« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月 6日 (水)

「第二百五十一話」

「えっ!?」
何だ!?何でだ!?僕は確か・・・トイレで漫画っぽいのを読みながら、ウンコ的なモノをお尻の穴みたいなトコから出す作業をしてたはずなのに!?なのにここは!?ここは!?ここはまるで!?
「戦場じゃないかぁぁぁぁぁぁ!!」
思わず叫んじゃったけど、思わず叫んじゃうのは、僕の癖のようなモノだから仕方ない。でも、一体全体ホントにどうなってんだ!?僕は、どうなっちゃったってんだっ!?
「伏せろ!!」
「うわあっ!?」
何だ?急に兵隊さんが駆け寄って来て、僕を押し倒した!?
「バカヤロウ!!死にたいのか!!」
「死にたくないです!」
僕は素直に、それはそれは素直すぎるぐらいに、兵隊さんへ今の自分の嘘偽りない気持ちを伝えた。そうか、この兵隊さんは僕を助けてくれたんだ。なら、ここはマナーとして感謝の言葉を述べねば!
「ありがとうございました。」
「戦場のド真ん中でクソするヤツがあるか!気でも狂ったか!」
ああ、夢なんだコレは!きっと僕は、不覚にもウンコ的なモノをお尻の穴みたいなトコから出す作業中に居眠りぶっこいちまったんだ!じゃなきゃ、でなきゃ、この状況、辻褄が合わない!そうだ!なら、この兵隊さんの頭をひっぱたいてみればいいんだ!
「失礼します。」
「何だ??」
いや待てよ?兵隊さんの頭をひっぱたいてどうなる?これが夢でも現実でも、僕は高確率で、撃ち殺されるのがオチじゃないか!危ない危ない。何を考えてんだ僕は!まず、兵隊さんの頭をひっぱたくだなんて発想を閃いた自分が恐いよ。ああ、恐い恐い。
「痛っ!?」
「えっ!?」
「貴様!いきなり何をするんだ!」
しまった!考えを張り巡らしてる事に集中しすぎて、振り上げた手を振り下ろさないように止めるのをついつい忘れてた!?終わりだ。これが現実だとしたら、僕はなんて間抜けでうっかりな死に様なんだ。せめて、せめてパンツを履いて死にたかった。
「痛っ!?」
ええっ!?ひっぱたかれましたよ!?頭ひっぱたかれちゃいましたよ!?お返しされた?お返しをされたって事なのか?何でだ?何で撃ち殺さない?まさか僕は、殺す価値すらない人間って事なのか?パンツを履いてないからか?
「弾切れでなければ、撃ち殺しているとこだったぞ!」
ああ、なるほど。そう言う事か。だからって、ひっぱたく事はないよな。うん、それは間違いだよ。人の頭をひっぱたいちゃいけないよ。まあでもここは、最初に人の頭をひっぱたいたのは僕なんだし、謝るのがマナーってもんだ。
「痛てぇなコノヤロウ!!」
の前に、頭をひっぱたく力×振り下ろす速度-ヘルメットの吸収率の痛み分をお返ししといた。それもまた、マナーってもんだ。
「何をするんだ!」
「あ痛っ!」
この兵隊さん!?もしかして、回数派の兵隊さんか?ダメージ均等派でなく、回数派って事なのか?だったらこれは、かなり面倒臭いぞ?面倒臭い事態だぞ?ヘルメット分だけ、回数でいくと明らかに僕が痛み損する計算になる。しかも、しかもだ!ヘルメットをひっぱたくのは、手の平にも結構なダメージを負う。どうする?説明するか?ダメージ均等論を兵隊さんに詳しく説明するか?2、3時間かけて詳細に説明するか?だが、そんな事よりもだ!こんな事なんかよりもだ!痛覚が正常に機能してるって事の方が重要だ。つまり、一般論で言うなれば!これは、夢じゃなくて現実だって事だからだ!ここが、リアル戦場だって事だからだ!
「ごめんなさい。」
とりあえず謝っておこう。ここは、素直すぎるぐらいに謝罪する。それがマナーだ。
「精神が錯乱するのは分かるが、気を付けてく」
「えっ!?」
兵隊さんが、話し終わろうとした瞬間、何かが兵隊さんの右目から入り、その何かが後頭部から出ていった。
「ちょっ!?」
兵隊さんは、僕にもたれ掛かるようにして、そして、息絶えた。
「ちょっと、嘘だろ?何だよ!何なんだよ!何だよぉぉぉぉぉぉ!!」
叫んだ勢いで力みすぎたのか?それとも単なる便意なモノなのか?なぜ、ウンコ的なモノがお尻の穴みたいなトコからニョロッと出たのかは、分からない。
「はっ!?」
そして、ポチャンって、ウンコ的なモノが水の中に落ちる音で、僕は目を覚ました。
「ゆ、夢!?」
目覚めた時にかいてた汗の量で、その夢の悪夢具合が分かるって言うけど、この汗が夢による汗なのか?ウンコ的なモノをお尻の穴みたいなトコから出す作業時に流れ出た踏ん張り汗なのか?まあ、それも今となってみては、どうだっていい事だった。
「まったく・・・・・・・・・。」
まったく、まったくだ。ここで、まったくって言葉を使わなきゃ、いったいいつ、まったくって言葉を使えばいいんだってぐらい、まったくだった。だけどそんな事より、早くウンコ的なモノで汚染されたお尻の穴みたいなトコを拭いて、トイレから出よう。そして、シャワーでベタついた体を洗い流そう。
「ん?これは!?」
だが、事態は急変した。トイレットペーパーへ差し伸べた手には、ドックタグが握られていたからだ。それを目にした瞬間、僕の中の全細胞から何か言いようのない複雑に混じり合った感情が溢れ出て来て、喉の奥の方で言葉とそれが融合し、物凄い爆発を引き起こし、勢いよく口から放出された。

第二百五十一話
「うぉぉぉぉぉぉぉ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

「第二百五十二話」

今回、様々な事態を考慮したうえで、作品の掲載を自粛する事を深くお詫び申し上げます。

まずは、作品を心待ちにウキウキしていたかもしれない読み手の皆様には、この様な書き手の身勝手極まりない、えげつない判断と行動で自粛の道を選んだ事、更には日常の小さな小さな、とてもマイクロな読み手の皆様の楽しみをぶち壊してしまい大変ご迷惑をお掛けする結果となってしまった事、深くお詫び申し上げます。

ごめんなさい。

また、今回の自粛で作品創作活動場所をアイスコーヒー1杯で提供して頂いた喫茶店様、ありえない速度で靴を劣化させて下さる散歩道様、タバコのヤニと埃まみれの換気扇の周辺地域様、急な雨に悩まされる公園様、人生の3分の1をお世話になっている寝床様、碧海の地球様、漆黒の宇宙様などなど、大変申し訳ございませんでした。そして、出来ればこれから先も作品創作活動場所の提供をして頂けたらと熱望するしだいです。

あと、作品創作にご協力いただいた左右各手の各指様、顔面各パーツ様、各種体の部位様、五臓六腑様、血様、筋肉様、骨様、神経様、血管様、皮膚様、体毛様、各種体液様、全細胞様、DNA様、脳味噌様などなど、ご協力いただいた全ての皆様への感謝の念と共に、今回この様な身勝手で理解不能な書き手の自己満足的ともとれる自粛行為により、今回の作品が永遠に発表されないと言う事、お許し下さい。また、一つだけ我が儘を願えるのであれば、これから先も作品創作にご協力いただけたらと切望致します。

本当に
本当に
作品に色々な角度と方向から繋がってくれている多くの皆様

本当に、ごめんなさい。

以上をもちまして、誠に簡単で勝手ではありますが、上記をお詫びの文章と代えさせて頂きます。

そして、この様な不甲斐ない自粛発表の場を与えて下さった電気を喰らう媒体様、ありがとうございました。

最後に、今回の作品の自粛にめげる事なく、これからも夢と希望と愛と勇気と正義と信念と才能を魂に刻み込み、新たな作品を書き続けていく意味と意思と意欲を込め、作品ナンバーと作品タイトルだけは、それだけは、自粛せずそのまま掲載する事にします。

どうかこれから先も末長く何と無く適当に宜しくお願い申し上げます。

第二百五十二話
「スゲェ面白い作品」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

「第二百五十三話」

「どう言う事なんだ博士!」
「先程、お電話でお話した通りです、長官。」
「信じられん!信じられんよ!」
「私だって気持ちは、同じです。」
「とんだ不良品を作りおって!これは、大問題だぞ!」
「不良品?お言葉ですが長官!地球防衛ロボは、完璧な代物です!」
「ふざけるな!なら、どうして暴走したんだ?完璧な地球防衛ロボが!なぜ、地球破壊ロボに変貌してしまったんだ?前代未聞だぞ!」

第二百五十三話
「地球破壊ロボ」

「地球防衛ロボのプログラミングは、完璧でした。なぜ、暴走をしてしまったのかと聞かれたら、こう答えるしかありません。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「もったい付けずに言ったらどうなんだ?」
「自我が目覚めたんです!」
「自我だと!?そんな馬鹿な!」
「いいえ、長官。プログラミングは、完璧だと言いましたが、そのプログラミングが完璧すぎたんです。間違いありません!地球防衛ロボは今!暴走しているのではなく!自らの意志で地球破壊ロボへとなり!地球を破壊しようとしているんです!」
「百歩譲って博士、キミの話が事実だとしよう。だが、それでも状況は何一つ変わらんのだよ。」
「それは、どう言う意味でしょう?」
「キミは、不良品を作ってしまったと言う何一つ変わらん事実だよ!」
「不良品?これは奇跡ですよ!完璧な人工知能!自我で動くロボ!我々は今!数年、数十年、いや!数百年の進歩を!数千年の進歩を目の当たりにしているんですよ!」
「ふざけた事を抜かすな!」
「!?」
「地球を破壊しようとしていると言うのにか!それが奇跡か!それが進歩か!何が奇跡だ!何が進歩だ!ふざけるな!」
「・・・・・・・・・分かっていますよ。分かっているんですよ、長官。」
「地球防衛ロボの発表会を明日に控えていたと言うのに、これでは始めからやり直しだ。いや、こんなあってはならん事故が起きてしまったんだ。地球防衛ロボ導入案は、当面先送りか、最悪の場合、破棄されるだろう。だが、その前に我々は!暴走した地球破壊ロボをなにがなんでも絶対に止めなければならんのだよ!」
「それは、地球防衛ロボを破壊しろと?」
「それ以外に選択肢があるのか?」
「ま、待って下さい、長官!地球防衛ロボが地球破壊ロボになったからと言って!被害は、まだ出ていません!」
「キミは、ロボット工学の権威である以前に、一人の人間ではないのか?被害が出てからでは遅いのだよ!地球防衛ロボが!どれだけの兵器を仕込んでいるのか一番理解しているだろ!人が死んでからでは!町を破壊してからでは!取り返しがつかんのだよ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「早急に!地球防衛ロボ2号機を地球破壊ロボと化した1号機の元へ向かわせ、破壊するんだ!それでも破壊出来ないと言うのなら、構わん!3号機、4号機、場合によっては、救助用の5号機、無人探索用の6号機も向かわせろ!とにかく!全力を尽くしてなんとしてでも地球破壊ロボを破壊するんだ!」
「5号機及び6号機は、現在調整中で出動不可能です。」
「だったら、残りの3機を動かせばいいだろ!パイロットは待機させているんだろ?」
「勿論です。」
「だったらここで悠長に卓上の対策論を練る前に動かさんか!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「どうした?まさか!?出動出来ないのか?」
「2号機~4号機は、1号機により破壊されました。修復には、かなりの日数が掛かります。」
「なんて事だ・・・・・・・・・。」
「想定外でした。」
「想定外?想定外だと?これ以上ふざけた事を抜かすと、その男前の顔が変形する事になるぞ?」
「・・・・・・・・・。」
「いいか?ここまで!いや、これ以上の想定を乗り越えてこその地球防衛ロボ計画なのだよ!」
「お言葉ですが、長官!それには予算が!」
「ならやめてしまえ。」
「えっ!?」
「想定以上の想定を乗り越えられないようなら、人々の平和を1%でも脅かす確率を弾き出すなら、目に見えない何かを言い訳にするなら、やめてしまえ。そんなもんは、この世に必要無い。運に任せた計画など、未来の誰かがどこかで犠牲になるやもしれん計画など、誰も望んではいない。そんなギャンブルに、命を賭けてまで付き合いたい国民などおらんのだよ。作る側に正義の心が無くて、何が地球防衛ロボだ!土壇場で自分の命がかわいいなら、名前も顔も知らない人々の平和な暮らしを守る仕事などやめてしまえ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「と、本来ならキミの顔を殴り飛ばしたいとこだが、その手にキミの正義が握られている以上、それは出来ないな。立場や誇りが邪魔して、キミが押せないのなら、さあ?私が押そうではないか。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「その緊急停止スイッチを渡しなさい。今ならまだ間に合う。」
「し、しかし・・・・・・・・・。」
「渡せと言っているのが聞こえんのかっ!!」
「・・・・・・・・・・・・・・・ですがこのスイッチを押せば、地球防衛ロボは、大気圏を抜けて宇宙の塵になってしまうんです!」
「貴様っ!!」
「うっ!?」
「・・・・・・・・・何を言っているんだね?えっ?博士。」
「・・・・・・・・・な、なぜ笑っているんです?てっきり、殴られるのだと。」
「言っただろ?キミの手に正義が握られている以上、キミにまだ正義の心がある以上、殴らないとな。博士?壊れたらまた、作り直せばいい。ただそれだけの話ではないか。」
「長官・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・どうぞ。」
「うむ!・・・・・・・・・さらばだ。地球破壊ロボ。いや、地球防衛ロボ1号機よ・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・レーダーから地球防衛ロボ1号機の反応が消えました。緊急停止確認。成功です。」
「そうか。」
「長官?」
「何だね?」
「これから、長官はどうなるんです?」
「さあ?おそらく今回の責任を取らされるだろうな。まあ、丁度いい機会だ。この老体もあちこちガタがきてたんでな。そうだなぁ?これからは、美味しい野菜でも作って、のんびり暮らすとするかな。」
「責任なら私にも!」
「キミには、何の責任もない!」
「えっ!?」
「もしも、責任を感じているのなら!その感情を、100%完璧な地球防衛ロボ作りへと向けなさい!そうしたら、私も安心して美味しい野菜が作れると言うもんだ。」
「長官・・・・・・・・・。」
「それと博士?」
「はい。」
「実は私は、ここへ来る途中にキミからの電話を受けたんだよ。」
「ここへ?どうりで早い到着だと思っていたんですよ。でもなぜです?確か地球防衛ロボは、明日の朝までにそちらへ運ぶ予定だったはずですが?」
「暴走した事に対して向けて放った大問題と言う言葉は、本来なら別の事に向けるべき言葉だったって事だ。」
「と、言いますと?」
「チンチンミサイルって?」
「チンチンミサイルは、チンチンミサイルですよ?チンチンがミサイルなんです。チンチン部から放たれるチンチン状のミサイルって事で、チンチンミサイルなんですけど?何か大問題でも?」
「大問題だろ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

「第二百五十四話」

「店長?」
「ん?何だ?バイト君。」
「僕、この文房具屋のバイトを、たかが文房具屋だろうって、かなりナメてました。」
「あそう。それで?」
「だから僕、今日でバイト辞めます!」
「そうか。」
「すいません。」
「何も謝る事はないじゃないか。でも、なぜ急に辞めますとか、そんな訳の分からない事を言うのかを教えてくれませんか?」
「まあ、理由も告げずに辞めるって言うのも虫のいい話ですよね。」
「場合によっちゃあ、何も聞かないってのもあるけど、にしてもまずはその何も聞かないかの判断材料となる原因を聞かねばだよ。バイト君!」
「遠回りになんだかんだで結局、辞める理由を聞いてるじゃないですか。まあいいですけどね。実は、それなんですけど、あまりにも文房具屋独特の専門用語が、独特過ぎて着いてけないんですよ。」
「そう?そんな言うほど専門用語じゃないっしょ!」
「ないっしょ!って、いやいや、めちゃくちゃ専門用語だらけですよ!頭ん中がこんがらがっちゃうぐらい専門用語だらけですよ!」
「ええっ!?そうかなぁ?」
「じゃあ、例えばですよ?店長、これを何て呼んでます?」
「ピラミッド。」
「でも、世間一般では、これを三角定規って言いますよね?」
「とも言うね!」
「形や用途などなどから、独特の専門用語がどの職業にもあるのは分かります。でもですよ?」
「でもなに?思わせ振りだねぇ?まさか好きなの?」
「何で僕が、急におっさんを好きんなんなきゃならないんですか!そうじゃなくて!文房具屋の専門用語があまりにも不可解で!あまりにも理解不能なんです!」
「そうなんですかねぇ?」
「そうなんです!なら!なら店長!」
「はい!」
「これは?」
「四角定規!」
「そらみたことか!世間一般では、これを普通に定規と言うんです!確かに、確かに四つの角があるから四角です!」
「だったら別にいいじゃないか。」
「でもですよ?店長?普通の定規を四角定規と呼ぶのは、三角定規あっての話ですよね?その根本の三角定規をピラミッドって形で専門用語化してる時点で!普通の定規を四角定規と専門用語で呼ぶ事が成立してないんですよ!」
「いらっしゃいませ!」
「誰も来てませんよ?そんなあからさまに惚けていられるのも今のうちですからね!」
「ねぇ?何か私が悪い事でもしたの?」
「これは!」
「消しゴム!」
「ほら?」
「何?」
「ほらね?」
「何ね?」
「世間一般では、これを修正液と言うんです!でね?何が言いたいのかと言うと?」
「何が言いたいのだろう?」
「あるから!ありますから!消しゴムって文房具が!あるんですよ!そこの現場で扱ってる物をそこの現場で扱ってる物で専門用語化しちゃダメ!それは、それだけは、絶対にやっちゃダメ!なぜなら混乱を招くから!なぜなら訳が分からなくなるから!」
「そう・・・・・・かなぁ?」
「で、もうこれはかなりこちら側が譲歩したとしてですよ?こう言った消す物を総称で消しゴムと呼んでいるなら分かります!」
「ほっ!なら、ちょっと、ほっ!だね。」
「これは?」
「便利マン!」
「ほっ!となんか一瞬たりともしてる場合じゃありませんよ店長!なぜなら、世間一般では、これを消しゴムと言うからです!」
「便利じゃないか。」
「いやもう、それを言われたら、文房具屋にある物すべて便利ですから!便利以外の目線で作る側も使う側も文房具を見てませんから!」
「バイト君?」
「何です?」
「便利マンはね。文房具の中でも、それはもう一番便利なのだよ。」
「個人差っ!それはもう個人差の域ですよ!鉛筆が一番便利だと言う人もいれば!」
「ああ、不味い棒ね。」
「ホッチキスが一番便利だと言う人もいるし!」
「武器ね。」
「中には、分度器が一番だと言う人もいるでしょう!」
「用途不明ね。」
「その専門用語はやめろっ!分度器は、用途不明なんかじゃなーい!ちゃんと計りますよ!角度を正確に計りますよ!てか、文房具屋が!文房具を用途不明って専門用語化しちゃったらアウトでしょ!」
「アウト?今は、用途不明の話をしているのであって、アウトは関係無いのではないだろか?」
「確かに、セロハンテープの話はしてませんよ。アウトとついつい言っちゃたのは、僕の不注意でしたよ。けど、けどですよ?そう言う日常会話に入り込んで来るような専門用語の方が悪いんですよ!だいたい何でセロハンテープがアウトなんですか!」
「まあなんだ?文房具としては、ギリギリアウトだからさ。」
「じゃあもう!文房具じゃないじゃん!ギリギリでも何でも!アウトだったら!そいつぁもう別物じゃん!」
「アウトだったら、別物?ちょっと文章として意味が分からないなぁ?」
「例えば僕が、セロハンテープだったら、別物じゃん!って言ってるんだったらそりゃそうでしょう!そうなりますとも!でも今のアウトは、そっちのアウトじゃなくて!本来のアウトの意味ですから!ってもう!こう言う感じが面倒臭くてややこしくて嫌になるんですよ!」
「まああれだな?臨機応変ってやつだな!」
「貴方が言うな!貴方は、絶対に臨機応変なんて言葉を口にしちゃダメだ!だったら、これは!これは、何て言うんですか!店長っ!」
「ありがとうございました。」
「世間一般では!これをコンパスと言うんです!」
「でも何かこうして丸を物凄く上手く書けた時、物凄く感謝じゃないか!人間、自力でこんな物凄く上手く丸は、書こうと思っても書けるもんじゃないぞ?」
「だからあるんじゃん!だから、コンパスがあるんじゃん!その感謝の念を文房具に向けるなら!全ての文房具に、ありがとうございましたでしょう!」
「でも!ありがとうございましたは、画期的じゃないか!画期的な文房具じゃないか!」
「それも個人差っ!だったら、それはコンパスを発明した人へ向けるべきだ!そして、コンパスをありがとうございましたって専門用語化しちゃったもんだから、店長はお客さんに一度もありがとうございましたって言わないじゃないか!」
「バイト君?馬鹿を言ってもらっちゃ困るよ。私は、常にお客さんへは、感謝の気持ちでいっぱいだよ。文房具を使って、笑顔になるお客さんの顔がこうして目をつぶれば浮かんで来るってなもんだよ!」
「だったら!言いましょうよ!そんなお客さん達に!その感謝の気持ちを伝えましょうよ!」
「お客さんをありがとうございました扱い出来るか!!」
「だから、貴方は絶対に臨機応変って言葉を口に出しちゃダメだって言ってんだっ!!」
「あっはっはっはっはっ!何かまるで、それじゃあ私が犯人だと、言わんばかりの勢いじゃないか。」
「一体全体どんな誤魔化し方だ!それに、これだけは納得いかないと言うか!もっとも不可解で理解不能なのが!これです!」
「ノート?」
「ノートです!そうですノートですよ!世間一般でもこれはノートと言うんですよ!」
「ノートがどうかしたのか?」
「どうかしたかも何も!何でノートは、ノート何ですか!」
「それは、ノートって代物が!文房具として使う物ではなく!文房具に使われる立場の物だからだーっ!だから私は!ノートを文房具として認めた事は一度もない!いや、これから先も認める事はないだろう!」
「あ、あまりにも個人的観点過ぎる!?」
「それの何が悪い!」
「いやだって、専門用語って言うのはその職業の・・・・・・ってまさか店長!?これって全て店長独自の文房具へ対しての専門用語化だったんですか!?」
「実はな。バイト君。私は、病気なんだよ。」
「病気?病気って、何の病気なんですか!?」

第二百五十四話
「専門用語シンドローム」

「せ、専門用語シンドローム!?」
「私は、あらゆる物に対して、あらゆる職種からの観点で、何らかの専門用語を付け、そして専門用語で呼ばずにはいられなくなってしまうのだよ!それが専門用語シンドロームなのだよ!!」
「何て、何て僕は間抜けなんだ!おかしいと思ったんだよ!随分とおかしな専門用語だと思ってたんだよ!でも逆にこんな小さな文房具屋ですらって、いろいろ深く考え過ぎたんだよ!そんなカラクリだったなんて、あらゆる物に対して、あらゆる職種からの観点で、何らかの専門用・・・・・・?ちょっと、待って下さいよ店長?」
「何だね?バイト君。」
「まさかそのバイト君って言うのも文房具屋観点からの何らかの専門用語なんじゃ!」
「まあね。」
「そんな!?いったいどう、専門用語化したんですか!世間一般ではバイト君を何て言うんですか!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「店長ーっ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »