« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月 6日 (水)

「第三百五十一話」

「・・・・・・・・・。」
右の部屋に行きたい。どうしようもなく右の部屋に行きたい。
「・・・・・・・・・。」
俺は、心底そう思った。この部屋に入ってそう思わない人間はいない。
「・・・・・・・・・。」
いる訳がない。
「・・・・・・・・・。」
銃。冷たいコンクリートの床には、無造作に銃が転がっている。まるで俺を嘲笑っているかのように。
「・・・・・・これを使って死ねとでも?」
そんな銃を見下ろし呟きながら、俺も俺を嘲笑ってみせた。
「・・・・・・・・・。」
硫酸。コンクリートの天井の穴から滴り落ち床を溶かす液体は、きっと硫酸だろう。硫酸じゃないにせよ、安全な液体な訳がない。一定のリズムを刻みながら、一定の複数の箇所の床を溶かす液体。俺は、気分転換に部屋を散歩する事も許されない。床を溶かすその音も俺を嘲笑っているかのように聴こえる。
「・・・・・・・・・。」
ロープ。天井から垂れ下がるロープが、密閉されたこの部屋で、俺を嘲笑いながらたまに、揺れているのが妙に不気味でならない。
「・・・・・・・・・。」
バスタブ。部屋の隅にあるバスタブに流れる電流が、スパークを繰り返しながら、俺を嘲笑っている。
「・・・・・・・・・。」
山積みにされた刃物。棚の中いっぱいに、綺麗に整理され置かれている毒物。灼熱の真っ赤な壁の一部。パンとミルク。何もかもが、何もかもが俺を嘲笑う。あの日が絶望だと信じて今まで生きて来た俺は、実は幸せだったのかもしれない。
「・・・・・・・・・。」
俺は、立ち尽くし、右の部屋の壁を睨み付けるしか、する事がなかった。
「・・・・・・・・・。」
男は言った。どちらの部屋を選ぶのか?と。俺は無言で左の部屋を指差した。
「・・・・・・・・・。」
運命が憎い。なぜ俺はあの時、右の部屋を指差さなかったのか?なぜ俺の隣にいた男は、先にこの左の部屋を指差さなかったのか?
「・・・・・・・・・。」
運命が憎い。俺の運命の決断によって、右の部屋へ入って行ったあの男の運命が、憎い。
「・・・・・・・・・。」
憎くてたまらない。だが、こんなにも憎しみが感情を支配するのもこれが最初で最後だろう。
「・・・・・・・・・。」
俺は俺を嘲笑う銃を拾い上げ、その銃口をこめかみに押し付け、幸福の運命を手にして壁の向こうで俺を嘲笑っているだろう右の部屋の男を睨み付けながら、その引き金をゆっくりと引いた。
「バン!」

第三百五十一話
「右の部屋」

「バン!」
僕は、壁の奥できっと今頃、幸せの絶頂を満喫しているに違いない左の部屋の男を見ながら、ゆっくりと引き金を引いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

「第三百五十二話」

 ここは、ピザのお店。そのレンガ造りの建物の中で、今日もピザ職人はピザを作る。
「よーし!今日もピザを作るぞーっ!」
若い彼は、新人ピザ職人。誰もが喜ぶ美味しいピザを作る為、日々ピザを作り続けている。
「ちょっとこの写真、見てくれるか?」
彼は、新人ピザ職人の先輩ピザ職人。この店で10年働いている。
「写真ですか?」
「どう思う?」
「どう思うって、女の子が1人写ってますね。」
「その少女は、何してる?」
「ピースサインしてますね。」
「そうか。」
「娘さんですか?」
「いや違う。そうだよな。ピースサインしてるように見えるよな。」
「違うんですか?」
「いや、俺も少女が笑顔でピースサインしてる写真にしか見えないただ!」
「ただ?」
「もしこれが、ピースサインじゃないとしたら?」
「これがピースサインじゃないとしたら、何なんですか?」
「そこだよ!」
「はい?」
「これは、少女が笑顔でピースサインしてる写真かもしれないだが、真逆の写真かもしれない。」
「真逆の写真?って、だいたいこの写真、どうしたんですか?」
「我々に助けを求めてる写真なのかもしれない!」
「我々ってピザ職人にですか?」
「たまたま我々がピザ職人だっただけの話で実は!少女は、何かの組織の何かの陰謀に巻き込まれ、これはその時に撮影された物かもしれない!撮影者の目を欺く為に一見、笑顔でピースサインしてるかのように見えるが実は!違う何かのサインを我々に送ってるのかもしれない例えば!それは少女の居場所であり例えばそれは!これから近い将来、組織が巻き起こす人類存亡の危機である!」
「映画の観過ぎじゃないですか?」
「俺は生地は回すがフィルムを回した事なんてない俺は!生まれてから1度も映画を観た事がない!」
「何でそんな嘘付くんですか?先週、ピザ映画を観に行ったばっかじゃないですか。って、だから何なんですか?この写真?で、先輩にそこまで考えさせるって、一体どんな経緯で手に入れた写真なんですか?」
「少女の背景には何が写ってる?」
「・・・・・・滑り台やブランコ?ですかね?どこかの公園ですかね。」
「ああ、公園だしかし!この辺りの公園じゃないましてや!よく見ろ!背景には誰も写ってない!公園なのにだ!」
「いや、この感じで背景に写りこむ方が難しいですよ。滑り台やブランコって言いましたけど定かではないですし、それにこの感じでこの辺りの公園じゃないって判断するのも難しいですよ。」
「だが俺は判断した。」
「無理矢理ですよね?」
「いいか?お前はまだ若いだから、分からないのかもしれないが人生には、時に無理矢理な判断も必要なんだよ。」
「ちょっと、どうでもいいですけど、ピザ作りません?」
「ピザは作らない!」
「何でですか!?」
「お前、少女の命とピザと一体どっちが大事なんだ!」
「今のところピザですよ。いいですか?例えば先輩がこの写真をそんな雰囲気を醸し出す感じで手に入れたんなら、話は別です。突然、家の玄関の扉の下から封筒が入ってきたとか、大通りを歩いてる途中に誰かにコートのポケットとかに入れられたとか、とにかく経緯が分からない以上は、ピザが1番です!」
「映画の観過ぎじゃないですか?」
「先輩に言われたくないですよ!」
「例えばどうだ?そもそもこの写真に写る笑顔でピースサインしてる少女は関係無い。」
「大丈夫ですか?」
「写真の少女ではなく、写真自体に何らかの仕掛けがあるとしたら?例えば何か特殊なインクで文字が書かれていて特殊なライトを当てると浮かび上がってくるとかそれか!例えばあと数枚集めると見えて来る真実があるとか!」
「もう1度言いますけど、大丈夫ですか?今さっき、映画の観過ぎって言った人の言葉ですか?どうでもいいですから、早く生地作りとかしましょうよ。」
「どうでもいい?」
「そうですよ。そんな訳の分からない写真なんかどうでもいいですから、ピザ作りましょうよ。」
「お前!この地球が消滅したら!そもそも大好きなピザだって作れないんだぞ!」
「話が!話が飛躍し過ぎてもう何が何だか!だいたいその言い方だと写真の謎解けちゃってるじゃないですか!そうだとしたら僕に見せるべき写真じゃないでしょ!何で写真を手に入れた経緯を教えてくれないんですか!」
「この国が宇宙人と密接な関係にあり、友好な状態である為にはつまり!生け贄が必要だったんだ。」
「なぜここに来て話が断定的になるんですか?」
「この写真は政府のある機関に保管されていたそう!政府は裏で宇宙人の誘拐の手助けをしてたんだよしかし!俺が部屋を訪れた時既に!何者かによって機関は壊滅してたんだきっと!どこぞの正義のヒーローか何かの仕業なんだろうけどその結果!巻き起こるのは何だ?友好条約が決裂した宇宙人からの逆襲だ正義を!貫く一方でまた!それは更に大きな危機を生む!」
「ピザ職人の先輩がどの立ち位置でそんな場にいるのかが気になりますけどね。」
「でもな?」
「何ですか?」
「そうは言うけどな?」
「全部、先輩が言ってるんですよ?」
「この写真は単に、笑顔でピースサインしてる少女が写った写真なのかもしれない。」
「だとしたらこれは一体何の時間だったんですか!で、一体何なんですかその写真は!」
ここは、ピザのお店。そのレンガ造りの建物の中で、今日もピザ職人はピザを作る。
「さあ!今日も美味しいピザ!作るぞーっ!」
「ちょっと先輩!」

第三百五十二話
「そこが気になるモッツァレる!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

「第三百五十三話」

「表なら、この世界は素晴らしい世界。裏なら、この世界はあるべきでない世界。」
「プレジデント?」
「長官、結局こう言う事ってのは、こう言う事なんだよ。」
「言ってる意味が分からない。ここは、何でもない時に、フラッと足を踏み入れてはならない場所だぞ。」
「このボタンを押せば、地球のコアを直接破壊出来る。」
「これは大問題だぞ!プレジデント!今ならまだ大事にならずに、視察と言う事でこの場を凌げる!早く出て行くんだ!」
「表なら、この世界は素晴らしい世界。裏なら、この世界はあるべきでない世界。」
「おい!まさかそんな重大な事を本気でコイントスなんかで決めようとしている訳じゃないだろうな!」
「本気だよ、長官。僕は、本気さ。本気でなければ、こんな事は出来ない。」
「ふざけるな!人間の命をなんだと思ってるんだ!」
「本当は、ここに1人で来たかったんだけど、長官のパスがどうしても必要でね。ロープで縛るなんて手荒な真似しちゃって、悪かったね。でも、こうでもしないと長官は、僕の事を全力で止めるでしょ?」
「当たり前だ!!」
「宇宙が大きな箱だとしたら今、地球は50%死んでいて、地球は50%生きている。」
「シュレーディンガーの猫か?お、おい!プレジデント!やめろ!やめるんだ!」
「表なら、この世界は素晴らしい世界。裏なら、この世界はあるべきでない世界。」
「やめ」

第三百五十三話
「コイントス」

「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・プレジデント?」
「・・・・・・・・・。」
「ど、どっちなんだ!コインは!表か!裏か!お、おい!プレジデント!」
「・・・・・・・・・。」
「プレジ・・・・・・何がおかしい?」
「長官?どうして、僕の手の中のコインの裏表が気になるんだい?」
「当たり前だろ!この地球の!人類の命運がそこにはあるんだぞ!」
「長官?それはつまり、貴方の頭の中では今、地球は50%死んでいて、地球は50%生きているって事だよ?」
「何を言ってるんだ!」
「さっきまで、貴方の頭の中では地球は100%生きていたのに、コインを弾いた瞬間、貴方の中で地球は50%死んだ。」
「確かにそう言われてしまえばそうだが!コインを弾いたのはプレジデント!アンタだろ!」
「そう、確かに僕だ。だけどその結果、貴方の中で地球は50%死んでいて、地球は50%生きている。50%、地球の死を受け入れてしまったんだ。」
「バカな!それはあくまで頭の中での話だ!」
「違うよ。50%有り得る現実を受け入れてしまったって事さ。それはつまり、こうなっても仕方の無い現実を描いたって事さ。」
「お、おい!何してる!コインを見ないのか!そ、それに!私以外の人類の中では地球は100%生きているじゃないか!」
「コイン?ここのパスを持つ立場の貴方が受け入れてたと言う事は、即ちこの状況なら誰もがそれを受け入れるって事じゃないか。コインを見る必要性があるのかい?」
「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

「第三百五十四話」

信じるか?俺は、信じるのか?こんな非現実を、信じるのか?
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
短編小説の妖精だと!?そりゃあ見るからに妖精だけどさぁ。大丈夫なのか?俺、大丈夫なのか?妖精が見えてるってこの状況むしろ逆に、ヤバくないか?
「さあ?どうする?僕が面白い短編小説を考えてあげるよ?」
物書きは、ある程度までの高みに来ると、自動的にオプションみたいなアイテムのような特典のように、こうして妖精の力を手に入れる事が出来るのか?こう言う事なのか?
「僕の考える話は、面白いよぉ?」
「・・・・・・本当か?」
「ああ、本当さ。ベストセラー、間違いなし!」
「そんなに面白いのか!?」
「当たり前じゃないか!僕は短編小説の妖精だよ?世界が今、どんな短編小説を欲しているのか、求めているのか、それが分かっちゃうんだから!さあほら、だから悩んでないで僕に任せ」

第三百五十四話
「でも断る!」

特にアイデアが枯渇した訳じゃない俺は、右手で妖精をデコピンして窓の外へ弾き飛ばし窓を閉め、再びペンを握り、頭を抱えた。
「うーーーーーーーーーーーーん。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »