« 「第百六十三話」 | トップページ | 「第百六十五話」 »

2009年8月 5日 (水)

「第百六十四話」

「父さーん!ご飯できたよー!」
テーブルに夕食の用意をしながらボクは、二階の書斎にいる父を呼んだ。父は、世界中の不思議を解き明かしている冒険家だ。そんなボクの父の口癖は『グッジョブ』だ。
「おおっ!美味そうだな!今日もカレーか!」
「それ、嫌味?」
皮肉ったかのように言った父をボクは、睨み付けたが、父は右手でスプーンを握り、左手の親指を立てて笑ってた。
「嫌味じゃないさ!心から喜んでんだよ!父さん、カレーが大好物だからな!世界中どこへ行っても、食べるのは、いつもカレーだ!でも、やっぱり母さんのカレーとお前のカレーが、ワンツーフィニッシュだ!」
「はいはい。じゃあ、二番のカレーをどうぞ召し上がれ。」
「何だよ!ご機嫌斜めか?機嫌直してくれよ!二番って言ってもな!母さんのカレーとお前のカレーの差は、こんなもんだ!これっぽっちだぞ?」
「分かった分かった。」
「それにな!お前のカレーには、母さんのカレーにはない美味さがある!」
「ほら、冷めるよ。」
「なら、同率一位でどうだ?それで手を打たないか?」
「別に、母さんのカレーが一番で、ボクのカレーが二番でいいよ。そんなとこで、特に争ってる訳じゃないからさ。」
「美味いっ!!」
って、相も変わらず人の話を聞かない自由人な父だった。だからこそなのか?父の口癖が『グッジョブ』なのは?
「母さん、明日だね。」
「おおっ!」
母は今、入院してる。別に、命に関わる重病とかって話じゃない。足の骨を折って入院してるだけだ。そして明日が、母の退院してくる日だった。
「お前、車で迎えに行けるんだろ?」
「そのつもり。」
「父さん、今日の最終便で、呪いの秘宝の調査に出掛けないとならないから、母さんを頼んだぞ!」
「分かってる。」
「まあでも、お前の運転技術なら、心配ないか!父さん、世界中のいろんな場所で、いろんな人が運転する車に乗ってるけど、お前の運転さばきに敵う奴はいないよ!本当に最高だ!」
「そりゃ、どーも。」
子供の頃、殆んどの人は、食べながら喋るなって注意されたかもしれない。でも、父の教えは真逆だった。冒険家にとって食事の時間は、大事なコミュニケーションの場であり、重要な作戦会議の場であるらしい。その延長線上に、父の口癖が「グッジョブ」一辺倒な秘密があるんだろうか?
「にしてもアレだな!あの外科の先生、やっぱり腕は衰えてなかったな!なかなかの名医っぷりだったよ!」
「名医っぷりじゃなくて、今では立派な名医なんだよ。」
母の手術をしてくれた先生は、昔から父と馴染みのある先生で、無茶ばっかりして帰って来る父の体を、昔も今も治してくれてる。
「そうだったな!」
「そうだよ。」
「それにしても母さんの奴、レッスン中に転倒するとはな。猿も木から落ち何とかだな!」
「る。ねっ!」
母は、フラダンスの先生をしてる。たまたま床の汗で足を滑らせて転び、骨折してしまった。なもんで、病室にはいつも教え子の人達がお見舞いに来てくれて、華やかに賑わってた。
「来週、新人の人達のデビューの舞台なんだってさ。」
「そうか!ああ、残念だな。父さんも観に行きたかったよ。母さんの教え子のフラダンスは、最高だからな!やっぱり先生が最高な指導者だと違うな!母さん、最高だよ!」
ボクは、もう慣れっこだった。父が何か行事がある時にいないって状況に。だって、世界中を駆け巡ってるんだから、仕方ない。それにボクは、一度だってそんな父を恨んだ事なんてない。ボクは、口にはした事ないけど、こんな冒険家の父を尊敬してる。昔も今も。それはもちろん「グッジョブ」が口癖の部分を含めてだ。
「それはそうと、お前の方は、どうなんだ?」
「ボク?」
「新作、書いてんだろ?ここ最近、毎日アトリエじゃないか!」
ちょっとは名の知れた画家。それがボクだ。父の言う通り、ここ最近はアトリエに籠って個展に出品する作品を描いてた。
「うん。まあね。」
「そうかそうか!父さんはな!お前の作品が大好きだ!特にあの躍動感がいいな!世界一だと思ってるよ!」
何ともまあ、恥ずかしげもなく我が子に、よくもまあこんな事を言えるもんだ。でもまあ、ボクが画家として、それなりに食べていけるのは、父のお陰だ。子供の頃から、父が世界中を飛び回ってる最中に撮影した写真を片手に、行った事も見た事もないその写真の中の景色を描くのが、ボクの楽しみだった。そんなボクの描いた絵を見ては『グッジョブ』『グッジョブ』と、父は言ってくれた。そしてそれは、今でも変わらない。
「いや~食った食った!相変わらず美味過ぎた!」
「食べ過ぎだよ。」
「ごちそうさま!」
「胃薬飲んでけば?」
「なーに、まだまだ食べれるんだ!そんなもんは必要ないさ!じゃあ、父さん行くけど、母さんに宜しくな!」
「分かった。」
「それと、お前の絵。楽しみにしてるからな!」
「うん。父さんも気を付けて。」
「おう!じゃあ、行ってくる!」
「行ってらっしゃい。」
こうして『グッジョブ』が口癖の父は、また新たな冒険へと旅立って行った。

第百六十四話
「言えよっ!!」

|

« 「第百六十三話」 | トップページ | 「第百六十五話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/30843764

この記事へのトラックバック一覧です: 「第百六十四話」:

« 「第百六十三話」 | トップページ | 「第百六十五話」 »