« 「第百六十七話」 | トップページ | 「第百六十九話」 »

2009年9月 2日 (水)

「第百六十八話」

 私は、あるあると言われ続けている割に、今まで誰もソノ実態を掴みきれていなかった村を、遂に発見した。私は、考古学者でもなければ、ましてや冒険野郎でもない。強いて言うなら、あるあると言われ続けているけどなかなかソノ実態が掴みきれてないモノが、嫌いな者だ。普段は、町で郵便を配達している手書きマニアな単なる郵便仕分けと郵便配達好きの郵便職員だ。
「ここが・・・・・・不老不死の村。」
そう、私が仕事の合間をぬっては長年探し続けていたのは、あるあると言われ続けている割に、今まで誰もソノ実態を掴みきれていなかった不老不死の村だった。
「なるほど、確かに不老不死の村だ。」
配達もそこそこに、この日も不老不死の村を探す事にした私だったが、まさか配達物をそこそこ残しつつ辿り着いた地図にも載ってない秘境で、念願のあるあると言われ続けている割に、今まで誰もソノ実態を掴みきれていなかった不老不死の村を発見する事が出来るなど、誰が予想出来ただろうか?私は、喜んだ。喜び上がった。あるあると言われ続けているけどなかなかソノ実態が掴みきれてないモノが、嫌いな者にとって、あるあると言われ続けているけどなかなかソノ実態が掴みきれてないモノを発見した時の幸せは、きっと誰にも予想出来ないぐらい予想以上の幸せだ。だが、喜びも束の間、一目見て不老不死の村だと分かった瞬間、私の頭の中では、多くの不思議が浮かんでは沈んでいった。
「22、23、24。」
村人の数を数えたが、24人しかいない。郵便の職務で鍛えられた私だ。まず数え間違いなど考えられない。仮に村人が何処かの物陰に隠れているとしてもだ。おそらく30人前後と言う数字には、変わりないだろう。不思議ではないか?不老不死の村の不老不死の村人の数が、なぜこんなにも少ないのか?村人が不老不死ならば、村人の数は増え続けなければ、おかしい。だがどうだ?どう数えても村人は、24人だ。では仮に、不老不死の村の不老不死の村人に、繁殖機能の著しい低下と言う仮説を企ててみようではないか。しかし、それでは逆に、今度はあまりにも24と言う数字が大きくなってしまう。だが、私の大胆な仮説は、不敵にも的を得ているに違いない。それとも或いは・・・・・・・・・。
「・・・・・・・・・いや、まさかな。」
もっともっとこの不老不死の村に留まり、不老不死の村人の実態を掴みきりたいと思ったが、私には鞄に入っている数週間前の郵便物を配達しなければならないと言う使命が残されていた。好奇心か使命感かと問われたら、間違いなく即座に使命感を選ぶ私にとって、これ以上、不老不死の村の謎へ深入りする理由はなかった。しかし、不老不死の村がいつに日か誰かの手によって発見され、不老不死の村人の人数の不思議についての実態には、きちんとした理由が、あるあると言われ続けている割に、誰もソノ実態を掴みきれていなかった時には、またこの不老不死の村を訪れ、不老不死の村人のソノ実態を掴もうと心に決め、私は自転車のペダルを漕ぎ不老不死の村人達に手を振り別を告げ、通常業務へと戻る事にした。
「不老不死の村と言うよりもアレだな。」
町へと向かう帰路のジャンルの中、私は思った。

第百六十八話
「赤ちゃんだらけの村」

|

« 「第百六十七話」 | トップページ | 「第百六十九話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/31205444

この記事へのトラックバック一覧です: 「第百六十八話」:

« 「第百六十七話」 | トップページ | 「第百六十九話」 »