« 「第二百六十三話」 | トップページ | 「第二百六十五話」 »

2011年7月 6日 (水)

「第二百六十四話」

「あのう?もう帰ってもいいですか?」
「ダメ!ダメ!ダメだよ!」
「これはもう、違法ですよ!拉致監禁ですよ!警察、呼びますよ!」
「はい、どうしました?って、本官が一人二役しなきゃならなくなるから、それは勘弁してくれ。」
「だったら!早く僕を家に帰して下さいよ!」
「だから!さっさと本官の質問に真面目に答えてくれたら、すぐにでも帰すと言ってるだろ!」
「ちゃんと僕は、真面目に答えてるし!そもそも何で僕は理不尽に交番なんかに連れて来らんなきゃならないんだ!」
「夜中に、挙動不審で住宅街にいたら、大抵はこうなるんだよ。」
「僕は、飼ってた蟻が逃げ出したから、捜してただけですよ!」
「別に本官は、誰が何を飼おうが、そこに犯罪の臭いがしない限り、自由だと思ってるよ。むしろ蟻をそこまで大事に考えている君のような青年を素敵だとすら思ってるよ。だが、君の次の質問に対する答えで、本官の中の何かがこの男をこのまま家に帰してはいけないと、警告したんだよ。」
「私情捜査だ!」
「なら、今一度、君に質問しよう。」
「どうぞ?」
「君の職業は?」
「ミイラ男です。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・何か?」
「何か?じゃなくてさ。逆に何なの?」
「はい?」
「職業だよ?」
「ああまあ、確かにミイラ男が職業かと言われたら、職業ではないかもしれません。でも僕は、ミイラ男以外、生まれてから他にした事がありません。格好つけた言い方かもしれないですけど、職業ミイラ男。これが僕です。」
「職業人間。みたいな事か。」
「そうです。分かってもらえて良かったです。さっきは声をあらげたりしてすみませんでした。それじゃあ僕は、蟻を捜さなければならないんで、ここで失礼します。」
「ちょちょちょちょちょ!待ちなさい!話は全然終わってないんだよ。」
「名前の事ですか?それもさっきから言ってますけど、ミイラ男はミイラ男であって、名前は無いんです。父は父ミイラ男だし、母は母ミイラ男だし、姉は姉ミイラ男だし、叔父は叔父ミイラ男です。姉からすれば僕は、弟ミイラ男で、母からすれば父は、夫ミイラ男で、叔父からすれば姉は、姪ミイラ男なんです。誰もがミイラ男で、各視点により呼び方が変わるだけなんです。それがミイラ男ってもんなんです。」
「普通じゃん!!」
「はい?普通?」
「Tシャツにジーパンでサンダルじゃん!」
「あ、はあ。」
「いやいやいやいや!すっとぼけんのもいい加減にしろよ!」
「何がです?」
「包帯だろ?ミイラ男と言ったら、包帯グルグル巻きだろ?」
「夜中ですよ?」
「はあ?」
「寝るのにわざわざ礼服着る人間がいますか?海水浴に毛皮のコート着て行きますか?そのミイラ男=包帯グルグルって、勝手な人間のイメージを持ち出すな!!」
「・・・・・・・・・こりゃたまげた。うん。びっくりだ。そこまでして、そんな必死になってまで、素性を知られたくないって事か。いやあ、天晴れだよ。」
「はい?」
「とにかくだ。君をこのまま帰す訳には、ますますいかなくなったって事だよ。」
「ちょっと待って下さいよ!」
「ん?盗みか?まさか殺人な訳ないよな。まあ、何にせよ。今晩は、ここに泊まってもらうとしよう。」
「ふざけるな!!」
「どっちがだ!!」
「!?」
「何がミイラ男だ!何が母ミイラ男だ!何が海水浴に毛皮のコートだ!次から次へデタラメぶっこきやがって!本官を馬鹿にするのもいい加減にしろ!」
「馬鹿になんてしてません!」
「だいたいミイラ男の包帯の下は、見るもおぞましい姿だろうが!それをそんな爽やかな感じでいやがってからに!」
「いやだからそれは勝手な人間のイメージで!」
「黙らっしゃい!イメージなんて問題じゃないんだよ!君の態度が問題なんだ!」
「分かりました。」
「よし!だったら今すぐ!本官の質問に真面目に答えるか!ここで朝まで頭を冷やすかを選べ!」
「撃って下さい。」
「何だと?」
「その銃で僕の頭を撃ち抜いて下さい。」
「そそそそんな事、出来る訳がないだろ!」
「大丈夫です。ミイラ男は不死身ですから、頭を撃ち抜かれたって、どうって事ありません。」
「出来ないと言ってるだろ!」
「僕がミイラ男だと信じてもらえる方法は、これしかありません。さすがに頭を撃ち抜かれても生きていたら、貴方もミイラ男だと、認めざるを得ないですよね?」
「そりゃあ、そうだが、そんな馬鹿な真似が本官に出来る訳がないだろ!万が一、いや一が一にそんな無茶苦茶出来る訳がない!」
「だったら!僕は帰りますよ。」
「ダメだ。」
「なら!」
「それはもっとダメだ!一先ず朝になったら帰すと言ってるんだから、今日はおとなしく泊まっていきなさい!」
「嫌です!」
「なっ!?」
「だってきっと、また同じ出来事が起これば、僕はここへ連れて来られて、こんな屈辱を受けなければならないんでしょ?だったら今この場で、はっきりさせましょうよ!」
「ちょっと!やめなさい!」
「貴方が出来ないと言うなら!僕が自分で証明してみせます!銃を貸して下さい!」
「馬鹿な事をするんじゃない!」
「馬鹿な事?これは馬鹿な事ではありません!」
「やめるんだ!分かった!分かったから!ミイラ男だと認める!家に帰りたけりゃあ、帰っていい!」
「もう!そう言った問題を通り越した問題なんですよ!ここで僕がミイラ男である事を証明しなければ!僕は、ミイラ男としてこれからの人生を後悔しながら生きていかなければならないんです!」
「お、おい!!」
「これで分かりますよ。そして、数秒後には貴方のイメージが音を立てて崩れる事でしょう。」
「ま、待て!早まるんじゃない!本官は君をミイラ男だと認めてるんだよ!」
「もう、遅いです。」
「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

「パーン!」

「・・・・・・馬鹿な事を!」
「ぐはっ!」
「お、おい!しっかりしろ!」
「なっ!?そんな・・・・・・馬鹿・・・・・・な・・・・・・。」
「もう喋るな!今すぐ考古学者を呼んでやるからな!」
「えっ?こ・・・考古・・・・・・・・・。」
「悪かった!本官が少しお灸を据えようと、ふざけすぎた!すまない!」
「はあ・・・・・・?えっ!?この・・・・・・銃・・・・・・そんな・・・そん・・・・・・な・・・・・・・・・。」
「おい!目を開けるんだ!おい!ミイラ男!!」

第二百六十四話
「対ミイラ男用ハンドガン」

|

« 「第二百六十三話」 | トップページ | 「第二百六十五話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/40699744

この記事へのトラックバック一覧です: 「第二百六十四話」:

« 「第二百六十三話」 | トップページ | 「第二百六十五話」 »