« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月 4日 (水)

「第二百十六話」

 男達が立ち上がり、互いの頭を狙って銃口を向けていた。なぜ、こんな状況になっているのか?気になる所だが、この際それはどうでもいい事だ。気にしても仕方の無い事だ。いや、気にしたとこで、行き付けの酒場に来て、カウンターに座り酒を注文した所で出くわした私には、むしろ到底関係の無い事だ。この酒場に来て、こんな光景を目の当たりにしない日の方が珍しい。そう考えながら、私は目の前に置かれた安い酒を一口胃袋へ流し込んだ。
「小僧?死にたくなければ、玩具をしまいなさい。」
と、ヒゲのガンマンが言ったかと思えば、若いガンマンも負けてはいなかった。
「アンタの方こそ、その豪華な飾りをしまったらどうだ?」
こいつは驚いた。よく見たら2人ともデッド・オア・アライブの賞金首ではないか。もしここに保安官が居たら腰を抜かすぞ?それに、よく観察してみれば、いろいろと背景が見えて来たぞ?テーブルを見る限り2人は、おそらくインディアンポーカーでもしていたのだろう。で、負けた方が相手に因縁を付けた。或いは、どちらかがイカサマをした。ここまでに至る経緯は、まあ、きっとそんな所だろう。しかし、この珍しくない光景の珍しい状況では、2人を止める事の出来る者などいないだろう。
「何が可笑しい?小僧?私が撃たないとでも思っているのか?」
「いいや、思っちゃいないさ。ただ、撃たないじゃなくて、撃てないんじゃないか?と。」
所詮、銃もダイナマイトと同じ道を辿ったか。こんな光景を毎度のように見せ付けられたら、誰もが考える事だ。そして、酒場に居る誰もが、どちらかの死で、この皮肉な決闘が幕を閉じると直感しているのだろう。賭け事が原因の決闘を賭け事にし始めている光景が、それを示唆している。それを当人達が気付いていない事が、微々たる救いだ。ならばこの際、私もこの賭けに乗ってみようではないか。まあ、私の場合、金を賭けるのような馬鹿な真似はしない。
「命を粗末にするものではない。幸福とは、生きてこそ得られる美酒。」
ヒゲのガンマンには、幸福。
「アンタ、牧師か?アンタが、オレに幸福をご馳走してくれるなら、オレはアンタを撃って、自由をプレゼントしてやるよ。」
若いガンマンには、自由。私は、この2つをそれぞれに賭ける事にしよう。ヒゲのガンマンが生き残れば、私の人生は、これから幸福へ、若いガンマンが生き残れば、私の人生は、これから自由へ、と向かう。生きる事が幸福で、死が自由のような極論めいた哲学を2人は述べているようだが、それは違う。幸福とは、愛であり、恐怖であり、概念上の規制である。自由とは、孤独であり、希望であり、時間概念に縛られない事である。死で何かを得られるのであれば、それは自由ではなく、永遠だ。幸福も自由も、生きているからこそ成立する空間である。2つには、メリットがあり、デメリットがあり、交わる事はない。まあ、私の哲学など、2人にとってはどうでもいい事だ。とにかく私は、共存不可能な互いのベクトルが互いに向いているこの相反する反発し合う空間のどちらかに身を置きたいだけだ。
「自由?私は、自由など必要ない。愛する者と日々を過ごせるだけで、それだけで良いのだよ。」
「喜びは倍、悲しみは半分ってヤツか?人の感情は、金じゃねぇんだ。増えもしなけりゃ、減りもしない。幸福に支配されて、その幸福を失う恐怖に怯えながら暮らす日々に、何の意味がある?」
「夢や希望と偽りの言葉を並べながら、孤独と戦うよりかは、遥かにマシだと思うが?」
「幸福が邪魔して身動きがとれなくなっちまった奴がほざくな。あいにくオレと孤独とは、親友だ。」
「ならその親友に伝えてくれるか?本当は、幸福を望んでいるのだろう?とな。」
「オッサン?そいつは、オレのセリフだ。」
何て事だ。今日は、驚きの連続だ。だいぶ、かいつまんでいるものの、2人の会話が進むに連れ、それは私の哲学と合致している。ハピネス・イズ・チェイン、フリーダム・イズ・ロンリー。縛られてこそ得られる幸福、孤独だからこそ得られる自由。幸福だからこそ欲する自由、自由だからこそ欲する幸福。2つの空間を行き交う事が出来るのは、満足感のみ。その自己満足が幸福の中の自由となり、自由の中の幸福となる。だがその全ては、偽り。確実に本物ではない。ただ、突き付けられた正論に立ち向かう力も、暴かれた本質を受け入れる力も、残念ながら人は持ち合わせていない。満足感に満足している事の方が、知らないフリをして騙され続けている事の方が、その方が、実に快適で心地好い。生きてくうえでのタブーがあるとすればそれは、幸福と自由の正体を探求し追求する事なのかもしれない。しかし私は!そんなタブーを犯してでも知りたいのだ!生きている以上、人である以上、その答えに辿り着
「「バーン!!」」
気付くとヒゲのガンマンも若いガンマンも額から血を流し、酒場の床に倒れていた。私がタブーを犯そうと目論んだ事への神の啓示なのだろうか?単なる偶然の積み重ねによる必然なのだろうか?まあ、どちらにせよ私は、見事に賭けに負け、幸福も自由も得る事が出来なかった。得たモノと言えば、2人分の賞金だけだった。

第二百十六話
「賞金稼ぎ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

「第二百十七話」

 商店街の地下にある地下商店街の一番最初にその店はある。

第二百十七話
「水滴屋」

家の水滴部屋の水滴が切れたので、普段は祖父が買いに行っている水滴屋へと僕は、商店会旅行中の祖父の代理を母に頼まれてやって来た。地下商店街は、地上商店街と違って、不思議な店が多く存在している。殆んどの人は、目的が無ければ来る事は無いだろうし、興味本意で立ち寄ったとしても、ここで何かを買うなんて人は、余程の変わり者だろう。だいたい、本来なら僕も後者だ。そもそも、水滴屋の存在理由も分からなければ、水滴部屋の存在理由すら用途不明だ。ただ、僕が生まれるずっと前から水滴部屋は存在していて、祖父母にとってそれは、重要な意味を成しているみたいだ。
「お邪魔しまーす。」
所々、裸電球が切れ掛かっている暗い階段を下り、先も見えない真っ暗な地下商店街だからこそなのか?水滴屋の扉を恐る恐る開けると中は、真っ暗で無数の水滴音が、ただただ鳴り響いていた。
「あのう?」
頼りない通路からの明かりだったが、無いよりかはましだと、僕は扉を片手で押さえながら、居るのか居ないのか分からない店主に呼び掛けた。だけど、返事は無い。
「すいません?」
「扉を閉めんか!」
もう一度呼び掛けた時、暗闇の向こうから聞こえる突然のその大声に驚いた僕は、扉を押さえる手を放してしまった。ゆっくりと閉まる扉、間も無く店内は、真っ暗闇へと本来の姿を取り戻していった。
「大声を出して悪かったね。」
「いいえ。」
よーく聞くと、声の主は年老いた女性の物だった。
「水滴は光に弱くてね。飛沫と音質が変化しちまうんだよ。」
「そうだったんですか。知らなかったもので、失礼しました。」
「ええよ。そんなこったろうと思ったからね。入り方を見てれば分かる。次からは、ちゃーんと気を付けとくれよ。」
「は、はい。」
おそらく常連客は、最低限入れる隙間を作って、扉をすり抜けるようにして入店を試みるのだろう。
「で?ボウヤのような若い珍客が、いったい水滴屋に何の用だい?」
「水滴部屋の水滴が切れたので、買いに来たんです。」
「ほぅ!家に水滴部屋があるとは、これまた若いのに随分と物好きな。」
「あっ、いえ、普段は祖父が買いに来ているんですが、祖父が商店会の旅行に行ってまして、代わりに僕が母に頼まれて来たって訳です。」
「ん?するとボウヤは、グロテスク屋の孫かい?」
「はい。」
「おお!こりゃたまげた!随分と立派な青年になりおってからに、若い頃のグロテスク屋にそっくりだわい。さぞかし女の子にモテモテだろ?」
「いえいえ、そんな事ないですよ。って、水滴屋さんは、僕を知っているんですか?」
「よーく知っとるよ。お前さんが小さい頃、よくグロテスク屋が嫌がるその手を繋いで来たもんだ。で、お前さんが今立っとる辺りでな、お前さんはよーく大泣きしとったよ。」
「そんな事が・・・・・・・・・。」
まさかここに来て、何故か幼い頃から心の奥底に存在する原因不明のトラウマの正体が判明するなんて思わなかった。祖父もよく地下商店街なんかに幼い僕を連れて来ようだなんて思ったものだ。
「グロテスク屋の水滴なら、お代を貰ったら後で配達しとくよ。」
すると、店の奥の方から長い柄杓が姿を現した。おそらくこの中にお金を入れろと言う事なのだろう。僕は、母から受け取った代金丁度のお金を柄杓の中へ入れた。
「ん、丁度だね。」
すると、柄杓はゆっくりと暗闇の中へと姿を消していった。
「あのう?」
「ん?何だい?」
ここで僕は、頭の中に浮かんだ2つの疑問を水滴屋の店主に、ぶつけてみようと思った。
「聞いてもいいですか?」
「何で、お前さんの姿や代金が、真っ暗闇の中、分かったのか?かい?」
「えっ!?」
僕は、まるで心を見透かされたかように、1つ目の疑問を言い当てられ、ただただ驚いていた。
「なーに、簡単なこった。微妙な音の変化や床で弾ける飛沫でな。暗闇の中でもくっきりと、お前さんの姿は見えとるからな。みーんな、水滴が教えてくれる。まあ、色だけは分からんけどな。」
「僕には、何も見えません。」
「そう簡単に水滴は教えてくれんよ。デリケートでワガママで気まぐれだからな。先ずは、水滴部屋で五感を研ぎ澄ますこった。そうすれば、お前さんが聞きたがっとる本当の謎の答えが少しだけ見えてくるかもしれん。」
僕は、ただただ単純に水滴と言う物に興味が湧いた。何と無くだが、祖父母が水滴部屋を大切にしている理由も分かったような気がする。でも、水滴屋の店主が言うように、本当の意味で水滴を知る為には、先ずは水滴部屋へ入ってみなければ何も始まらない。
「今日中に水滴部屋は、使えるようになりますか?」
「夕方までにはな。」
「ありがとうございます。」
「礼は、お代を貰ったこっちが言うもんだ。いつも水滴を買っとくれて、ありがとね。グロテスク屋にも、宜しく伝えとくれ。」
「はい。」
「水滴の壁にぶつかったら、また来るといい。」
「はい!」
僕は、必要最低限に扉を開け、真っ暗闇な水滴屋を出て通路の天井を見上げながら、少しだけニヤニヤしていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

「第二百十八話」

「へぇ~!」
「・・・・・・・・・。」
「ふ~ん!」
「・・・・・・・・・。」
「ほっほ~!」
「・・・・・・・・・。」
「なるほどなるほど!!」
「・・・・・・なあ?もうよくねぇか?」
「えっ?ああ、ごめんごめん。いやだって悪魔に会うなんて初めてだしさ。」
「だからって何もそんなにマジマジと見る事はないだろ?」
「見るでしょ!見ちゃうでしょ!悪魔だよ?悪魔だもん!野良猫とは訳が違うんだよ?先っちょが矢印みたいんなってる尻尾!先っちょがくるりんってなってる靴!先っちょがピーンってなってる触角みたいなヤツ!先っちょがフォークみたいな武器!真っ黒な体に真っ黒な翼!こんなに所謂な悪魔が目の前に現れた日にゃあ!そりゃあもう!見てしまうもんなのだよ!」
「いや、眼鏡掛けてないだろ。」
「雰囲気雰囲気!!」
「ああ、そうかいそうかい。人間ってのは、面倒臭ぇなぁ。」
「でもって頬っぺたのホクロ!!これには驚いたね!うん、驚いた!悪魔にもあるんだ!ホクロ!ってね!」
「いや別に悪魔だから無いって話でもねぇだろ。」
「いやまあ、そりゃそうなんだけどさ。けどあれだよ?そのホクロがあったからこそ、僕はこんなにも平常心でいれるんだよ?」
「どーゆーこった?」
「だってさ!やっぱ最初はビビったもん!うわぁ!絶対に命を奪われる!心臓えぐり取られる!って、恐怖心いっぱいで、ちょっとチビったもん!でもでも!でもだよ!よーく見たらあるんだもん!あったんだもの!ホクロ。頬っぺたにホクロあるんじゃーん!で、なーんか妙に現実味を帯びて来ちゃって、恐怖心なんてどっか魔界的なとこに吹っ飛んじゃって、今や好奇心でいっぱいだよ!」
「何でホクロでそこまで心変わりすんだ?俺様が悪魔って事には変わりないんだぜ?」
「うんまあ、そりゃそうなんだけどさ。なーんか哀愁漂っちゃってんだよね。そのホクロ!そんな哀愁ボクロの悪魔が人間の命を奪う訳がないんだな、これが!」
「哀愁ボクロって何だ?人間よぉ?何と無く、なめてるだろ?悪魔の事をよぉ。てか、俺様の事を!」
「そんな馬鹿な!なめてる訳ないじゃん!」
「肩を組むな!翼が折れるだろ!」
「ああ、ごめんごめん。つい。」
「ついって何だ?やっぱ、なめてんだろ。」
「なめてないってば!」
「人間が悪魔と肩を組むなんて話、聞いた事ねぇよ。」
「どうして?別に悪魔と人間が仲良くなっちゃいけないってルールないだろ?なめてるんじゃなくて、僕はさあ、君となら仲良くなれるかなぁ?と思っただけだよ。悪魔と人間の友情ってのが、あってもいんじゃないのかなぁ?ってさ。」
「って、武器を取って、電話中の落書き的に、何か雑に扱ってんじゃねぇよ!返せっ!」
「ダメなのかぁ?」
「ダメに決まってんだろ!俺様がコレを手にすんのにどんだけ苦労したか知らねぇだろうが!」
「いやいや、じゃなくてさ。悪魔と人間の友情?」
「人間、ちょっと待てよ。なあ?このホクロだろ?このホクロがあっただけで、そんな考えになっちまってんだろ?」
「十分じゃん!」
「何がだ!何がどう十分なんだよ!」
「頬っぺたに、哀愁ボクロがある。君はどうか知らないけどさ。僕には、それだけで十分なんだよ。一人と一匹の間に友情が芽生えるには、これはもう十分過ぎるんだよ。」
「匹ってなんだ!匹って!テメェやっぱりなめてやがんな!何だかんだで野良猫的な扱いじゃねぇか!」
「なめてないよ!悪魔の単位が分かんなかっただけだよ!誤解だよ誤解!気を悪くしちゃったんなら謝るよ!ごめんなさい。」
「・・・・・・・・・別にたいして怒っちゃいねぇよ。人だよ人。悪魔の単位も人でいんだよ。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・おい、もう頭上げろよ。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「おいおいおい。肩震わせてまで泣いて謝るこたぁねぇよ。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「怒っちゃいないって言ってん・・・人間テメェ!俺様の靴見て笑ってんじゃねぇよ!なっ!こりゃもう、あれだな?なめてんな?完全になめてるよな?」
「なめてないって!」
「涙流すぐらい堪え笑いしてるヤツが言ってんじゃねぇよ!!」
「ごめんごめん。いやでもほら、思いの外くるりんってしてたからさ。ん?」
「何だよ!」
「顎の下にもホクロがあったんだ!もうあれだね!こりゃもう!僕達、親友になるしかないね!」
「握手してんじゃねぇよ!何なんだよ!そのホクロ理論はよぉ!意味が分からな過ぎだろ!」
「意味なんて無いさ!」
「何だと!?」
「本当は!ホクロなんて関係無いんだよ!ホクロがあろうが無かろうが!僕は、君との間に友情を芽生えさせたかったのさ!そのきっかけが、たまたまホクロだったってだけで、本当は何でも良かったんだ。触角でも武器でも靴でも翼でも何だって良かったんだ。いろいろと、誤解させちゃって、本当に悪いと思ってる。でも、信じて欲しいんだ!君と僕、二人の間に友情を芽生えさせたいこの気持ちだけは!」
「人間・・・・・・・・・。」
「悪魔・・・・・・・・・。」
「尻尾踏んでる。」
「えっ?ああ、ごめん!わざとじゃないんだ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「本当にごめんよ。痛くなかった?」
「分かってるよ。」
「へ?」
「わざとじゃねぇんだろ?そんなこたぁ。わざわざ言われなくたって分かってるよ。」
「悪魔?」
「だって俺達ゃあよぅ。ほら、あれだろ?」
「あれ?」
「だから、あれだよ。」
「あれって?」
「あれっつったらあれだよ!」
「何だよ。分からないよ。」
「だから!・・・・・・だろ?」
「何て?声が小さ過ぎて、よく聞こえないよ。」
「・・・・・・・・・親友だろ!!」
「・・・・・・・・・にっ!知ってたよ。親友だからね。」
「テメェ!」
「ハハッ!怒らない怒らない。あっ、そうだ!もし暇だったら、これから家に来ない?ほら、外だと何かと目立っちゃうからさ。」
「・・・・・・・・・いいのか?」
「あったり前だろ!」
「よろしくな。」
「こちらこそさ。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「じゃあ、行こっか!」
「おう!」
「あれ?」
「どうした?」
「左目の目尻んとこにもホクロあるんだ。」
「ああ。」
「そうだ!」
「今度は何だ?」
「家に来たらさぁ。ちょっとそれ脱いで体も見せてよ!他にもホクロがあるかもしんないからさ!」
「お前なぁ?」
「どしたのさ?」

第二百十八話
「全身タイツじゃねぇんだよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

「第二百十九話」

 俺は、殺し屋だ。今回のターゲットは、目の前に座る老紳士だ。なぜ、ターゲットと共に青空の下、カフェでコーヒーを満喫しているのか?答えは簡単だ。俺が殺し屋で、老紳士がターゲットだからだ。
「キミの仕事は?」
「ちょっと人には言えない仕事をしてます。」
「人に言えない仕事?面白い。犯罪絡みかね?それとも政府の人間かね?」
「実は、宇宙人を捕まえて解剖しているんです。」
「あのUFOの!?ミステリーサークルの宇宙人かね!?」
「宇宙人だけじゃない。あらゆる超常現象を研究しているんです。政府の人間です。」
「本当に宇宙人は存在していたんだな!」
「さあ?どうですかね?本当に存在してたら、会ってみたいものです。宇宙人やドッペルゲンガー、それに死神とかにもね。」
「何を言っているのだ?」
「ははっ!ジョークですよ。政府の人間なんかではありませんよ。害虫駆除の仕事です。宇宙人の襲撃ではなく、この街を害虫から守ってるんです。それで、貴方は何を?」
「わしか?わしは、単なる老人だ。こうして昼下がりをオープンカフェで、日がな一日を過ごす暇を持て余している単なる老人さ。」
「ははっ!平和で何よりです。」
「本当だ。」
と、老紳士は惚けたジョークを抜かしてるが、トンでもない。こうして誰かに莫大な報酬の殺しの依頼をされてんだ。単なる老人なはずがない。
「毎日、ここへ?」
「ああ、午後はこうして毎日ここへ来ては、コーヒーを飲みながら人間観察をしているよ。」
「人間観察?それは面白い趣味ですね。」
「ああ、とても面白いよ。何よりも金が掛からない。最高の趣味だよ。」
「そうですね。」
「同じように見えても、やはり人間は、ひとりひとり違う。個性が無いように見えて、個性があるものさ。それに、それぞれ人は、言えないような事情を巧妙に隠し持っている。それを見付けた時の幸福感に勝るモノはない。」
「人には言えないような事情?ですか?」
「うむ。そうだな?例えば、あそこに座っているカップルを見なさい。」
「はあ。」
「別れる。」
「え?」
「あんなに仲良くしているのに?なぜ?そう、思ったのか?かな?」
「はい。」
「しかし、毎日ここへ来て人間観察をしているわしには分かる。彼女の方は、そうでもなさそうだって事がな。」
「どう、分かるんですか?」
「いいか?彼女をよく見ろ。微妙にだが、イラついている。彼が一定の距離に近付くたびに、彼女の口元と目尻は緊張している。好きじゃないのさ。本当にそんな事まで分かるのか?って顔をしているようだが、そんな事まで分かってしまうんだよ。こうして毎日毎日、人間を観察しているとな。」
「なるほど。素晴らしいです。超能力と言っても過言じゃありませんね。」
「超能力?ふははっ!そうだな。人間を観察していれば、その人間の細かな癖や仕草からある程度の心と行動を読み取る事が出来る。一種の超能力かもしれんな。」
「或いは、一種のマジック!」
「人間観察にトリックは存在しないさ。」
「ええ、確かに人間観察事態にトリックは、ありません。ただ、向ける方向によっては、そこにトリックを作り出す事は出来ます。」
「面白い。聞かせてもらおうかな?」
「簡単な話です。彼女は、このカフェのウェイターと付き合っている。」
「大胆な発想だ!」
「ははっ!これはC級ラブコメ映画の脚本ではありませんよ。人間観察です。彼女がしてるペンダント、随分と歪な形をしていると思って見てました。一見、ティアーのようだけど、違います。ウェイターがしているペンダントと合わせるとどうです?ハートになる。貴方は、カップルだけを僕に注目させ、別れると言った。しかし、毎日このカフェに通う貴方だ。彼女とウェイターの関係を知らないはずがない。全体から一部を切り取って僕に見せたに過ぎません。これは、巧妙なマジックです。」
「ふはははははっ!素晴らしい!実に素晴らしい人間観察だ!」
「いいや、ウェイターがたまたまカップルのテーブルに行ったから分かっただけですよ。」
「うむ、合格だ。」
「合格?何の事です?」

第二百十九話
「さて、殺し屋クン?」

「何だと!?」
「分からないかね?キミほどの人間観察を持つ殺し屋でも?」
「・・・・・・・・・そうかなるほどな。あのカップルもあのウェイターもアンタのお仲間って訳か。罠か?」
「罠?ふははっ!いったい何の罠だと言うのかな?まさか、殺してもわしには何の特もないキミを殺す為の罠だと?ジョークだよ!スパイシーなジョークさ!おっと?妙な考えはやめたまえよ?因みに、カップルとウェイターだけではなく、このカフェにいる人間、全てわしの部下だ。」
「ふざけた話だ。」
「そうでもない。これはビジネスだ。」
「ビジネス?」
「ああ、殺しの依頼をお願いしたい。」
「なぜ?」
「それはジョークかね?殺し屋が依頼主の事情を知る必要があるのかね?」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「で?ターゲットは?」
「うむ。殺して欲しい人間は、実はキミと同業ふぁふぁ。」
「面白い。引き受けよう。だが、その前に外れた入れ歯をはめてくれるか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »