« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月 4日 (水)

「第三百十六話」

 車の往来が殆んど無い国有の道路数メートル手前の三叉路の真ん中で、少年はしゃがんでいた。その視線の先には、一匹の丸々と太ったイモムシがいた。
「おい!イモムシ!」
「何だ、少年。」
「お前は、何でイモムシなんだ!」
「なあ?少年?少年は何で少年なのかって尋ねられて、果たしてそれに明確に答えられるのか?イモムシはイモムシ。少年は少年。マルチーズに同じ質問をしたとこで、返ってくる答えもまた、同じって事だ、少年。」
「う~ん?マルチーズって、何だ?イモムシ!」
「少年、知らなきゃ知らないで、別に死ぬ訳じゃないから安心していいこれは問題だ。」
「イモムシは、こんなところで何をしてんの!」
「この三叉路を渡って、あの木まで行く途中だ。」
「危ないよ!」
「ああ、車の往来が日に数台と言っても、その代わりここは山へ向かうバスが定期的に通るからな。」
「轢かれるよ?」
「轢かれないさ。少年。」
「どうして?」
「バスは、まだ来ない。あの木まで行くには、十分過ぎる程の時間があるからさ。」
「何でそんな事がイモムシに分かるの?」
「イモムシだからこそ、分かるのさ。こうして地面から伝わる振動により、バスがどれぐらいの距離にいるのかが分かるさ。」
「マルチーズだね!」
「マルチーズではない。それは果てしなくマルチーズではないのだよ、少年。家に帰ったら少年、お母さんにマルチーズが何かを教えてもらうといい。」
「お母さんは、いないんだ。」
「すまない。どうやら余計な事を言ってしまったようだ。本当にすまない。少年。」
「今日は、夕方まで出掛けてるんだ!」
「妙な安心感をありがとう、少年。」
「どういたしまして!」
「なら、寝る前にでも教えてもらうといい。」
「お風呂に入る前じゃダメ?」
「その辺のタイミングは、少年。少年に委ねようではないか。」
「委ねられた!」
「うむ。」
「イモムシは、あの木まで行って、何をするの?」
「そろそろな感じがしてな。だから、あの木に向かっているさ。どうしてあの木か?って聞かれたら、少年。それは分からない。ワタシの本能があの木に向かえと、この身体を突き動かしているとしか答えられない。」
「ふ~ん。で、そろそろって、何がそろそろなの?」
「身体がムズムズするのさ。その時を伝えているのだよ。」
「ムズムズ?」
「蝶になるのさ!」
「蝶?蝶って、あの蝶?」
「そうだ!」
「嘘だーっ!」
「嘘ではない。嘘ではないぞ、少年。」
「だって、イモムシと蝶って、姿形がまるで違うじゃん!」
「そうだな。だが、少年?おたまじゃくしはどうだ?ひよこはどうだ?まるで親とは別の姿形をしているだろ?」
「た、確かに!?」
「少年、何もここは尻餅をついてまで驚く事の話ではないぞ?そう言う事を有りの侭に受け入れられる柔軟な心を持つ事は、素晴らしい事だ。」
「もしかしてイモムシは今、ボクを宗教に勧誘してるの?」
「ふむ。人を疑う心もまた、表裏一体で重要な事、か。」
「いいよ!」
「少年?ワタシは、別にこれと言って特に宗教への勧誘などはしていないのだ。だから、勝手に入信を希望しないでくれ。」
「イモムシは、何蝶になるの!」
「アゲハ蝶さ!」
「うわぁ!凄い!」
「凄くはないさ。たまたま親がアゲハ蝶だった、と言うだけの話さ。」
「ボクも大きくなったら、アゲハ蝶になれるかな!」
「夢ってやつは、自由だ。その夢を心の中に死ぬまで抱いていく事も、1秒後に捨ててしまう事も、また自由だ。ただ少年?生物学的に無理な事を夢見てはいけない。ワタシがアゲハ蝶になる事は、特別でも何でもない。極々自然の流れと言う事だ。ワタシからしてみれば少年?この先、無限大の可能性を秘めている少年の方が凄い、と思うぞ?羨ましくもあるのだぞ?」
「えへへ!」
「そんな無限大の可能性を秘めた少年は将来、何になりたいのだ?」
「昆虫博士!」
「昆虫博士か!」
「うん!!」
「そうか!なれるといいな、昆虫博士に!いや、きっと無限大の可能性を秘めた少年なら昆虫博士になれるさ!」
「うん!ありが・・・アゲハ蝶になった!!凄い!凄いや!本当にイモムシがアゲ」
その時、定時通りに三叉路を通過したバスは少年を轢き、アゲハ蝶となったイモムシは、その光景を見下ろしていた。

第三百十六話
「運転手はアゲハ蝶を見ていた」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

「第三百十七話」

「ジー!ジジジジジ!」
「相変わらずだな。」
その何時になったら誰が取り替えるんだ?って電球が切れかかったそんな相変わらずな薄暗い廊下を歩き、私は万能薬屋の1つ奥の店に入った。

第三百十七話
「種屋」

「居ないのか?」
「居るよ。」
「相変わらずだな。」
薄暗い店の奥には、相変わらずな店主が少し高い位置に座って、種を虫眼鏡で見ていた。
「人生ってのは、相変わらずぐらいがいいのさ。」
「そうかいそうかい。ただ、あの電球は取り替えた方がいいと思うぞ?」
「あれはあれで、ここが出来た時からああ言うもんだから、あれはあれでいいのさ。」
「そう言われてみれば、地下商店街が出来た頃から、あの電球は切れかかってたな?」
「そう言う相変わらずさが、人の心を落ち着かせるもんなのさ。」
「いや、あれは落ち着かないだろ。むしろ、切れかけの電球を最初から誰も取り替えようとしてない変わり者達の集まりなんだろ?ここは?ん?一体どんだけ切れかけてんだ?あの電球は?」
「んで?その変わり者達の集まるそんな商店街のこの店に、キミは何をしに来たんだ?」
「相変わらずだな。」
「相変わらずさ。」
「種屋なんだ種を買いに来たに決まってるだろ?ところでさっき虫眼鏡で見てたあれ、何の種なんだ?」
「ああ、これ?」
そう言うと店主は、子供の様な無邪気な笑顔と共に、左手を差し出した。その手のひらの上には、どす黒い種が置かれていた。
「何だ?このどす黒い種は?何だか見てると吸い込まれそうになる。」
「世界征服。」
「何!?世界征服の種なのか!?」
「安くしとくよ?」
「この歳で世界征服も無いだろう。」
「世界征服に年齢は関係無いさ。」
「まあ、そうかもしれないが、世界征服自体に興味が無いってことよ。」
「何で?」
「何でって、世界征服したって、別にだろ?」
「世界が征服出来るんだから、別にって感じじゃないんじゃないの?」
「そうか?」
「そうさ!きっとこの世界を自分の思い通りに出来て、毎日楽しいと思うよ?毎日がハッピー!」
「俺は、いいよ。そんなに言うなら、自分で使ったらどうなんだ?」
「僕が、世界征服?」
「ああ。」
「あれだよ?僕が世界征服したら、逆立ちで歩く事を義務付けるよ?」
「何なんだよその進化に逆らった様な義務は!」
「あれだよ?僕が世界征服したら、口で呼吸する事を廃止するよ?」
「だから何で進化に逆らった様な廃止すんだ!」
「あれだよ?僕が世界征服したら、水中でしか会話しちゃいけなくしちゃうよ?」
「いやもう、それのどこがどう一体毎日がハッピーなんだよ!」
「僕は楽しいけど?」
「相変わらずだな。」
「世界征服ってのは、相変わらずぐらいがいいのさ。」
「いや意味分からん。」
「まあ、そもそもが前人未踏の世界征服だからね。意味が分からなくて当然さ。」
「いや意味が分からんのは、そっちじゃなくて・・・・・・。」
「こんな種も一緒に入荷したけど?」
そう言うと店主は、子供の様な無邪気な笑顔と共に、今度はマーブル状に輝く虹色の種が置かれた左手を差し出した。
「これは何の種だ?」
「真の世界征服の種さ!」
「はあ?」
「まあ、世界征服ってのはさ。そう言うもんなのさ。」
「いや、どう言うもんなんだかさっぱりだが?」
「いいかい?誰かが世界征服をする!でもそれは世界征服であって世界征服ではない!」
「世界征服であって世界征服ではない?なら、世界征服じゃないだろ、それ!」
「いいかい?つまりは、世界征服と言う大きな世界征服の中の小さな世界征服って事さ!」
「おいおいおい?それじゃあ、何が一体世界征服で、何が一体世界征服でないのか、分からないじゃないか。」
「その世界征服が世界征服でないなら果たして世界征服とは一体?って、昔何処かの国みたいなところの偉そうな人が言っていたとかいないとか?」
「全部あやふや!」
「まあ、世界征服なんてもんは、各々が決めればいいのさ。なんてったって!世界征服は自由なのだからさ!!」
「物凄く訳の分からない事を、物凄く大声で叫ぶんじゃないよ。」
「これ見てよ!」
店主が見せてくれたのは、ダンボール一杯に入っている世界征服の種と真の世界征服の種だった。
「はあ?」
「だから、世界征服ってのはさ。こんなもんさ。」
「そんな事を言うのアンタぐらいだよ。」
「で、これ!」
そう言うと店主は、子供の様な無邪気な笑顔と共に、真っ赤な種が置かれた手のひらを差し出した。
「次から次へと何なんだ?」
「超世界征服の種さ!んでこの黄色い種が、猛烈世界征服の種さ!そしてそしてこの緑色の種が、激烈世界征服の種さ!そしてそしてそしてなんと!」
「おいおいおい?一体いつからこの店は世界征服の店になったんだ?」
「いやぁ、何か居眠りしながら発注してたら、こんな事になっちゃったんだよね!」
「相変わらずだな。」
「相変わらずさ。」
「呑気に笑ってる場合かよ!」
「ははは!んで?今日は何の種を買いに来たのさ!」
「ん?ああ、朝顔の種を貰えるか?」
「相変わらずだね。」
「相変わらずだ。」
「毎度!」
朝顔の種が入った袋を手に私は、薄暗い廊下を来た時とは逆方向に歩いていた。
「相変わらず、か。」
「ジー!ジジジジジ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

「第三百十八話」

「何でオマエが付いて来んだよ!」
「何でってこれは!アタシの事件でもあるからです!」
車を運転する30代前半のくわえタバコの男は刑事で、その助手席の20代前半の女は雑誌記者だった。
「ああ?」
「だから!アタシの担当する占いコーナーの占い師が起こした連続殺人なんですよ?アタシが行かないで!他に誰が行くんですか!全ての証拠が揃い!全てのアリバイが崩れた!今日はあの占い師の終わりの始まりの日なんですよ?全面戦争なんですよ!」
「あのなぁ?だからって、オマエが付いて来なくてもいんだよ。確かに来たいって気持ちは分からないでもないよ。だがよぉ?」
「あれ~?」
「何だよ。」
「まさかのまさかで、信じてるんですか?」
「ああ?」
「この前、占い師が言った最後の言葉を、信じてるんだ!」
「信じてねぇよ!」
「ウケる!てか、意外と可愛いんですね!」
「いやいや、逆に雑誌の占いコーナー担当のオマエが信じてないのかよ!」
「信じてません!」
「なにっ!?」
「死を占いして、その相手を自ら殺すような、あんな人殺しのインチキ占い師の言う事なんて信じてません!」
「なるほどな。って別にオレだって信じてねぇよ!」
「ええー?なら、何でアタシに付いて来て欲しくないんですか?それは、あの言葉を信じてるからじゃないんですか?ウケる!」
「次に私の元を訪れる時、どちらか1人が死ぬ。」
「負け惜しみですよ。まあ、勝ち戦なんですし!気楽に行きましょうよ!」
「分かってねぇなぁ?」
そう言うと刑事は、灰皿でタバコを揉み消した。
「分かってない?何をですか?」
「あのなぁ?どちらか1人が死ぬって事はだ。オレかオマエが死ぬって事なんだぞ?」
「当たり前じゃないですか!」
「オレは、オマエのそのお気楽なとこがたまに羨ましくなるよ。」
「ありがとうございます。」
「皮肉だよ。」
「知ってますよ!んで?で?何を分かってないんでしょうか?お気楽なこのアタシは?」
「どちらか1人が死ぬなんて、何でそんな曖昧な事を言ったんだ?占い師なら、未来が見えてるはずだろ?どちらか1人なんて言わずに、オレかオマエかをはっきりと言えばいいじゃないか。」
「あのですね?お気楽なこのアタシの意見としてはですよ?そんなのあの占い師に未来を見る力が無いから、曖昧な事を言ってビビらせようとしただけだと思いますが?はいどーぞ。」
「何だおい、お気楽がそんなに気に触ったのか?」
「別に?」
「いいか?あの占い師に、そんな力が無いのは、百も承知なんだよ。問題はだ。そんな占い師が何で、あえてあんな言葉を口にしたか?って事だ。」
「だからそれは!」
「ビビらせる為か?」
「そうですよ!」
「だから、お気楽だって言うんだよ!」
「何をーっ!」
雑誌記者は、刑事の頬っぺたを引っ張った。
「力の無い単なる嘘つきのあの言葉を解釈するとだな。どちらか1人を殺すって事だ。」
「えっ!?」
雑誌記者は、刑事の頬っぺたから手を放した。
「展開的に、次に刑事が自分のとこに来た時は、逮捕の時だって事ぐらい誰でも分かるだろ。」
「いやでも、いくらなんでも殺しますか?刑事を!」
「オレに決めんなよ!だいたい占い師は、既に7人もの人間を事故死に見せ掛けて殺害してんだぞ?オレやオマエを殺すのなんてたわいない話だ。」
「まさか!?」
「まさかじゃねぇよ。どちらか1人が死ぬなんて言ってたが、2人とも殺すつもりかもしれないんだぞ?」
「どうやって!?」
「んなこたぁ知らねぇよ!例えば、この車に細工するとかな。」
「えっ!」
「なーにビビってんだよ!」
「ビビってないですよ!」
「ビビってんじゃねぇか!大体このくる」
「どうしたんですか!?」
「ブレーキが利かない!」
「ええーっ!」
「どうなってんだ!おい!」
「アタシに聞かれても分かりませんよ!」
「おい!何なんだよこれ!何で利かねぇんだよ!」
「山道ですよ?」
「知ってるよ!」
「しかも上りじゃなくて、下りの山道ですよ?」
「分かってんだよ!んなこと!」
「どうするんですか!アタシ達2人ともカーブを曲がりきれずに転落しちゃいますよ!」
「くそ!ふざけやがって!」
「って!まえまえまえーっ!」
「ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」
「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
刑事と雑誌記者を乗せた車は、何事も無くカーブを曲がりきった。
「ぷっ!」
「はい?」
「はははははははははっ!」
「いやいやいや、頭おかしくなったんですか?笑ってないで、どう言う事なんですか?」
「すげぇビビってんじゃん!」
「まさか?騙したんですか?」
「いや、気付くの遅いだろ!ぷはははははははははっ!」
「ふざけないで下さい!」
「ふざけてねぇよ。」
そう言うと刑事は、くわえたタバコに火を点けた。
「これのどこが一体!何がどう!ふざけてないって言うんですか!アタシをおちょくって楽しいですか?ええっ!」
「今のが現実だったら、どうすんだ?」
「えっ?」
「そう言う事だよ。」
「はい?」
「いや分かれよ!雰囲気掴み取れよ!」
「すいません。ご説明をどうぞ。」
「だから、今日付いて、来て何もオマエまで死ぬ事はないって事だよ。」
「プロポーズですか?」
「はあ???」
「いやいやいや、理解してますよ。」
「プロポーズじゃねぇよ!」
「いやそっちじゃなくて!さっきのですよ。」
「刑事おちょくってんじゃねぇよ。」
「さっきのお返しです。大丈夫です。アタシは、あんな占い師なんかに殺されたりしません。」
「・・・・・・・・・・・・・・・ダッシュボード。」
「はい?」
「ダッシュボードの中。」
「ダッシュボードの中?」
そう言われて雑誌記者は、ダッシュボードを開けた。中には拳銃が入っていた。雑誌記者は、その拳銃を手に取った。
「いいか?仮にもし、オレが占い師に殺されたら、それで自分の身を守るんだ。」
「えっ?」
「いいな?迷うなよ!迷わず占い師を撃つんだ。」
「でもアタシ!刑事さんが殺されるなんて、そんな!?」
「仮にだ!仮!拝むな!」
「ああ、仮にですね。」
「それは最終手段だ。」
「分かりました!」
「ん。」
「いやぁ!でも拳銃なんて持つの初めてだなぁ!意外と重たいんですね!」
「まあな。」
「えっ?でも最終手段だ!って言われても、これどうやって撃つんですか?」
「着いたら教えてやるから、こっち向けんじゃねぇよ!」
「何か、アクション映画のヒロインみたいですね!」
「分かった分かった!だから向けんじゃねぇよ!」
「動くと撃つわよ!なんちゃって!」
「おいおいおい!いい加減にしないと怒るぞ?それには弾が入っ」

「バン!」

「嘘っ!?」
雑誌記者が持つ拳銃から放たれた弾丸は、刑事の頭を貫いた。

第三百十八話
「占われるということ」

「んで何でオレがオマエに撃たれて死ななきゃなんねぇんだよ!」
「いやいやいや、だからこれは仮にの話ですよ。あの占い師の占いが当たるとしたら、こんな感じかなぁ?って話ですよ。」
「どちらか1人が死ぬって言うか、あの場合、あの後、絶対にオマエも死んでたからな!大体そんな間抜けな死に方するぐらいなら、ふざけてカーブに突っ込んだ方がましだ!」
「さあ、いよいよ占い師との決着の時間ですよ!」
「銃返せ!」
「嫌だ!」
刑事と雑誌記者を乗せた車は、占い師の居る館に着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

「第三百十九話」

 どこかの山間に佇むそんな高校のとある部。今日は、その部活動を覗いてみよう。
・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
広いグラウンドの隅っこに、その部の部員二人は居た。
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・部長。」
「集中!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・部長。」
「集中!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・部長!」
「何だ!今は集中の時間だろ!」
「分かってます!でも!」
「動くな!」
「あっ、すいません。でも!今、話を聞いて欲しいんです!」
「・・・・・・・・・何だ?」
「俺、この部を辞めようと思います!」
「またか。」
「今回は!本気です!」
「動くな!!」
「あっ、すみません。本気なんです!」
「・・・・・・・・・来月には、全国大会が開催されるの知ってるよな?」
「はい!」
「ウチもエントリーされてんのも知ってるよな?」
「もちろんです!」
「大会は、二人一組だってのも?」
「知ってます!」
「ウチの部は、部員が俺とお前とアイツの三人だってのも?」
「分かってます!」
「アイツは今、足の骨を折って入院してるのも、もちろん知ってるよな?」
「はい!」
「そして俺にとっては、次が最後の大会だってのは?」
「もちろん分かってます!」
「だったら何でこのタイミングで、この集中のタイミングで、また部を辞めるだなんて言い出すんだ!」
「すいません。」
「大会に向けて、俺がどんだけ練習したのか分かってるだろ?いや、俺だけじゃない!お前もアイツも死ぬほど練習したじゃないか!」
「しました!」
「アイツは、そんな練習が原因で、それで足の骨を折った。」
「はい!」
「お前は、足の骨を折ってない!」
「折ってません!」
「部員が俺とお前とアイツの三人で、大会には二人一組の参加で、アイツは足の骨を折ってて、足の骨を折ってないお前が今!今ここで辞めたら大会は棄権せざるを得ないんだぞ!」
「はい!」
「あの辛く厳しい練習は、一体何だったんだ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「答えろ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「答えろ!!」
「分かりません!!」
「動くなっ!」
「あっ、すいません。」
「・・・・・・分からないだと?」
「はい!分かりません!確かに練習は辛く厳しかったです!でも!ただそれだけです!辛く厳しかったってだけです!そこには、辛く厳しい以外に何もありませんでした!」
「バカヤロウ!」
「部長!?」
「バッキャロウ!!」
「ぶ、部長!?」
「俺は!建前では!大会!大会!と言っていたさ!そう!事あるごとに大会と言っていたさ!知らないだろうけど家でも言っていたさ!だがなぁ!本音では大会なんてのは!どうだっていんだよ!」
「えっ?どう言う事ですか?」
「そりゃあ!大会に出場して!優勝出来たら嬉しいさ!けど俺は!三人で居たあの時間が!宝物なんだよ!俺の財産なんだよ!大会なんてのは!そのおまけに過ぎないんだよ!大会なんてのは別に出れなきゃ出れないでいんだよ!出れたら出れたでいんだよ!」
「・・・・・・部長。」
「それを何だ!三人で過ごしたあの辛く厳しい練習の時間を、ただそれだけです、だと!辛く厳しい以外に何もなかった、だと!お前の中では!あの三人で過ごしたあの辛く厳しい練習の時間は、そんなもんだったのかよ!そんなもんだったのかよーっ!!」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「部長!」
「動くな!」
「あっ、すいません。そして、すみませんでした!俺が!俺が間違ってました!俺にとっても!部長とアイツと三人で過ごした時間は一生の宝物です!財産です!」
「お前・・・・・・なら!」
「もちろん!辞めません!辞めたいとかもう二度と口にしません!」
「お前!」
「部長!」
「だから、動くなって!!」
「あっ、すみません。」
どこかの山間に佇むそんな高校のグラウンドの隅っこ、今日はそこで部活動に励んでいるとある部の話でした。

第三百十九話
「棒立ち部」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »