« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月 5日 (水)

「第三百三十八話」

「本当に何なんだ!」
「貴方には、本当に感謝しているわ。」
「何で私は今!どうして盗んだジープの助手席に見知らぬ女性を乗せて!なぜ異国の大地を動物達と爆走しているんだ!何なんだこの状況は!何に巻き込まれてるんだ私は!」
「こんな事に巻き込んでしまって、本当に申し訳ないと思っているわ。」
「申し訳ないと思っているだって?だったらなぜ!何だかよく分からない!最高技術により作られた最新の戦闘機に私を乗せた!キミが1人で乗れば良かっただろ!そして、このジープにもキミが1人で乗れば良かっただろ!いいか私は!単なるおじさんなんだよ!50代半ばのおじさんなんだよ!」
「・・・・・・・・・本当にごめんなさい。」
「妻も娘も居て!孫だって居るんだぞ!普通の!ごくごく普通の!50代半ばのおじさんなんだよ!銃撃戦とか!滝壺に落ちるとか!燃えさかる建物から脱出だとか!ジープ盗むとか!パラシュートとか!そんな出来事とは無縁の!お菓子を作ってる会社で働く50半ばのおじさんなんだよ!」
「ごめんなさい。でも、貴方が居てくれて本当に助かってるわ。本当に。」
「てるわ?たわ、じゃなくて?てるわ?過去形ではなく、現在進行形って事は!キミは、私をこの先もまだまだこんな事に巻き込むつもりなのか!巻き込み続けるつもりなのか!電車の屋根の上でも!時限爆弾を解除した時も!2メートルぐらいの大男を倒した時も!キミじゃないか!活躍してたのはキミだけじゃないか!私が一体キミの何を助けた?ダムから落ちそうになった私を助けたのもキミ!吊り橋から落ちそうになった私を助けたのもキミ!雪山から落ちそうになった私を助けたのもキミ!私の何が必要だ?いやむしろ私が居た方が!逆に足手まといだろ!」
「そんな事はないわ。」
「はっ!」
「見て!」
「ん?」
「包帯を巻いてくれたわ。」
「私じゃなくても出来るだろ!その怪我だって、あの男が撃った銃弾が私に当たりそうになったのをキミがかばったからだろ!どうにか男から逃げれたあと!私は建物の中で腕から銃弾を取り出す君を見ていただけだ!いいか?だいたい命を狙われて逃走劇を繰り広げたいんなら!何かそう言ったエキスパートをパートナーに選ぶべきだろ!私は医者じゃない!私は科学者じゃない!私は軍人じゃない!私は警察じゃない!私はな!私はな!お菓子を作ってる会社で働く50代半ばのおじさんなんだよ!家から飛び出して来たキミがたまたま前を歩いていた私の腕を掴んで逃走劇に連れ回す様なパートナーじゃないんだよ!私は!!」
「危ない!前っ!象よっ!」
「何っ!?くそっ!」
「ふぅ。」
「危ない!前っ!象よっ!、とか、触っちゃダメ!死ぬわよ!、とか、走ってー!ビルが崩壊するわーっ!、とか、間違った仕掛けを選んだら、私達はマグマに落ちるわ!、とか、こんな言葉を掛けられる人生じゃないんだ私の人生は!部長、新商品の試食をお願いします。とか言葉を掛けられる人生なんだ私の人生は!」
「まあ、ちょっとスリリングではあったわね。」
「ちょっとスリリングだと?それは高速道路を逆走する事がか?飛行機の車輪にしがみついて搭乗する事がか?触れたら切断されるレーザー光線の中を進む事がか?毒を飲んでしまう事がかーっ!私は何千回分の人生のスリリングを味わえばいいんだ!」
「・・・・・・・・・ウソでしょ!?」
「何だ!今度はどうした!まあ、キミのお陰で大抵の事には驚かなくなったがな!」
「見付かったわ!」
「何だと!?またあの男に見付かったのか!」
「ヘリで追い掛けて来るわ!急いで!」
「急いでって言われても!ジープを運転するのも初めてなら!こんな舗装されてない大自然を走るのも初めてなんだよ!」
「ミサイルを撃って来る気だわ!」
「ましてや!ミサイルを掻い潜りながらなんて初めてだからな!そもそもあの男は誰なんだ!何でキミはあの男に追い掛けられてるんだ!」
「夫よ。」
「何?夫だと!?」
「そうよ。」
「こんな執拗に命を狙ってくる夫って・・・・・・一体キミはあの男に何をしたって言うんだ!!」
「それは・・・・・・。」

第三百三十八話
「夫のプリンを食べた」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

「第三百三十九話」

 むかしむかしある村にお爺さんがいました。お婆さんを亡くしてからと言うもの、お爺さんは独りぼっちで、とても淋しく日々暮らしていました。
「可哀想に・・・・・・。」
そんなある日のとても寒い雪の朝の事です。お爺さんが毎朝している散歩の途中で、罠にかかった仔ギツネに遭遇しました。罠は、その獰猛な鋼鉄のギザギザで仔ギツネの右の前足を痛々しく挟んでいました。
「コーン!コーン!」
仔ギツネは、必死で罠から抜け出そうとしていましたが、その行為は逆に罠のギザギザを足に食い込ませる事になってしまっていました。
「コーン!コーン!」
「待ってなさい。すぐに助けてやるからな。」
そう言うとお爺さんは、力をいっぱいに、罠から仔ギツネの足を外しました。
「ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
「コーン!コーン!」
そして、額の汗を拭うとお爺さんは、持っていた薬草を噛み潰し、傷付いた仔ギツネの足に貼りました。
「よし!これでもう大丈夫だ!」
「コーン!コーン!」
仔ギツネは、足を引き摺りながら、何度も何度も立ち止まり、お爺さんの方を振り返りながら、森の中へと帰って行きました。
「もう引っ掛かるんじゃないぞーっ!」
お爺さんは、仔ギツネの姿が見えなくなるまで、その場に立っていました。そして、また動物達が引っ掛からないようにと、罠を太い木の枝に掛け、家に帰りました。
「ホーホーホー!」
その日の晩の事です。お爺さんが、蒲団に入って眠ろうとした時。
「コンコン。」
戸を叩く音が聞こえました。
「こんな時間に一体誰だ?」
お爺さんが戸を開けると、そこには小さな男の子が立っていました。
「・・・・・・・・・。」
小さな男の子は、下を向いたまま、一言も喋りませんでした。そんな小さな男の子の姿を見てお爺さんは、ピンと来ました。ああ、きっとこれは朝のアレの、所謂、恩返しってヤツなんだな。と。
「ここじゃあ、寒いだろう。中に入りなさい。」
「・・・・・・・・・。」
お爺さんは、小さな男の子を家に招き入れ、小さな男の子は、黙って頷くとお爺さんの家に入りました。その日から、不思議な二人の生活が始まりました。しかし、そんな不思議でどこか楽しい生活も長くは続きませんでした。
「泣くんじゃない。」
「グスン。」
数日前からお爺さんは、体調を崩し床に伏せていました。そして遂に今日は、二人にとってのお別れの夜になりました。
「婆さんが死んでからと言うもの、いつの間にかわしは、笑わなくなっていた。だが、お前が恩返しに来てくれて、人生の最期にまた笑えて良かった。本当に楽しい毎日だった。本当に、ありがとうな。」
「・・・・・・・・・。」
小さな男の子は、お爺さんの言葉に驚いていました。
「はっはっはっ。初めからお前がわしの所に恩返しをしに来たってのは、分かっていたよ。」
「・・・・・・・・・。」
「だけどまさか、罠の方が来てくれるとはな。もう、誤って引っ掛けてしまうんじゃないぞ。」
そう言うとお爺さんは、笑顔で罠の頭を数回撫でました。
「・・・・・・・・・。」
そしてお爺さんは、死にました。それを看取った罠は、大きな声で泣きました。罠は、朝まで泣きました。仔ギツネを挟んでしまっていた自分を助けてくれた優しい大好きなお爺さんの為に・・・・・・・・・。

第三百三十九話
「罠の恩返し」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

「第三百四十話」

「カシュッ!」
「こうしてリンゴを丸かじりしてると、いつも思うんだ。リンゴを最初に食べた人は、一体どこまで食べたんだろう?と。丸ごと全て食べたんだろうか?それとも一口しか食べなかったんだろうか?或いは皮だけを食べたんだろうか?と。」
「何を言っているんだ?」
「最初と言うのは、難しいと言う事さ。」
「難しい?」
「幾人の人間を経て、リンゴと言う食べ物を食す時は、ここからここまでが美味しく食せる部分だと分かった。そしてまた、幾人の人間を経て、人が美味しいと感じるリンゴが作られた。」
「そうかもしれないな。」
「歴史もリンゴと同じさ。」
「今度は歴史か?」
「歴史と言うもんは、生き残った人間が作る。リンゴと同じで、幾人の人間を経て、ここからここまでが美味しい部分だと分かった。」
「まさか。キミは、リンゴを我々の好みに合わせて品種改良する様に、歴史も品種改良されてるって言うのか?」
「カシュッ!」
「さあ?」
「さあ?それじゃあ言ってる事が支離滅裂だろ。」
「原理はリンゴと同じだが、もたらす影響はリンゴとは違うな。リンゴは品種が複数存在し、人はその中から好みのリンゴを選択すればいい。しかし、歴史は1つしかなく、選択すると言う選択肢が存在しない。」
「まあ、確かにそうかもしれないな。」
「信じたくなければ信じなくてもいいさ。でも、歴史は確実に存在してる。こうであって欲しいと願っても、こうであるのが正しいと思っても、歴史は変わらない。歴史は歴史。新たな発見でもない限り歴史は揺るがない。」
「新たな発見か。」
「しかし、それは誰もが出来る事でもない。そして、それが不味い歴史だとしたら、リンゴのように世の中に出て来る事もない。」
「面白い考えだ。」
「面白い?確かに歴史は、この世で一番面白い書物かもしれない。この世の全ての人が読んでいるんだから、どんな作家もなし得なかった前人未踏の偉業さ。」
「ちょっと待った。キミは、歴史が誰かが書いた空想だとでも言うのか?新たな発見でもない限りと言ったじゃないか。」
「それは、あくまで頭の中での発見って意味さ。歴史の一番の特徴はそこさ。だからこそ、無条件で歴史は現実に起きた出来事だと思い込ませる事が出来る。」
「おいおいおい、それはいくらなんでもキミの想像力が過ぎるだろ。」
「登場人物。この選択がとても重要なのさ。人は皆、リアリスト。現実からかけ離れ過ぎた登場人物は、所詮は偶像。でもそれらは、歴史の抜け道としては格好の道具だったのさ。だから神話や童話は、歴史の保険になり、歴史は歴史の完成度をより増す事が出来た。」
「おい、何を言ってるんだ。なら、革命は起きてないとでも言うのか!」
「革命は起きてない。」
「バカな!数世紀前に革命が起こった証拠や文献だって残ってるんだぞ?それに、今でも続く血族はどう説明する。」
「そこがまた、歴史の凄いところさ。現実とのリンク。これによって、歴史は確実な歴史となった訳さ。貴方は、実際に革命を目にした訳でもなければ、実際に血族のDNAを検査した訳でもない。」
「そりゃあそうだが、それを言うならキミだってそうだろ。」
「カシュッ!」
「ああ、そうさ。」
「だったら、歴史が作られたものだと断言出来ないだろ。」
「例えそれを証明したとこで、誰が信じると思う?きっと誰も信じないさ。いや、信じようとしないだろうな。なぜなら、歴史って言うのは、人が地球でより快適に住みやすくする為、品種改良されて来たものだからさ。それは、安心する為にさ。人は人の歴史が、この地球上に長くあるってだけで、ただそれだけで安眠出来る。」
「バカな事を!安眠する為に歴史を作ったのか!」
「ある日、突然、何の歴史もなしに生まれて来たんじゃあ、人はあまりにも脳が発達し過ぎた。安眠するには、歴史が必要だったのさ。歴史の正体なんてものは、そんなものさ。」
「・・・・・・キミは何者なんだ?」
「俺かい?見ての通り、ただのリンゴ売りさ。」

第三百四十話
「カシュッ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

「第三百四十一話」

 ある晴れた日の公園。ショートカットの19歳の少女は、ベンチに腰掛け、1人読書を楽しんでいた。
「アタシ、キャラクターのデザインで一山当てようって目論んでるんですよ。」
「えっ?」
少女が読書に集中していると、いつの間にか同じ歳ぐらいのロングヘアーの少女が隣に座って話し掛けて来ていた。
「アタシ、気付いたんですよ。キャラクターって」
「あ、あのう?」
「はい?」
「どちら様ですか?」
「あ、ああ!ごめんごめん!実はアタシ、キャラクターのデザインで一山当てようって目論んでるんですよ。」
「それはさっき。」
「だよね!」
「私に何か?」
「アタシ、散歩してたんです。そしたら、閃いたんです。」
「閃いた?」
「一山当てるキャラクターを閃いちゃったんですよ!で、丁度ベンチで読書してる同じ歳ぐらいのアナタがいたんで、意見を聞こうと思って、話し掛けちゃいました。」
「そ、そう。」
「もしかして、迷惑だった?」
「・・・・・・・・・。」
「だだだだよね?いきなりこんな話し掛けられたら迷惑だよね?ごめんなさい。帰るね。」
「あ、あのう。」
「うん?」
「待って下さい。私、普通の学生ですし、流行とかも疎いですし、気の利いた意見とかも言えないと思います。でももし話を聞くだけでもいいなら、協力させて下さい。そのう?小さい頃からキャラクターとか好きなんです。」
「いい!全然いい!話を聞いてくれるだけで全然オッケー!」
「良かった。」
「宜しく!」
「こちらこそ。」
「で、どこまで話したっけ?」
「散歩してたら閃いたって。」
「そう!散歩してたら閃いちゃったんだ!キャラクターってさぁ?結構、リアルでは恐かったり嫌われてたりするモノが多いじゃない?」
「恐かったり、嫌われてたり?」
「んー?例えば、クマとかネズミとか、ライオンとかトラとか。」
「ああ、言われてみればそうかも。」
「だからね?そこら辺をキャラクターにしちゃえば、一山当てられるんじゃないかな?って思ったんです。」
「なるほど。でも、その辺はもう、やり尽くされてるんじゃないですか?」
「ふっふっふっ。それがやり尽くされてないんだなぁ?ふっふっふっ。」
「何だろう?オオカミ?」
「違う違う。」
「サメ?」
「全然違う。」
「ゴリラ?」
「う~ん?そう言う所謂なところから引っ張り出して来たんじゃないんですよ。」
「幽霊?」
「違う。」
「宇宙人?」
「ハズレ~。」
「もしかして?」
「もしかして?」
「ゴキブリ!」
「ちが~う!そう言う今までにあるようなもんじゃないんだなぁ?」
「ええ~!もう分からないです。降参です。」
「ふっふっふっ。じゃあ、アタシが閃いたキャラクターを教えちゃいましょう!ふふっ。」
「お願いします。」
「ゲロ!」
「えっ!?」
「ほら!ゲロってさぁ?汚くて、嫌われてるでしょ?しかも、今までキャラクター化されてきたモノよりも!それが遥か上を行く!」
「ちょちょちょ!ちょっと待って!ゲロってその?あのゲロ?嘔吐した時に出て来るゲロの事ですか?」
「そうよ!」
「信じらんない!アナタ、正気なの!?そんなキャラクターで一山当てられる訳がないじゃないですか!」
「ちょっと落ち着いてよ!いい?アタシだって、散歩してる時にこの構想が頭に浮かんだ時は、アタシ頭がどうかしちゃったんじゃないの?って思ったわよ。」
「どうかしちゃったのよ!」
「違う!」
「ゲロをキャラクターにしようとしているんですよ!頭がどうかしちゃってない訳がないじゃないですか!」
「残念だけど、アタシの頭はどうかしちゃってないの。いい?聞いて!キャラクターで一山当てるには、これぐらいやらないとダメなの!」
「何で!ウサギでもネコでもトリでも何でもいいじゃない!何でゲロなの!何でゲロじゃなきゃいけないの!」
「ええ、確かにウサギでもネコでもトリでも何でもいいかもしれない。」
「だったら!」
「でもね?それじゃあ、一攫千金は狙えないの。一山当てれないの。もう既にやり尽くされてしまってるモノに手を出してもダメなのよ。」
「そんな・・・・・・・・・。」
「でねでね!アナタがここで読書してる間に、アタシあっちのベンチに座って描いてたんです。」
「描いてたって、まさか!?そのキャラクターをですか!?」
「そう!ジャーン!ゲロくんです!」
「・・・・・・・・・。」
「どう?」
「どう?って、どうしてこんなにリアルに描くんですか?可愛さとか皆無じゃないですか。」
「いい?人間って生き物はね?綺麗とか可愛いってモノに対して飽きる速度が異常に早いの。でもね?汚いとか恐いモノに対しては、その速度が異常な程に遅いの。」
「そんな事はありませんよ。だって現に可愛いキャラクターは、長年愛されているじゃないですか。」
「確かに。でも、そこにはカラクリがあるの。」
「カラクリ?」
「キャラクターの種類よ!つまり、次から次へと新キャラクターを増やして行くの!そうする事で、人間の飽きる速度の先を行く事が出来る!」
「言われてみれば・・・・・・でもだったら!」
「可愛いキャラクターでそうしろでしょ?」
「はい。」
「だからそんなやり尽くされたとこに手を出しても誰かの真似っこになっちゃうし、生存競争が激しいキャラクターだったら、それこそ無理ね。新参者のキャラクターなんてまるで相手にされない。だからって、アタシもこのままゲロくん一本で行くつもりはないの。」
「良かった。可愛いキャラクターも作るんですね。」
「そりゃそうですよ。ジャーン!」
「何ですか!?このキャラクターは!?」
「ゲロちゃん!いくら汚いキャラクターでもさすがに飽きられちゃうからね。汚いキャラクターで種類豊富!これぞ無敵の方程式よ!因みにゲロちゃんは、女の子らしくスイーツのゲロで描いたの。」
「確かにスイーツですけど、おもいっきりゲロですよね。」
「ジャーン!」
「何ですか!これは!」
「力持ちの石ゲロくん!」
「石のゲロって、そんなの有り得ないじゃないですか!」
「これはキャラクターだよ?有り得ない事が有り得ていいんだって!空を飛ばしたかったら、飛ばしていいし!魔法を使わせたかったら、使わしていい!」
「あと、どれぐらいキャラクターを描いたの?」
「う~ん?虫ゲロくんでしょ?魚ゲロくんでしょ?フレンチゲロさんにイタリアンゲロさん。ゲロおじさんにゲロおばさん。ゲロ犬ゲロ猫ゲロパンダ。」
「そ、そんなに!?」
「ゲロ博士、ゲロ助手、野菜ゲロ、肉ゲロ、ゲロレンジャー、ゲロ大魔王、手下ゲロ、ゲロモンスター、トイレのゲロじぃ、ゲロ探偵、マダムゲロ、ロボゲロ、ゲロ恐竜、ニセゲロ、ゲロゲロ、ゲロゲロゲロ・・・・・・。」
「ちょっともう聞いてるだけで・・・・・・うっ。」
「見る?」
「見ませんよ!!」

第三百四十一話
「と、今日も何処かでこんな会議は行われている」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »