« 「第百十一話」 | トップページ | 「第百十三話」 »

2008年8月 6日 (水)

「第百十二話」

「これで楽に・・・・・・・・・。」
「待てーいっ!!」
「誰!?」
「トーウッ!!」
「何か、たくさん現れた!?」
「若い命が尽きる時、孤独な命が尽きる時、不当な命が尽きる時、そこには不条理な理由があり、そこには理不尽な原因がある!切腹レーッド!!」
「深い暗闇の中をさ迷い続け、行き着く先は深海か?だか、そこにも一生懸命に生きている生物がいる!生命がある!入水ブルー!!」
「苦しみの果てに辿り着く場所は、天国なのか?地獄なのか?ならば、この現実社会でも同じじゃないか!首吊りパープル!!」
「偽りと嘘を吸い続け、麻痺した感覚の中を迷走し、いつか見たあの景色を忘れてしまったのかい?毒ガスイエロー!!」
「小さな小さな人の波、そこに飛び込む勇気があるのなら、一歩一歩地面を踏み締め、ゆっくりゆっくり溶け込んで行けばいいわ!飛び降りピーンク!!」
「確かに季節は移り変われど、目にする光景は何一つ変わらない。求める場所は誰も居ない世界。誰も存在しない世界。しかし、それは本心なのか?樹海グリーン!!」
「焼ける視線と焼ける言葉と焼ける文字、払えども払えども、己に降り掛かる火の粉を払いきれず、ただ無情にも焼かれるのを待つのみ。しかし、冷静に回りを見渡せば、ほらオアシスが至るところにあるではないか!焼身グレー!!」
「深い眠りに落ちて行く、別世界へ堕ちて行く、逃げる必要も隠れる必要もない世界へと。その代償は漆黒で暗黒な程に光殺な世界。ならば、逃げも隠れもせずに色鮮やかに戦おう!薬ホワイト!!」
「いつか喰らった鉛玉、今も身体の何処かで疼いてる。取り出そうにも取り出せない。吐き出そうにも吐き出せない。夜な夜な疼く痛みと言う名の十字架から、逃れるのではなく堂々と背負ってしまえばいい!ピストルブラーック!!」
「9人揃って!!自殺戦隊!!」
「「「「「「「「「シヌンジャー!!」」」」」」」」」
「は、はあ・・・・・・・・・そうですか。」
「さあ!君!その手に持っている刃物を私に渡すんだ!」
「あのう?」
「どうした!」
「大丈夫ですかぁぁぁぁぁぁぁ!!」
「何がだ!」
「いや、皆さんですよ!あなた!切腹レッドさんでしたっけ?十二指腸が飛び出しちゃってるじゃないですかっ!」
「幻だ!」
「現実ですよ!それに入水ブルーさんでしたっけ?」
「ブルーがどうかしたのか!」
「自己紹介が終わってから、ずーっと水槽に顔を浸けっぱなしじゃないですか!」
「気にするな!」
「気にしますって!首吊りパープルさんだって、さっきからプラ~ンってしてるし!」
「体重が軽いから壊れる事はない!」
「いや、建物的な心配じゃなくって!ほら、毒ガスイエローさんもなんか自己紹介が終わった途端に何か液体と液体をビニール袋の中ので混ぜて、白目むいて吸ってるし!」
「朝飯前だ!」
「何が?飛び降りピンクさんなんて、自己紹介終わりで猛ダッシュでベランダから飛び降りちゃったじゃないですか!」
「大丈夫だ!」
「んな訳ないでしょ!ここマンションの15階ですよ!それと、樹海グリーンさんですか?何か食べ物でもお出ししましょうか?」
「彼はダイエット中なんだ!」
「いや、尋常じゃないガリガリ感でしょ!ヤバイですって!それと焼身グレーさんから物凄く燃焼性の臭いがしますけど、燃えませんよね?」
「彼もまた、ダイエット中なんだ!」
「燃焼の意味が違う!薬ホワイトさんなんて自己紹介が終わってから、異常な量と種類の薬を飲んでますよ!」
「彼女に至っては、ダイエット中なんだ!」
「何人ダイエット中なんですか!あれ絶対にサプリメントじゃないし!最後にピストルブラックさんですよ!口にピストルくわえて1人ロシアンルーレットしてますよ!」
「運試しだ!」
「何運を試してるんですか?って、自殺戦隊っていったい何なんですか!人の家で勝手に自殺しないで下さいよ!」
「それは、我々も同じ気持ちだ!」
「どう言う意味ですか!」
「君も我々に黙って勝手に死ぬんじゃーないっ!!」
「えっ!?」
「さあ、刃物を渡しなさい。君の代わりに私が自殺をしてあげよう。」
「代わりに?身代わりって事ですか!?」
「君の代わりに自殺して、君の人生をリセットし、リスタートさせる事が出来るのならば!」
「・・・・・・・・・・・・あっ!僕のナイフ!?」
「こんな痛みなど!」
「何をする気ですか!やめて下さい!切腹レッドさん!そんな事したら、死んじゃいますよ!」
「死なんさ!君が再び自殺なんて考えない限り、我々自殺戦隊は、死なんさ!さあ、よーく目に焼き付けておくんだ!!君のやろうとしていた行為を!!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ぐはっ!!」
「切腹レッドさん!」
「大丈夫だ!心配する事はない・・・・・・・・・我々はこんな感じだからな・・・・・・・・・。」
「えっ?どんな感じ?」
「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!ぶはーっ!!」
「切腹レッドさーんっ!!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「切腹レッドさん?」
「・・・・・・・・・まだ、自殺する気か?」
「しません!自殺なんて、もう考えません!」
「そうか、その言葉を聞いて安心した。」
「ありがとうございました!」
「我々は、何もしていないさ。ただ、君が気付いただけだ。」
「切腹レッドさん・・・・・・・・・それに他の皆さんも、本当にありがとうございました!!」
「だいぶ部屋を汚してしまって、済まなかった!」
「大丈夫です!」
「さあ、自殺の気配のしない場所に長居は無用だ!さらばだ!もう、会う事もないだろ、君!!トーウッ!!」
「さよーならーっ!!」

「こちら、切腹レッド!司令官、応答願います!こちら、切腹レッド!司令官、応答願います!」
「どうした。」
「今回も無事、任務完了です!」
「ご苦労だったな。自殺戦隊の諸君!」
「これより本部へ帰還します!自爆司令官!!」
「了解した。」

第百十二話
「自殺戦隊シヌンジャー9」

|

« 「第百十一話」 | トップページ | 「第百十三話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/22821941

この記事へのトラックバック一覧です: 「第百十二話」:

« 「第百十一話」 | トップページ | 「第百十三話」 »