなんだろう。僕は、人生を頑張っているんだろうか?それとも僕は、人生を頑張っていないんだろうか?そんな事、今まで特に考えた事すらない。
「分かりません。」
何て無難な答えなんだ。我ながら呆れる。
「わしも分からんよ。」
「えっ!?」
まあ、人生を頑張ってるのか頑張ってないのかなど、本当は誰一人として分からないのかもしれないな。
「頑張ってるかもしれないし、頑張ってないかもしれない。」
「・・・・・・・・・。」
「頑張りたいのかもしれないし、頑張りたくないのかもしれない。」
「・・・・・・・・・。」
「そのどれでもないのかもしれない。」
老人は、いったい僕に何を言いたいんだ。老人のそれは、まるで哲学でもなければ、精神論とも程遠い。
「時間は好きかい?」
「はい?」
生まれて初めて聞かれる質問だ。時間を好き嫌いで判断した事なんかないけど、どちらかと言えば僕は、
「あんまり好きじゃないです。」
「過ぎて行くからかい?」
「まあ・・・・・・・・・そんな感じです。」
「一方的に過ぎて行き、己がその場に取り残されて行く感覚に陥ってしまうからかい?」
「・・・・・・・・・。」
全く老人の言う通りだ。時間は、一方的に過ぎるだけで戻る事をしない。人が未来だけを見つめ過ぎて、未来だけが良ければいいって発想が・・・・・・・・・僕は大嫌いだ。未来に至るまでの過程が本当は大事なのに・・・・・・・・・。
「未来は所詮、未来です。現在じゃない。」
「なるほど。もっともな意見だな。」
老人は、少し不服そうな面持ちで、僕を見ていた。
「何か?」
「しかし、一方的に流れる時間の概念の世の中からしてみれば、常に未来を見据えて生活する事は、理に当たる自然の流れなのではないのかい?」
「確かにそうですが、まだまだ何も見えない未知の未来を考えてどうするんですか?」
「見えないから面白いのではないかね?どうなるか分からないから楽しいのではないかね?ハッピーエンドか?バッドエンドか?もしかしたら、そのどちらでもないかもしれない。」
「あなたは?」
「ん?」
「あなたは、どうなんですか?失礼ですが、結構なお年ですよね?自分の思い描いていた未来だったのですか?」
「さあ?」
「さあ?・・・・・・・・・分からないんですか?」
「そればっかりは死ぬ間際にならないと分からんよ。」
僕が見るからに80歳は越えているであろう老人の、これが答えなのか?
「死なないと分からないんですか?」
「死なないとじゃない。死ぬ直前におそらく分かると言う事だ。」
「おそらく?」
「そう、おそらくだ。もしかしたら分からんかもしれない。」
僕は、老人の言ってる事や言いたい事がさっぱり分からない。ほんの少しの意図すらも見えてこない。
「何にも分からんのが人生ってやつだ。だから、君も慌てなくて大丈夫だ。スローライフでこの先の人生を歩んで生きなさい。」
僕が慌ててるだって?何の根拠もないのに、ただ僕より年齢が上だからって、人生を悟ったような事をよく言うよ。この空間でこの時間は、紛れも無く現在なんだ。同じ現在に僕も老人も存在しているんだ。立場や経験なんて関係ない。時間の概念で言ったら同等じゃないか。説教なんてされたくもない。される覚えすらない。
「僕は僕です。」
「君は君だ。そして、わしはわしだ。」
「あなたはあなたです。」
そう言うと、真っ白なベンチから立ち上がり、わしは草原の向こう側まで歩いて行ってしまった。
「ガチャッ。」
何もない空間から、突然老人の目の前にドアが現れたかと思うと、そのドアを開けて中から白衣を着た男が出て来た。
「どうでしたか?」
「どうでしたかもこうでしたかもない。全く分からず屋の頑固者だ。」
「さすが博士の過去ですね。昔も今も相変わらずですか。」
「今のわしの方がよっぽど柔軟性がある。あいつは、頭の中がカチカチだ。」
「そんな博士がいたからこそ、この発明が出来たんじゃありませんか。どうですか?人生について、何か分かりましたか?」
「いいや、何も分からんかったよ。」
そう言って老人は笑みを浮かべると、白衣の男と一緒にドアの向こう側へと出て行った。
「バタン。」

第五十五話
「鏡」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

「第五十六話」

誰が作ったか分からない
道を歩いて

誰が作ったか分からない
物を使って

あてがない 終わらない
旅を続けてる



誰が作ったか分からない
本を読んで

誰が作ったか分からない
乗り物に乗って

きりがない 終わらない
旅を続けてる



それがいいのか
それが悪いのか
それが正しいのか
何が間違ってるのか

分からず続けてる
とりあえず続けてる



誰が作ったか分からない
扉を開けて

誰が作ったか分からない
箱を開けて

くだらない 終わらない
まだまだ旅の途中



誰が作ったか分からない
意味を調べて

誰が作ったか分からない
ルールに従って

さりげない 終わらない
ダラダラ旅の途中



これでいいのか
これは悪いのか
これが正しいのか
何か間違ってるのか

分からず続けてる
相変わらず続けてる



どれが正解で
何が不正解で

その辺に転がってる答えを手にして

無数に散らばってる答えを目にして

考え続けてる



誰が作ったか分からない
何かを使って

僕が作ったかもしれない
道を歩いてる

第五十六話
「アンサーチェック」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

「第五十七話」

「課長~!課長~!まったく・・・・・・・・・課長は、いったいどこに行ったんだ?課長~!課長~!」
「よっ!」
「課長!?よっ!じゃないですよ!いったい今までどこに行ってたんですか!」
「いや~参っちゃったよ。参っちゃった。巻き込まれちゃって参っちゃったよ。」
「何かトラブルにでも巻き込まれたんですか?」
「トラブルに巻き込まれちゃって巻き込まれちゃって、もう大変だったよ。かなり大変だった。」
「大丈夫ですか?」
「大丈夫っちゃあ~大丈夫だけど、大丈夫じゃないっちゃあ~大丈夫じゃない。」
「どっちなんですか!酔ってるんですか?」
「酔ってるちゃあ~酔ってるけど、酔ってないちゃあ~酔ってない。」
「酔ってちゃだめでしょ!で?トラブルっていったい何だったんですか?」
「鬼ごっこしてたんだけどさぁ。」
「はい?」
「鬼が探しに来ないんだよ。寂しかったなぁ。私が一生懸命に隠れていても全然探しに来ないんだよ。鬼ごっこしていて鬼に探されないってのはキミ。物凄く寂しいもんだぞキミ。その辺、分かるかキミ。」
「気持ちは分かりますけど、いったい誰と鬼ごっこをしていたんですか?」
「一人でだ。」
「ズコッ!ですよ課長!鬼のいない鬼ごっこじゃないですか!」
「平和だろ?」
「確かに平和ですけど・・・・・・・・・。」
「平和は、寂しいぞキミ。なぜ世の中が世界平和を望みつつも、全然世界が平和にならないのかが分かった気がするよ。平和になって寂しくなるのがみんな嫌だからなんなだな。何だか妙に納得してしまったよ。」
「しないで下さい!そんな事よりも!何で課長は、仕事もしないで会社の中で一人鬼ごっこをしてるんですか!」
「私の趣味だ。」
「家でやって下さい!しかもこんな時間まで!」
「今何時だ?」
「とっくに就業時間を過ぎてますよ。」
「どうりで誰もいない訳だ。私は、てっきりみんなも同じ事をしているのかと思ったよ。」
「何で社員全員が一人鬼ごっこをしないといけないんですか!だったら全員で鬼ごっこやりましょうよ!」
「ノッた!!」
「のらないで下さい!例え話なんですから、はりきらないで下さいよ!社員全員で鬼ごっこしてる会社って、いったいどんな会社なんですか!」
「分からん。だから明日さっそくどんな会社になるのかやってみようじゃないかキミ!」
「カレンダーの日付にマルしないで下さい!しかも五重マルでしないで下さい!」
「いやほら、忘れちゃうからさぁ。五重ぐらいマルしとかないとダメだろキミ。私だってこう見えてもその辺は、心得ているよキミ。」
「やりませんよ!」
「やらないの?なんだ。楽しいと思ったのにな。」
「楽しくないですよ!」
「鬼なし鬼ごっこ。」
「そこら辺を含めて、やっぱり楽しくないですよ!一人鬼ごっこも鬼なし鬼ごっこも単なるごっこじゃないですか!」
「何で?だって鬼がいたら平和じゃないんだぞ?鬼がいなかったら平和なんだぞ?寂しいけど・・・・・・・・・。ただ!そんな事に負けちゃいけないんだよキミ!何かを得る為には、それなりの代償を伴うもんなんだよキミ!我社からやっていこうじゃないかキミ!世界平和ってやつをさキミ!そして、これを機に我社も世界進出しようじゃないかキミ!今の時代はグローバルに行かなきゃだよキミ!」
「キミ多いなぁ。なぜ鬼なし鬼ごっこでそこまで熱く語れるのか僕には理解出来ませんよ。だいたいそんな事を社長が許す訳ないじゃないですか。」
「いいよって言わせてみせるさ!腹話術でな!」
「課長が言ってるんじゃないですか!それは社長じゃなくて課長じゃないですか!」
「なら私は社長か!」
「違いますよ!両腕上げて喜ばないで下さいよ!」
「ジョークだよジョーク。課長ジョークだよ。」
「どんなジョークですか!」
「私だってそんな話が通るだなんて本気で思っていないよ。」
「ならいいんですけど。」
「私の言ってる鬼ごっこってのはな。」
「まだ鬼ごっこの話を続けるんですか?早く帰りましょうよ。」
「いいから聞けって!私の言ってる鬼ごっこってのはな。所謂、かくれんぼの事だよ。」
「分かってますよ。」
「なら社員全員の中から決めようじゃないか!」
「決める?いったい何を決めるって言うんですか?」
「かくれんぼ王を!!」
「は?」
「そして、社員の中の優勝者と社長とが戦って真のかくれんぼ王を決めようじゃないか!」
「真のって、社長はすでにその称号を持っているって事ですか?」
「だから社長なんだろ!!」
「結構、社内でお見かけしますよ?」
「何だと!?では、今の社長はかくれんぼ王ではないと言う事か!?」
「違うと思いますよ。」
「なら、いったい誰なんだ?」
「はい?」
「我社のかくれんぼ王は、いったい誰だと言うのだ!キミか!」
「違いますよ。」
「まさか!?考えたくはない事だが!我社にかくれんぼ王はいない!!だったらなぜ会社が成り立っているんだ?・・・・・・・・・謎だ!いや待てよ?もしかしたら・・・・・・・・・。いや、私の考え過ぎだろう。そんなはずはない。あってはならない事だ。だが」
「課長っ!!」
「びっくりするじゃないかキミ!いきなり大声なんか出してどうしたんだ。」
「事だが!辺りからずっと呼んでましたよ。」
「何だ?」
「その訳の分からない話、もういいですか?」
「いくない!もしかしたら我社は」
「課長!」
「何だ!」
「やめて下さい!」
「分かったよ・・・・・・・・・何もマジになって怒る事ないだろ?キミは学級委員の女子か!!」
「違いますよ。」
「どうりでな。スカートでおさげでメガネじゃないから違うと思ったよ!」
「イメージでものを言わないで下さい!しかも古いイメージで!」
「全身これサイボーグ!」
「いや、その近未来的なイメージも古いですよ。」
「なら私にどうしろと言うんだ!あれもダメこれもダメ!一人鬼ごっこもかくれんぼ王決定戦も仕事もやっちゃダメ!私は、いったい何をすればいいんだ!」
「いや、仕事に関してはダメなんて一言も言ってませんけど?」
「キミの心の声が聞こえたんだよ!」
「課長はエスパーですか?」
「私はエスパーだったのか!」
「違いますよ!だから両腕上げて喜ばないで下さいよ!」
「あっそ。」
「あっそって・・・・・・・・・。」
「なあキミ?」
「何ですか?」
「夕日が綺麗だな。」
「えっ?・・・・・・・・・そうですね。」
「なあキミ?」
「何ですか?」
「明日も晴れるかな?」
「確か天気予報では、今週はずーっと晴れるって言ってましたよ。」
「そうか。明日も晴れるか。そりゃ良かった。」
「課長?」
「何だ?」
「もしかして?」
「何だ?」
「泣いてるんですか?」
「ばばばば馬鹿な事を言うな!私は課長だぞ?課長は泣かない生き物なんだよ!課長が泣いちゃダメなんだよ!課長が泣く時はなぁ・・・・・・・・・課長が泣く時はなぁ・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・課長?」
「ちくしょうめっ!」
「課長・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・くそっ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「さてと!」
「課長?」
「カァー!カァー!カァー!カァー!」

第五十七話
「カラスが鳴くから帰ろ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

「第五十八話」

「ダメだ!」
「ダメなの?」
「そうだ!ダメだ!」
「ダメなの?」
「ダメだ!」
「ダムなの?」
「ダムじゃない!」
「ダムじゃないの?」
「ダムじゃない!」
「水を貯水しなさい!たくさん貯水しなさい!」
「ダムだ!」
「ダムよ?」
「ダムじゃない!ダメだ!」
「ダメなの?」
「そうだ!ダメだ!」
「ダメなの?」
「ダメだ!」
「ダマなの?ダマがいっぱいなの?」
「毛玉か?ダマって毛玉の事か?毛玉か毛玉じゃないかなんてどうだっていい!ダマじゃない!」
「ダマじゃないの?」
「ダマじゃない!」
「むしりなさい!おもいっきりむしりなさい!それでもまだまだダマなら、まだまだむしりなさい!」
「むしってばっかりだ!むしりっぱなしだ!だからダマじゃない!ダメだ!」
「ダメなの?」
「そうだ!」
「ダメなの?」
「ダメだ!」
「キャベツなの?」
「どうなったらそう聞こえるのかよく分からないけど、キャベツじゃない!」
「キャベツじゃないの?」
「キャベツじゃない!」
「むさぼりなさい!むさぼって、むさぼって、むさぼりっくしなさい!」
「なんか症候群みないになってる!」
「好き嫌いせずにむさぼりっくしなさい!でもって消化を助けてもらいなさい!」
「なんか油っこいもんと食べる時理論みたいになってる!キャベツじゃない!ダメだ!」
「まだダメなの?」
「まだとかそんな期間限定じゃなくって無期限でダメだ!」
「そんなにダメなの?」
「そんなにダメだ!」
「スクランブルエッグなの?」
「長い!長すぎる!文字数が違いすぎる!スクランブルエッグじゃない!」
「スクランブルエッグじゃないの?」
「スクランブルエッグじゃない!」
「かきまぜなさい!グチャグチャにかきまぜなさい!ネチャネチャにかきまぜなさい!」
「既にグチャグチャだ!だからスクランブルエッグなんだ!」
「だったらカチカチに固めなさい!コチコチに固めなさい!」
「だったらスクランブルなエッグにしなければいい!しちゃいけない!する事が間違ってる!スクランブルエッグじゃない!」
「ダメなの?」
「ダメだ!でも、今のダメなの?は、今までのダメなの?とは、違う気がする!とにかくダメなんだ!」
「とにかくがダメなの?」
「とにかくは、ダメじゃない!」
「本当は、とにかくがダメなんじゃない?」
「言い直す!言い直すからとにかくの事は、忘れてくれ!」
「ダメなの?」
「そっちが言い直してくれんの?助かる!すごく助かる!そうだ!ダメだ!」
「ダムなの?」
「それさっき言った!」
「タコなの?」
「それ言ってない!でもタコじゃない!」
「タコじゃないの?」
「タコじゃない!」
「茹でなさい!茹でて茹でて茹でまくりなさい!とことん茹でたら新鮮さを味わいなさい!」
「だったら刺身だ!新鮮さを味わいたいなら刺身でいただく!タコじゃない!ダメだ!」
「ダメなの?」
「ダメだ!」
「二酸化炭素なの?」
「二酸化炭素じゃない!」
「二酸化炭素じゃないの?」
「二酸化炭素じゃない!」
「たくさん吐き出しなさい!吐き出して吐き出して吐き出しまくりなさい!」
「死んじゃう!」
「隙を見て吸い込みなさい!」
「呼吸をそんなに難しく意識して出来ない!二酸化炭素じゃない!ダメだ!」
「ダメなの?」
「ダメだ!」
「カメなの?」
「おしい!本当は全然おしくないけど!今までの事を考えるとおしい!でもカメじゃない!」
「カメじゃないの?」
「カメじゃない!」
「カメでいいじゃない。」
「よくない!ここでカメで妥協するなら、スクランブルエッグとか否定してない!」
「スクランブルエッグなの?」
「スクランブルエッグじゃない!」
「中に入りなさい!手足を中に入れて甲羅の下に穴を四つ開けて、移動しなさい!」
「何それ!カメっぽいけどカメじゃない!何か気持ち悪い!早く走れそうだけど!何か気持ち悪い!カメじゃない!ダメだ!」
「何がカメラなの?」
「カメラじゃない!それカメ繋がりでダメ繋がりじゃない!」
「カメラじゃないの?」
「カメラじゃない!」
「撮りなさい!いっぱいいっぱい撮りなさい!思い出をたくさん残しなさい!撮って撮って撮りまくったあとにフイルムを入れなさい!」
「普通のカメラだった!デジタルカメラだと思ってた!」
「デジカメには出せない味わいを出しなさい!古きよき物を後世に残しなさい!」
「何となくいい事言ってるけど、フイルムあとから入れてるから残そうと思っても残せない!ムリだ!」
「ムリなの?」
「部分的な話の内容的にムリだって言ったけど、話の全体的な流れ的に言いたい事は!ダメだ!」
「ダメなの?」
「ダメだ!」
「何がダメなの?」
「まともだ!」
「まともよ?」
「まともな聞き返しだ!」
「ダメなの?」
「いい!」
「何がダメなの?」
「本当にダメだ!」
「疑ってないわよ?」
「ダメだ!」
「だから何がそんなにダメなの?」
「恥ずかしくて大きな声じゃ言えない!」
「誰も大きな声で言ってなんか言ってないわよ?」
「笑われるかもしれない!」
「誰にでもダメな部分はあるんだから、笑ったりなんかしないわよ?」
「本当に?」
「本当よ?ダメダメって自分の中だけで考え込まないで、誰かにダメな事を言っちゃった方がいいわよ?」
「そう?」
「そうよ?例えば、大豆は体にいいのよ?」
「マメだ!聞き間違いしてた!マメをダメって聞き間違いしてた!完全にマメをダメだって思い込んでた!マメじゃない!ダメだ!」
「マメじゃないの?」
「マメじゃない!」
「おマメじゃないの?」
「おマメじゃない!ダメだ!」
「ダメなの?」
「ダメだ!」
「シャークなの?」
「サメだ!」
「ペーシェカーネなの?」
「サメだ!」
「ルキャンなの?」
「サメだ!」
「デァハイなの?」
「サメだ!」
「鯊魚なの?」
「サメだ!」
「アクーラなの?」
「サメだ!」
「カルハリアスなの?」
「サメだ!って何ヶ国語かで同じ意味の言葉を言ってる!勉強になる!凄く勉強になる!けどサメじゃない!ダメだ!」
「ダメなの?」
「ダメだ!でも、もういい!」
「いいの?」
「どうせ真面目に聞いてくれないからもういい!もうこの話は!」
「残念だわ。」

第五十八話
「おわり!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »