« 「第百八十五話」 | トップページ | 「第百八十七話」 »

2010年1月 6日 (水)

「第百八十六話」

「えっ!?」
僕は、ある家の前で、あまりの驚愕具合に、思わず自転車を止めてしまった。
「う、うう、ううう、嘘だろ?」
そう呟きながら自転車を降りた僕は『ご自由にお持ち下さい』と書かれたダンボールへ近付いて行った。
「あのう?」
そして、そのダンボールの中に、ちょこんと体育座りな、おじいさんに話し掛けた。
「まさかですよね?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「まさかのまさかですよね?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「まさかのまさかのまかさっ痛っ!?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
僕の舌を噛んだ問い掛けに、おじいさんは無言で空を見上げているだけだった。息もしているし、瞬きもしている。僕の乏しい医学知識を持ってしても分かる。間違いなくダンボールの中のおじいさんは、人形でもなければ、死んでいる訳でもないんだって事が。
「あのう?こんな所に居たら、風邪引きますよ?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
天気予報で今日は、今年一番の冷え込み具合だって言っていたし、夜遅くからは、雨が強い具合に降るって言っていた。いや実際、おじいさんに対して、風邪引きますよ?と言ってみたものの、防寒具的にブリーフのみ具合の出で立ちを見ていると、もう時既に遅し、風邪を引いている可能性も否め切れない。
「すいませーん!」
僕は、とりあえずこの家の住人にいろいろと話を聞いてみようと思った。
「すいませーん!」
がしかし、まるで反応がなかった。
「どなたか居ませんかー!」
僕は、失礼ながらも緊急事態って事もあり、窓を覗き込んだ。けど、家の中は生活感が漂ってはいるものの人の気配は、さ迷っていなかった。
「家の人は、居ないんですか?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
ダメ元で、おじいさんに尋ねてみたけど、ダメだった。肩を揺すってみたけど、全体的にガクンガクン具合が凄くて、今にも壊れそうだったからやめた。
「・・・・・・・・・ん?」
ここで僕は、何かを閃いた。
「いや、待てよ?」
例えばだよ?そうこれって例えばだよ?例えば、おじいさんがこの家のおじいさんじゃなくて、別の家のおじいさんだとしたら?
「どうなる?」
おじいさんは、街をさ迷ってさ迷って、さ迷い続けて疲れて、ジャストフィットするダンボールを見付けて、休んでいるだけだとしたら?
「おじいさん?名前は何て言うんですか?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
時に人は、人は時に、同じ過ちを何度も繰り返す。ほら、間違った文字を消して、また、今さっき間違った文字を書いてしまう具合にさ。それを数回繰り返してしまう具合にさ。この世に完璧な人間なんて存在しない。例えば、この世に完璧な人間が存在しているとしたら、それは人間じゃない。でも僕は、誓うよ。もう二度と、返事をしないおじいさんに尋ねないってね。
「文字?」
その時、そうその時、僕はブリーフに書かれている文字を発見した。そこに書かれていた文字は、この家の表札に書かれている文字と、妙にジャストフィットだった。つまりそれは、それはつまり、ダンボールの中でちょこんと体育座りな、おじいさんは間違いなくこの家の住人だって具合にだ。
「よっこいしょ!」
だったら話は、話はだったら、早い具合に早い。僕は、おじいさんをダンボールから自転車のカゴの中へとちょこんと移し、そのまま家へと、ご自由にお持ち帰った。
「ぶぅぅぅぅぅぅぅぅぅん!!」
えっ?ご自由にお持ち帰ったおじいさんは、どうしたかって?所々、ガタが来てたけど、もちろんこうして、冷蔵庫兼洗濯機として活躍中だよ。そうそう、来月には、オーディオとしても活躍してもらおうかなって考えている具合さ。

第百八十六話
「家電おじいさん」

|

« 「第百八十五話」 | トップページ | 「第百八十七話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/32884196

この記事へのトラックバック一覧です: 「第百八十六話」:

« 「第百八十五話」 | トップページ | 「第百八十七話」 »