« 「第二百四十七話」 | トップページ | 「第二百四十九話」 »

2011年3月16日 (水)

「第二百四十八話」

「長っ!はあ、ダルっ!そして、眠っ!」
「お疲れさん。」
「お疲れさんじゃないわよ!どうしてアタシだけ捜査会議に行かなきゃなんないのよ!」
「この課は、僕と君の二人しかいないんだからしょうがないだろ?ここを無人には、出来ないじゃないか。」
「なにその理屈?なんなのその屁理屈?そもそも全員参加だっつぅの!」
「で?進展は?」
「ある訳ないでしょ!」
「ほらね。」
「ほらねって!なに!」
「まあまあ、落ち着きなよ。いいかい?君が退屈な捜査会議に僕の分も頑張って出てくれたお陰で、僕は僕の捜査に没頭する事が出来た。で、犯人を見つける事が出来た。」
「何が僕の捜・・・えっ!」
「君の無駄な苦労も労力も眠気も無駄じゃなかったって事さ。むしろ僕らは、合理的な役割分担で事件を見事解決したって事になる。」
「はいはいはいはいはい。どうもありがとう。で?犯人は、誰なの?」
「犯人は、第一発見者の彼女。」
「はああああああ!!」
「なにそのあからさまで大きな溜め息?」
「出るでしょ!出ちゃうでしょ!」
「出ないでしょ。」
「出るっつぅの!よい?彼女は、第一発見者だけど、絶対に犯人じゃないの!犯人な訳がないの!」
「捜査の基本でしょ?第一発見者を疑えってさ!」
「ねぇ?ねぇねぇ??ちゃんと出れば?ねぇ?ちゃんと出ようよ捜査会議!」
「ガラじゃないんだよね。」
「なによその理不尽な言い訳!」
「まあでも、間違いなく犯人は、彼女だよ。」
「はあ???まあでもってなに!犯人は、間違いなく男だって事ぐらい知ってんでしょ!防犯カメラの映像観たじゃん!彼女は、男がマンションを出て行った数十分後に、マンションを訪れてんの!それに、彼女の友人の部屋に残された血液型は、彼女と違うし、毛髪は、一目瞭然で彼女とは別物!」
「不自然だって思わないかい?」
「なにをどう思えって言うの?よっぽど今の貴方の推察の方が不自然よ!」
「犯人は、背後から刃物でひと突き。」
「そうよ?だからなにが不自然なの?」
「争ったんなら分かるけど、何で部屋に血液や毛髪が?何だかこれじゃあ、わざとな感じがしないかい?まるで犯人が彼女じゃないんだよ!みたいにさ。」
「犯人じゃないんだからよいじゃん!それに、こうやって包丁を強く握って刺すと、この後ろの部分で指を切る事もあるの!毛髪だって、毎日たくさん抜けるの!なにもどこも不自然な事なんてないの!」
「これ見てよ。」
「エコー写真?誰の?」
「彼女の母親のさ。」
「これって!?」
「そう、彼女は双子なんだよ。」
「じゃあ!二人で殺人を企てて実行したって言いたいの?でも、変よ。彼女は、一人っ子なはずよ?」
「そう。これを見てくれるかい?」
「このエコー写真は?」
「彼女の母親のさ。」
「えっ?でも、赤ちゃんは一人しか写ってないわよ?って、まさか!彼女は、バニシング・ツイン!?」
「そう。この現象自体、特に珍しい事じゃない。問題なのは、母体の中でいつの間にか消えてしまった赤ちゃんの方じゃなくて、残った方の赤ちゃんが生まれて来てから、その身に起こる現象の方なんだよ。」
「お腹の中で消えた子供の魂が宿ってしまう。」
「うん。一つの体の中に、二人の精神。」
「でもそれって、人格障害や詐病の一種でしょ?」
「ああ、かなりの確率でそうだろうね。」
「彼女がバニシング・ツインだとして、やっぱり彼女は犯人じゃないわ。」
「ほらよく見て?失われた赤ちゃんは、男だよ?」
「それでもよ!よい?それでも物的証拠が全て犯人は、彼女じゃない事を示してるの!」
「僕は、人格障害や詐病だけでは説明のつかないバニシング・ツインを知っているのです。」
「急に誰?」
「でも、僕の推察が正しければ、彼女は今までにない特殊なケースだよ。いや、特殊過ぎるケース。」
「なにが言いたいの?」
「通常、バニシング・ツインでは、君の言った通り残った双子の片割れに、消えた双子の片割れの魂が宿る。そしてある時、突然人格が入れかわる。そう、一つの体に二人の精神。だけど、今回のケースはまるで違う。双子は、消えてないんだ。」
「消えてない?なに言ってんの?よい?よいよい?自分が持って来たエコー写真見なさいよ!」
「これはね?消えたんじゃなくて!同化したんです!つまりね?一人の人間を二人で共有してるんです!」

第ニ百四十八話
「ふたり人間」

「ふざけてんの?だったら、そろそろいい加減にしてよね!」
「証拠ならあるよ。このDNA鑑定の結果を見てよ。」
「結果って!これは、男性の血液と毛髪から」
「これは、彼女の鑑定結果だよ。」
「えっ!?」
「警察は、性別の不一致の段階で、そう、犯人とは性別の違う彼女の方のDNA鑑定はしてないんだよ。」
「なんてこと!?」
「よい?」
「・・・・・・・・・よい。」

|

« 「第二百四十七話」 | トップページ | 「第二百四十九話」 »

コメント

PYN様のお住まいを存じ上げませんが、このたびの震災に関してご無事のご様子、安心しました('▽'*)

投稿: 水晶 | 2011年3月23日 (水) 03時06分

ご心配ありがとうございます!

東京に住んでますが、部屋が散乱していた程度で、あとは何かとちびっと不便な感じが漂っていますが、元気モリモリです!

水晶さんのお住まいの方では震災の影響があったのでしょうか?お怪我などなど大丈夫だったのでしょうか?

まあでも、お互い無事で何よりです。

コメントありがとうございました。

投稿: PYN | 2011年3月23日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/39073789

この記事へのトラックバック一覧です: 「第二百四十八話」:

« 「第二百四十七話」 | トップページ | 「第二百四十九話」 »