« 「第三百十一話」 | トップページ | 「第三百十三話」 »

2012年6月 6日 (水)

「第三百十二話」

「隊長?随分と、変な場所に出ちゃいましたね?」
「ああ、変な場所だな。変な場所か、変な場所じゃないか、と聞かれたら私は、こう答えるよ。変な場所だ、とな。」
「まさか、ジャングルを抜けると、こんな変な場所に辿り着くとは、想像もしてませんでしたね。」
「ああ、想像もしていなかったな。ジャングルを抜けると、こんな変な場所に辿り着くと想像していたか、想像していなかったか、と聞かれたら私は、こう答えるよ。想像していなかった、とな。」
「地図上では、我々はまだ、ジャングルの中のはずなんです。」
「地図を広げなさい!」
「既に広げています。ほら、隊長。見て下さい。我々は、ここからジャングルに入りました。そして、このルートを辿り・・・・・・隊長?珍しい蝶を捕まえるのとか、後でにしません?とりあえず今は、1回地図を見て下さい。」
「珍しい蝶か、珍しくない蝶か、と聞かれたら私は、こう答」
「その言い回しももういいでしょ。とりあえず地図を見て下さいよ。」
「どれどれどれどれ。」
「近い近い近い!破けちゃう破けちゃう!地図が破けちゃいますよ!隊長!」
「臭いな。この地図。」
「別にいいじゃないですか。臭くても。」
「臭いから、こんな変な場所に辿り着いてしまったんじゃないか?」
「地図が臭いからって辿り着かないですよ。何で地図の臭さで地形が変わるんですか。そして、別にこの地図、臭くないですからね。だとしたらきっと、隊長の鼻の穴の中が臭いんですよ。」
「あっはっはっはっはっ!」
「僕、そんなに豪快に笑う様な事、言いました?」
「腹減った。」
「どんな合図ですか!」
「なあなあ?この変なヤツについてる変な果物、食べれると思うか?」

「まず、その変なヤツが何か分かりませんし、それについてる変な物が果物かどうかすらも分かりませんから、やめた方がいいですよ。お腹、壊しますよ?」
「何かこの変なの果物っぽいんだけどなぁ?」
「光る果物なんて、聞いた事もないですよ。絶対に食べちゃダメですよ。まあ、まずその変なのが噛み砕けるのかってとこですけどね。」
「思うんだが?」
「何ですか?」
「何で私、隊長なの?」
「はあ?隊長が隊長じゃなかったら、一体誰が隊長なんですか!」
「隊長じゃなくて、ボス、がいい。」
「立場的な話じゃなくて、呼び方的な話でしたか。ボスでも何でも構いませんよ。」
「よし!では、今から私の事は隊長ではなく、優勝候補、と呼びたまえ。」
「ボスはどこへ行ったんですか?優勝候補って何なんですか、優勝候補って!どっから出て来たんですか!」
「何か、優勝候補って強そうだろ?」
「まあ、確かに強いから優勝候補なんでしょうけど、隊長から優勝候補はおかしくないですか?そもそも何で強さが必要なんですか?」
「君が何でもいいと言うから、私はそうしたまでであって、そこを否定されても困るだろ!」
「ちょっと、マジな激怒じゃないですか。まあ、隊長がそれがいいなら、僕もそれに従いますよ。」
「隊長ではなーい!」
「優勝候補がそれがいいなら、僕もそれに従いますよ。」
「うむ。」
「で、優勝候補?これからどうしますか?来た道を戻りますか?それともこのまま、この変な場所を突き進みますか?」
「そんな事、決まっているだろ!」
「そうでしたね。我々探検家に後戻りすると言う選択肢は、ありませんでしたね!」
「優勝するに決まっているだろ!」
「何が?完全に優勝候補の方向へ引っ張られているじゃないですか!何なんですか!我々は何の競技の真っ最中で!どんな相手と争っているんですか!」
「前歯折れた。」
「何でその光る変な物を食べようとしちゃったんですか!しかもこんな変なタイミングで!って、待って下さい。」
「ん?」
「もしかして、優勝候補?我々が見ているこの変な場所、本当に我々は見ているんでしょうか?」
「えっ!?そのなぞなぞ、難易度高過ぎだろ。最初はもっとポピュラーな奴から頼むよ。」
「このタイミングで、なぞなぞ始める訳がないじゃないですか!そして、何でそんなマジな感じで頭を下げているんですか!そうじゃなくて!いいですか?我々は、このジャングルの何か、例えば植物、幻覚作用の強い花粉を飛ばす植物によって、幻覚を見せられているんだとしたら?」
「えっ!」
「結構な距離で、結構な音量でしたけど?だから、この変な場所は、幻だとしたら?優勝候補!ここを不用意に歩くのは危険です!一歩先は底なし沼があるかもしれません。」
「ふん。底なし沼がなんだ。反対側から出ればいいではないか。」
「そこまで息が続けばな!地球の裏側まで息が続けばな!って、本当に底がないから底なし沼って訳じゃないですから!」
「そうなの!?詐欺じゃん!」
「どんな詐欺ですか!誰が得をするんですか!」
「業者だろ?」
「はあ?とにかく!我々は非常にマズイ状況なんですよ!この幻覚をどうにかしなければ、2人とも死んでしまいますよ!とりあえずは、ここに留まりましょう!」
「よし!なら、突き進もうではないか!」
「隊長!」
「優勝候補!だ。」
「優勝候補!僕の話を聞いていたんですか?」
「だからだ。」
「こんなとこで探検家魂を見せたって、死んでしまったら意味無いですよ!もう少しここに留まって様子を見るのが賢明な判断です!」
「いいや、それは違うな。」
「何が違うんですか!」
「なぜなら、ここに留まる事の方が危険だと教えてくれたのは、君ではないか。」
「はあ?」
「幻覚の張本人は、君なんだろ?」

第三百十二話
[食人植物」

|

« 「第三百十一話」 | トップページ | 「第三百十三話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/45556384

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三百十二話」:

« 「第三百十一話」 | トップページ | 「第三百十三話」 »