« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月 1日 (水)

「第百四十六話」

 いつもの喫茶店、いつものマスター、いつもの席、そして、いつものコーヒーの味。
「マスター?」
「はい?」
「何かこう、いつもすぎると、ちょっとこう、退屈だよね。」
「退屈ですか。」
「うん、退屈だね。何かこう、何て言うのかな?いつもじゃない、そう、いつもじゃない、出来事が巻き起こるとかさ。」
「例えばどんな出来事ですか?」
「例えば?そうだな?何だろう?例えば?」
「では、こんなのは、どうです?」
「聞かせて?」
「運命の女性が、あのドアから入って来る。とか。」
「ちょっと違うかな。僕が求めてるのはさ。恋愛的な要素を含んだもんじゃない、いつもじゃない出来事なんだよね。」
「喫茶店に強盗が入って来る。とか。」
「それも違うな。何て言うの?こう、そんなに大事件じゃなくてもいいんだよ。この広い世界のこの狭い喫茶店の空間のみで巻き起こる小さな、ほのかに漂うような、そんなほんの些細ないつもじゃない出来事で、いいんだよね。」
「難しいですね。」
「難しいかな?例えばそうだな?マスターが入れてくれたこのコーヒーに?」
「私のコーヒーに?」
「毒が入ってる。・・・・・・・・・とか?」
「えっ!?」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「入ってるわけないじゃないですか。」
「いや、もちろん入ってるわけないよ。もし入ってたら、今頃僕は、死んじゃってるからね。でもほら、何かこう、ちょっとだけいつもが、ちょっとだけいつもじゃない、ちょっとだけいつもにならなかった?」
「でも毒はちょっと・・・・・・・・・。求めてるのは、そう言ったサスペンス的な出来事なんですか?」
「まあ、サスペンス的な出来事限定ってわけじゃないけどさ。何かこう、サスペンスとかミステリーとかってこう、手っ取り早くない?そう、マスターが実は、宇宙人。とか?」
「えっ!?」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「やめて下さいよ。宇宙人なわけないじゃないですか。」
「まあ、そうなんだけどね。もし宇宙人なら、とっくに僕は連れ去られてはずだからね。」
「でもどうでしょう?」
「なになに?」
「連れ去るだけが宇宙人ってわけでもないんじゃないですか?」
「詳しく聞かせて?」
「実は、地球に一度旅行に来た際、凄く地球が気に入って、地球に住みたくなって、そしたらもっと地球人とも仲良くなりたくなって、だからコミュニケーションをとりたくて始めたきっかけが、この喫茶店。だとか。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「なの?血、緑色なの?」
「例えばですよ。」
「ああ。」
「でもどうです?ほんの少しだけ、いつもがいつもじゃなくなったのでは?」
「考えみたらさ。マスターが仮に地球ラブな宇宙人だとしてさ。でも結局それって、僕はいつもの喫茶店のいつもの席で、いつものマスターが入れたいつものコーヒー味を堪能してるって事じゃない?ただ、ちょっとだけ宇宙人ってだけでさ。ああ。ってぐらいだよね。」
「ああ。ではダメですか?」
「ああっ!ぐらい欲しいよね。ああ。だと、何かこう、ふ~んって感じで、軽く流せちゃう感じだよね。些細ないつもじゃないって言ってもほら、一応いつもじゃないんだからさ。ほんの一瞬でもグラッと揺さぶられて、現実の軸から外れなきゃ。それに、よくよく考えてみると、マスターが宇宙人って、いつもじゃない出来事って言うか、単なる真実だよね。一瞬って言うか、これ一生もんだよね。」
「急に私が大声で歌い出す。とか?」
「マスター?」
「ダメですか?」
「それは、びっくりするだけだよ。イスから転げ落ちて、でそのあとマスターの身に何かあったのかって、ちょっと心配しちゃうよ。」
「心配されちゃいますか。」
「じゃあさあ、これなんてどう?」
「何ですか?」
相変わらずゆっくりと、いつもの時間が、いつも通りに、喫茶店をまるごと包み込み、飲み込み、昨日と同じように流れてる。
「マスターが入れてくれたコーヒーの中に、やっぱり毒が入ってる。・・・・・・・・・とか。」
「えっ!?」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「またですか?そんなに毒、好きでしたっけ?」
「好きじゃないよ。ないけどほら、何かこう、なかなかいい、いつもじゃない出来事が、思い付かないんだよね。」
「無理にいつもじゃない出来事を巻き起こさなくても、いいんじゃないですか?」
「まあ、それもそうだよね。」
「そうですよ。」
「アハハハハ!」
「ガハハハハ!」
「あれ?マスター、笑い方、変えた?」
「ちょっと、いつもじゃない風にしてみました。」
「マスター、やるじゃん!」
「いやいや。」
「ブハハハハ!」
「ドハハハハ!」
いつもの喫茶店。
「ワーハハハハ!」
「ガーハハハハ!」
いつものマスター。
「プハハハハ!」
「ギハハハハ!」
いつもの席。
「イシシシシ!」
「ニシシシシ!」
いつものコーヒーの味。
「ギャハハハハ!」
「ニャハハハハ!」
いつもの窓、いつもの風景、そして、いつもの僕。

第百四十六話
「深海の喫茶店」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

「第百四十七話」

「・・・・・・・・・・・・・・・。」
この、机に向かって、黙々と勉強している彼女は、テストを明日に控えた高校2年生である。
「よし!歴史は、これでだいたいオーケー!うーーーんっ!」
そんな彼女が一段落して、両腕を天井に突き上げ、背もたれに寄り掛かり、上半身を伸ばし、何気無く目の前の窓の外の夜空に目を向けた時だった。
「キラーン!」
「あっ!流れ星!明日のテストでいい点が採れますように!明日のテストでいい点が採れますように!明日のテストでいい点が採れますように!」
夜空に一筋の流れ星が流れ、そして彼女は、星に願った。
「って、こんな事でいい点が採れたら苦労しないっつーの。てか、どうせならもっと別の願い事すればよかった。はあ、さて、次は数学でもやりますかね。」
溜め息混じりで彼女は机の引き出しから数学の教科書とノートを取り出し、それらを机の上に開くと、再びテスト勉強へと入り込もうとしたその時、彼女は窓に映る自分の背後に立つ異形の存在に気付き、恐怖心を抱くよりも先に、体が勝手に、反射的に振り向いてしまった。
「やあ!」
「真っ黄っ黄っ!?」
その、人のような形をした真っ黄っ黄っな物体は、満面の笑みを浮かべ、彼女に挨拶をしていた。
「だ、誰!?」
「流れ星です。」
「泥棒!?」
「流れ星です。」
「変態!?」
「流れ星です。」
「真っ黄っ黄っ!?」
「流れ星ですからね。」
「顔が星形!?」
「流れ星ですからね。」
「焦げ臭い!?」
「流れ星ですからね。」
「あのう?」
「何ですか?」
「気絶してもいいですか?」
「しないで下さい。せっかく流れて来たんですから、気絶はしないで下さい。」
「なら、あのう?」
「はい。」
「殺さないで下さい。」
「殺さないです!流れ星ですから。」
「食べないで下さい。」
「食べないです!流れ星ですから。すいません。そのモンスター目線、やめてもらってもいいでしょうか?流れ星なんで。」
「じゃあ、証拠は?」
「証拠?ですか?」
「そう!アナタが流れ星だって言う証拠を見せてよ!そしたら信じるから!」
「いやでも、この容姿が何よりもの証拠だと思うんですけどね。」
「体が人で顔が星で真っ黄っ黄っが!?」
「そうです。そろそろ、その手に持った十字架をしまってもらえませんか?」
「だってさぁ!こんな非現実的な状況をさぁ!高校生のアタシがさぁ!どうやって受け入れろって言うの?ねぇ?そこんとこどう考えてんの?逆の立場だったらアナタどうなの?やっぱり驚きまくるんじゃないの?パニクるんじゃないの?だいたいさぁ!そんな姿で急に現れてさぁ!冷静に何かを話し合おうって考えの方が間違ってんのよ!流れ星だか何だか知んないけど!流れ星なら、何してもいいわけ?ねぇ?流れ星だったらさぁ!ただただ流れてればいいじゃん!なに気持ち悪い容姿して、なに不気味な存在で、なにアタシの部屋に立ち寄っちゃってんのよ!」
「すいません。メンタル面、あまり強い方ではないので、その辺で勘弁してもらえませんか?しかし、お嬢さんのおっしゃる通り、確かに突然の訪問で、迷惑を掛けてしまったかもしれません。でも、それにはちゃんとした理由があるんです。って、そろそろ、文房具投げまくるのやめてもらっていいですか?」
「理由?理由って?」
「流れ星から連想される事と言えば?」
「気味が悪い。」
「それは、ボクの姿を見た率直な感想ですよね。そうではなく、一般的に連想される事です。」
「一般的?そうねぇ?まあ、流れ星って言ったら、願い事?」
「そうです!それですよ!」
「うっそ!なになに、願い事を叶えに来てくれちゃったりしちゃったりしちゃうわけ?なーんだ、だったらそれを先に言ってよ!もう!」
「いや、けして言わないようにしていたわけではないんですけどね。むしろ、言おう言おうとしていたんですけどね。」
「ほらほら、そんな所に突っ立ってないで、座って座って!今、何か飲み物とか夕飯の残り物とか持って来るから!」
「いや、お構い無く!」
「遠慮なんてしなくっていいって!流れ星が遠慮なんて聞いた事ないよ?」
「聞いた事がないと言うか、してるとこを見た事がないと言うか。いや、そんな事じゃなくって、時間が勿体無いんで、本当にお構い無く。」
「それって、さっそくアタシの願い事を叶えてくれるって事?」
「そうです。」
「うっそー!本当に?」
「本当です。」
「やったー!何か夢みたい!って、ちょっと待って!」
「どうしました?」
「これ、夢なんじゃない?」
「夢じゃないです。」
「現実世界では今頃、テスト勉強も半ばで、机の上で眠ってるアタシが居るんじゃないの?」
「すいません。非常に痛いんで、てっぺんのトンガリから手を放してもらってもいいですか?ミシって、ちょっと折れそうな勢いなんで、出来れば早急にお願いします。」
「痛いって事は、夢じゃないのよね?」
「まあ、普通は夢を見ている本人が痛がらないと意味の無い確認作業なんですけどね。まあでも、これは紛れも無い現実なんで、その辺は大丈夫です。」
「どうしよう?何を願って、叶えてもらおう?お金?恋?それとも何かしらの特別な能力?あーっ、どうしよう?迷うなぁ?これってあれよね!もちろん、時間制限とかないのよね?それにあれでしょ?叶えてもらう願い事を100個にしてもらうってズルもダメなんでしょ?大丈夫、大丈夫!そこら辺は、ちゃーんと分かってるって!」
「あのう?」
「ちょっと待ってね。どうしようかなぁ?やっぱりお金が有力かなぁ?そうだよね。お金があれば、大抵の事は何とかなっちゃうもんね。」
「お嬢さん?」
「超能力者ってのも魅力的だけど、やっぱしお金かなぁ?うん!お金だ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「では、改めてお願いします!流れ星さん!アタシを大金持ちにして下さい!」
「もう、いいですか?」
「はい?」
「先程も言いましたが、あまり時間がないんで、さっそく始めましょう。」
「いつでもいいわよ!あーっ!どうしよう?とりあえず欲しいもんを全部買うでしょ!それからそれから?」
「まず、この数式の解き方ですけど。」
「はい?」
「これはですね。」
「えっ?えっ?意味分かんないだけど?何してんの?」
「数学です。」
「いや、それは見れば分かるんだけど、そうじゃなくって、ほら!大金持ち!ねっ!ほら!」
「いつまでもふざけてないで、真面目にテスト勉強して下さい。」
「いや、するけどさぁ。その前に、ほら!」
「何を言ってるんですか!アナタが願ったのは、大金持ちじゃくて、テストでいい点が採れますように!でしょ!」
「へっ?」
「朝まであんまり時間が無いんです。少しスパルタにいくんで、覚悟して下さいよ。」
「ええーっ!!!」
こうしてこの日から、彼女と流れ星とのテストがある毎に行われるマンツーマンの日々が始まった。

第百四十七話
「流れ星先生」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

「第百四十八話」








うん。

まあ、

なきゃないで、

それなりに、

どーにか、

こーにか、

なるもんだ。








第百四十八話
「水が消えた日から千年」









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

「第百四十九話」

 偶然にも同じ駅から登山鉄道に乗り込み、偶然にも四人掛けの向い合わせの席に、向い合わせに座る事となった青年と老紳士。そして、青年が大きな花束を置き席に着くと、間も無くして電車は国境を越えるため、ゆっくりと走り出した。
「その花束は、奥さんにですか?」
老紳士がその大きな花束を見て、思わず青年に話し掛けた。
「ええ。」
少し照れ臭そうに笑い、青年は答えた。
「誕生日ですか?」
「いいえ。」
「なら、結婚記念日ですか?」
「違います。」
「そうですか。なら」
「何でもありませんよ。」
「えっ?」
「別に何か特別な記念日とかって訳でもないんです。ただ、妻に花束を、と。思っただけなんです。」
「そうでしたか。」
「そうなんです。」
そう言うとまた、照れ臭そうに笑う青年を見て、老紳士は優しく微笑んだ。
「さぞ、奥さんは喜ぶでしょうね。」
「どうでしょうか?」
「いやいや、絶対に喜びますよ。」
「そうだといいんですけどね。」
青年は、苦笑いを浮かべながら、そう言った。
「おや?何か喜ばない理由でも?」
老紳士は、少し不思議そうな顔付きで、大きな花束の方へと、目をやった。
「いえ、それと言って特に理由なんてないんですけど、何かこう、漠然と、花束を買ったはいいけど、妻は花束なんてもらって嬉しいんだろうか?と、単なる自己満足に終わるだけじゃないだろうか?と、考えてしまうんですよ。」
照れ笑いと苦笑いが混じった顔で、青年は大きな花束に目をやりながら答えた。
「嬉しいですよ。こんなに大きな愛が詰まった花束を貰って、喜ばない理由なんてありませんよ。」
「そうですか?」
「そうですよ!自己満足だけで、ここまでやれる人なんて、なかなkいませんよ!それに、愛するが故の自己満足ならばきっとそれは、きっとそれを愛と呼ぶんですよ!」
老紳士のその言葉を聞き、青年は安堵の笑みを浮かべた。
「私もね。駅で貴方を見掛けた時から、いえ、街で貴方の後ろ姿を見た時から、考えていたんです。私も妻に花束を贈ればよかったと、今更ながら後悔していますよ。」
寂しそうな顔付きで、車窓から流れる遠くの景色を見ながら、老紳士は言った。
「まだ、遅くないんじゃないですか?」
そんな老紳士の姿を見て青年は、笑顔を浮かべて言った。
「いやしかし、贈られる本人がもうこの世にいないんでは、花束を買ったとこで、そこには何の意味も無いですよ。」
老紳士は寂しく笑いながら、青年の大きな花束を見詰めていた。
「何を言ってるんですか!今さっき、貴方が喜んでくれると、言ってくれたじゃありませんか!」
「えっ!?」
青年のあまりの満面の笑みと意外な言葉に、老紳士は目を見開き、しばらく驚き止まってしまった。そんな老紳士を気にする事なく、青年はこう続けた。
「だったら、僕のこの花束にも、何の意味も無いって事になってしまいますよ?花束を贈るタイミングに、遅いも早いも時期も季節も記念日も何も関係無い。自己満足でも愛が詰まっていればそれでいい。それが愛なんだと、そう僕は、今さっき確か貴方に教わった気がします。違いますか?それとも、この気持ちは単に僕の勘違いだったんでしょうか?」
満面の笑みで言う青年の顔を見て老紳士は、満面の笑みでこう答えた。
「そうでしたね。」
「そうですよ!」
間も無く国境を越えようとする電車は、愛情に溢れた笑顔の青年と老紳士の二人を乗せ、最後尾の車両のドアからはみ出している美しい花を咲かせた大きな花束を乗せ、そして今日も定時通り、国境を越えた。

第百四十九話
「先頭車両物語」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

「第百五十話」

 会社帰り、いつもの帰路、僕は電信柱の前で立ち止まっていた。原因は、1枚の貼り紙だった。

第百五十話
「産まれたばかりのオッサン差し上げます」

 オッサンが人間から独立し、独自の生態系を築き上げてから、かれこれ何年になるんだろうか?確かあれは、僕が小学校を卒業した時だったから・・・・・・・・・。
「もう、20年。」
政府は、オッサンのオッサンDNAによる暴走だとか発表していたけど、実際のとこは信憑性に欠けていた。そう、20年経った今でも何一つ原因は解決されてはいない。宇宙人説や地球温暖化説や人類崩壊説や進化説やウィルス説など、今でも多くの仮説が世界中で論議されている事が、何よりもそれを裏付けている。だけど、何かが原因なのは確かで、オッサンがあの日から人間でなくなったのも事実で、今では犬や猫に次いでの人気ペットだってのが現状。確かに、元々オッサンは人間だったから、飼いやすいさは犬や猫の比じゃない。けど、オッサンは喋るし、酔っ払うし、説教するし、頑固だし、人間とオッサンとの間でのトラブルも起こりやすい。そこが、オッサンが人気ナンバー1ペットになれない理由とも言われている。でも、一人暮らしの若い女の子が、数体のオッサンを飼って生活しているだなんて、20年前に、いやそれ以前に、いったい誰が想像出来ただろうか?
「・・・・・・・・・ふっ。」
昔を重ねて今を考えると、ちょっと笑えてくるのは、僕だけだろうか?でも、ある種オッサンをペットとして飼う事がステータスとなっている今、あの脂ぎっしゅな顔に頬擦りする若い女の子達の光景は、不思議と不思議じゃなくなってしまっているのが不思議だ。いや、それだけじゃない。確実に世界は、オッサンが人間でなくなった事で、大きく変わってしまった。オッサンがよく行く店や施設は極端に減少し、その代わり街に溢れるオッサン専門店やオッサン可のマンションを目にするたび、つくづくオッサンはオッサンになってしまったんだなって、改めて認識させられる。何よりもオッサンがもう人間じゃないんだなと思う時は、街でたまに見掛ける父を目にした時だ。
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
今でもあの時の光景を、夢で見てうなされる日がある。そう、忘れたくても忘れる事の出来ない小学校の卒業式の夜。いつものように、母と姉3人と僕と父とで夕飯を食べていた時だった。テレビから20時を告げる番組が始まった直後、父が奇声を上げながら立ち上がると、そのまま庭へ出て、グルグルグルグル庭を駆け回り出した。突然の出来事に、家族はただただ唖然とし、父の行動を見ているしかなかった。数分が経ち、素っ裸になった父は、メガネケースと常備薬を手に、家を出て行ってしまった。それが、父が父ではなく1体のオッサンになった瞬間でもあった。そして、家族がそんな異常事態を自分達だけの身に巻き起こった出来事じゃないんだと知るのに、それほど時間は掛からなかった。数十分後にテレビから流れて来た臨時ニュースの映像は、今でも鮮明に覚えている。
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
そして、その数日後、オッサンはオッサンとなり、それに付随して人間の寿命が極端に下がる事になる衝撃の政府会見。最初は信じられなかった。けど、現在の人間の男性を見れば、嫌でも納得せざるを得ない。オッサンはオッサンであり、オッサンは人間ではない。つまりそれは、人間の男性がオッサンになる前に死ぬ事を意味している。男性は、オッサンにはなれない。これは今となっては、ねじ曲げようのない事実だ。男性の寿命が平均40歳。オッサンの寿命も平均40歳。これが意味するのは、完全に人間のオッサン部分が独立して新たな生態系を築き上げてしまったって事以外に、考えようのない理不尽な、受け入れる他ない不条理な、現実。
「・・・・・・・・・オッサンか。」
今さらオッサンになりたいなんて思わない。けど、自分がもしもオッサンだったらと、想像してしまう回数が、近頃増えていたのは、あと数年で訪れる絶対的な死への恐怖からなのか、オッサンへの憧れからなのかは、はっきりとした回答を導き出す事は、おそらく出来ない。オッサン法の恩恵を受け、男性は随分といい思いの出来る人生になっている今となっては・・・。それを考えれば、死にたくないってのも分かる。でも、人間のオッサンを知る僕らのようなオッサン世代は、少なくとも今では叶えられようもない幸せな家庭を築くと言う夢を、孫と戯れる老後と言う夢を、そんな当たり前だった人生を、平々凡々な人生を、頭のどこかで割り切れていないのかもしれない。
「オッサン、差し上げますか。」
これから僕が産まれたばかりのオッサンを飼ったとこで、確実に僕の寿命の方が、オッサンより先に尽きてしまう。そんなオッサンを悲しませるような事は出来ないし、何より結婚をしていない僕の死後、そのオッサンの面倒をみるだろう母に申し訳がない。なら、こっそり飼って、こっそり捨てたりでもしよか?
「・・・・・・・・・なんてな。」
そんな事、僕には出来ない。ここは素直に諦めよう。それがいい。
「父さん………。」
その貼り紙の写真には、小さな5体のオッサンを、元気いっぱいの笑顔で抱き抱える僕の父が写っていた。
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
そして僕は、再び歩き出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »