« 「第百二話」 | トップページ | 「第百四話」 »

2008年6月 4日 (水)

「第百三話」

第百三話
「罠だらけの家」
 
僕が罠だらけの家に入っていた滞在時間は、いったいどれぐらいだったのだろうか?
「・・・・・・・・・。」
腕時計のライトを点灯させて時間を逆算して計算して換算してみると、3分だった。3分、たった3分の間に僕は、あれほどの罠に掛かったと言うのか!
「恐るべし・・・・・・罠だらけの家・・・・・・・・・。」
とにかく真っ暗で、身動きがとれないぐらい狭い何処かに落っこちた僕が出来る事といったら、恐るべし・・・・・・罠だらけの家・・・・・・・・・。と、呟く事ぐらいだった。少し、時間を遡ってみよう。そう、4分前ぐらいから話を進めてみよう。

「ここが、罠だらけの家かぁ。立て札に書いてあるから、間違いないよな。」
「チミチミ!」
「僕ですか?」
「そうそう。今、僕ですか?って言ったチミだよ!チミチミ!」
「何でしょう?」
「う~ん?そうだなぁ?今日は、ナポリタンって気分でもないし、エビグラタンって気分でもないからなぁ?そうだ!!そうだ!そうだ!塩おにぎりをおむすびで下さい!って、ここはレストランかい!チミ!」
「・・・・・・・・・。」
「やらす?やらすかなぁ?今、このタイミングでここは、こ洒落たレストランでしたよって設定でノリツッコミをやらすのかなぁ?チミチミ!」
「はあ・・・・・・・・・。」
1分間をこれほど無駄に過ごした事は、後にも先にもきっとこの時が最初で最後で、始まりの終わりだと思う。
「ガチャッ!」
僕は、気を取り直して罠だらけの家に足を踏み入れる事にした。言っとくけど、別に宝物や財宝や秘宝がある訳でもない。何かがあるって訳じゃないんだ。知ってる。知ってる。隠された謎だってない。それも知ってる。でも、罠だらけの家なんて、興味津々じゃない?そんな立て札が家の前に横たわってたら、初見だろうが初耳だろうが、誰だって入ろうと思うでしょ?あるのは、罠だけだって知ってるからこそ、罠だらけの家って、そんなに罠だらけなのか?って、心の好奇心を担っている部分をくすぐられるでしょ?だから、僕は足を踏み入れたんだ。
「ん?」
入ってすぐに貼り紙を発見した。
「このボタンを押すな・・・・・・・・・ボタン?」
そう、辺りを見渡してもボタンなんてなかった。いや、大きな大きなそれこそ家の屋根の一部を突き破るほどの青いボタンの絵画は、飾られていたよ。
「これの事か?」
もちろん押した。だって僕は、罠だらけの家の罠だらけ具合を体感しに来たんだもの。そりゃ押すさ。押さない訳がないじゃないか。
「バリッ!ガンッ!」
案の定、ポチッ!じゃなくって、バリッ!と絵画をぶち破って、壁にガンッ!だった。勘違いしないで欲しいんだけど、青いボタンの絵自体は右下の隅に小さく小さく描かれているだけだから、僕がどうやって大きな大きな青いボタンの絵を押せたのかなんて、野暮な詮索はなし!検索もなし!
「い、痛い・・・・・・・・。」
絵画をぶち破るほどの勢いで押したんだから、もちろん僕の人差し指は、グギッ!ってなって、突き指状態だ。これがもし、最初の罠だとしたら?
「画期的だぁ!」
僕が感動に自惚れていると次の瞬間、その出来事は起こった。
「ドンガラガッシャーン!!」
「ガラガラガッシャーン!!」
「ドーンッ!!」
「ゴロゴロゴロゴロゴロ!!」
「グシャッ!!」
「カチッ!」
「ジャアアアアアアアアア!!」
「ドバアアアアアアアアア!!」
「バサーッ!!」
「ボワッ!!」
「メラメラメラメラメラ!!」
「ジャバアアアアアアアア!!」
「グウィーンッ!!」
「バスッ!!バスッ!!バスッ!!」
「クルクルクルクルクル!!」
「グルグルグルグルグル!!」
「プシュウウウウウウウウ!!」
「ポチッ!」
「ビリビリビリビリビリ!!」
「ガーンッ!!」
「ガーンッ!!」
「ガーンッ!!」
「パフッ!」
「ガーンッ!!」
「ガーンッ!!」
「ガーンッ!!」
「ボンヨヨヨ~ン!!」
「パカッ!」
「ヒュウウウウウウウウ!!」
「ドスーンッ!!」
って、音だけがした。
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
静まり返った罠だらけの家の中は、何だか不気味だった。僕がその静寂の中を恐る恐る長い廊下を一歩一歩進んで行くと、出口と書かれたドアがあったんだ。
「ガチャッ!」
ドアを開けて外に出てみると、そこは普通に罠だらけの家の雑草だらけの裏庭だった。確かに、音だけ聞いて想像すれば、なんて罠だらけの家なんだ!
「これは・・・・・・・・・画期的だぁ!」

そして、僕は帰り道の途中で落とし穴に落ちた。

第百三話
「罠だらけの家?」

|

« 「第百二話」 | トップページ | 「第百四話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/21242693

この記事へのトラックバック一覧です: 「第百三話」:

« 「第百二話」 | トップページ | 「第百四話」 »