« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月 5日 (水)

「第三百六十四話」

「定規、貸してくんない?」

「何で?」

「何でって、線が引きたいからだよ。」

「別に定規使わなくても線は、引けるだろ?」

「確かに定規無くても線は引けるけど、定規使って真っ直ぐな線を引きたいんだよ。」

「なるほどね。」

「だから、定規貸してくんない?」

「断る!」

「はあ?何で?」

「何で?」

「定規ぐらい貸してくれたっていいじゃんか。」

「定規ぐらい?俺はね。そのお前の定規ぐらいって価値観が気に食わないんだよ。お前には、この定規が定規ぐらいの価値かもしれないけど、俺にとったら物凄く大切な定規かもしれないんだぞ?死んだら一緒に埋めてくれ的な定規かもしれないんだぞ?」

「違うだろ?」

「もちろん!」

「なら、貸してくれよ。」

「だから、そうじゃないけど、その定規ぐらいって価値観が気に食わないって言ってんだろ。お前、地球貸してくれよって、地球ぐらいって価値観で言うか?言わないだろ?そう言う事だよ。」

「どう言う事だよ!どんな価値観で俺は、誰に地球貸してくれって言うんだよ!死ぬまで口にしないであろう文章だよ!」

「例えばの話だよ。」

「到底、例え話になってないから、それ。俺の言い方が悪かったんなら謝る。ごめん。お願いだから、定規を貸して下さい。」

「断る!」

「頑固マンか!何で貸してくれないんだよ。一本真っ直ぐな線を引いたらすぐ返すよ。」

「そう言う問題じゃない。」

「何がだよ。どう言う問題なんだよ。」

「俺は、頑固マンじゃない!」

「どこを問題にしてんだよ!」

「俺は、さすらいの海賊だ!」

「お前、頭大丈夫か?それが事実なら何で陸にいんだよ!」

「さすらってんだ。」

「定規貸してくれよ。」

「断るっつってんだろ。定規が無くても定規の代わりになるモノを使って真っ直ぐな線を引いたらいいだろ?」

「持ってないんだよ。そんな事は、お前に定規を貸してくれって言う前に調査済みだよ。」

「腕は?」

「腕?」

「こうやって、腕を定規代わりにして使って引けばいいだろ。」

「真っ直ぐな線を引きたいんだ!俺は!」

「引けるだろ。」

「引けないだろ!太さが均一じゃないんだから斜めになるだろ!」

「そこは、お前の想像力次第だよ。」

「想像力で真っ直ぐな線を引ける能力があるなら、腕なんか使ってないし、最初からお前に定規を借りようとしてないだろ!」

「少しぐらい曲がった線の方が、逆に真っ直ぐな線である。」

「急に何だよ。」

「昔の偉い学者先生が、そう言ったかもしれないだろ?」

「言ったとしたらバカだろ、その偉い学者先生!曲がってんだよ!その偉い学者先生の首が!」

「真っ直ぐな骨とか取り出して使えよ。」

「どんな発想だよ!急に横で俺が骨を取り出してたらビックリだろ!」

「ああ、きっと定規が無くて真っ直ぐな線を引きたくて骨を取り出してんだろうなぁ?と思う。何だ、言ってくれたら定規ぐらい貸したのになぁ?とは思わない。」

「思わないし思え!思わないし思え!」

「なあ?」

「何だよ!」

「壁を壊せば或いは、その壊した壁の破片の中に真っ直ぐな破片があって、それを定規代わりに真っ直ぐな線が引けるんじゃないか?」

「意味が分からない。何で俺は横に定規を持ってるヤツが居んのに、わざわざ壁を壊して破片から真っ直ぐなモノを探し出し、真っ直ぐな線を引かなきゃならないんだよ!」

「それはその横に居るヤツが定規を貸してくれないからだろ。」

「貸してくれよ!」

「それは無理!」

「無理って何だよ!無理って!」

「願掛けしてんだ。この定規。だから誰かに使わせる訳にはいかないんだ。」

「願掛け?」

「お前が定規を使って真っ直ぐな線を引けますようにってな。」

「ついさっきだろ!それついさっき掛けただろ!てか、その願い叶うから!俺に今すぐその定規を貸してくれたら叶うから!」

「それは無理だ。願掛け中は誰にも貸せない。だけど、願いが叶ったら貸してやるよ。」

「願いが叶った時点で!定規は必要無くなるんだよ!」

「何で?急に手の届かない背中の箇所が痒くなるかもしれないだろ?」

「それこそわざわざお前の定規を借りる必要無いだろ!」

「真っ直ぐな線を引かない人生ってのもいいもんだぜ?」

「そう思うなら定規くれよ!」

「泥棒!」

「何でだよ!正論を言っただけで取ってないだろ!」

「正論言うヤツは泥棒の始まり!」

「何があった幼少時代!」

「遠足とか、ピクニックとか、ハイキングとか。」

「大きなカテゴリーだと一緒!って、こんな話はどうだっていいんだよ!定規貸してくれよ!」

「断る!」

「何でだよ!お前マジで俺が借りた定規を盗むと思ってんじゃないだろうな?」

「違うよ!俺は、お前が貸した定規を食うんじゃないかと思ってるんだ!」

「俺は、定規食いか!」

「出たな!定規食い!」

「定規食いじゃないから!だいたい定規食いに定規武器に挑むっておかしいだろ?って定規食いって、何!頼むから定規貸してくれよ!」

「何を言ってんだよ。もう貸したじゃないか。」

「お前こそ何を言ってんだよ。借りてないよ。」

「5年前に俺は、ちゃんと定規を貸した。明日が丁度その定規記念日だ!乾杯!」

「定規で乾杯って、俺持ってないし、記念日明日だし。」

「定規記念日イブ!」

「何でもかんでもイブを作んな!てか、何で定規を貸した日なんか覚えてんだよ!いや別に覚えててもいいけど、今借りたいんだよ!5年前の明日みたいにさ!」

「断る!」

「何なんだよ!お前は!貸してくれよ!」

「断る!」

「貸して下さい!」

「断る!」

「ああああああああああああああ!!」

第三百六十四話
「なら線を引いてもらうと言う発想に辿り着くまで」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

「第三百六十五話」

「女は道端で泣き、月は夜空で悲しく笑う。」

「え?そ、それ、アタシの事ですか?」

「大切な人の言葉。発するその90%を疑い、残りの9%を信じようとせず、余りの1%は下らないと嘲笑いながら全力で真実だと疑わない。」

「あのう?アタシに話し掛けてるんですよね?」

「やる気があるのか、やる気がないのか、それは他人が判断してはならない。なぜなら、やる気とは己でしか測定出来ず、外見に騙されて誰かが決め付けるモノではない。やる気なくやる気ある人間のジャッジをならば、他人は果たして見極められるだろうか?経験を積み重ねても人は、人のやる気を判断出来るモノではない。或いは、やる気とは、客観的なモノであり、主観的には存在しないモノなのかもしれない。だとしたら、やる気を出させると言う自己満足に近いその行為自体、殺人行為に等しい。」

「さっきから、何を言ってるんですか?哲学とかですか?」

「月は夜空で悲しく笑い、星は夜空で淋しく笑い、女は道端で泣く。」

「やっぱりその、道端で泣く女って言うのは、アタシですよね?えっとあのう?これは一体どう言う状況なんでしょうか?」

「愛や勇気が例えば目に見えたとしよう。」

「は、はあ。」

「愛や勇気が例えば目に見えたとして、何も変わらない。きっと何かが変わると思い、そんなあやふやな希望を抱き時に人はそんな事を口にするが、何も変わらない。無理矢理にでも何かが変わったとするならそれはきっと、愛や勇気が目に見えるようになったと言う事だ。愛や勇気が目に見えるようになっただけでは、人は変われない。人格を追加したり削除は出来ても変わる事は出来ない。それは人が生きるか死ぬかの二択上に存在するからだ。」

「・・・・・・・・・実は、さっき別れてきたんです。こんな事、訳分からない状況で、訳分からない人に言う事じゃないんですけど、アタシさっき、3年付き合ってた彼と別れたんです。」

「奇跡とは、果たして善なのだろうか?」

「捨ててやったんです。浮気が原因です。他に女がいたんです。だから、アタシから捨ててやったんです。あんな男・・・・・・・・・。」

「パーセンテージ的に低い確率で起こる予測不能の事故や災害、それらも或いは、奇跡と呼べるのではないだろうか?」

「分かってたんです。他に女がいるって、薄々は気付いていたんです。でも心の片隅では、この人は、最終的にアタシのところに帰ってくる。そんな妙な自信があったんです。」

「善の奇跡と悪の奇跡。誰かにしてみればそれは善の奇跡であり、誰かにしてみればそれは悪の奇跡である。奇跡とは実に正義のようなモノだ。誰かにしてみればそれは歓喜であり、誰かにしてみればそれは絶望である。」

「でも、結婚する。って言われちゃいました。その浮気相手の女と結婚するって言われちゃったんです。その時、全て分かったんです。浮気相手はアタシで、捨てられたのはアタシなんだって・・・・・・バカですよね、アタシ。最後の最後まで、気付かないなんて、捨てられちゃったのは、アタシの方なんです。捨てられちゃったんです、アタシ。」

「・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・なんか言って下さいよ。」

「・・・・・・・・・。」

「さっきみたいに訳分からない事、なんか言って下さいよ。急に・・・・・・急に黙らないで下さいよ。」

「・・・・・・・・・。」

「なんか言って下さい。でないとアタシ・・・アタシ・・・・・・・・・。」

「明日。」

「・・・・・・明日?」

「明日の朝を迎える選択肢が存在するならば、明日の朝を迎えてみるのもまた、いいものだ。」

「・・・・・・・・・。」

「しかしそれは、あくまでも選択肢の一つ。明日の朝を迎える前に、今日の夜の間に闇の中へ溶け込み、闇の中へ沈み込み、忘却の果てへ旅立つのも自由。」

「・・・・・・・・・。」

「闇は不運を排除し、闇は悲痛を癒し、闇は連繋を断絶し、闇は困難を曖昧にし、闇は歴史を忘却する。」

「・・・・・・・・・。」

「人が立つ道の上には常に二つの選択肢が存在する。その選択肢は、何時も自由に選択する事が出来る。その選択肢は、何時も平等に選択する事が出来る。その選択肢は、何時も正しいモノである。それはその選択肢が誰のモノでもない、自分のモノだからだ。」

「・・・・・・・・・。」

「ただ、明日の朝を迎える選択肢が存在するならば、明日の朝を迎えてみるのもまた、いいものだ。と、月は夜空で悲しく笑いながら、そう言っている。」

「・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・ありがとう。」

第三百六十五話
「ハンカチーフ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

「第三百六十六話」

「怒ってるよな?」

「別に怒ってないよ。」

大草原。男二人ね。一人は右の脇腹を右手で押さえて大草原にある大きな木にもたれ掛かって座ってる。右の脇腹からは、血がドクドク流れ出てる感じ。で、もう一人の男は、血のついたサバイバルナイフを左手に持って、脇腹を押さえてる男の横に座ってる。どうやら、サバイバルナイフの男が脇腹の男を刺しちゃったっぽい。

第三百六十六話

「疑惑」

「いや怒ってるでしょ。本当は、物凄い怒ってるでしょ。」

「お前もしつこいヤツだな。だから怒ってないよ。」

「刺しちゃったんだよ?僕。」

「間違ってなんだろ?」

「まあ、そうだけどさ。」

「間違いなら仕方無い。どんな人間だって間違いは起こすからな。」

「お前、心が広過ぎるだろ。普通なら激怒して、ブッ飛ばすでしょ。いや、同じ場所を刺すでしょ。」

「刺さないだろ?そんな事したってどうにもならないだろ?この傷が無かった事にはならないだろ?」

「お前、本当に人間か?」

「どんな疑い方してんだよ。」

「神だろ!この状況で怒らないって、もはや神なんだろ!お金持ちになれますように!」

「おかしいだろ。願うんだったらまずは友人の傷が治りますようにとかだろ?って、だいたい俺は神じゃないし、神なら自分で治してるよ。」

「だから僕は、その一歩先の願い事をしたんだよ!」

「一歩先の願い事って、なに!ところでだ。俺は、怒ってない。怒ってないけど、一つだけ確認しておかなきゃならない事がある。物凄く気になる事があるんだ。」

「分かってる。黄色のワンピースの子には誓って手を出さない!」

「黄色のワンピースの子って、なに!」

「この前の飲み会に来てた女の子だよ。お前、あの子の事が気になるんだろ?大丈夫!僕はタイプじゃないから!存分にアタックしてくれ!猛烈以上に猛烈に!」

「こんな状況で黄色のワンピースの子の事について、お前と取り合いになるんじゃないかって気にする訳がないだろ?」

「タイプじゃないのか?」

「タイプだよ。」

「どストライクじゃないのか?」

「どストライクだよ。」

「僕ね。きっと向こうもお前の事、好きだと思うんだよなぁ?ちょっと今からデートに誘ってみろよ!」

「どんなテンションなんだよ、お前は!随分と楽しそうだけど俺の脇腹の事を忘れた訳じゃないよな!」

「お前の脇腹の事は、忘れたくても忘れられないよ。」

「何か!何か過去の出来事的な言い方になってっけど!現在進行形だから!こうして大きな声を出す度に!手に、血がドクドク流れ出す感覚があるから!」

「久々に聞いた!」

「何が。」

「現在進行形!学生以来かなぁ?」

「おい!おいおい!ニヤニヤしながら学生時代の思い出に浸り始めるんじゃないよ。」

「あ、ごめん。今は、どうやって黄色のワンピースの子を誘うのかって話だったね。」

「違う!そんな話じゃない!だいたいデートの待ち合わせ場所に脇腹から血を流して青白い顔した男が居たら、その子ビックリして帰っちゃうだろ!二度と会ってくれねぇよ!」

「脇腹から血を流して青白い顔した男がタイプかもしれないじゃないか!」

「俺が嫌だよ!そんな男がタイプな女!」

「やっぱり、怒ってるでしょ。」

「今は怒ってるよ!俺の恋愛事情をメチャクチャにしようとしてるんだからな!だけど別に、脇腹の事に対しては、怒ってないよ。」

「本当にか?本当は、黄色のワンピースの子経由で脇腹の件について怒ってたんじゃないのか?」

「俺は、何でそんな遠回りな怒り方をしなきゃならないんだ?」

「僕が傷付かない様な配慮でしょ?」

「だったらだって、配慮下手くそか、俺は!」

「いや、ちゃんと伝わったよ。」

「いやちょっと待て!話をどんどん俺の意図しない方へと持ってくな!俺が気になってるのは、黄色のワンピースの子なんかじゃない!黄色のワンピースの子は、黄色のワンピースの子で、気にはなってるけど!今、俺が気になって気になって、どうしようもなく確認しときたい事は!」

「事は?」

「わざとじゃないよな?」

「わざと?何が?」

「脇腹だよ。わざと刺した訳じゃないよな!」

「・・・・・・・・・。」

「何で黙るんだ?黙るって事は、まさか!わざ」

「ふざけるな!!」

「ムチャクチャ怒り出した!?」

「そりゃあ!いつもは温厚な僕だって怒るさ!わざとで親友の脇腹をサバイバルナイフで刺すかよ!刺してたまるかよ!僕達!親友だぞ!刺さないだろ!」

「腕を振り回しながら怒るって、ガキかよ!って、サバイバルナイフ持ちながらはダメだろ!絶対に!まあでも何か、ごめん。」

「まったく、何を言い出すのかと思ったら、ビックリだよ。僕も思わず憤怒しちゃって、ごめん。」

「憤怒って、また刺されるんじゃないかってヒヤヒヤもんだよ。でも、サバイバルナイフで、間違って脇腹刺すって、あるのか?」

「まだ言うかーっ!」

「いや疑問だよ。疑問。単なるこれは、疑問だよ。だいたい何でサバイバルナイフ?」

「蚊!」

「蚊?」

「蚊を退治する為!」

「ああ。で、脇腹か!」

「居たからね!お前の脇腹に居たからね!おもいっきり血を吸おうとしてたからね!」

「むしろマイナスな結果なんで、次からは、手でお願いします。」

「次からは、手にします。」

大草原。とにかくここは大草原。誰が何と言っても大草原。大草原過ぎて大草原っぽくないかもしれないけど、やっぱり大草原。青空の下、サバイバルナイフの男は、脇腹の男に肩を貸し、二人の男は大草原を歩き出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

「第三百六十七話」

「降ってるねぇ。」

「降ってますね。」

その店は、雨の日にだけ営業している。

第三百六十七話
「雨屋」

「どしゃ降りだねぇ。」

「どしゃ降りですね。」

「お客さんもあれだよねぇ?雨の日にウチに来るだなんて物好きだよねぇ。」

「雨の日に来るって、雨の日にしか営業してないじゃないですか。」

「天気予報ではさぁ。そんなに降らない、いやむしろ今日は雨降らないかもって言ってたのに、これだよ。朝起きてみたら、これだよ。あの天気予報ってのは、一体何なんだろうねぇ?えぇ?」

「あくまで予報ですからね。そう言う準備をして、そう言う心構えで、その一日を過ごして下さいって事じゃありませんか?」

「心構えって!いやもっと根本的な話でさぁ。いる?天気予報って、いる?って話だよ。だってだぜ?雨は降る!その予報が当たろうがハズレようが、その日その時その場所には、雨は降る!天気予報で雨が降るっつってさぁ?国民から投票を募って、雨が降って欲しくないって票が多くて、んで雨を降らせなくさせる事が出来るなら話は別だぜ?でも降るんだよ!雨は!確実にその日その時その場所に!」

「天気を操作出来るなら、そもそもが天気予報なんて必要ないんじゃありませんか?」

「天気を操作出来ようが出来まいが、天気予報なんて必要ないと思うぜ?これから一生、天気予報見なくても死なないだろ?だいたい、天気予報見たって死ぬ時は死ぬんだしよ。」

「死ぬとか死なないとかと、天気予報は関係無いんじゃありませんか?」

「そもそも雨が降る確率が何パーセントとか言われてもピンと来るヤツなんかいないだろ。90パーセントだろうが降らない時は降らない。10パーセントだろうが降る時は降る。そもそも何が100パーセントなのかすら知らされてないんだ。朝起きて、カーテン開けて、窓の外を見たら雨が降ってる。旅行に出掛けて、美術館で絵を観賞して、美術館を出てみると雨が降ってる。めちゃくちゃ雨が降りそうな曇り空だけど、今日は雨が降らなかった。それでいんじゃねぇ?それがいんじゃねぇ?」

「まあ、それでもいいと思いますよ?」

「そもそもがだよ。天気予報が当たったからって、なに?天気予報が当たり続けたからって、なに?」

「そんな顔を近付けて、なに?を強調しなくても・・・・・・・・・。」

「誰かの懐に大金でも舞い込んでくんのかい?」

「天気予報は、ギャンブルじゃありませんから。」

「逆に言うとだぜ?悪天候を予報して、大荒れの海の被害に遭った人間を助けるのか?そうじゃない。ただただ注意を促すだけで、後は傍観だ。ほらだから言ったでしょ?ってな塩梅だ。土砂に注意、雪崩に注意、河川の増水、暴風による飛んでくる倒れてくる危険物。ほらだから言ったでしょ?ってな塩梅だ。」

「傍観してる訳じゃありませんよ。」

「だいたい山の天気をだぞ?山の天気は変わりやすい。の一言で済ませるような機関だぜ?そこまでしっかり100パーセントの予報をしてこその天気予報じゃないのか!」

「きっとそこまで世の中は、天気予報に期待してないんですよ。」

「なら、いらないだろ。」

「きっとそこまで世の中は、天気予報を必要としてない訳でもないんですよ。何か予定を立てる時、少しだけ天気予報を組み込んでおくんじゃありませんか?それでも決行する時もあれば、それで中止する時もある。予定自体、天気予報と同じみたいなもんで、そもそも曖昧ですからね。でもどうしたんです?今日はヤケに天気予報に食らい付きますよね?」

「今日なぁ?楽しみにしてた予定があったんだよ。昨日や明日じゃダメな予定があったんだよ。」

「だからそんなに天気予報に怒り大爆発なんですね。」

「ああ、そんなとこだ。どんな天気だろうが、そんなもんには左右される事のない、今日しかダメな、今日だけしかダメな、そんな予定があったんだよ。」

「だったら、店なんて開けないで、予定を決行すれば良かったじゃありませんか。」

「そうはいかないだろ。雨の日には、どんな事情があれ、店は営業する!それがこの店の長年のルールだ!先代や先々代から受け継いだ伝統ってヤツだ。」

「伝統ですか。」

「そうだよ!伝統だよ!」

その店は、雨の日にだけ古いビルの屋上で営業している。

「店に屋根が無いのも伝統ですか?」

「そうだよ!伝統だよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »