« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月 7日 (水)

「第二百九十九話」

 雪がチラつく窓の外、その部屋の中では、電気を点ける人と電気を消す人が、壁のスイッチを真ん中に、電気を点けたり消したりしながら語り合っていた。
「なあ?電気を点ける人?」
「何だ?電気を消す人?」
「勇気って何だろうな?」
「今日はまた、随分と笑顔で話すんだな。」
「昨日、笑顔の日だったから、きっとたぶんおそらく、その名残だと思う。」
「笑顔の日?笑顔の日は、流れ星が流れた次の日じゃなかったか?」
「なかなか流れ星が流れないから、個人的に笑顔の日を作ったんだ。」
「大丈夫か?国に知れたらヤバいんじゃないのか?」
「その時は、その時で、影武者を出頭させるよ。」
「なっ!?電気を消す人!影武者がいるのか?」
「今はまだいないけど、その時の為に探しとく事にするよ。」
「そうか。で?笑顔の日って、なに?」
「昨日、寝る前に部屋にいた蟻を食べたんだ。」
「食べるなって。」
「美味かった。」
「美味るなって。」
「けど、朝になって目が覚めたら、お腹痛くなってた。」
「お腹るなって。」
「で、仕方無いからまた、部屋にいた蟻を食べたんだ。」
「仕方るなって。」
「そしたら、治った。」
「何で?」
「判らない判らないけど、きっとたぶんおそらく、蟻には2種類の蟻がいて、お腹を壊す蟻とお腹を治す蟻がいるんだと思う。」
「いや、いたとしても見分け方が判らない現状、食べないのが無難だろって。」
「わらわは、無難な生き方が嫌い。」
「急に品格!急に格式!なぜに?」
「急にって、シャンプーで頭洗う時は、いつもこんな感じだけど?」
「じゃあ、それはその時だけにしてくれよ。身分が違い過ぎるのかと思ってガクブルだったよ。」
「あはは。」
「なあ?前から思ってたんだけど、電気を消す人?」
「何だ?電気を点ける人?」
「どうして、笑う時、いつも空気椅子?」
「髭が伸びるから。」
「伸びないでしょ、笑ったぐらいで、髭。」
「それが予想以上に伸びるんだよ、電気を点ける人。」
「予想なんてしてないよ?電気を消す人。」
「あはは。」
「いやだから電気を消すひ伸びてる!?予想以上に!」
「だからいつも空気椅子なんだよ。まあ、別に空気椅子じゃなくても、空気ソファーや空気ロッキングチェア空気パイプ椅子やら、空気なら何でもいいんだけどね。」
「良くないじゃん!むしろ椅子が肝心じゃん!」
「ホタルってお尻が光るだろ?」
「うん。光るな。」
「ホタルのお尻が、どう言う仕組みで光るのか?その本当の理由知ってる?」
「いやまず、本当じゃない方の理由からして知らない。」
「実は、ホタルのお尻は、光ってないんだよ。」
「おいおいおい、いよいよ大丈夫か?電気を消す人。光ってるじゃないか、ホタルのお尻。」
「こう考えたら辻褄が合うんだ。ホタルのお尻が光ってるんじゃなくて、ホタルを見てる人間側のホタルのお尻の部分の目の領域が光ってる。ってね。」
「いや、合あわせる辻褄が見当たらないぞ?」
「この理論を応用して作られた物を知ってるかい?電気を点ける人。」
「随分とあれだな、電気を消す人?まあユニークな領域の話なこった。」
「ショベルカーだ!」
「おっと、これはもはや向かうところ敵無しな領域の話だな。」
「勘違いしないで欲しいんだけど、人は見ようによったら、みんな左利き!」
「おい、どうした電気を消す人?熱でもあるんじゃないのか?」
「熱は全部、あの頃の思い出と共に捨てたから大丈夫。」
「全部捨てたら大丈夫じゃないだろう。むしろそっちの方が厄介だぞ?」
「白いチョコレートってあるだろ?」
「あるな。」
「あれ、黒くした方が、チョコレートっぽいのにな!だから嫌いなんだよ!」
「そんな事を思ってホワイトチョコレートと向かい合った事、無かったよ。って食べてるじゃないか!ホワイトチョコレート!」
「今はこれしか腹を満たす物が無いから仕方無く黒いチョコレートを思い浮かべながら、食べてる!」
「いや、その食べ方も去ることながら、ホワイトチョコレートを持ってる件!」
「それを知ってどうする?まさか白いチョコレートを奪う気かっ!」
「大好物じゃないか!」
「いや、白いチョコレートは、想像力が鍛えられる食べ物だからさ。」
「いやそれなら、バナナを思い浮かべながら、リンゴを食べた方が良くないか?」
「この世界から戦争が無くなったら、或いはその領域もありかな。」
「何とも言えない領域の言い訳だな。」
「このシチュエーションで雪について触れないのはどうかと思わないか?電気を点ける人?」
「別に雪について語る事も無いんだし、あえてわざわざ無理にしなくても、いいんじゃないのか?電気を消す人?」
「雪だるまって作った事ある?」
「グイグイ来るんだな、電気を消す人。雪だるま?あるよ。」
「悲しいよな。雪だるまってさ。」
「急にどうした?まあ、確かに作った時は楽しいけど、徐々に溶けて小さくなっていく姿を見てると、そうかもな。」
「結局、ドロップキックで顔が転がっちゃう結末だもんな。」
「雪だるま相手に、なにしてんの?」
「なあ?電気を点ける人?」
「何だ?電気を消す人?」
「勇気って何だろうな?」
「ああ、そう言えばそんな質問してたな。勇気、勇気かぁ?だいぶ難しい質問んだな?って何で髭が伸びてる!」

第二百九十九話
「この何も無い空間で」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

「第三百話」

 画家が同時に完成させた2枚の作品のうち1枚は、果たして偽物か?本物か?
「なんてことだ。まったく、なんてことだ。」
「館長?どうかしましたか?」
「この美術館の目玉となる作品が偽物だったんだよ!」
「まさか!?そんなはずはないですよ!だってこれは、ちゃんとした機関に依頼して鑑定してもらった作品ですよ?」
「その機関から数十分前に届いた資料を読みたまえ!」
「・・・・・・・・・これは!?」
「作品は2枚あった。作者は同じ、絵も細部に至るまで同じ、作品が完成した日時までもが、同じ。」
「なら館長!つまり本物が2枚あったって事じゃないですか?」
「いいか?全く同じ作品がこの世界に同時に2枚あると言う事はつまり!それは必然的に、どちらか1枚が偽物って事なんだよ!」
「だからと言って、この絵が偽物だとは限らないじゃないですか!もしかしたらもう1枚の方が偽物だって可能性も!」
「それは無い!偽物は、うちの美術館の絵の方だ!」
「何でですか!資料を読むと、絵の作者は両利きで、同時に左右の手で絵を描き始めて、同時に絵を描き終えたとあります!目の前の絵が偽物とは限りません!いやむしろやっぱり!2枚共が本物だと言う解釈が必然です!」
「それは理想論に過ぎない。君が何を言おうが、鑑定機関と私との間で、もう正式に決まった事だ。残念ながらこの絵は、偽物なんだよ。」
「納得出来ません!いったい機関と館長との間でどんな話し合いが執り行われたんですか!」
「それを君が知る必要はない!」
「なぜですか!私も絵画を愛する人間の端くれです!納得いく説明をお願いします!」
「頭を上げなさい。」
「嫌です!なぜこの絵が偽物なのかの説明を聞くまでは、上げません!」
「なら一生そうしていればいい!君だけじゃないんだぞ!納得がいかないのは!人の気も知らずに・・・・・・・・・。」
「館長?泣いてらっしゃるんですか?」
「・・・・・・・・・泣いてなどいない!とにかくだ!泣いてこの絵が本物になるなら!私は一生分の涙を今この場で流す!・・・・・・・・・だがどうあがいたって残念ながら、この絵は偽物なんだよ。分かってくれないか?」
「すいません。館長の気持ちも考えずに・・・・・・・・・。」
「いや、この素晴らしい作品を前にして、絵画を愛する者ならば、誰だって取り乱すのは当たり前だ。さあ、この偽物を取り外す作業を手伝ってくれるね?」
「はい。ん?館長、右手を怪我されたんですか?」
「ん?ああ、これか。はははっ!年甲斐もなく機関との取り決めが終わったあと、悔しさで壁を殴ってしまっただけだよ。」
「・・・・・・・・・館長。」
「さあ!悲しみに浸っている場合ではないぞ?開館までに取り外さなくてはな!偽物を展示する訳にはいかないからな。」
「はい!館長!」

第三百話
「じゃんけん、ぽい!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

「第三百一話」

「遅いなぁ。」
ここはカントリークラブ。第1ホールのティーグラウンドで男が1人、キャディーを待っていた。
「お待たせさん。」
するとそこへ、男のゴルフバックを老婆のキャディーが運んで来た。
「で?」
「はい?」
「だから、どーなんでしょう?」
「腰の具合かい?腰の具合はバッチリさ。」
「いやキャディーさんの腰の具合とかじゃなくて、どうすればいいんです?」
「何を?」
「ゴルフに決まってるじゃないですか!」
「ああ、知らん!」
「知らんって!?見るからにベテランキャディーさんの出で立ちで、知らんはないでしょ!」
「見た目はベテランキャディーさんかもしれないが、あたしゃ今日が初めての新人さんだ。そんな基本的も知らないのかい?ゴルフやってますよ的な出で立ちのくせに?」
「キャディーさんに言われたくないね!俺だって今日がゴルフ初めてなんですよ!」
「何で1人で来たんだい?」
「それもキャディーさんに同じく言える事だけどね!当たったんですよ!」
「当たった?ああ、ここのカントリークラブの招待が、商店街の福引きででも当たったのかい?」
「違いますよ!」
「ならお前さん!ゴルフクラブのセットが当たったからって、わざわざ出来もしないのに、ここの会員になったってのかい?こんなもん、売れば良かったじゃないか!」
「それも違いますよ!」
「なら、一体何が当たったってんだい?」
「ティッシュです。ポケットティッシュ!」
「それは当たりなのかい?それよりも、ポケットティッシュが当たって、何でゴルフに繋がるんだい?」
「いいじゃないですか!ポケットティッシュが当たった事がきっかけで、ゴルフを始めても!大体、キャディーさんだって、どうしてその歳でキャディーさん始めたんですか!」
「ポケットティッシュが当たったからさ。」
「ほらー!なら俺を否定しないで下さい!」
「そんな事は、どーでもいいから!早くゴルフしたらどーなんだい?」
「だからー!どーすりゃいいのか分からないんですよ!少なくともゴルフ初心者よりも新人キャディーさんの方が知識上でしょ?」
「ならとりあず鍋でも食うかい?」
「そりゃあ!あれば食うけど!無いじゃないか!」
「ならとりあず流れる雲でも見てみるかい?」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「どうだい?」
「どうだいも何も!こんな前代未聞のスポーツ聞いた事もないですよ!どーなったら勝ちで!どーなったら負けなんですか!」
「知らん!」
「ならとりあずのとりあずな考えを口にするなっての!俺はここに!ゴルフをプレイしに来たんだ!」
「ならすればいいだろ?ほら、見ていてやるから、な?」
「よし!やるぞ!って分かってたらキャディーさんが来るのを待たずに1人で始めてましたよ!」
「ところで聞きたいんだが、いいかい?」
「何ですか?」
「キャディーって、何なんだい?」
「そんな事も分からずにキャディーさんをやってたんですか!ゴルフが分からない俺が!そんな事、分かる訳ないでしょ!」
「チッ!」
「えっ?何で舌打ち?立場上同等なはずなのに?何で舌打ち?てか、人のゴルフバックに勝手に触るなーっ!」
「おお、怖い怖い!そんなに怒らなくてもいいだろ?中に何が入ってるのか気になっただけじゃないか。」
「何考えてるんですか!ゴルフバックの中身は!ここぞって時に使用する最終手段なんです!それを始めから使用してどーするんですか!」
「はいはいはい。悪かったよ。ゴルフ知ってるんじゃないか。」
「少しならそりゃあ、知ってますよ。」
「何だかあれだねぇ?」
「何ですか?」
「キャディーってのは、とてつもなく暇だねぇ?」
「いやたぶん、物凄くやる事がふんだんにあると思いますよ?」
「そうなのかい?」
「いや、あくまでも予想の域でしかないですけど、ここにわざわざいるって事は、そー言う事でしょ?」
「そんなもんかねぇ?」
「だいたい、そんなもんでしょう!」
「なあ?」
「はい?」
「このボコボコした小さな丸っこいのは何なんだい?」
「ちょっとー!勝手にいじらないで下さいよ!ボコボコした小さな丸っこいのに!」
「ちょこっと触っただけだろ?ボコボコした小さな丸っこいのにさ。」
「汚れたらどーするんですか!せっかく1番キレイなボコボコした小さな丸っこいのを店で選んで買ったのに!もう、俺のモノをいじらないで下さい!」
「分かった分かった。分かったから、ぎゃいぎゃい、言いなさんな。」
「キャディーさん?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「キャディーさん?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「キャディーさーーーん!!!」
「心臓止める気かい!」
「無視してるからでしょ!」
「何かやると、ぎゃいぎゃい、言うから黙ってただけだろ?」
「だからってキャディーさんが黙ってどーするんですか!」
「キャディーは、黙らないもんなのかい?」
「知らないですよ!知らないですけど2人いて、1人が黙るって、有り得ないでしょ!」
「歌うか?」
「だからって歌わなくていいですよ!」
「ゴルフって何だ?あれだなぁ?難しいなぁ?」
「そりゃあ!ゴルフは、難しいですよ!」
「アンタ、よくやるな。」
「ええ、紳士ですからね!」
「紳士ではないだろ?」
「んまあ、紳士ではないですけどね。」
「ところで、何で池や砂場があるんだ?」
「キャディーさんが知らない事を、わずかな知識しか無い俺が知る訳がないでしょ!」
「ああ!」
「ど、どうしたんですか?急に大声出して!」
「ほれ!あそこに旗があるだろ?」
「目、いいっすね。ああ、確かにありますね。だから何なんですか?」
「分からないのかい?」
「ええ。」
「だから!18あるホールで、キャディーとゴルファーの、どっちが先により多く旗を見付ける事が出来るかって事だよ!」
「えっ?じゃあもしかして?」
「このホールは、お前さんの負けってこったな。」
「ちきしょーーー!!」

第三百一話
「8勝7敗3引き分け」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

「第三百二話」

「少年兵!」
「少年だよ少年!単なる少年!兵じゃないから!」
「ああ、びっくりした!手榴弾なんか持ってるから、おっちゃんいよいよ殺されちゃうのかと思ったよ。あっはっはっはっ!ごほっごほっ!かーっぺっ!って、何で手榴弾?」
「汚っ!?ってまあ、おっちゃんの店だから別にいいんだけどさ。ああ、手榴弾?これは財布だよ。面白グッズってやつ?」
「紛らわしい!いやマジ紛らわしい!にほんとにっぽんぐらい紛らわしい!」
「どっちも対象が同一だから紛らわしくないでしょ!」
「そーなの!」
「まあ、おっちゃんが、何を何と勘違いしてたのかとか、なんでいよいよ!殺されそうかなのかとか、全く興味無いから、とことんどーでもいいんだけどさ。」
「そうか。じゃあな。」
「うん。じゃあね。でなくて!」
「何だよ!やんのかよ!」
「やんないよ!何でファイティングポーズ?小学生相手に何をするつもり?」
「居合い斬り!」
「の要素ゼロじゃん!もう!今日は鳥を買いに来たんだよ。」
「鳥を?失恋でもしたのか?」
「失恋でもしないと鳥って飼ったらいけないの?」
「どーぞどーぞ!」
「なら、余計な事を言わないでよね!」
「んで?お気に入りのコンドルは見付かったかな?」
「いやまだ、入り口付近だし!コンドルいないし!コンドルいらないし!まだ、決まってないよ!」
「良かった。コンドル下さいなんて言われたら、どーしようかと思ってビクビクしちった!」
「頭の後ろに手を置いて舌を出すまでは分かるけど、何で階段を昇るパントマイムで迫って来るの?」
「迫りたいからさ!」
「まさかのゲンコツ!?」
「をかわされた!?」
「いや、メチャクチャにスローモーションだったし!ってまだやってんじゃん!」
「もういい?」
「もういい。」
「まあ、1羽しか今はいないが、何か気に入った鳥や、この顔にピンときたら、声掛けてくれよ。おっちゃんは、それまでこーしてるからさ。」
「人が鳥を選んでる時に、スローモーションゲンコツとか邪魔だからやめて!てか、店に入った瞬間に、やっちまったって思ったけど、マジで1羽なの!?」
「今日、水曜日だろ?」
「水曜日だよ?」
「水曜日になるのって、あっという間だなぁ。」
「いや、曜日で、んな事を言ってたら、年末とかどーすんの?って、水曜日だから鳥が1羽とかって話じゃないの?って、1羽なら店開けなきゃいーじゃん!」
「何を言ってやがんだ!小童!こーして店開けてなきゃ!今日、鳥が買いたいって人に迷惑だろ!現に少年!良かっただろ?嬉しかっただろ?毎度ありがとうございました。」
「直角過ぎない?物凄く直角過ぎない?その、ありがとうのお辞儀?って、誰があんな鳥かごの中でうなだれてる鳥を買うんだ!そして飼うんだ!」
「暑い国の珍しい鳥だからね。」
「いやいやいや、それで全てが納得いく説明じゃないでしょ!いやむしろ逆に無理でしょ!だってあの鳥!鳥かごの柵にもたれ掛かって、冬なのにもう片方の羽を団扇代わりに扇いでるって、おかしいじゃん!」
「鯨を食べるんだよ。」
「嘘丸出しじゃん!鯨を食べるからじゃあ、何なの?その何かでっかい生き物を言っとけば子供は喜ぶって発想間違ってるからね!」
「何かこの店!鳥くさーい!嫌だー!」
「誤魔化し方にも程があるっしょ!おっちゃんがそれ言っちゃったら、おしまいでしょ!」
「少年!あの鳥はな!夜になると発光する珍しい鳥なんだよ!原住民達は、あの鳥を灯りとして夜を過ごしていたんだ。どうだ?非常時にも役に立つぞ!ってまあ、嘘だけどな!あっはっはっはっ!ごほっごほっ!かーっぺっ!」
「嘘の醍醐味とか、どーでもいいんだ!」
「それにな。あの鳥は、飼い主に幸運をもたらしてくれんだよ。」
「どーせそれも嘘なんでしょ?」
「嘘なものか!昔から、あの鳥の飼い主は、謎の集団に襲われないと言われているんだぞ!」
「まず、謎の集団に襲われるなんて事が!一生に一度あるか無いかでしょ!てか、謎の集団って、何!」
「さあな?謎の集団だからな。謎だな。」
「もういいよ。もっと沢山、鳥がいる時に、また来るよ。」
「ちょっと待った!」
「何?」
「今なら特別だ!この値段で売ってやろう!」
「いや、妥当な金額!特別感ゼロだよ!で、何でわざわざ電卓の画面にマジックで書いちゃうの?」
「自慢じゃないが、おっちゃんは今までの人生で、マジックを使いきった事がない!」
「・・・・・・それ、本当に自慢じゃないから、他で絶対に話さない方がいいよ?」
「銃口を向けられたとしても、そうしろと?」
「話したきゃ話せば?もう、帰るね。何か物凄く疲れたよ。」
「少年!これだけは確かなんだ。あの鳥は本当に珍しい鳥なんだ。」
「珍しいのは、何と無く分かるよ。」
「特殊な能力を持ってる鳥なんだ!」
「特殊な能力?」
「どうだ?欲しくなったか?でも、売らないぜ!」
「売らないんじゃん!」
「いや違うんだ!今のもあの鳥の影響なんだ!」
「はあ?意味が分からないよ!どんな影響?」
「あの鳥と同一空間にいると、ボケたくなってしまうんだ!」
「えっ?なら、今までのおっちゃんの変な行動や発言は、全部あの鳥の影響だって言うの?」
「まあ、おっちゃんの場合は好きでやってるだけなんだけどな!」
「どっちだよ!」
「いや、今のもなんだ!あの鳥に言わせられてるんだよ!呪われた鳥なんだよ!」
「うん、なら絶対に買わないよね!」
「おっちゃんも絶対に売らない!」
「じゃあ、もう本当に帰るよ?」
「待て待て待て!!」
「メチャクチャ出口の方に押してんじゃん!何なの!おっちゃんの言ってる事が本当なら!あの鳥は一体なんなの?」
「ツッコミ鳥!」
「はあ?」

第三百二話
「ツッコミ鳥のボケちゃん」

「それ、どっちが呪われてんの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »