« 「第三百四十六話」 | トップページ | 「第三百四十八話」 »

2013年2月 6日 (水)

「第三百四十七話」

「ここは・・・・・・?お店?」
商店街を歩いていた私は、知らず知らずに道に迷ってしまい、迷った道を知らず知らずに歩き、いつの間にか狭い暗闇を壁づたいに進み、行き止まりの壁が引っくり返ると、天井を見上げていた。私は、天井の木目をゆっくりと壁へと目でなぞりながら立ち上がり、和風な商品が並ぶ和風な佇まいの店の真ん中で、出口を探していた。
「バタン!」
すると突然、壁が引っくり返り、和風な店主が現れた。
「いらっしゃいませ。からくり屋へようこそ!」

第三百四十七話
「からくり屋」

「からくり屋?」
「へい!うちの店は、あらゆるからくりをからくり取り扱っています。」
「からくりって、からくりにそんな需要があるんですか?」
「旦那!この世は全てからくり!からくられからくり返すからくり世界!からくってからくってからくりまくる事で我々はからくり生きている!需要が無い訳が無いじゃありませんか!」
「そ、そうですか。」
「あっ!もしかして今の旦那のって!」
「えっ?」
「からくりですか!いやぁ~、こりゃあ~、1本からくられた!」
「からくりなんてしていませんよ?」
「またまたまたまた~、あんまりからくらないで下さいよ!それで?今日はどんなからくりを?」
私は思った。1秒でも早く、この異空間から脱け出さなければ、と。
「実は、私は客ではないんですよ。商店街を歩いていたら、知らず知らずに道に迷ってしまって、知らず知らずにこのお店に辿り着いていてしまったんです。だから、申し訳ないんですが、出口を教えてもらえないでしょうか?」
「なるほど。そう言うからくりでしたか。」
「ええ、そうなんです。」
しかし、考えれば考えるほど、おかしな事だらけだ。普通の道を迷っただけだと言うのに、なぜ私は、気付くと暗くて狭い道を歩いていたんだ?それにどうして、地球の重力に従っていたはずの私が、壁が引っくり返った途端に、店の天井を見上げていたんだ?いや、もしかしたら、こんな事を考える事自体が間違っているのかもしれない。これはこれで、こう言う事なんだと、受け流さなければならない事なのかもしれない。いや、きっとそうだ。
「あのう?それで、出口は?」
「この世はからくりから始まり、からくりに終わる。」
「はい?」
「昔の人は、よくからくり言ったものです。」
「言ってないでしょ、昔の人。」
「つまり旦那がこの店にからくり辿り着いたのも何かのからくり!店をからくり出て行く前に、もしかしたら旦那が好むからくりがあるかもしれません!」
「それはつまり、私に何か買え、と?」
「そんな露骨なからくりはしません。もしも、あっしがからくり紹介するモノを旦那が気に入ったら、その時はからくりお買い上げしてもらえれば、あっしも生活が潤うってからくりです。」
さすがは商売人と言ったところだろうか。だが正直、好奇心はあったが、興味は無かった。しかし、帰れると言う絶対条件が向こう側に存在しているのであれば、話だけなら聞いてみても損は無いだろう。
「分かりました。」
「さすが旦那!話がからくり分かる!因みに出口は、旦那が入って来たところです。」
「なに!?」
それじゃあ、来た道を帰れと言う事か?そうすれば、知らず知らずに私はまた、商店街に辿り着くと言う事か?確かに、一般的な理論ではそうなるが、果たして私は今、その一般的な理論が通用する空間に存在しているのか?
「旦那がもうからくり帰りたいとからくり思った時点で、どうぞご自由にからくり帰ってくれて構いません。そうだなぁ?旦那が好みそうなからくりは・・・・・・・・・えっ?旦那?そんなからくり有りですか!ちょっとからくり待っ」
「バタン!」
「どうなってるんだ?」
店主のその言葉を聞くと同時に私は、まずその真意を確かめてみようと、店主が商品を選びに行ってる間に、店に来た時と同じように床に寝そべった。とてもじゃないが、保障を確保しない限り、この店にいる事は出来ない。間も無くして床は引っくり返り、私は商店街に立っていた。後ろを振り返るとそこには、壁があり、もう1度からくり屋に入ろうとしたが、壁は壁、引っくり返る事は無かった。
「これは一体・・・・・・・・・。」

|

« 「第三百四十六話」 | トップページ | 「第三百四十八話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/49225718

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三百四十七話」:

« 「第三百四十六話」 | トップページ | 「第三百四十八話」 »