« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月 5日 (水)

「第三百二十五話」

 この家には、かーちゃん、と呼ばれる存在と、じーちゃん、と呼ばれる存在の二人が居た。他にも、とーちゃん、と呼ばれる存在や、ばーちゃん、と呼ばれる存在、ねーちゃん、と呼ばれる存在や、にーちゃん、と呼ばれる存在、ぼくちゃん、と呼ばれる存在が居るが、この日は、出掛けてi居なかった。
「かーちゃん!」
「何ですか?じーちゃん!」
「冷蔵庫に、メロンがあったろ!」
「じーちゃん?冷蔵庫にメロンがあるんじゃなくて、メロンを作る人が居るから、メロンがあるんですよ?冷蔵庫の中で自動的にメロンが生産されるなら、メロンを作る人達はどうなるんです?そんなバカな話がある訳ないんですから、この世のゴミ以下みたいな事を言わないで下さい。」
「すまん。いやいやいやいや、すまんじゃないよ。かーちゃん、誰もそんな事を思っちゃいないよ。」
「だったら何ですか?見ての通り忙しいんですから、早く言って下さい。」
「忙しいって、こうして二人で向かい合って座ってハーブティーを飲んでるだけじゃないか。いい加減にテーブル買わないか?」
「テーブルは買いませんっ!!!」
「なぜ、テーブルの話になると、そんなに声を荒げるんだか、不可解だ。かーちゃんとテーブルの間に一体何があったと言うんだ?」
「ハーブティーをこうして飲みながらも、私は世界平和を祈っているんです。それはとても!じーちゃんが考えてるより遥かにとても!忙しい事なんです!」
「すまん。いやいやいやいや、すまんじゃないよ。何だそりゃ!そうじゃなくて、冷蔵庫の中にメロンを作ってる人が作った頂き物のメロンが入ってるだろ?」
「ええ、入ってますよ?それがどうかしたんですか?」
「丸々一個食べていいか?」
「何だって!?」
「だから、わし一人で丸々一個食べていいか?って聞いてるんだ。」
「お前、バカなの?」
「バカだよ。」
「なら、仕方無いか!どーぞ!ってなる訳がないだろ!!今夜みんなで食べようと思って冷やしといたメロンを何で貴様一人に食べさせなきゃならんのじゃい!」
「わしの夢だったんだよ!メロンを丸々一個食べるってのは!幼い頃からの夢だ!夢見て夢見て夢見続けて来た夢だ!それがまさに今!この冷蔵庫の中にあるんだ!どーよ!」
「どーよもなにも!てめぇ!じーちゃん!冷蔵庫指差してんじゃねぇよ!冷蔵庫指差していいのはな!冷蔵庫指差していいのはな!冷蔵庫指差し検定二級以上だ!」
「すまん。いやいやいやいや、すまんじゃないよ。そんなありもしない資格の話でなくてだな!今はメロンの話だ!」
「ありもしないって、お前は世界中の資格と言う資格を全て把握してんのかよ!冷蔵庫指差し二級以上の人がいるから!地球は今日も回ってるんだ!」
「どんな理論だ!それは!」
「難しい話は分かんねぇよ!チョップするぞ!」
「チョップ、嫌!と言うかそんな話じゃないんだよ!」
「メロンの話だろ?」
「メロンの話だよ。」
「ダメだっつってんじゃん!」
「わしがメロン丸々一個食べる検定二級を持っていてもダメなのか!」
「ダメだよ!」
「何でだよ!こんちくしょいっ!」
「今夜、みんなで食べるっつってんじゃん!」
「今夜、みんなで食べる分は、今夜、みんなで食べる分で、わしが丸々一個食べる分は、わしが丸々一個食べる分で、それでいいじゃん!そうすればいいじゃん!」
「メロンは一個しかねぇだろうが!何で、お前の下らない夢の為に、みんながメロン我慢しなきゃならんのじゃい!!」
「イチゴの時は、丸々一個食べさせてくれたじゃないか!」
「お前、頭だいじょーぶか?イチゴ一個とメロン一個が何で同等の価値なんだよ!体積が違うだろ!」
「色も違う!」
「違うところ探しゲーム開始してんじゃねぇよ!」
「味は一緒!」
「病院行け!」
「病院行くからメロン丸々一個食べさせてくれ!」
「どんな取引だ!あのさぁ?みんなでメロンを食べるじゃダメなの?」
「なら逆に、かーちゃんに問おうではないか。みんなでメロンを食べなきゃダメなのか?」
「ダメだろ!」
「ダメか!」
「そーだよ!みんな今夜のメロンを楽しみにしてんだよ!」
「よし分かった!メロン争奪トーナメント戦を開催します!」
「何をどう?分かってトーナメント戦って発想に辿り着いたんだ?」
「教えてやらん!だがしかし!メロン丸々一個食べさせてくれたら、教えてやらんでもない!」
「だからどんな取引だ!矛盾だらけだろ!お前しか得しねぇじゃねぇか!」
「よし!なら恥を承知で聞こうじゃないか!メロン丸々一個食べていいですかっ!」
「ダメです!」
「じゃあもういいよ!メロン丸々一個食べてやるから!」
「どんな理論だよ!」
「メロン理論だよ!」
「いやもう、メチャクチャな事を言おうが、絶対に食べさせないからな!」
「例えば、わしがメロン丸々一個食べたら、世界が平和になるとしたら、どうする?」

「食べさせない。」
「何でだよ!何でなんだよ!こんちくしょいっ!世界が平和になるのに何でメロン丸々一個食べさせてくれないんだよ!独裁者かよ!」
「独裁者は、じーちゃん!貴様じゃい!!」
「なら、今夜みんなで食べよう!」
「最初からそう言ってんじゃん!」
「しかし、その前にわしが毒味をしようではないか!だから、メロン丸々一個食べさせて!」
「何味だそれは!」
「メローン!!」
「泣いたって食べさせねぇよ!」
「メーロン!メーロン!メーロン!メーロン!」
「うっせ!!」
「おい!かーちゃん!」
「何だ!」
「わしは、メロン丸々一個食べる!」
「この段階で、勢いだけで押し通せると思ってたんですか?」
「勢いだけで押し通すのなら今しかないと!」
「いいか?じーちゃん?次にメロン丸々一個食べさせてくれとか言ったら!この私がメロン丸々一個食べてやるからな!」
「掟破りの逆メロン丸々一個食べさせてくれだと!?そんな作戦に引っ掛かると思うなよ!あっ!?言っちゃった!」
「バカかよ!」
「かーちゃん。」
「何ですか?」
「わし、もうメロン丸々一個食べたくない。」
「えっ?」
「メロンに丸々食べられたい!」
「・・・・・・・・・。」
それは、とても暑い夏の日の雲一つない午後3時の事だった。

第三百二十五話
「好き過ぎて ―夏― 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

「第三百二十六話」

 一匹のメダカがいて、一羽のカラスがいる。いや、メダカとカラスしかいないと言った方が、或いは今は正確なのかもしれない。
「メダカ?」
「何だ?カラス。」
そう、地球は死んだ。
「僕らは、これからどうなっちゃうんだろう?」
「どうなっちゃうって、そりゃあ、死ぬだろ。」
「だよね。」
「地球が死んだ。水も空気も空も大地も花も森も小川も全てが死んだんだ。」
「でも、だったら何で僕らは、こうして生きてるんだろう?」
「さあな?そんな事は知ったこっちゃない。何かの気紛れだろ?たまたまさ。そう俺らは、たまたま生きてるだけさ。何かに選ばれた訳でもなし、ましてや特別な存在って訳でもない。いいか、カラス。妙な事は考えるなよ?俺らは、たまたま生きてるだけだ。この運命に抗うな!この運命に従え!」
「でもメダカ!もしかしたら他にも生きてる生物がいるかもしれないじゃないか!」
「ああ、そうだなカラス。たまたま、他にも生きてる生物がいるかもしれない。だから何だ?それが何だって言うんだ?他の生きてる生物を捜すか?それもいいだろ。だが地球は死んだ。お前が俺を喰おうとした瞬間、突如として眩い光に包まれたかと思ったら、次の瞬間、地球は死んだ。他に生きてる生物を捜し出して協力したって、地球が生き返る訳でもない。」
「そんなの!やってみなきゃ分からないじゃないか!」
「確かに世の中には、やってみなきゃ分からない事がある。だがな?それと同時に、やらなくても分かる事があるんだよ。」
「他に生きてるかもしれない生物を捜す事がそうだって言いたいの!」
「残念だが、そうだ。お前が捜したいなら、お前が気の済むまで捜せばいい。だが、俺はそれに付き合うつもりはない。」
「そんな事を言わないで一緒に行こうよ!メダカ!こんな所にいたら死んじゃうよ!」
「カラス。俺は行かない。いや、正確には、行けないと言うべきか。」
「どう言う事だか分かんないよ!メダカの言ってる事、全然分からないよ!」
「それはな、カラス。俺が、地球が死ぬ前に死んでいたからさ。いいな!運命に抗うな!運命に従え!さあ、だからカラスよ!旅立つ前に止まった俺の運命の歯車を動かしてくれ!」
「どう言う事?」

第三百二十六話
「俺を喰らえ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

「第三百二十七話」

 仕事で疲れていたのか、私はバスの中で眠ってしまった。気が付くと知らない街の知らない停留所の知らない商店街に着いていた。太陽は、真上から灼熱に私を照らしていた。本来なら、すぐにでも会社へ引き返さなければならないのだが、この商店街には私を惹き付ける何かがあった。と、言うのは建前で、本音はただ単にサボりたかっただけだ。丁度、営業回りも一段落していた事だし、少しぐらいは油を売ったとこで、怒らはしないだろう。
「暑いなぁ。」
私は、ハンカチで汗を拭きながら、商店街を歩いていた。知ってるお店から、全く聞いた事も見た事もないお店まで、歩いているだけでも好奇心を刺激される商店街だった。
「地下商店街?」
私は、地下商店街と壁に掘られた文字を前に立ち止まった。地下へと続く階段は、とても魅力的だった。と同時に背筋をつたう何かが、今は踏み込むべきじゃないと私を思い止めた。
「いらっしゃい!」
何とも言えない空気に包まれた私は、気付くと地下商店街へと続く階段の近くに建つ店の中にいた。
「えっ?」
そこは実に不思議な空間だった。不思議と言うか、何とも異様だった。何も無い。そう、店の中には何も無かった。店主と思わしき50代ぐらいの男が、中華料理を作る様な出で立ちで、店の真ん中に立っているだけだった。
「何を出入口で、ボーッと突っ立ってんだい!お客さんだろ?それともセールスマンか?」
「きゃ・・・客です。」
「ならそんなとこ居ないで、こっち来たらどうなんだ!ほら!」
「は、はあ。」
私は、店の真ん中に立っている店主の方へと歩いて行った。そして、立ち止まった。
「いらっしゃい!」
「あのう?初歩的な質問で悪いのですが、ここはお店ですか?」
「当たり前だろ!店じゃなかったら、いらっしゃい!とか、お客さんだろ?なんて聞かないだろ!」
「そうなんですよね。そうなんですけど、そのぉ?何も無いですよね?」
「俺がいるだろ!」
「確かにいますけど、テーブルもイスも何も無いですよね?」
「そう言う店なんだから、そう言われても困っちゃうんだよなぁ?だいたいテーブルやイスってのは、俺じゃないしな。俺がいればいいんだから、無くていいんだよ。」
「でも、このお店、中華料理店なんですよね?」
「ああ、この格好か?違う違う!ウチは、中華料理店じゃないよ!」
「じゃあ、何でそんな格好をしてるんですか?」
「何でって言われても、俺がしたい格好なんだから、そう言われても困っちゃうんだよなぁ?」
この空間、異様過ぎる。あんなに賑やかな商店街の中で、この空間は一体何なんだ?だいたい何の店だと言うんだ?中華料理を振る舞う訳でもなく中華料理を作る様な出で立ちの店主。でもこれは、店主の話から察するに、趣味的な感じだろうと推測出来る。明日はまた違う格好なのかもしれない。何も無い店内?もしかしてここは、格闘技道場的な感じなのだろうか?
「あのう?」
「おう!」
「ここは、何かの格闘技道場でしょうか?」
「格闘技道場?そんな訳があるはずないだろ?どこをどう見たら俺に格闘技の心得があると思ったんだか。全くおかしな事を言う客だよ。」
違う!?まあ確かに、店主が何か格闘技をしていると言った体つきではないのは、分かる。しかし、なら何だ?この空間で何が出来る?
「もしかして、ここは外国語教室ですか?」
「外国語だって?こんな格好してるからか?」
「いえ、格好は関係無いです。違いますよね。」
「こっちが教えてもらいたいもんだよ!」
これも違う。モノを使う事なく、営む事が出来る商売を考えていたら、やっぱり体を使うか言葉を使うかに行き着いたんだが、ならこっちか?
「じゃあ時期的に、怪談話を聞かせてくれるとかですか?雰囲気を醸し出す為に、あえて店内には何も置いていない!」
「違う違う!商店街イチ怖がりの俺が怪談話なんかする訳がないだろ!怪談って口に出すだけでもチビる寸前なんだから、言わせんじゃねぇよ!!気を付けやがれ!!」
「怖がりってのは、初めて知った事実ですよ。そんなに怒らなくてもいいじゃないですか。すいませんでした。」
謎だ。謎過ぎる。普通の人なら既に降参して、答えを店主の口から聞き出してるに違いない。しかし、自分で当てたい派の私は、まだまだ答えを聞く訳にはいかない。何としても自力で答えを導き出さなくては!だが、にしては、あまりにも店内にはヒントが転がっていなさ過ぎる。何も無い?いや、何も無いだけなのかもしれないぞ?そう!今は何も無いだけで、店主は匠で、これから何かを創るのだとしたら?しかも実は、かなり名の知れた芸術家だとしたら?
「アトリエですか?」
「はあ?」
ああ、違う。反応で分かった。悲しいかなこの店主からは、芸術性の欠片も感じやしない。だったら何だ?偉大な発明家か?いや発明家なら店内には、発明品が溢れかえってるはずだ。まさか!この店内の床を開けると地下へと続く階段があり、そこは巨大な研究施設になっていて、何かとてつもない研究をしているのか!世界を震撼させる何かとてつもない研究を!?
「博士ですか?」
「おいおいおい、お客さん。いよいよ大丈夫か?」
「・・・・・・大丈夫です。すいません。」
ダメだ。この店内の異様な空気に飲まれて、正常な思考が働かない。もう、これ以上は自力で答えを導き出すのは不可能だ。
「あのう?」
「何だ?」
「ヒントを下さい。」
「ヒント?ヒントって何のヒントだい!」
「ですから、このお店が、一体何のお店なのかってヒントです。」
「何だ何だ?店のドアのに貼ってある貼り紙を見て入って来たんじゃないのか?」
店主のその言葉を聞いた私は、一目散に出入口まで走った!そして引戸を開け、その貼り紙を見た!
「・・・・・・・・・・・・・・・。」

第三百二十七話
「閉店はじめました」

謎は深まるばかりだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

「第三百二十八話」

「ガチャ!」
「お兄ちゃん!」
ノックもしないで部屋に入って来たのは、小6のオレの小3の弟だ。
「ノックしろっていつも言ってんだろ?」
「あっ、ごめん!お兄ちゃん?」
「何だよ。」
「今日の怪談は、すっっっっごい怖いよ!」
今クラスで怪談が流行ってるのか知らないけど、弟は最近、毎晩オレの部屋に来ては、勝手に怪談を聞かせてくる。
「何かお前の怪談って毎回毎回、怖くないんだよなぁ?」
「今日のは怖いよ!なんたって、僕達の学校の七不思議だからね!」
「ウチの学校の七不思議?」
「お兄ちゃん全部知ってる?」
「真夜中のコンサートだろ?」
「深夜、誰もいない音楽室のピアノが奏でる真夜中のコンサート!噂では、発表会当日の朝、交通事故で死んじゃった女の子の幽霊だとか。」
「首吊りの体育倉庫。」
「いじめられた生徒が体育倉庫で首吊り自殺をした。夜になるとなぜか体育倉庫からボールをつく音が聞こえて来る。倉庫の扉を開けると、自殺した生徒が自分の頭をボールの代わりについていた。噂では、ロープじゃなくてワイヤーで首を吊ったから、頭と胴体が切断されたとか。」
「赤いウサギ。」
「普段は、かわいい飼育小屋のウサギ達。でも、満月の晩だけは、ウサギ達が真っ赤になる。噂では、満月の度に生徒が1人、行方不明になるとか。それは誘拐なのか?事故なのか?ううん、違うよ。それは、ウサギ達が食べちゃったから。」
「走るガイコツ。」
「理科室には、ガイコツの模型がある。噂では、そのガイコツは昔、理科室で殺されて、薬品で骨だけにされた、かけっこの速い男の子だとか。」
「・・・・・・・・・あとは?ん?あと何かあったっけ?」
「七不思議だよ?まだ四不思議しかないじゃん!」
「いやでも、ウチって四不思議しかなくないか?」
「それは、お兄ちゃんが知らないだけで、ちゃーんと七不思議あるんです!」
「じゃあ、残りの三不思議を教えてくれよ。」
「いいよ!あっ、の前にお兄ちゃん?トイレ行っといた方がいいかもよ?」
「漏らすかよ!」
「ふっふっふっ!」
「何だよ。その気持ちの悪い笑い方は!」
「話があまりにも怖くて、オシッコ漏らしちゃうからじゃなくて、次の不思議がトイレの話だからだよ。」
「ウチの学校にトイレの怪談なんかあったっけ?」
「あるある!その名も!止まらない下痢!」
「はあ???」
「その日、5年生の男の子は、朝からお腹の調子が悪かった。一時間目の授業が終わるチャイムと同時に男の子は、トイレに走った。噂では、その男の子はまだ、そのトイレでウンチを出し続けてるとか。」
「明日、学校のトイレ全てチェックすっぞ!ってどこが怪談なんだよ!単なるお腹の弱い子の悲劇だろ!」
「違うよ?お兄ちゃん。」
「何が違うんだよ。」
「その男の子はもう、今では立派な中年のおじさんなんだよ!」
「どんだけ出し続けてんだよ!服ピチピチか!てか生活感が漂い過ぎだろ!」
「次のは、もっと怖いんだから!」
「いや、今の話の後なら、だいたいが怖い話になっちゃうよ!」
「その名も!時代遅れの校長先生!」
「ならなかった!もうタイトルで怖さを表現する気が全く無いだろ!」
「ウチの学校の校長はね?凄く時代遅れなんだ。とにかく機械には弱いし、カタカナには弱いし、流行には疎いし、言葉遣いが古臭いし、臭いし、カツラだし、社会の教科書に出てくるみたいな顔だし!」
「いやだから、それってもはや校長先生を語ってるだけじゃん!怪談って言うか、もはやちょっとした悪口になっちゃってんじゃん!んなこと直接言ったら、ただただ顔真っ赤にして怒られるだけだ!」
「怖いでしょ?」
「違う意味でな!しかも、こっちが全面的に悪いからな!」
「噂では、ウチの校長先生、電池で動いてるとか。」
「時代遅れなんだかハイテクなんだか分からなくなっちゃったぞ!」
「少子化社会!!」
「何だよ急に難しい言葉を大声で!兄ちゃんの部屋で急に世の中に訴えかけるなよな。」
「次の話のタイトルだよ。」
「はい?」
「噂では、このまま少子化が続くと、学校が閉鎖されちゃうとか。」
「どこ目線の怖い話をしてんだよ!学校目線か?って怪談でも何でもないだろそれ!いろいろと、リアルに恐怖な話だそれは!いやむしろ、ちょっと悲しい話になっちゃってるぞ?」
「老後が心配だね。」
「何で小6と小3の兄弟が今から老後の心配しなきゃならないんだよ!てか、学校の七不思議関係無いじゃん!」
「僕達が大人になったら、もしかしたら僕達の学校はもう、無くなってしまっているのかもしれない。」
「何でドキュメンタリー番組みたいな感じで、メッセージ性を込めて話を終わらしてんの?」
「漏らした?」
「漏らすか!てか、やっぱりウチの学校には、四不思議しかなかったって事だよな?」
「次の不思議はね。」
「いやいやいや、八不思議になっちゃうから!」
「タイトルはね?」
「くだらない不思議を一体、あと何不思議話すつもりなんだよ!」

第三百二十八話
「弟」

気付くと朝だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »