« 「第三百二話」 | トップページ | 「第三百四話」 »

2012年4月 4日 (水)

「第三百三話」

 一見、全てが怪しいこの潜水艦内。誰が、犯人なんだ?誰が、誰が・・・・・・犯人なんだ・・・一体。
「やはり!やはり潜水艦内に化け物がいるんだ!」
一見、どこからどう見てもコック。だが彼は、生粋の化け物マニアなコック。彼は、最初の事件が起きた時から、化け物、化け物と騒ぎ立て、艦内を駆け回ってかき乱していた。化け物、化け物と騒ぎ立てている化け物マニア。しかしその実態は、彼自身が化け物。有り得る!この推理は有り得るぞ!化け物が化け物と叫ぶ、すると回りはまさか化け物と叫ぶ彼自身が化け物だなんて疑うはずもない。人間の心理を上手く逆手にとった化け物らしい作戦だ。だが私は騙されない!私はそんなに馬鹿ではない!深海の悪魔の正体は、彼だ!
「いや、待てよ?」
いや、待てよ?としか言わないこの潜水艦の艦長。この一見、どこからどう見ても艦長もまた怪しい。怪しいと言うか、艦長が口にする、いや、待てよ?が、乗組員達にどれほど紛らわしい影響を及ぼす事か!分かっているのか!艦長!その口癖でよく艦長になれたな!艦長!しかし、最初の事件が起きた時、私は艦長の部屋で艦長とチェスを嗜んでいた。いや、待てよ?が39回を越えた時、事件は起きた。艦長が犯人と言うのは有り得ない。いや、待てよ?艦長がアリバイ作りの為に私とチェスを嗜んでいたのだとしたら?
「ギギギギギ!」
一見、どこからどう見ても謎のロボットに見えるこの謎のロボット。チョロチョロ、チョロチョロと、艦内を動き回っているが、何をしてるんだ?警備ロボットか?だとしたら!だとしたら何て役立たずなロボットなんだ!作ったヤツ出て来い!だが、もしもこのロボットのメインコンピューターが暴走し、自我が目覚め、人間を敵だと判断し認識し、この一連の事件を巻き起こしたのだとしたら?だとしたら、まずいんでないか?謎のロボットをこんな近くで観察しているのって、非常にまずいんでないか?でも、この大きなバケツとしか表現出来ないガラクタの産物に、果たして本当に複雑怪奇な事件が起こせるのだろうか?てか、邪魔なだけではないだろか?狭い艦内でこの大きさは?
「ガオー!」
一見、どこからどう見てもライオン。って、何でライオン?何でライオンが潜水艦に?と、最初に潜水艦に乗り込んだ時に感じた疑問は、今でも変わらずに心のド真ん中にこうして存在している。まあ、何か事情があるんだろう。例えば、食料?何か緊急的な事態に遭遇した時用の食料?なら、この緊急事態!食っても良いのか?逆に食われそうな感じすらしてやまないけど、食っても良いのか?ライオンって、美味いのか?ライオンって、生でも平気なのか?ライオンって、毒無いよな?って、まてまて、このライオンが緊急的な事態に遭遇した時用の食料でなかった場合、私はどうなる?もしかしたら、超貴重なライオンだとしたら、どうする?この世に1匹しか存在しない特別なライオンだとしたら、どうする?そのライオンをこの潜水艦が運んでいるのだとしたら?それがこの潜水艦のミッションだとしたら?それを食ってしまった私は・・・・・・・・・。ただし、だからとてこのライオンが事件の容疑者から外れた訳ではない。あまりにも残忍過ぎる事件をこのライオンが引き起こしたのだとしたら、納得がいく。とりあえず事件が解決したら、誰かにライオンの事を聞こう。気になり過ぎてたまらない!
「待てません!」
一見、どこからどう見ても副艦長に見える紅一点の女副艦長。怪しいと言えば怪しいが、怪しくないと言えば怪しくない。ただ、いや、待てよ?の艦長の後に、待てません!の副艦長の口癖が続けば良いのだが、待てません!の副艦長の後に、いや、待てよ?の艦長の口癖が続くと、もはや艦内はパニック寸前だ!しかし、怪しいと言えば怪しいが、怪しくないと言えば怪しくない。そんな人間が一番怪しいのも事実!
「風邪やね。」
一見、どこからどう見ても船医に見えるこの老人。噂では、昔、人体実験をしたとか、人造人間を作ろうとしたとか、若い女性を連れ去ったりとか、黒い噂が枚挙に暇がない。完全に犯人候補だ。いや、犯人だろ!間違いないだろ!そーだー!そーだー!ただ、噂当時ならまだしも今となっては、骨と皮だけのこの船医に、あんな奇々怪々な事件が起こせるのだろうか?結局なんだかんだで、全ての診断結果が、風邪やね。の一言で済ませる船医に、一体何が出来る!
「おす!」
一見、どこからどう見ても誰?って思えるこの男。招かれざる乗組員とでも言うべきか。雪山の山小屋に突然現れた登山家の如く、海中の潜水艦に突然現れたダイバーだ。何か、大昔に沈んだ海底都市を調査中に、海底遺跡の岩に挟まれて身動きがとれなくなっていたとこを、たまたま潜水艦が通り掛かって助けたと言うのが経緯だ。そして、目的地が同じだと言う理由で今もまだ、同乗している訳だ。招かれざる客ってヤツは、楽観的な人種と相場は決まってる。この男に一連の奇想天外な事件が起こせ・・・ちょっと待てよ?もしも、男が調査していた海底都市が、その昔、何かの呪いによって沈んだのだとしたら?男は、呪いによって、一連の事件を巻き起こしたのかもしれない!呪いなら、有り得る!呪いなら、全ての辻褄が合う!
「開かずの扉・・・・・・か。」
一見、どこからどう見ても普通の扉にしか見えない開かずの扉。私は今、誰も開けた事のない扉を開けようとしていた。全てが怪しい潜水艦内だが、その潜水艦内で、もっとも怪し過ぎるのが、この開かずの扉の向こう側だ。怪しい潜水艦内の怪しい乗組員達を隈無く調査したとこで、全ての糸が事件の一歩手前で途切れてしまう。そしてもはや私に残された事件解決への道は、ここしか残されていない!この先に必ずやこの一連の残忍な事件を解決する鍵があるはずだ!待ってろよ!絶対に事件を解決してみせるからな!潜水艦探偵の名に懸けて!

第三百三話
「犯人はまだ決まっていない」

|

« 「第三百二話」 | トップページ | 「第三百四話」 »

コメント

おはようございますhappy01

ひさしぶりにお邪魔しました。

ごぶさたしておりまする。

ライオンが出てきたあたりから笑いが止まらなくなりました。

ダイバー!よく生きてたな!

……なんか、PYNさん、作風が練られている印象を受けますhappy01

やっぱり、書かないとだめですよね。

ストックだけ、小出しにして、頭と心を働かせていないと、碌なものがかけなくなっちゃいます。

千鳥ヶ淵あたり、あるいは砧公園あたり、桜が見頃でしょうか?

今日は少々北風が冷たいですが、よい季節。花見もお酒もたのしんでくだされ。

また、忘れたころに?お邪魔しますcoldsweats01

投稿: MASSIVE | 2012年4月 7日 (土) 07時57分

返事、遅くなってしまいましたね。申し訳ないです。

笑ってもらえて嬉しいです!MASSIVEさんの様に想像力が豊かな人であればあるほど、私の想像を越えた作品へと進化させてくれるのでしょうね!

とりあえずでもガシガシ書いてみちゃって下さい!

そろそろ葉桜もちらほらですが、数日前は満開でした!

また、忘れた頃に、お待ちしています。

コメントありがとうございました。

投稿: PYN | 2012年4月11日 (水) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/44753185

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三百三話」:

« 「第三百二話」 | トップページ | 「第三百四話」 »