« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月 3日 (水)

「第三百二十九話」

 アタシが都会の人混みを歩いていると、男がアタシに声を掛けてきた。
「お姉さん、綺麗だね!時間ある?」
所謂、ナンパね。
「えっ?ちょちょちょ!お姉さん?ちょっと!何してんの!?」
アタシは、人に綺麗って言われるのが大嫌いだった。確かにアタシは綺麗だけど、それはアタシに言ってはいけない特別な言葉。だからアタシは、アタシに綺麗って言う上部だけの誉め言葉を使う人間には、何時もこうして制裁をしてやる事にしているの。
「いっっ!いててて!な、何で!?お姉さん!?」
「何で?だってアナタ、今アタシの事を綺麗って言ったでしょ?」
「言ったよ!言ったけど!何してんだよ!何なんだよこれ!いいいててててて!」
「良かった。もしアタシの聞き間違いで、こんな事をしてしまっていたら、とんだ失礼ですものね。」
「いや、これでも十分失礼だろ!と、とにかくほどいてくれよ!いてぇよ!」
「それは断るわ!」
「何だよ!何でだよ!どうして綺麗って言って!こんな事されなきゃならないんだよ!ブスってけなした訳じゃないんだぞ!綺麗って言ったんだぞ!誉め言葉じゃねぇか!」
「誉め言葉?どこが?」
「誉め言葉だろ!誰が聞いたって誉め言葉じゃねぇか!いいから、ほどいてくれよ!なっ?いてぇんだよ!」
「誉め言葉?アタシは、そうは思わなかったわ。それに、痛みを感じてくれなきゃ、こうしてる意味が無いわ。」
「何でだよ!女性に対して、綺麗って言葉は誉め言葉だろ?誉め言葉以外の何なんだよ!」
「価値観の違いね。」
「か、価値観?な、何だよ価値観って!」
「言われる事が誉め言葉だと捉える人間はいるわ。でも、アタシは違うの。誉め言葉を言う人間が、果たしてその言葉を言うに相応しい人間かどうか?」
「はあ?い、意味が分かんねぇよ!っていってーっ!!」
「アタシを綺麗だと言うに相応しい人間かどうかって事よ。いい?それに相応しくない人間が放つ誉め言葉なんて、誉め言葉じゃないの。つまり、アナタは初対面のアタシに向かってブスと言ったも同じなの。」
「何言ってんだよ!同じな訳がねぇだろ!綺麗は綺麗だろ!どんな人間から見たって、綺麗は綺麗なんだからいいじゃねぇか!」
「まったくだわ。考え方が甘いわね。」
「いててててて!!」
「アタシは、それを良しとしない。ううん、むしろ逆にそれを侮辱とすら考えてる。まだ、初対面でブスと言われた方がましだわ。世界中のカレーの味を知らない人間が、どこかの・・・そうね、あのお店のカレーを口にして、美味しいと言ったら、果たしてシェフは何て思うかしら?」
「素直に嬉しいだろ!喜ぶだろ!いってーっ!!」
「いいえ、きっと侮辱されたと思うはずよ。そこで嬉しがったり喜んだりするシェフは、超一流のシェフじゃないわ。」
「何だよそれ!何なんだよそれ!カレー食って素直に気持ち伝えた客の気持ちは、どーなるんだよ!」
「素直な気持ち?だからその言葉は、安易なだけよ。世界中のカレーを食べ尽くした訳でもないのに、軽々しく美味しいだなんて口にしてしまう。侮辱と屈辱を無意識に与える愚か者よ。」
「お前!どんな思考してんだよ!」
「綺麗や美味しい、それら誉め言葉って言うのはね?そんな軽々しいモノではないのよ!そんな軽々しく口にしてはいけない言葉なのよ!!」
「ってぇぇぇぇぇぇ!!お、おれ、おれ、おれ、折れる!?軽々しいとか軽々しくないとか、綺麗や美味しいは感想だろ?誉め言葉であり、一瞬の感情だろ?その時に感じた素直な気持ちじゃねぇか!」
「それがアタシは許せないって言ってんのが、まだ分からないの?その素直な気持ちが邪悪な言葉って言ってるのが、分からないの?」
「分からねぇよ!邪悪ってなんだよ!頭おかしいんじゃねぇの!その価値観も分からねぇし!何でこうなってんのか!この価値観も分からねぇよ!」
「分からないなら分からないで構わないわ。特に分かられたくもないし、分かってもらおうとも思ってないから。ただ、アナタみたいな人間が許せないだけよ。何もしないで無視してやり過ごせるほど、アタシは出来た人間じゃないの。」
「てめぇ!ふざけんなよ!いい加減にしねぇと裏返すぞ!!」
「裏返せるもんなら!裏返してみなさいよ!!」

第三百二十九話
「四の字固め」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

「第三百三十話」

これはボタンです。

独りぼっちのボクが創った、これはボタンです。

淋しがり屋のボクが創った、これはボタンです。

少しだけ世の中を蔑み、少しだけ世の中を羨ましいと思っているボクが創った、これはボタンです。

押したら或いは、地球が滅亡するかもしれない、これはボタンです。

押したら或いは、待望の世界平和が訪れるかもしれない、これはボタンです。

でも

押しても何も起こらないかもしれない、これはボタンです。

部屋の隅っこで、誰もいない部屋の隅っこで、誰に見付かる訳でもないのに、誰かが見付けてくれる訳でもなく、創ったボタンです。

黒いボタンです。

闇の中で、暗闇の中で創っていたからなのか?

それとも

ボクの心のイロなのか?黒いボタンです。

もしかしたら

こんなボクにだけそう見えるのかもしれない、黒いボタンです。

眠る前に押せばいいのか?目覚めてから押せばいいのか?

それとも

この地球が終わった後にでも押せばいいのか?これは黒いボタンです。

だから

にらめっこです。

どれぐらいの時間が経過しているのか?時計が無いので分かりません。上げた右腕の感覚は、もうありません。ボクはボタンと、ずっとにらめっこです。

結果をおそれて、タイミングを見失っているのか?タイミングに惑わされて、結果に緊張しているのか?ボクはボタンと、ずっとにらめっこです。

料理だってワインだって用意したし、部屋の掃除だってしたのに、料理は冷めてワインは酸化してしまい、部屋もまた汚れてしまうぐらい、ボクはボタンと、ずっとにらめっこです。

このままボクは、死んでしまうのか?ボタンを押さずにボクは、死んでしまうのか?

右腕を上げたまま、ボタンとにらめっこしたままボクは、死んでしまうのか?

嫌だ!

イヤだ!

いやだ!

「ポチ。」

そんなのは

厭だ!!

友達が出来る黒いボタンをボクは、押しました。

第三百三十話
「これはボタンです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

「第三百三十一話」

「な、何してんだ、お前!?」
「ごめんなさい!」
夕飯を終え、俺はソファーに座りウィスキーグラスを片手に、漫画原作のまるで別作品に仕上がったファン泣かせで誰かの自己満足的な実写映画を観ていると、妻は俺の後ろに立ち、銃弾を後頭部から撃ち込んだ。俺は、持っていたウィスキーを目の前のテーブルに置くと、とりあえず謝る妻を隣に座らせた。
「本当にごめんなさい!」
「どゆこと?」
俺は、生きてる。生きてる実感ってヤツを体感するなら、もしかしたらおもいっきり今なのかもしれない。だが、俺には死んでないリアリティーの方が不思議でならなかった。確かに銃弾は、俺の頭を撃ち抜いた。まるで俺の怒りが具現化したかのように、目の前のテレビが破壊されているのが、証拠だ。だが、妙だった。それは、俺が無傷だって事だ。これは夢かマジックか?妻は、一体俺に何をしたんだ?
「ごめんなさい!」
「いや、ごめんなさいはもういいから、説明してくれないか?お前、今俺の頭を手に持ってるその銃で撃ったよな?」
「ええ、撃ったわ!」
そう言うと妻は、銃をテーブルの上に置いた。そしてやはりこれは、夢でもマジックでもなく、真実だった。じゃあ、なぜ俺は死んでない?死んでないどころか、なぜ無傷なんだ?
「ごめんなさい!」
「!?」
妻が突然、俺に抱き付いてきた。俺は困惑したが、震える妻の頭を優しく撫でてやった。
「って、優しく撫でてる場合じゃない!どう言う事なんだよ!何なんだこれは!何でお前は俺を撃った!何で撃たれた俺は死んでないんだ!」
妻を突き放すと俺は、溢れ出る謎をおさえる事が出来なかった。気付くと濁流の様に俺は、妻に責め立てていた。
「ごめんなさい!」
「謝ってばっかりじゃ解らないだろ?」
少し落ち着こう。俺まで興奮してたら、この摩訶不思議に飲み込まれてしまって、闇をさ迷う事になってしまう。俺は、グラスに残ったウィスキーを一気に飲み干し、テーブルに置いた。妻は一体何をしたんだ?
「まず、順を追って聞いていくぞ?お前は、俺の後ろに立った。」
「そう。」
「そして、銃を後頭部に当てた。」
「ええ。」
「で、撃った。」
「そうよ。撃ったわ。」
「頭を撃ち抜かれた俺は、こうして無傷で生きてる。」
「本当にごめんなさい!生きてるだなんて思わなかったの!」
生きてるだなんて思わなかった?確かに妻はそう言った。じゃあ、俺が生きてるっていう事態は、妻にとっても不測の事態だったって事か?いや、自分が銃弾を頭に撃ち込んだ人間が生きていたら、それは誰でも不測の事態か。ちょっと待てよ?そもそも何で俺は、妻に頭を撃ち抜かれないとならないんだ?
「最近、アナタの帰りが遅くて、それでアタシ!」
「ん?」
妻は、何を語り出してるんだ?俺を撃ち殺す為の経緯か?まさか仕事で帰りが遅くなっただけで俺は頭を撃ち抜かれたのか?そんな下らない利用で妻が夫の頭に銃弾を撃ち込んでたら、人類は明日にでも絶滅する。
「浮気してるんじゃないかって思ったの!」
「そんなバカな!俺は仕事で帰りが遅くなっただけだ!何で浮気なんか!」
「分かってる!分かってるわ!でも電話でもよく女の人と話してたし!」
「それは!ウチの弁護士事務所に新しく入ってきた秘書の!」
「分かってる!分かってるのよ!でも不安だったのよ!」
「不安?今までだって仕事で遅くなる事はあっただろ?」
「ええ、あったわ!でも、そのたびにアタシは不安だったの!アナタに家で待ってるだけの妻の気持ちが分かる?」
「ちょっと待ってくれ。その分、俺は埋め合わせとして家族サービスしていたじゃないか!」
「そう!アナタはしてくれてた!」
「じゃあなぜだ!」
「それが逆にアタシの中のアナタへの不安感を増幅させてたのよ!外で別の女の人と楽しんでるから!その罪滅ぼしに家族サービスをしていると思ったの!」
「バカげてる。」
「そう!全てアタシがバカだったの!こんな素晴らしい夫をずっと疑ってたアタシがバカだったの!本当にごめんなさい!」
妻の不安な気持ちが全て理解出来た訳ではないが、全て理解しようと思えば、理解出来た。だから俺は、抱き付いて震える妻の頭を優しく撫でてやった。
「生きててくれて良かった。」
生きててくれて良かった?さっきは生きてるだなんて思わなかった、と口にした。どう言う事だ?まるで俺が生きているのが偶然や奇跡の類いではなく、最初から選択肢の1つにある様な言い方だ。
「この銃、一体何なんだ?」
「この銃はね。浮気している人だけを撃ち殺してくれる銃なの。」
抱き付く妻は、優しい口調で摩訶不思議な事を耳元で囁いてくれた。摩訶不思議過ぎるが、俺の身に巻き起こったリアリティーを考えると、納得出来ない事もなかった。首筋に優しくキスをする妻を横目に、俺は撃ち抜かれたテレビの箇所が妙に気になっていた。

第三百三十一話
「撃ち抜かれた妻」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

「第三百三十二話」

「ねぇ?ジャンケンしようぜ!」
それは、唐突と言う言葉がもっとも当てはまるだろう状況だった。私の腰ぐらいまでしかない身の丈の少女は、散歩中の私の前に立ち塞がると、それが当たり前かの様に、それを要求して来た。
「お嬢ちゃん?私がお嬢ちゃんとジャンケンをする道理が見当たらない。そこをどいてくれるか?」
「嫌だね!」
「どうしてだね?」
「ジャンケンがしたいからに決まってるだろ!」
「ジャンケンをすればいいのか?」
「そう!ジャンケンしようぜ!」
「ジャンケンをするからには、どちらかが勝ち、どちらかが負ける。それとも勝敗に関係無く、お嬢ちゃんはただただジャンケンをしたいだけなのか?ジャンケンをすれば、お嬢ちゃんの欲望は満たされてどいてくれるか?」
「早く!するの?しないの?」
「しなくてもいいのか?しないって選択肢が、よもや存在すのかい?」
「するに決まってんじゃん!目の前のアタシは小さな女の子なんだよ?小さな女の子が言う戯言だよ?おじさんが、アタシの顔面を蹴り飛ばして、地面に倒れたアタシの上を平然と踏みつけながら、一歩一歩、アタシの臓器を破壊しながら立ち去る事だって、ありなんだぜ?ガソリンをアタシにぶっかけて、火だるまにしたっていんだぜ?銃を持ってるなら、解決策は一番早い。」
何を言ってるんだ?少女は、一体何を言ってるんだ?あまりにもだろ。それはあまりにもだろ。まあでもおそらく、あまりにも表現がバイオレンスに偏ってはいるが、ジャンケンをしない選択肢もあると言いたいのだろう。
「なら、お嬢ちゃん?」
「おい!何してんだよ!放せよ!」
「その選択肢が許されるなら、私はこうしようではないか。」
「ふざけんな!おい!何しやがるんだ!」
「こう言う選択肢を私は選ぶ事にした。」
「どこへ連れてくつもりなんだよ!」
「私の家だよ。私の家で、ジャンケンしよう。」
「何でだよ!どこでジャンケンしても一緒だろ!放せよ!」
「いいや、ジャンケンは私の家でやるに限る。」
私は、泣き叫ぶ少女を抱き抱えると、駐車していた車に乗り込み、家に持ち帰った。

第三百三十二話
「誘拐犯」

「何ですか?」
「何ですか?」
「いやですから、これは何ですか?」
「何が?」
「先生、何なんですか?今回のこのお話は?」
「今回も面白いよね!」
「あれでしょうか?何かこんな感じに書いとけば、それとなくシュールな感じを醸し出してるだろ?的な?ですか?ミステリアスで煙に巻くだろ?的な?ですか?」
「何かあれだよね?聞き方がだよね?いや何か文句があるならストレートにぶつけてくれた方がいいよ!」
「それは失礼しました。では、まず設定がよく分からないのですが?なぜ、少女がジャンケンをしたがっているのでしょうか?」
「そこはあれだよ。何と無く世界観だよ。何と無く不思議な感覚を読者に植え付けようと思ったんだよ。いや、てか何でリンゴはリンゴの味がするんでしょうか?的な?事を聞かれてもだよ。この少女は、こう言う少女なんだよ。ジャンケンがしたい少女なんだよ。」
「なるほど。そこに深い理由はないと。ジャンケンは単なる誤魔化しのアイテムなんですね?では、少女がバイオレンスな言葉を発するのも世界観だと。」
「いやちょっと待ってくれよ。世界観を否定されたら何も書けないだろ。」
「わたくしは、別に先生の世界観を否定したりしていませんよ。ただ、何でもかんでも訳の分からない不条理っぽい世界観で片付けられてしまうと困りますよって話ですよ。」
「えっ?ダメ出し?新作を書いたって言うのに、いきなりダメ出し?」
「これをダメ出しと捉えるか、アドバイスと捉えるかは、先生次第ですよ。この作品を世の中に出していいのかチェックするのが、わたくしの役目です。」
「ちょっと待て、この作品が世に出せないって、そう言いたいのか?」
「当たり前です。」
「おい!いいか?確かに僕の作品はあれだよ!雰囲気を醸し出して誤魔化してる作品だよ!メッセージ性なんてこれっぽっちもないよ!だかなぁ?そんな作風だけどなぁ?作品は僕の子供なんだよ!それを頭ごなしに否定されてやってられっかよ!もういい!もう書かない!」
「困りました。」
「なら、この新作を世の中に出してくれよ。」
「勘違いしないで下さい。困りましたと言うのは、先生がわたくしの発言に激怒して新作を書かなくなってしまう事ではありません。」
「はあ?じゃあ、何だって言うんだよ。」
「先生、惚けてもダメですよ。この少女と誘拐犯、わたくしの事ですよね?わたくしと言う人物を2人の登場人物に分けた。違いますか?つまり先生?これはとてもメッセージ性の込められたSOS的な作品ですよね?こんな作品を世に送り出したら、わたくしと先生との関係性が断たれてしまうではないですか。」
「・・・・・・・・・いつになったら僕は帰れるんだ?」
「先生、それは先生次第ですよ。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月31日 (水)

「第三百三十三話」

「辛ーっ!おい!」
「なに?」
「俺の唇、メチャクチャに腫れ上がってないか?」
「大丈夫よ。それは、そう言う感覚にアナタが襲われてるだけだから、それに私だってメチャクチャに唇が腫れ上がってる様な感覚に今、襲われてるわ。アナタだけじゃないから大丈夫。」
「腫れ上がってると言うか、むしろ今となっては唇が取れてんじゃないかとすら思ってるよ。」
「だからそれは、全て感覚に襲われてるだけだって!大丈夫!アナタの唇は、腫れ上がってもなければ、取れてもないから!」
「しかしお前、二人を襲うこの感覚!?なんちゅう辛い物を食べさせるんだよ。いくら俺とお前が大の辛い物好きだって言っても、限度ってもんがあるだろ!しかも、晩飯のどの食い物よりも先に食ってみろって!これ、しばらく他の食べ物食えないぞ?今なら舌にピアスを何個でもあけれそうだよ!」
「あけちゃえば?」
「あけちゃわない!きっかけが百済な過ぎる!」
「切っちゃえば?」
「切っちゃわない!って俺は別に舌になにかをしたいって訳じゃないんだよ!切っちゃえばってなんなんだよ、だいたい!それぐらい辛過ぎて舌が麻痺してるって話だろ?そこを広げなくていんだよ。この九割以上、晩飯が残ってる今の空間をどうすんだよ。」
「ごめんね。アタシだってこれほど辛い物だなんて思わなかったのよ。でもこの感覚が治るまで、確かに暇ね。」
「暇?いや別に暇とは言ってないよ。」
「そうだ!しりとりでもしよっか!」
「はあ?」
「だから、しりとり!ねっ?いいじゃん暇なんだからさ。じゃあ、アタシからいくよ!りんご!」
「いやだから、暇とかって話じゃないんだよ。ご?ごりら。」

「ペペロンチーノ!」
「野バラ。」
「モミアゲ!」
「ゲーム。ってなんなんだよ!ルール!しりとりのルールどこいった!俺だけ優等生にしりとりしてバカみたいじゃないか!」
「カニ!」
「いやどんな変則的なしりとりなんだよ!地元ルールか?」
「カニ!」
「なんなんだよ!お前は、しりとり界のジャンヌダルクかよ!革命起こし過ぎだよ!」
「カニ!」
「いやもうカニいいよ!終わりだこんなしりとりは!」
「カニ!」
「はあ?しりとりの途中で急にカニが食いたくなった欲望をおさえられなくなって事か?」
「違うわよ!だいたいしりとりなんかしてないわよ!」

「したろ!せめて最初のりんご!の時はしたろ!いやいやいや、しろよ!お前が言い出しっぺだろ!」
「カニ!」
「だから、カニ!ってなんなんだよ!」
「カニがハサミでアナタの鼻を今にも挟もうとしてるのよ!」
「気付くわい!カニがハサミで俺の鼻を今にも挟もうとしてるなら気付くよ!顔面の感覚は辛さでどうにかなってないから!どんなウソ付いてんだよ!」
「あはは!」
「無邪気に笑えばなんでもかんでもその場の空気をガラリと変えられると思うなよ?次の展開へ行けると思うなよ?」
「グヘヘヘへ!!」
「悪魔かよ!こえーよ!」
「悪魔と言えば今日ね!タイムセールでお肉が激安だったから買い物に行ったの。でもね、途中で川で溺れてたババアを助けてたら、タイムセールの時間を過ぎちゃったの。もう!ババアなんか助けなきゃよかったわよ!」
「悪魔関係ねぇし!あと、イロイロと言いたい事はあるけど、一つだけ。ババアって呼ぶのやめなさい。」
「アナタ、勘違いしてるわ。」
「勘違い?」
「お婆さんの事をアタシがババアって、わざと口悪く言ってると思ってるでしょ?」
「それしかないだろ。」
「違うの。その川で溺れてたお婆さんが自分で溺れながら、ババアを助けとくれー!ババアを助けとくれー!って叫んでたの!で、次いでに言わしてもらうと、タイムセールの店に行くまでの道のりに川なんてないの!」
「こえーよ!イロイロとこえーよ!なんなんだよその体験談!」
「って、アタシがタイムセールで肉を買って店から出て来ると、目の前の悪魔がそう言ってたのよ。」
「まさかの悪魔の体験談だった!?っていや、百歩譲って、ババアの話が本当だとしても、悪魔じゃないだろ?それを語ってたのは?」
「悪魔よ。うん、あれは悪魔。確実に。」
「どうして悪魔って言い切れんだよ!」
「だって、見るからに悪魔だったからよ。」
「見るからに悪魔ってなんだよ。だいたい、悪魔が実際に居たとしてもだぞ?絵や映画で目にする所謂な悪魔は、人間が創った想像だろ?」
「じゃあ、ちょっと待ってよ。肉を買いそびれた悪魔の絵を書くから!」
「肉を買いそびれた悪魔ってなんなんだよ。凄く庶民的な悪魔だな。タイムセールで肉を買おうとするなんて、物凄く家計をやりくりしてる悪魔なんだな。」
「こんな感じ!」
「虫歯菌だ!それは所謂な虫歯菌だ!子供の頃から我々の頭の中に刷り込まれて来た虫歯菌だ!」
「ああ、言われてみればそうね。じゃあ、アタシが店の外で会ったねは、悪魔じゃなくて、虫歯菌か!」
「いや、単なる変な人だろ?」
「でもその人から、この辛い物をいただいたのよ。」
「変な人から変な物をいただくなよ!」
「地元の特産物なんですって、特産物と聞いたらいただかない訳にはいかないでしょ?」
「いやその感覚は分からない。」

「で、アタシも代わりに肉をあげたの。」
「物々交換って言うんだよ!で?変な人と交換したこの地元の特産物ってなんなんだよ。」
「なんて言ってたかなぁ?カニだったかなぁ?」

「カニにではない!絶対に!」
「あっ!思い出しそう!」
「思い出してから、あっ!って言ってくれ。何と無くそれが、この世界のルールだから。」
「じゃあ、思い出した!」
「どこまで革命家なんだ、お前は!で?なんて言うんだ?この二度と口にはしないだろう食べ物は?」

第三百三十三話
「ちょこれーと」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »