« 「第百七十二話」 | トップページ | 「第百七十四話」 »

2009年10月 7日 (水)

「第百七十三話」

「ブーン!」
って、ハチが
「チクッ!」
って、ハチが
「イテッ!」
って、ボクが
「ブーン!」
って、ハチが
「バチン!」
って、ボクが
「ポトリ。」
って、ハチが
「プクッ!」
って、ハナが

第百七十三話
「ハチとボクとカミサマ」

 これはまだ、ボクが散歩を初めて三歩目の出来事だった。突然現れたハチが、ロックンロールな羽音で迫って来たかと思ったら、ボクの鼻先にロッケンロールな針をヒョッケンロールな勢いで突き刺した。当然の如く痛がり、驚いたボクだったが、そこはすかさず飛び立ったハチを両手で叩き殺そうとしたんだけど、クリーンヒットせず、何とか指先が軽く頭に触れたぐらいで、ハチはと言うと、脳震盪を起こした感じで、地面にユラユラユラリと落ちた。激痛走るぷっくり腫れた鼻先を触りながら、ボクは、にっくきハチを完膚なきまでに踏み潰そうと、両足で地面を蹴り上げてジャンプした。
「はい?」
その瞬間、なぜか時間が止まったらしく、ボクは空中に静止した。
「これこれ、何をするつもりじゃ。」
ここでボクの目の前にカミサマが現れた。それは、あまりにも、所謂、カミサマな出で立ちで、老人で長い白髭と白髪で、グルグル大きな渦巻いた長い杖で、白い衣を身にまとってた。
「まさか、そのままハチを踏み潰すつもりじゃなかろうな?」
いや、だいたいそのまさかだから時間まで止めて、わざわざボクの目の前に現れたんでしょ?てか、助けたいなら、さっさとハチをどけて、時間を動かせばいいじゃん!えっ?それとも?
「まさかの説教ですか?」
「そうじゃよ。」
でたー!でましたー!でちゃいましたー!説教!マニュアル通りなこの展開がご存知、面倒臭い!
「ちょっと待って下さい。お爺さん。」
「カミサマだ!」
「どうしてボクなんです?何でボクに説教なんです?お爺さん。」
「カミサマだ!何故かじゃと?それは、お主がハチを殺そうとしたからに決まっておろう。たわけ者!」
拙者が?拙者が、たわけ者?お前だよ!たわけ者は!時代錯誤な出で立ちのお前の方が、だろって!いつまでもそのイメージでカミサマが罷り通ると思うなよ!
「なら、ハチは?ハチには説教しないんですか?ハチの方が最初に攻撃して来たのに、説教なしですか?それは、弱いからですか?それは、小さいからですか?人間よりも。」
「よく分かっとるじゃないか。その通りじゃ。」
どの通りじゃ!これだからカミサマは嫌だよ。イヤイヤ!本当いや!人間にしか説教しない。人間だけにしか説教出来ない。殺人ウイルスとか地球温暖化とかは、まるでほったらかし、地震やら津波なんかは、完全無視。それはまあ、人間が造り出した人間の為のカミサマですから?人間が、今現在不可能な事は、カミサマにも不可能な事なのかもしれませんけど?きっと、今のボクが置かれた状況も、ボクが見ている白昼夢に違いない。おそらく本当のボクは、激痛走るぷっくり腫れた鼻先を触りながら、突っ立って気を失って、この面倒臭いまやかしを見てるんだよ。ボクがボクに見せてる虚像ってヤツ?生物を殺してはならないと言う良心が生み出した幻って言ったら、格好よい?
「ちょっと!」
「何じゃ?」
「だったら、ボクが両手でハチを叩き潰そうとした時に出て来て下さいよ!」
「それが、ハチへのバチじゃ。」
「無意味にボクを攻撃した事への罰ですか。」
「そうじゃ。」
はあ???なら、ボクに叩き潰されそうになった時も今と同じように、時間を止めてハチに説教して、脳震盪を起こす程度の場所に移動させたって?そう言う事なの?そんなの言ったもん勝ちみたいなとこあんじゃんか!てか、そのいちいち罪とか罰とかって発想が、面倒臭いな!なら、ハチがボクを攻撃する前に、やめさせればいいじゃん!攻撃を!事が終わってからわざわざ登場して来て、説教って、それってただの面倒臭いジイさんじゃん!自己顕示欲のド塊じゃん!ぜんっぜん!平和じゃないじゃん!後から出て来て、あーだこーだって、カミサマ的には役立たずも甚だしいじゃんかよ!!って、イライラするだけボクが疲れるだけだ。やめよ。やめます。
「・・・・・・説教、お願いします。」
「うむ。」
何が、うむ、だよ!バーカ!
「いいか?命と言うモノはのぅ。」
尊いかな?
「尊いモノなんじゃ。」
何の捻りもない。じゃあ、次は儚いかな?
「儚いモノなんじゃ。」
ああ、このクイズ番組、すぐに最高金額獲得可能だよ。だから、殺めるなんて愚かな行為をするんじゃない、かな?
「だから、殺めるなんて愚かな行為をしてはいかんのじゃ。」
だったら、サバンナの!ジャングルの!大海原の!食うか食われるかの弱肉強食!あれ全部やめさせろ!ならお前、飲食なしで永遠に生きられる身体システムにしとけよ!てか、あれだね。もう、面倒臭いね。やたらと、面倒臭いね。やめるって決意したのにね。いけないいけない。
「カミサマ!」
「何じゃ?」
「フィクションの世界でしか生きられない想像の救世主!カミサマ!」
「ワシが実在しとらん。そう言いたいのか?」
「そう言いたいんだ!」
「そう言いたかったのか!」
「当たり前だ!」
「カミサマじゃぞ!」
「だから何だ!」
「偉いんじゃぞ!」
「早く消えろ!」
「うるさい!」
「お前の方がうるさい!」
「バチが当たるぞ!」
「やれるもんならやってみろ!」
「知らんぞ!」
「お前は知っとけ!」
「赤鼻ー!」
「赤鼻だー!」
「触るぞ!」
「触るな!」
「デカ鼻ー!」
「うるさい!早く病院行きたいから、さっさとバチ当てろ!」
「コンニャロー!!!」

「ゴツン!」
って、ゲンコツが・・・・・・・・・。

|

« 「第百七十二話」 | トップページ | 「第百七十四話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/31691285

この記事へのトラックバック一覧です: 「第百七十三話」:

« 「第百七十二話」 | トップページ | 「第百七十四話」 »