« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月 5日 (水)

「第九十話」

 AM5:55、決まって奴は、505号室の俺の部屋のドアをノックする。決まってだ。
「コンコンコンコン・・・・・・・・・」
4回、いや
「コン!」
ほらな、5回だ。俺は、もちろんドアを開けるなんて、そんな馬鹿な事はしない。なぜなら、ドアの向こう側にいるのは、殺人鬼だからだ。なぜ殺人鬼だって俺が分かるのかだって?そりゃ、一番最初に奴がドアを5回ノックして、やって来た時に
「はい。」
「殺人鬼です。」
「はい?」
「殺人鬼です。」
「どなたですか?」
「殺人鬼です。」
「えっ?」
「殺人鬼です。」
「本当ですか?」
「本当です。」
「殺人鬼?」
「殺人鬼。」
ドアごしに、こんな感じの会話のやり取りがあったからだ。なぜ殺人鬼が俺の所に来たのか?当然、殺人鬼なんだから、俺を殺しに来たんだろうけど、だったらなぜ俺が殺されなければならないのか?物凄く疑問だらけだった。だが、俺は殺人鬼なんかと必要以上に会話などしたくなかったから、特に詳しい話を聞きもしなかった。それに、5:55に来た殺人鬼は、5:56になればどこかに行ってしまう。だから俺は、殺人鬼をほったらかしにしといた。今では、ちょっとした目覚まし代わりにしている。今日も特に何の変哲もない1日の始まりといった具合だ。5:55に目覚めた俺は、早朝マラソンを堪能し、熱いシャワーを浴び、味気無いニュース番組をBGMに、優雅に珈琲を味わい、余裕を持って準備をし、仕事に行き、職場で他愛ない会話で盛り上がり、帰りに同僚と酒を酌み交わし、世知辛い世の中の愚痴を言い、家に帰って寝る。そしてまた、5:55になると殺人鬼がやって来る。

「ピーンポーン!」
チャイム?今日の俺は、チャイムで目が覚めた。
「ん?」
時計に目をやると、5:55ではなく、8:17だった。
「っつ!」
頭が痛い。酷い頭痛と吐き気だ。完全な二日酔いだった。今日が休みだったってのもあって、昨日は飲み過ぎたようだ。おそらく、5:55の殺人鬼のノックでも目が覚めなかったんだろう。俺は、痛む頭を擦りながら、ドアチェーンを外し、鍵を開け、ドアノブに手を掛けた。

「ガチャッ!」

そして、ドアを開けた。だってそうだろ?いつもと時間が違うんだ。殺人鬼な訳がない。逆に宅配便や、大事な訪問者や、運命を左右するほどの人物だったら、どうするんだ?
「グッモーニーン!」
俺は、その女に心臓を突き刺された。ひどく血が吹き出したもんだ。女の姿を見れば一目瞭然だ。そして、その場に倒れ込んで死ぬ間際の俺の霞む意識の耳の穴の奥深くに、女のセリフが入り込んで来た。
「さようなら、5:55の殺人鬼さん。」
俺?・・・・・・俺が殺人鬼?5:55の?俺が?殺人・・・鬼?・・・・・・俺が?誰かを・・・殺した?・・・誰を?・・・こいつは誰なんだ?・・・・・・・・・ああ・・・そうか・・・こいつは・・・・・・確か・・・・・・・・・
「お姉ちゃんの仇よ!」

第九十話
「7:77の殺人鬼」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

「第九十一話」

「この穴は、どこへ続いているんですか?」
「闇の世界へと、続いているのだよ。」
「闇の世界?」
「そう。闇の世界だよ。」
「そこは、どんな世界なんですか?」
「さあ?まだ誰も行った事のない世界で、行ったとしても帰って来れるかどうかも分からない世界なのだよ。」
「そうなんですか。」
「行ってみるかい?」
「僕が?」
「そうだよ?何となく行ってみたそうな顔をしているぞい?」
「はあ、確かにこの穴には物凄く興味があります。かなり好奇心をくすぐられます。けど・・・・・・・・・。」
「やはり、闇の世界は恐ろしいかい?」
「正直、考えただけでも恐怖で胸がいっぱいです。」
「そうか。なら、行かないほうがよいよ。」
「あのう?」
「何だい?」
「あなたは、どうして闇の世界への入口にいるんですか?もしかして、あなたは闇の世界の住人で、ここの番をしているんですか?」
「ぶははははっ!わしが闇の世界の住人?違う違う、わしは、この世界の住人だよ。」
「じゃあ、どうして?」
「キミと同じだよ。この穴に興味を抱き、身体中の細胞が好奇心で埋め尽くされ、穴に足を踏み入れ、闇の世界へ行ってみたい、と思ったのだよ。」
「もしかして!?あなたは、闇の世界へ行って、そして戻って来たんでは?」
「いいや、わしにはあまりにも勇気が足りな過ぎたのだよ。だから、諦めたのだよ。だったらせめて、せめてここでわしと同じ志を持つ者の背中を見届けようと思って、ここにいるだけなのだよ。」
「そうだったんですか。」
「80年。だ~れも、闇の世界への入口に足を踏み入れる者などいなかったのだよ。」
「80年!?」
「ああ、暇な80年だったのだよ。暇で暇で、自分が暇だと言う事すら、忘れてしまうぐらいにな。勘違いしないで欲しいのだよ。それでも、わしにとっては充実した柔らかで滑らかな80年だったのだよ。後悔など、1度もした事がないのだよ。この曇り空を見て、風に流れる雲を見て、闇の世界へと足を踏み入れる者を待つ時間は、至福の時間だったのだよ。おっとっと、何だか喋り過ぎて、キミの貴重な時間を奪ってしまったよ。すまんすまん。」
「おじいさん・・・・・・・・・。」
「もう、行くかい?」
「・・・・・・・・・はい。」
「そうだな。あまり遅くなると家族が心配するだろうしな。さあ、暗くなる前に行くのだよ。」
「はい。ただ、僕が行くのは、こっちです。」
「なっ!?闇の世界へ行くと言うのかい!?」
「そうです。」
「もし、もしわしの話を聞いて、わしの為に行くと言うのなら!?」
「違います。僕は僕自身の為に闇の世界へ行くんです。ただ、おじいさんの話を聞いて、決意が固まっただけです。」
「そうかいそうかい。」
「おじいさん。」
「ん?」
「僕の背中を優しく押してくれて、ありがとうございました。」
「気を付けて行くのだよ。」
「もし、もし良かったら一緒に行きませんか?」
「いや、わしは残るのだよ。心が折れてしまったわしなんかが一緒では、キミの足を引っ張ってしまうからな。わしは、キミの背中を見届けたら、80年ぶりに家に帰る事にするのだよ。誘ってくれて、ありがとう。」
「そうですか。」
「ああ。」
「それじゃあ、僕は行きます。」
「本当にありがとう。勇気あるキミ。」
「こちらこそです。お元気で。」
「キミもな。」

第九十一話
「これは
 闇の世界のはなし
 それはつまり
 光の世界へと続く
 穴のはなし」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

「第九十二話」

「あなた知ってる?」
「何を?」
「知ってるあなた?」
「だから何を?」
「知らないであなた。」
「知らないよ。」
「お願いだから、どうか知らないでいてあなた。」
「だから知らないって!」
「叩かないであなた!」
「ご近所さんに聞かれたらマズいような事をサラッと言うなよな。何なんだよ。」
「でもあなた?」
「何だよ。」
「あなたはいったい、何をそんなに知らないって言うのあなた?」
「知らないよ!」
「あなたって、何も知らないのね。」
「この会話のやり取りが面倒臭いって事だけは、はっきりと鮮明に知ってるよ。」
「面倒臭いかどうかは、個人差があるわよ。」
「その個人差に基づいた結論から導き出された結果で、俺は面倒臭い派なんだよ。」
「じゃあ、私もリサイクル賛成派で!」
「どっから出て来たリサイクル?どうでもいいから、さっさと話を先に進めてくれよ。何だよ。お前が知ってる俺の知らない話ってのは。」
「さっさ、と。」
「話す気ないだろ?」
「あのね。今日ね。ランチ懐石に一緒に行った近所の何でも知ってる奥さんに聞いた話なんだけどね。」
「何だそのスパイみたいな人。特殊な情報機関にでも所属してるのか?てか、俺がワンコイン定食で頑張ってるって言うのに、何でお前がランチ懐石なんだ?俺の一生懸命な頑張りは、無駄にそんなとこに使われてるのか?」
「無駄じゃないわよ。凄く美味しかったのよ。」
「板長的な料理人視点の話じゃない!」
「まあ、それこそそこはいいじゃない。」
「それこそ物凄くよくないだろ!そこ!そこかなり重要だろ!それこそ!」
「でもほら、それこそそこは曖昧にしておいた方がミステリアスじゃない?」
「曖昧の時点で既にミステリアスなんだよ!むしろミステリアスを曖昧にするって事は、それこそそこにやましい感情があるからだろ!」
「マステリアス!」
「マステリアスってなんだ!マステリアスって!ネイティブな発音でもそんな言い方しないだろ!」
「いいじゃない。ランチ懐石って言ったって、私もあなたと同じワンコイン高級ランチ懐石だったんだから。」
「お前、何かを隠そうとして、それこそ真実まで話しちゃってないか?」
「でね。そそそそそそそそそそそそそそそそそその奥さんから聞いた話なんだけどね。」
「動揺しすぎだろ。」
「微妙に誰にも分からないぐらいに、声の音程を下げたのよ?」
「なら、きっと誰にも分かられないと思う。」
「あら、私は分かったわよ?」
「妥当だろ。」
「妥当で思い出したんだけどね。」
「思い出しにくいフレーズで、広がりが見出だせないような何か余計な話を、これ以上思い出すな!さっさと、お前が知ってる俺の知らない話ってのを聞かせてくれ!」
「しょうがないわね。」
「しょうがないのか?俺は今すぐにでも、この場を立ち去る準備は、既に出来ているんだぞ?」
「あのね。何でも知ってる、それこそ知らない事がないんじゃないの?って思うぐらいの年齢より若く見える奥さんが言ってたんだけどね。」
「そう言う余計な情報はいいから、話の核心に迫ってくれよ。」
「最強マラソンってマラソンがあるみたいなのよ。ほら、聞くところによると、学術的にあなたマラソン好きじゃない。だから、出場してみなさいよ。」
「俺に関する本でも出版されてんのか?俺から直接お前が聞いたんだろ?いや、それ以前にかなり話が簡潔過ぎやしないかい?核心に迫れって言ったけど、何だ最強マラソンって?聞いた事もないぞ?どこで開催してんだよ。」
「何か、何でもよく食べるその奥さんが言うにはね。」
「初耳な情報だよ。」
「普通にその辺で何となくやってるみたいよ?」
「どの辺でどのように行われてんだ!その辺でやってるバーゲンみたいに言うなよ!」
「そうそう、その奥さんが言うにはね。今度ね。」
「もしかして、この辺で開催すんのか?」
「そうなの!紳士服のバーゲンをやるのよ!ほら、あなた新しい服が欲しい欲しいって、鼻水垂らしながら言ってたでしょ?」
「まず鼻をかむように促してくれ。そして、バーゲンの方、どーだっていいんだよ!」
「バーゲンいいの?あなた、あんなにスキップしながら新しい服が欲しいって言ってたのに?」
「なら、黙って新しい服を買い与えてくれ。だいたい、最強マラソンって、言ってるけど何がそんなに最強なんだよ。まずは、そこを説明してくれなきゃ分からないだろ。」
「そこ聞いちゃう?」
「誰もが聞いちゃうと思うぞ?」
「そっかそっか、そこ聞いちゃうんだ。」
「聞いちゃうよ!だから、言っちゃえよ!」
「そこ言っちゃう?」
「それは、お前のさじ加減しだいだろ!」
「なら、言っちゃう!」
「この話の流れで、そこは言っちゃうべきだろ。そこ言っちゃわなかったら、お前は俺にいったい何を言っちゃおうとしたんだよ。」
「何か、最強マラソンってね。マラソン中に息しちゃいけないらしいわよ。息した時点で失格なんですって。」
「誰も完走出来やしない!主催者の意図がおかしいだろ!」
「だから最強なんじゃないの?」
「だったら、最強の意味を履き違えてんだよ!そもそも本当に最強マラソンなんて競技が存在してんのか?何でも知ってる奥さんの情報は確かなのか?」
「奥さんの情報は、いつだって正確よ!」
「あっそう。何か、何か物凄く無駄な時間と情報をどうもありがとう。」
「どう致しまして。」
「皮肉で言ったんだよ!」
「あら、偶然!私も皮肉で言ったのよ?」
「どんな皮肉だ!」
「そうそう。そう言えば最強マラソンなんだけどね。」
「もういいだろ。最強マラソンの話。」
「あの巷でも有名などんな隙間にも入れる奥さんが言うにはね。」
「ちょっとした都市伝説なのか?その人。何でちょくちょく異名が変化してんだ?しかもゴキブリみたいになっちゃったぞ?」
「今までに最強マラソンで完走した選手って、世界でまだ2人だけなんですって。」
「2人もいた!?」

第九十二話
「marathon
  ~42.195kmバージョン~」

「でね。」
「まだ続くのかよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

「第九十三話」

「痛いかもしれないけど、我慢出来るね?」
「うん。大丈夫。あなたに殺されるなら、痛くても我慢出来る。」
「じゃあ、刺すよ。」
「いいわ。」
「僕も、すぐに後を追うから。」
「待ってる。」
「ちょっと待った!お二人さん!待った待った~!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「じゃあ、刺すよ。」
「いいわ。」
「無視やめて~!お願いだから、無視やめて~!あの頃の灰色の記憶を思い出させないで~!」
「君にも、この面白いの見える?」
「あなたにも見えるのね?この面白いの。」
「誰なんだろう?この面白いの。」
「さあ、分からないわ?この面白いの。」
「何なんだろう?この面白いの。」
「さあ、知らないわ?この面白いの。」
「お二人が思っているほど!そんなに我輩は、面白くな~い!」
「我輩って、言った?」
「確かに、言ったわ。我輩って。」
「いったい何しに来たんだろう?この面白い我輩。」
「ねぇ?聞いてみたら?この面白い我輩に。」
「聞くの?」
「気になるじゃない。」
「確かに、気になる。」
「だったら、聞いてみましょうよ。」
「そうだね。聞いてみるのもいいかもね。」
「そうよ。」
「でも、何か面倒臭くない?」
「そうね。言われてみれば、面倒臭いかもしれないわね。だったら、聞くのやめましょ。」
「それがいい。聞くのやめよう。」
「それがいいわ。」
「よくな~い!まったくよくな~い!お二人の話に合わせて、我輩が大きく首を縦や横に振ってたのが見えてたでしょ!それと、変なニックネーム付けないで!」
「じゃあ、刺すよ。」
「いいわ。」
「聞いて!お願いだから聞いて!我輩が誰なのかを聞いて下さい!」
「誰ですか?」
「よ~くぞ聞いてくれた!我輩は、神である!痛みの神である!!」
「誰なの?」
「あっ、別々に聞かないで!同じ質問だったら、共有して!」
「痛みの神?聞いた事ある?」
「いいえ。ないわ。」
「なら、違うね。」
「そうね。違うわね。」
「じゃあ、刺すよ。」
「いいわ。」
「あっ、もっと視野を広げて!お二人だけの世界観で世の中を見ないで!お二人だけの物差しで世界を測らないで!」
「じゃあ、本当に?」
「ぶはははは!そう!我輩は、正真正銘!痛みの神であ~る!!」
「じゃあ、やっぱり本当なの?」
「あっ、だから別々に聞かないで!チームリーダーのいない個々にリーダーシップを発揮出来る組織もいいかもしれないけど、やっぱり質問は、質問だけは一つにまとめといて!」
「痛みの神様が、僕らにいったい何の用なんですか?」
「そうよ。私達に何の用なの?」
「我輩がお二人の前に現れた理由!よ~く、自分達の胸に手を当てて考えてみんしゃい!みんしゃい!!」
「じゃあ、刺すよ。」
「いいわ。」
「な~んで!どうしてそっち路線?ちょっとは、言われた通りに考えてみてよ!」
「痛みの神様。僕らは、これから心中をするんです。考えても意味がないんです。」
「お願いだから、私達を死なせて欲しいの。だから、邪魔はしないで欲しいの。」
「ああ、そうでしたか。なるほど、そう言う事でしたか。それはそれは、とんだ失礼をしてしまいましたな。」
「じゃあ、刺すよ。」
「いいわ。」
「って!コラ~!それそれ!我輩がお二人の前に現れた理由!それそれ!」
「心中の事かな?」
「心中の事なの?」
「違う?」
「違うんじゃない?」
「違うかもね。」
「違うわよ。」
「同じ!違くない!心中の事!それ間違いない!」
「何かカタコトだよ?」
「そうね。」
「こんなにカタコトだったっけ?」
「ちょっと違うような気もするけど、特に気にする事もないんじゃない?」
「だよね。」
「そうよ。」
「じゃあ、刺すよ。」
「いいわ。」
「お二人は、いつもそうなのですか!いつもそんな感じで人の話を聞いているのですか!」
「神様だよね?」
「確か、神様よ。」
「人って言ったよね?」
「人って言ったわ。」
「人なのかな?」
「人なのかしら?」
「人なんだろうね。」
「人ね。」
「揚げ足とらないで~!例えで言っただけじゃないですか!きっと、ふだん神と話をする機会なんてないと思って!神の部分を人に変えて言っただけじゃないですか!気を使っただけじゃないですか!お二人は、大人でしょ?大人なら揚げ足とるのやめましょうよ!とられた側の身になって発言しましょうよ!」
「何か怒ってるね。」
「そうみたいね。」
「謝っとく?」
「謝っときましょ。」
「それ嫌だ!その謝られ方、我輩嫌い!」
「じゃあ、刺すよ。」
「いいわ。」
「何でまたそのノリ?もう、話が前に進まないから、我輩が話しちゃいますけどいいですか?」
「はい。」
「ええ。」
「心中ダメ!心中なんかしちゃダメです!お二人は、まだまだ若いんだし、これから先の人生もまだまだ長いんだし、嫌な事だってあるかもしれない!でも、それと同じぐらい!いい事だってあるんです!どんな理由があるのか我輩、知りませんけど!死んだらダメです!自ら死を選んではダメなんです!何よりも!何よりもです!すご~く痛いですよ?刃物で刺すって、すご~く痛いんですよ?刺した時点で刺すのやめればよかったと後悔するんですよ?いた~いの嫌でしょ?いた~いの悔しいでしょ?だから、やめましょうよ!心中なんて、やめてしまいましょうよ!辛くても、お二人で力を合わせて、困難に立ち向かって生きましょうよ!我輩、微力ながら応援するですよ!お二人の事を応援するですよ!」
「心中するのやめます。」
「私達、力を合わせて困難に立ち向かって生きます。」
「えっ?」

第九十三話
「拍子抜け」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »