« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月 2日 (水)

「第二百七話」

 商店街のど真ん中にその店はグロテスクに佇んでいる。見た目も店内の商品も、そして店主も全てがグロテスクな店。

第二百七話
「グロテスク屋」

「今日は、何テスクをお探しで?」
「何テスクって、グロテスクしかないでしょ。この店には・・・・・・・・・。」
この会話のやり取りを40分以上前からしている。していると言ったら、僕も一緒になって、店主との会話を楽しんでいる感じがするけど、そんな事は断じてない!店主がしつこく話し掛けて来るから、仕方なく相手をしているだけであって、楽しい訳がない!本当は、ゆっくりとじっくりと母へのプレゼントを選びたいのが理想だ。
「今日は、何テスクをお探しで?」
「だから、グロテスクだってば!」
ただ、そうそう甘くはないのが現実。他のグロテスク屋に行く事も考えたけど、パスポートの申請を待つほど、僕に余裕はなかった。僕に余裕と言うか、今日行って今日帰って来れるなら、それに越した事はない。けどそれは、物理的に無理な事。だったら僕は、我慢するしかない。何かを達成する為には、時に我慢が強いられる。我慢の果ての幸福ほど、幸福以上の幸福なものはないと、皇帝も言っていたじゃないか!僕はその皇帝の下に仕えていた事もなければ、そんな皇帝が本当に存在していたのかさえも知らない。だけど、今は我慢をするしかない!それはもう、我慢を我慢するぐらいの勢いで!って事は知っている。
「今日は、何テスクをお探しで?」
「グロテスクだ!」
こんなに鬱陶しい思いをするぐらいなら、母へのプレゼントを他の物にしようかとも考えた。でも、母が食事中にあれほどまでに、グロテスクな物について楽し気に、そしてこの日を意識しながら話していた顔を思い出すと、やっぱりプレゼントはグロテスクな物以外には考えられない。そして、何よりも再びあんな悪夢のような晩餐を家族が体験しない為にも、長男である僕が何としても母へグロテスクな物をプレゼントしなければならない!
「今日は、何テスクをお探しで?」
「仮にグロテスク以外があるなら出してみろ!」
店に入って40分以上経つけど、いまだに僕は、店にも商品にも、何よりも店主のグロテスクさに慣れる事が出来ない。こんな機会でもなかったら、きっと足を運ぶ事すらなかったと思うグロテスク屋。そう考えると母に感謝だし、母にグロテスクな物の良さを吹き込んだ隣の店のおばさんをぶっ飛ばしてやりたいとも思った。
「今日は、何テスクをお探しで?」
「どっかにスイッチ付いてんの?」
これでよく商店街の振興組合の組合長が勤まるもんだ!大人になって、仮に僕が父の店を継いだ時には、絶対に引き摺り下ろしてやる!!そりゃもう絶対にだ!!
「今日は、何テスクをお探しで?」
「だいたい、何かしながらの!ながら会話をやめろ!聞くならまず!そのグロテスクな本越しの!グロテスクなメガネ越しの!グロテスクな上目遣いをやめろ!!」
さっさと!さっさとプレゼントを選んで!帰ろう!グロテスクさに堪えられないとかじゃなくて!この鬱陶しさに堪えられない!よし!これにしよう!中高年に大人気ってグロテスクな貼り紙にグロテスクな文字で書かれたグロテスクな棚のグロテスクな物にしよう!そうしよう!
「今日は、何テスクをお探しで?」
「グロテスクだバカ!」
14、15、16、17、全17グロテスク色か。迷うなぁ?どうしよう?さすがに例の悪夢の晩餐の時に、母も好きなグロテスク色までは言ってなかったからな。普通はピンク系とか白系が無難だけど、そんな常識が通用しないほどだもんな。このグロテスク色はなぁ。いったいどんな素材で、いったいどんな配合をすれば、こんな色が出せるんだって感じだもんな。それをグロテスクな店主が作っているんだって考えると、ナノ凄いなって思うもんな。
「今日は、何テスクをお探しで?」
「うっさいっ!!」
誉めたらこれだ。だから、大人は嫌だよ。反面教師にすら値しないグロテスクな店主は、ほっとくてしてだよ。本当にどうしようか?でも待てよ?根本的にだよ?母は、グロテスク初心者な訳なんだし、どれでもいいっちゃ、いいんだよな。グロテスクを収集している訳じゃないんだから、グロテスク色がかぶる事もないし、そもそもグロテスク色が分からない訳なんだから、何でもいいんだよ。とりあえずグロテスクな物なら何でも・・・・・・・・・。
「今日は、何テスクをお探しで?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
無視だバカ!よし!だったら、これにしよう!とりあえずこのグロテスクな物にして、もっと欲しくなった時は、次は自分で買いに行ってもらおう。よし!決めた!これだ!
「これ、ください!」
「今日は、何テスクをお探しで?」
「これだって!ああ、あとプレゼント用に包装お願いします。出来ればリボンとかも。」
「今日は、何テスクをお探しで?」
「だってそれ、普通に答えても返って来るのって、それなんでしょ?」
「今日は、何テスクをお探しで?」
「ほら。あのう?包装無いならないでいいですから、お会計お願いします。」
「今日は、何テスクをお探しで?」
そして僕は、グロテスクな包装とグロテスクなリボンの付いたグロテスクなプレゼントとグロテスクなポイントカードと商店街の福引券を持って、グロテスク屋を出て行こうとした。
「今日は、何テスクをお探しで?」
「ありがとございました!だろ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

「第二百八話」

「えいっ!えいっ!」
「少年?少年は、ここで、いったい何をしているのかな?」
「老人?見れば分かるだろ?僕は、壁を壊してるんだ!」
「ああ、それは見れば分かる。」
「見れば分かる事をわざわざ聞くなんて老人!時間の無駄って奴だよ?」
「いや、少年よ。これはあながち時間の無駄って代物でもないぞ?」
「時間の無駄じゃない?どこが、時間の無駄じゃないって言うんだ?」
「なぜなら少年。その壁は、ワシの家の壁だからだ!」
「エヘヘ!」
「少年よ。何故にこの状況下で鼻と口の間の名称も分からぬ部位を擦りながら笑う。」
「老人!これが鼻口間高速摩擦をせずにいられるかい?」
「絶対にそんな名称でもなければ、それが高速と言うのなら、ワシのは!鼻口間音速摩擦だ!」
「負けないぞー!」
「ワシだって!」
「おりゃあああああああああああああああ!!」
「ぬおぅあああああああああああああああ!!」
「おりゃりゃりゃりゃあああああああああ!!」
「ぬおぅおぅおぅおぅあああああああああ・・・・・・・・・少年、少年って、違う。ワシ、こんな事をする為に、鼻と口の間の名称も分からぬ部位を真っ赤にする為に、わざわざ朝食も途中で、表に出て来たのではない。それに少年、速度そのままで、気合いだけ十分な空回りっぷりでは、単にワシが大人気ない大人に成り下がってしまうではないか。」
「やれやれ、老人は、あれだね。」
「何だ?」
「えいっ!えいっ!」
「いや、少年?」
「えいっ!えいっ!」
「壁を壊されるのも困るのだがな。ワシが、あれの答えを聞けぬのも大問題なのだ。」
「えいっ!えいっ!」
「少年!」
「だーからー!老人は、老人だね。」
「老人だからな。そりゃあ、老人だ。だが少年?それほど当たり前の事実をだ。どうして、わざわざ、あれ、に変換する必要性がある?」
「ない!!」
「なっ!?」
「そんな必要性なんてない!ただ、どうして大人は、意味を求め、なぜ答えへの最短距離を歩みたがるのですか!意味がそんなに大事ですか!答えがそんなに重要ですか!それは違う!何が違うって、その大人が求めている意味や答えは、己が納得する為に自らが用意したモノだからだ!そんなの真実じゃない!真実は、もっとシンプルで、無意味なんモノなんだ!」
「・・・・・・・・・少年?少年は、本当に少年ですか?・・・・・・・・・まあいい、まあいいよ少年。時に大人は、不可思議を受け入れず、名声に左右される。小さな真実を大きな嘘で隠したりもする。不条理と矛盾の中で生きている。しかし、それが大人って代物なのだ。世の中な。それほど、白いモノが白い訳ではないのだよ。まあ、こんな大人の都合のいい大人の事情など、君ら子供にしてみたらウンチに等しいほどの笑い話に過ぎないであろう。」
「えいっ!えいっ!」
「って、老人の話は聞きなさい。されど、少年!」
「えいっ!えいっ!」
「ワシが今、もっとも知りたいシンプルな答えはだな。」
「えいっ!えいっ!」
「何故にワシの家の壁を壊す?」
「壊したいからだよ。」
「なるほど、実にシンプルで、実に無意味だ。」
「えいっ!えいっ!」
「だったら、自分の家の壁を壊せばいいではないか!」
「ダメだよ。」
「何故だ!少年の家には壁が無いのか?」
「あるよ。」
「では、改めて問おう。何故に、ワシの家の壁を壊す?」
「この壁が壊したいからだよ!あそこでも!あそこでも!あそこでも!あそこでも!あそこでもない!僕は、この壁が壊したいんだい!」
「少年?なあ、少年?怪獣じゃないのだからさ。人間界で人間が壁を壊すと言う行為が許されるとでも思っているのか?いや、それは例え怪獣だとしても許される行為ではないのだよ!!」
「なら、こう考えたらどう?」
「得意の問答無用のルール無視の子供理論か?」
「では、なぜ怪獣の壁壊しが、まがいなりにも許されているのか?」
「何だと?」
「答え、老人分かる?」
「百済ない。考えたくもないわい。」
「それは、怪獣の壁壊しが誰にも止められないからだよ。」
「少年、ワシに少年を止められぬとでも言いたいのか?」
「現に、老人。老人は、僕を止められてないじゃないか。壁を壊され続けてるじゃないか。いい?止められないモノは、許される。これは、怪獣理論だよ。僕は、その理論を実証してるまでだよ。」
「粋がるな少年?ワシは、合気の達人だぞ?」
「だから?だから何?暢気にご飯食べて、余裕綽々に僕と会話してて、その結果がこれだよ?壁は、こんなに壊されてる。達人が、少年の僕にね。」
「なるほど、なるほどだぞ少年!天晴れだ!恐るべし怪獣理論とでも言うべきかな?がしかし!それもここまでだ!」
「えいっ!えいっ!」
「はあああああああああああああああああ!!」
「えいっ!えいっ!」
「はあああああああああああああああああ!!」
「えいっ!えいっ!」
「はあああああああああああああああああ!!」
「えいっ!えいっ!」
「はあああああああああああああああああ・・・・・・・・・・・・・・・・・・はっ!!」

「ドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガドガ!!!!!!」

「・・・・・・・・・・・・・・・ふぅ。」
「そ、そんな!?壁を自ら全部壊しちゃうだなんて!?」
「少年よ。これぞ、子供の発想の上を行く!真の子供理論だ!!」
「し、真の子供理論?」
「ハッハッハッハッハッ!!」
「でも、老人?一帯の住宅の壁、全部壊しちゃったよ!?」
「スケールのでっかい子供の発想を実現化する!それこそが、大人の勤め!これこそが、真の子供理論!ハッハッハッハッハッ!!」
「いや、豪快に笑ってる場合じゃないって老人!町内ナンバーワンのおっかなびっくり雷親父が、出て来たよ!!」
「何っ!?それは、ちとマズイ事になったな?」
「どうするんだよ老人!」
「・・・・・・少年!逃げるぞ!」
「えっ?ちょ、ちょっと老人!待ってよ!」

第二百八話
「こらーっ!!!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

「第二百九話」

それは生きない事



それは目を瞑る事



それは聞かない事



それは語らない事



それは動かない事
つまり争わない事



それは笑わない事
つまり怒らない事



それは泣かない事
つまり孤独感な事



それは感じない事
つまり愛さない事



それは描かない事
つまり半透明な事



それは録らない事
つまり残さない事



それは歌わない事
つまり踊らない事



それは綴らない事
つまり書かない事



それは迷わない事



それは疑わない事



それは悟らない事



それは歩かない事



それは願わない事



第二百九話
「完全平和マニュアル」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

「第二百十話」

「私は、霊能力者です。」
「霊能力者?」
「私は、人を呪い殺す事が出来ます。」
「呪い殺す?誰かを呪い殺したのですか?」
「いえ、呪い殺し続けています。しかし、誤解しないで下さい、神父さま。私は、たった一度、呪いをかけただけなんです。」
「ふむ。いったいどう言う事なのでしょうか?一度しか呪いをかけていないのに、呪い殺し続けている?不思議ですね?」
「何も不思議な事なんてありませんよ、神父さま。話は、私がこの地球上に誕生した時に遡ります。」
「地球上・・・・・・・・・。」
「私が、地球上に誕生してかれこれ39年経ちます。」
「39歳と言う事なのですね。」
「いえ、明日で40歳です。」
「・・・・・・おめでとうございます。」
「ありがとうございます。そして、私は地球上に誕生したと同時に、呪いをかけたんです。」
「誰にです?」
「地球上の人間全てにです。」
「はい?」
「約40年前に私は、地球上に存在する全ての人間へ呪いをかけました。でも、神父さまはきっとこう疑問を抱くはずです。なら、約40年前以降に誕生した人間の死は、呪いではないんではないだろうか?」
「抱きませんよ?」
「答えは、私の呪いです。それはなぜか?約40年前に、私に呪いをかけられた人間から誕生する者達にも呪いは、継続されているからです。だから、この約40年の間に地球上で死んだ人間の死は、私の呪いなんですよ、神父さま!私は、本物の霊能力者なんです!」
「・・・・・・・・・これは今日もまた、大変な方がやって来てしまいましたね。つまり、貴方は地球上の人の死全てを自分の呪いだと言う訳ですか。それは、有り得ないのでは?」
「神父さま?どうしてそんな事を言い切れるんです?」
「常識的に考えて、いや常識的に考える事すら馬鹿馬鹿しい事です。」
「常識的?神父さま、これは、霊能力の話、非常に非常識な話なんですよ?常識で捉えないで下さい。」
「なら、何の為に?貴方は、何の為に全ての人間に呪いをかけたのです?」
「それは、私が霊能力者だからです。しかし、ただ自分で霊能力者だと名乗り出ても、信じる人なんていない。だから、呪いをかけたんです。それはなぜか?そうでもしなければ、私が霊能力者だと証明出来ないからです。誰も信じてくれないからです。」
「かなりの歩数を譲って、貴方が霊能力者だとしましょう。では、私を今、この場で、霊能力を使って呪い殺して下さい。」
「神父さま、無茶苦茶ですよ。そんな事、出来る訳ないじゃないですか。」
「それじゃあ、話の辻褄が合いませよ?貴方は、霊能力者なのでしょ?私を呪い殺す事など、容易いはずです。」
「神父さまは、何か誤解しているみたいですね。」
「誤解?」
「神父さま、神父さまは既に私の呪いにかかっているんです。その神父さまへもう一度呪いをかけると言う事は、つまり現在神父さまにかかっている呪いが私に跳ね返って来ると言う事になります。私はまだ、死にたくはない。」
「呪いとは、そう言う仕組みなのですか?」
「そう言う仕組みなんです。何なら分かりやすくメモ用紙にでも図を踏まえて説明しましょうか?」
「いいえ、それはいいです。しかしそれじゃあ、私も貴方を霊能力者じゃないと証明出来ませんが、逆に貴方も自分が霊能力者だと私に証明出来ないではないですか。」
「なぜです?今も地球上の何処かで誰かが死んでいるんですよ?」
「だから、それを呪いだと証明出来ないと言っているのです。」
「なぜです?」
「人は、必ず死ぬからです。いいですか?その絶対的な死へ呪いをかけたとこで、それを呪いだとは証明出来ないのです。貴方の言っている事は、言った者勝ちの理論でしかないのですよ。」
「神父さまは、私の呪いを信じていないと、そう言う事ですか?」
「じゃあ聞きますが、貴方が呪いをかけた地球上と、かけなかった地球上との違いは、何なのです?」
「苦しみです。」
「苦しみ?」
「神父さまに、分かりますか?毎日毎日、大勢の人間が自分の呪いのせいで死んでいく、私のこの苦しみが!」
「だったらなぜ、呪いなどかけたのです!」
「ですからそれは、言ったじゃないですか!私が本物の霊能力者だと言う事を証明する為だと!」
「なら、質問を変えましょう。貴方は、自分が霊能力者だと証明出来たとして、何がしたいのです?お金が欲しいのですか?名声が欲しいのですか?それとも地球を支配でもしたいのですか?」
「お金も名声も地球もいりません。私はただ、私が霊能力者だと言う事を知ってもらいたいだけなんです。それだけでいいんです。他に何もいりません。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「神父さま?」
「・・・・・・分かりました。貴方は、本物の霊能力者だーっ!!!」
「ありがとうございます!神父さま!」

第二百十話
「昨日は過去から来た女」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月30日 (水)

「第二百十一話」

 僕は、仔犬です。名前は、一週間前からあります。モコモコしてるから、モコ。それが僕の名前です。
「なーにが!どーこが!モコざーますか!」
「な、何なのこの人!?」
今、マダムから激しく怒鳴り散らされている若い女の人が、僕の御主人です。
「アータ?今すぐ、その犬の名を変えるざますよ!」
「どうして変えなきゃならないのよ!そんなの飼い主の自由じゃない!」
「アータ、あれね。さっきからそればーっかざますね。」
「今、初めてよ!」
「そんな事は、どーだっていいーざます!とにかくモコモコしてないざますから、モコは、ダメざますよ!」
「モコモコしてるじゃない!」
「はっ!ざます!笑いが止まらないざます!」
「笑ってないじゃん。」
「いいから、名前を変えるざます!」
散歩途中、優しく話し掛けて来たマダムキンキラキンが激怒し出したのは、僕の御主人に僕の名を聞いて、僕の御主人が答えてからです。
「だから!何でそもそも貴女にそんな権限があるのよ!」
「アータ、バカね。宅のモコちゃんが、モコちゃんだからに決まってるざますでしょ!モコと名乗っていいのはざますね?キング・オブ・モコモコの!宅のモコちゃんだけなーんざーますー!」
「はあ?何よそれ!」
「公式ルールざますよ?知らないざんすか?」
「ざんすって・・・・・・・・・そんなルール知らないに決まってるでしょ!」
「ざますざます。」
「やれやれみたいに言わないでくれる?」
「これだから、一般地球人は、困るざます。我等の世界では常識ざますよ。一犬一名!ざます!」
「いっけん・・・いちな?って、我等って、何?」
「我等は、我等ざます!それ以下でもそれ以上の存在ざます!」
「いやもう、まったく意味不明だから・・・・・・・・・。」
「とにもかくにも犬の名前が被ってはならないざますルールざます!」
「そんな身勝手なルール!知ったこっちゃないわよ!」
「名前を変えない、そう言う事ざめすね?」
「ざ以降、統一してもらえない?変える訳ないでしょ!」
「だったら、お嬢ちゃん?勝負ざます!」
「勝負?」
「モコの名を賭けて、勝負ざまーっす!!!」
マダムお化けグラサンが、ニヤッと笑うか笑わないかの瞬間でした。御主人が、セクシーに太ももの内側から取り出した銃が火を吹き、マダムどこにそんなカラフルな鳥がいるんだ帽子の心臓を撃ち抜いたんです。倒れるマダムデブ、それを見下ろす御主人。
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「じゃっ、遠慮なくモコの名は貰って行くわね。」
御主人がそう言ってマダム明太子唇の下から立ち去ろうとした時でした。
「・・・・・・待つ・・・ざんしょ・・・・・・・・・。」
「そんなまさか!?生きてるはず・・・・・・!防弾チョッキ?」
「チッチッチッのチッざます。まあ或いは?ロケットランチャーなら、勝負は着いてたかもしれないざますね。死ぬざまーす!!」
そう言ってマダムダミ声が、モコちゃんのモコモコの中から取り出したのは、サブマシンガンでした。
「マズっ!?」
そう呟くと御主人は、僕を抱き抱えて、空高くジャンプしました。マダム二頭身半は、大きな声で笑いながらサブマシンガンを撃ちました。
「ホーッホッホッホッホッホーッざまーす!死ねざます!死ねざます!死ねざます!死ねざます!死ねざます!死ねざまーっす!オーッホッホッホッホッホーッざまーす!ざまーすっ!」
御主人は、華麗に木や屋根を飛び移りながら、マダム冷蔵庫のサブマシンガンの弾を掻い潜りました。そして、素早く巨大な樹の裏側に隠れました。
「すばしっこいネズミざますね!でーも?いつまで隠れていられるざますかねぇ?」
チラッと巨大な樹の裏側から覗き込んだ御主人の腕にちょこんと顎を置いた僕が見た光景は、モコモコなモコちゃんのモコモコの中から、マダム下り坂なら転がった方が3倍速いだろ、が手榴弾を取り出したところでした。
「アレ、超ヤバイわね。ここに居てね。」
御主人は、そう呟くと僕を、いい匂いのする胸の谷間に入れました。視界と聴覚と空気を失った僕が、もがいてちょこんと谷間から顔を出した時には、既に勝負は着いてました。
「ば、馬鹿なざます!?」
マダム首無しが手にした手榴弾には、御主人が投げたと思われるナイフが刺さっていました。
「もう、動くから手元が狂いそうだったじゃない。」
頭を撫でられながら、僕が御主人にそう言われている時。
「ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉざまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
す、を言う前にマダムとマダムの犬は、木っ端微塵になりました。
「じゃっ、散歩の続きでもしよっか!モコちゃん。」
そう言って僕を地面に下ろし、服をポンポンとしてから御主人は、歩き出しました。

第二百十一話
「地位散歩」

しばらく散歩を満喫していると、僕と御主人の前に、モコモコした犬を連れたダンディーが現れました。
「ご機嫌いかがかな?お嬢~ちゃん?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »