« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月 3日 (水)

「第三百六十八話」

 ファンタジー系な話が書きたくて私は、喋る何かを探し歩いていた。喋る花ってのがベストなんだけどまあ、そこは喋る何かだったら、何でもよかった。とにかくファンタジー系な話の導入には、喋る何かが必要不可欠だ。突然現れて、消える何かよりも、喋る何かだ。

「キミは、小説家かい?」

街を離れて、しばらく歩き、だいぶ景色がファンタジー系になって来た頃、後ろからやっと何かが話し掛けて来た。

「ええ、そうです。」

私は、込み上げて来る歓喜の大爆笑を堪えながら、声のする方へ振り返った。

「ああ、やっぱりそうか。私も小説家だから、何と無くそうなんじゃないかと思ってね。」

老人だった。私に話し掛けて来たのは、喋る何かではなく。単なる小説家の老人だった。思わずブッ飛ばしてやろうかと思ったが、やめた。動機が不純だし、何よりも裁判になったら、確実に負けるからだ。単なる小説家の老人に話し掛けられるなら、喋るウンコに話し掛けられた方が、よっぽどファンタジー系だ。私は、普段以上によそよそしい態度で、この場を立ち去ろうと、小説家の老人に無表情この上無く会釈攻撃を食らわした。

「まあ、待ちなさい。ここで出会ったのも何かの縁だ。少し話でもしてかないか?」

マジで手にオノを持ってたら、間違いなく私は、この小説家の老人を真っ二つにしていたところだ。しかし、あいにく私は、マジでオノを手に持ち歩かない主義の人間だから、このやり場の無い怒りを笑顔に変えて頷くしかなかった。ここで出会った事が何かの縁なのは一方通行な話で、もう一方からしてみればそれは、不運でしかない。

「よっこいしょ。」

私と小説家の老人は、少し歩いた所の湖畔にある横たわった大木に腰掛けた。

「さっきも言ったが、ワシは小説家だ。実はな。作品の構想を練るために散歩していたら、いつの間にかこんな場所を歩いていたんだよ。」

「そうだったんですか。」

知るかよ!だったらだったで、私に話し掛けないで、歩き続けたらよかっただろ!ええ!人の創作活動を邪魔しやがってからに!どれだけ私が貴重な時間を失い続けているのか分かっているのか?同じ物書きなら!分かるだろ!それとももしかして?自分は既に創作活動を終了していて、私に話し掛けて来たのは、単なる息抜き的な事か?ああ、オノでマジ真っ二つにしてやりたいよホント!

「キミもなんだろ?キミも何か構想を練るために散歩してたんだろ?」

「ええ、まあ。」

一見、穏やかで優しい笑顔のその裏では、自分が既に創作活動を終えていると言う優越感に浸っているのだろ?何なら何かしら協力でもしてやろうか?なんて上から目線の先輩面なんだろ?魂胆がバレバレなんだよ!

「どんな作品を書こうと考えてるんだい?」

ちょっと待て!まさかこの小説家の老人!?まだ創作活動を終えていないのか?私からアイデアを聞き出して、それを自分のモノにしようと企んでいるのか?アイデア山賊か?そして、アイデアを聞き出した私を殺し、滅多に人が寄り付かないであろうこの湖に沈めようって魂胆か?それとも単に、私のアイデアと自分のアイデアを比較して、自分の方が物書きとして優れていると戒めたいだけの心の小さな人間なのか?いずれにせよ!なんてどうしようもない小説家の老人なんだ!だが、私を侮るなよ?侮るなかれよ?簡単に手の内を明かすかよ!

「構想もなにもまだ、それ以前の段階です。どんな風な作品にするかすらも決まっていませんよ。」

「そうか。」

「貴方は、どんな作品を書くつもりなんですか?」

「ワシか?ワシは、ミステリー系な話を書こうと思ってるんだよ。長年、メルヘン系な話一本だったんだが、何か急にミステリー系な話が書きたくなったんだ。だが、いざ書こうと思ったら、何にも浮かばん。何から書いていいかすら分からん始末だ。」

当たり前だろ!メルヘン系から急にミステリー系って、無謀だろ!なにか?そんな無謀な自分、凄いだろ?って、自慢か?雪山に裸で登るお調子者を誰が凄いと絶賛するかよ!

「ミステリー系って、つまり何か殺人事件が起きて、探偵が解決するみたいなですか?」

「ああ、なるほど!何か殺人事件を起こして、それを探偵に解決させれば良いのか!いやあ、どうも頭の中には、妖精や動物ばかりが浮かんで来てしまってな。」

ミステリー系な話を書こうと思って、妖精や動物ばかり浮かんで来た時点で、ミステリー系な話を書くのを諦めろよな!と言うか、何で私は、この小説家の老人の創作活動の手伝いをしなければならないんだ?ドラゴンや巨人と会話してるならまだしも、これでは私は貴重な時間を失い続けるばかりではないか!

「無理して、急にミステリー系な話を書かなくてもいいじゃありませんか?メルヘン系一本でいいじゃありませんか。」

「ははは。そうかもしれないが、長年メルヘン系ばかり書いてるとな。ふと、メルヘン系から離れたくなる時があるんだよ。」

いや、意味が分からない。そう言う意味不明な進路変更へと逃げる人間を世の中では、負け犬、と呼ばれている事を、この小説家の老人は、知っているのだろうか?まあ別に、この小説家の老人が負け犬だろうが、へっぽこ野郎だろうが、クソカスだろうが、私には関係の無い事だ。それよりもなによりも私が今一番しなければならないのは、一秒でも早くこの無駄から抜け出す事だ。

「私は、そろそろ失礼します。」

「ああ、創作の貴重な時間を邪魔して済まなかった。」

「いえ、勉強になりました。」

大人は面倒臭い。勉強になりました?私が一体この小説家の老人から何を学んだと言うんだ?無理矢理に何かを学んだとするならば、これからはマジでオノを持ち歩く主義になった方がいいって事だ。実際、勉強になったのは、この小説家の老人の方だろ?やれやれ。そう思いながら私は横たわった大木から立ち上がり、歩き出した。

「ああ、それと?」

「はい?」

「やはりミステリー系な話を書くのはやめにするよ。」

「それが良いと思います。」

出会った時と同じように、小説家の老人は後ろから話し掛けて来たが、今度は振り返るようなヘマはしない。早々に切り上げようと私は、淡々と答えた。

「だからキミもファンタジー系な話なんか書くのをやめて、いつも通りに書いたらどうだ?」

「えっ?」

振り返るとそこには、小説家の老人の姿は無かった。何が起きたのか分からない私は、何が起きたのか整理しようとした。でもそんな事なんて、今目の前で起きたファンタジー系な事なんて、どうでもよくなるぐらいの腹痛に襲われ、急いで人気の無い草むらへと私は駆け込んだ!

第三百六十八話
「ブリブリブリブリブリブリ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

「第三百六十九話」

「ねぇ勇者?」

「何だよ、魔法使い見習い。」

「魔法使い見習いじゃなくて!ボクは魔法使いだよ!」

「魔法が使えない魔法使いがいるか?」

「使えるよ!てか、今はボクの魔法の事なんて、どーでもいいんだって!勇者!宿屋でゴロゴロしてないで!そろそろマジで冒険に行こうよ!」

「冒険?」

「そう!冒険!この世界を滅ぼそうとしてる大大大魔王を倒しに行こうよ!」

「・・・・・・・・・明日、な。」

「明日、明日、って!そう言ってもう何ヵ月だよ!昨日の明日は今日だよ!今日なんだよ!」

「いいか?魔法使い見習い?」

「魔法使い!」

「俺様の身にもなって考えてみろよ。」

「何さ。」

「そりゃあ、俺様だって国王に呼ばれて、大大大魔王を討伐してくれって言われた時は、あ、その前の日に家で寝てたら大精霊からお告げがあったんだ。明日、お前は国王に呼ばれて、大大大魔王の討伐を命じられるってな。んで、起きて次の日になったら、本当に大精霊の言うように国王に呼ばれて、大大大魔王の討伐を命じられたんだ。でだ、俺様が国王に呼ばれて、大大大魔王を討伐してくれっ」

「少し違った角度から何回、同じ事を説明するんだよ!」

「・・・・・・・・・俺様が言いたいのはだ。俺様が国王に呼ばれて、大大大魔王を討伐してくれって言われた時、メチャクチャやる気があったって事だ。大大大魔王をメチャクチャ討伐してやろうと思ってたって事だ。この世界を大大大魔王の支配からメチャクチャ救おうとしてたって事だ。」

「その物凄いやる気が、何で何ヵ月も宿屋でゴロゴロになっちゃったの?」

「原因は、お前だ。」

「ボク?」

「そうだ。」

「何でボク?」

「メチャクチャやる気だった俺様は、大大大魔王を倒すには、絶対に仲間が必要不可欠だと考えた。最初の村に辿り着いた俺様は、共に大大大魔王を討伐してくれる仲間がいないかの情報を村人に聞いた。メチャクチャ聞きまくった。次の村でも、その次の町でも、その次の次の町でも、その次の次の次の港でも、その次の次の次の次の精霊の森でも、この世界の半分以上を旅した頃に、やっと仲間になってくれそうな、共に大大大魔王からこの世界を救おうとしてくれそうな、仲間の情報を掴んだ。それが、お前だ。」

「うん!そうだよ勇者!さあ!大大大魔王を倒しに行こう!この世界に平和を取り戻そう!」

「お前がいるって言うこの町に辿り着くまで、そりゃあ、長い長いメチャクチャ一人旅だった。いくつものダンジョンに足を踏み入れたさ。まあ、それは実際には大大大魔王の討伐とは無関係な、村人の頼みや女王の願いとか、そんなんだったけどな。それでも俺様は、これが別に大大大魔王の討伐とは直接的に繋がらなくても、この世界の住人が喜ぶなら、それでよかった。メチャクチャやる気だったからな。」

「さすがだよ!勇者!」

「船を手に入れる時なんか、メチャクチャこの世界を大大大魔王から救おうって気持ちが無かったら、メチャクチャ絶対に無理だった。」

「この世界で船は超超超貴重だからね。世界で数人しか持ってないもんね。勇者が船に乗って来たその勇姿を目にした時、物凄くテンション上がったなぁ!」

「言葉の通じない国や勇者を拒絶する国や機械の国や呪いの国や、そりゃあここに辿り着くまでに、色々な国を渡り歩いた。だがそれは微塵も苦にならなかった。メチャクチャやる気がメチャクチャ苦を上回ってたからな。そして、ここに辿り着いた時も、これから色々な国を渡り歩くんだろうって思った。」

「行こうよ!色々な国に!」

「そして、出会った仲間が魔法が使えない魔法使いだった。」

「つ、使えるよ!」

「もはや魔法が使えないんだから、魔法使い見習いと言うか、メチャクチャ普通な人だ。俺様は、メチャクチャ普通な人を一緒に大大大魔王を討伐する仲間だとメチャクチャ信じて、メチャクチャ旅して来たのかって、ふと考えたら、メチャクチャやる気が、メチャクチャどっか行った。」

「どっか行かないでよ!メチャクチャやる気!」

「行くだろ!メチャクチャやる気が出て行くのを止める権利は、この場合!俺様に無いだろ!」

「よし!行こう!」

「どんなテンションなんだよ。俺様の話を聞いてなかったのか?」

「聞いてたよ!聞いてたからこそ!ボクは勇者の話に感動したからこそ!今まで以上に物凄く大大大魔王を倒したくなったんだよ!一日でも早く大大大魔王を倒してこの世界を平和にしたくなったんだよ!勇者と一緒なら今度こそ絶対に大大大魔王を倒せる!世界を救う事が出来る!だから、行こうよ!冒険に!」

「魔法が使えない魔法使いに何が出来る!!」

「使えるよ!!」

「使うな!!」

「使う!!」

「何で使う!!」

「それはボクが魔法使いだからだ!この世界を大大大魔王の支配から救いたいと思ってる魔法使いだからだ!!」

「この世界の迷惑だ!!」

第三百六十九話
「魔王パワーアップ魔法」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

「第三百七十話」

「博士!」
「やる気まんまんだな。だがそれは、助手としてとても良い事だ!」
「やりましょう!」
「ああ、勿論だとも!370回の実験失敗がなんだ!実験失敗に臆する事なく、371回目の実験成功を信じて!いざ!」
「じゃなくて!」
「危なっ!実験を開始しようとした時に急に大声とかダメだろ!じゃなくて、何が?」
「370回に決まってるじゃないですか!」
「はあ?」
「アタシ的には、やっぱり凄く盛り上がると思うんですよ!なんてったって!370回なんですから!」
「いやちょっとなんて言ったらいいか、正直かなり度肝を抜かれてますよ。はい。」
「分かります!370回記念ですもんね!アタシ的にも抜かれました!度肝!そしてそんな感じで!人々の度肝も抜いちゃいましょう!」
「いや何て言うかそのぉ?370回記念って?370回記念って、何!その中途半端加減に度肝を抜かれてるっつってんの!」
「さっきの実験失敗で、実験失敗連続370回ですよ!凄いじゃないですか!」
「何で正々堂々とボクはバカにされなきゃならないんだ?普通、こう言うのは、400回とかの節目でするもんだろ?って、何で実験失敗連続370回を記念して何かをしなきゃならないんだよ!370回の実験成功を記念して何かをするならまだ分かるけど!だいたい、370回の実験失敗なんてもんはな。実験を失敗したうちに入らないんだよ。もっともっと多くの失敗を繰り出してだな。1つの成功を生み出すんだよ。」
「何します?何しましょうか?博士の銅像とか造っちゃいます?しかもちょっと失敗した感じで!」
「どこにユーモアセンスを発揮してんだ!だから、ボクはだいたい何で実験失敗連続370回記念をしなきゃならないのかって場所で立ち往生だっってんの!」
「まだそんな場所にいるんですか!?」
「だいたいのみんなが、そこでウロウロしてるよ。おちゃらけてないで、371回目の実験を開始するぞ!」
「それは、370回記念を終えてからです!」
「何でだよ!何でそんな370って数字に拘るんだよ!」
「生きていたら、今年で母が丁度、370歳なんです。」
「キミは、何者だ!その計算だとキミは一体何歳なんだよ!何て奇想天外な嘘を付くんだよ!だいたい、キミのお母さんはまだ生きてるじゃないか!」
「3!7!0!3!7!0!3!7!0!」
「そのデモみたいな感じ、やめてくれる?」
「嫌です!3!7!0!3!7!0!」
「やめなさい!恐いから!何か恐いから!鬼気迫る感じがとても恐いから!」
「370って数字は、アタシ的には非常に縁のある数字なんです。」
「縁?」
「数奇な運命って言うんですか?」
「数奇?運命?」
「アタシ、3月70日生まれなんです。血液型も370型です。もちろん好きな時間は、3時70分です。子供の頃は、370メートル走の選手になるのが夢でした。」
「えっ?そもそもボクとキミって同じ星の人?もはや育った環境とかの次元じゃないよね?」
「何しましょうか?370回記念!」
「いやいやいやいやいや、まだボクは立ち往生ですよ?ただただ、キミの事を助手にして本当に良かったんだろうかって考えが頭の中を駆け巡ってる状態ですよ?何かとにかくこの状態で長くいるの嫌だから、実験開始していい?」
「いいですよ。」
「ありがとう。」
「370回記念が終わったらやりましょう!」
「えっ?病気?」
「誰がですか?博士がですか?博士!大丈夫!博士のハゲは、病気じゃありません!老化です!」
「何でこのタイミングで正々堂々とハゲをハゲと言われなきゃならないんだよ!」
「博士がハゲを理由に早退しようとしているからでしょ。」
「してないだろ!病気はキミだ!キミの事だ!」
「えっ!?アタシ的にはハゲてないつもりだったんですけど、ハゲてます?」
「ハゲてない!ハゲは関係無い!」
「頑張れ。」
「何で背中を軽くポンポンされた?」
「3!7!0!3!7!0!」
「何?人を勇気付ける魔法の数字?」
「人を勇気付ける魔法の数字です。」
「勇気付けられるほど、ハゲで落ち込んじゃいない!」
「何しましょうか?ハゲ記念。」
「370回記念だろ!って370回記念も無いんだよ!あるのは371回目の実験だけだ!」
「370回記念をしないとか、博士も随分と下らない大人に成り果てましたね。トホホですよ。ああ、トホホ。アタシ的には、トホホで心がいっぱいですよ。」
「トホホで結構!」
「それで、トホホ?」
「だからって、変なアダ名で呼び始めるんじゃないよ!早く371回目の実験を開始するぞ!」
「ところで、この実験って、どうなったら成功なんですか?」
「知らん!!」

第三百七十話
「3!7!0!3!7!0!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

「第三百七十一話」

「スピーディー過ぎて、自分が死んだなんて信じられない。」
「だが、キミは死んだ。」
「アンタ、誰なんだ?俺に死を教えてくれたアンタは、一体何者なんだ?」
「神。」
「神?ならここは、天国か?俺は、誰もいない真っ白な空間の黒い椅子に座って、黒いテーブルに置かれた白いカップのコーヒーを飲みながら、神と向かい合って会話してるのか?」
「ここは、天国でも地獄でもない。あの世でもこの世でもない。ましてや喫茶店ではない。」

「だったら、ここは何なんだ?」
「天国でも地獄でもあの世でもこの世でも、ましてや喫茶店ではない場所。」
「夢?これは俺の夢なのか?」
「もう一度、真後ろに転がる自分の死体を。これは、夢ではない。そして、実際には私は神ではない。」
「何で俺は、こんな無惨な殺され方をしなきゃならなかったんだ。って、何だと!神じゃない!?」
「ああ、神ではない。」
「でもさっき自分で神だって言ったんだぞ?」
「それはキミが、この異空間で私が神だと言って欲しそうだったから、そう名乗ったまでだ。」
「じゃあ、本当は何者なんだ!」
「神。」
「どっちなんだよ!」
「キミが神だと思うなら、私は神であり、キミがそうではないと思うなら、私は神ではない。」
「はあ?何なんだよここは!どうなんってんだよ一体!」
「私が何者かなど、この場所が何なのかなど、それらは重要ではない。あえて説明するならば、虚構の中のただ1つのキミの死の真実があれば存在する世界。私は、その世界の住人。」
「まったく意味が分からないね!死後の世界って事か?」
「キミがそう望むのならば、ここは死後の世界と言う事になる。」
「なら、ここは現実の世界だ!」
「それは、無理だ。キミの死の真実がある限り、そんな無茶苦茶は、通らない。」
「現状が既に無茶苦茶過ぎるぐらい無茶苦茶だろ!だいたい、本当の本当に俺は死んだのか?死は突然ってのは理解してるつもりだったが、あまりにも突然過ぎるだろ。最後の記憶は、ベッドに入って小説を読んでたとこだぞ?これが夢じゃないって証明も出来なきゃ!これが夢だって否定も拭い落とせないぞ!」
「キミがキミを死んでいないと思い込むのは、勝手だ。スピーディーに訪れた死を、スローリーに受け入れれば良い。」
「なら、こうしよう。俺は、死を受け入れる。」
「それは、とても良い判断だ。」
「で、どうなる?俺は、これからどうなるんだ?と言うか、この状況は一体何なんだ!どこが終わりなんだ!」
「さあ?」
「これは、臨死体験ってヤツか?俺は非常に貴重な体験をしてんのか?」
「臨死体験って体験にしておきたいのならば、それはそれで良い。だが、それは確実に現実へ返る事の出来ない一方通行な臨死体験になる。」
「おい、何なんだよ!マジで何なんだよ!俺は死んだんだろ?死んだのに何で俺は俺なんだよ!ここは死後の世界でもなんでもない場所なんだろ?俺が俺であり続けてるこの現状は、何なんだよ!」
「キミは、死んではいない。」
「はあ!?だったら今までの俺が死んだ体の話は何だったんだよ!」
「それは、キミが死んだと言って欲しそうだったから、そう言ったまでだ。」
「おいおい、またそれかよ。夢でもない現実でもない死んでもない。これは何なんだよ!」
「夢と言えば夢。現実と言えば現実。死んだと言えば死んだ。ここはその様な場所。」
「意味が分からない!まったく意味が分からない!だったら、俺を現実へ返してくれ!こんな訳の分からない世界はうんざりだ!」
「こっちの現実に居る以上、それは不可能。こっちの夢に居る以上、それは不可能。こっちの死に居る以上、それは不可能。」
「おい、もうやめてくれ。頭がおかしくなりそうだ。これ以上、訳の分からない事を口にしないでくれ。」
「私は、キミだ。」
「おいもうやめろ!」
「人は死ぬと、まあこの場合の死は、肉体が現実から消滅する事を指す。すると、その時点から誰かの心の中で思い出として生きる。」
「何を言い出してんだ?」
「キミは、スピーディーに死んだと言ったが、実際にはどうだろうか?キミは、ベッドに入って小説を読んでいた事を昨夜の様に語っていたが、実際にはどうだろうか?」
「もういい。アンタからは何も聞きたくない。」
「3年と2ヶ月と8日と約19時間。」
「何の話だ?」
「キミが死んだ日から数えた年数だ。」
「バカな!?」
「最初は、この場所も華やかだった。キミの記憶も鮮明だった。しかし、今はどうだ?この真っ白な空間。そして、キミですらキミを忘れかけている。」
「ちょっと待て!待ってくれ!」
「私は最後の住人。キミがキミである事を伝える最後の住人。しかし、それももうそろそろ終わる。キミは忘れ去られる。」
「誰だ!誰の心の中なんだここは!」
「人は、忘れる。それが大切な人であってもだ。完全に維持し続けられる思い出など存在しない。例外は存在しない。モニュメントでもない限りは。」
「大切な人?」
「思い出は固まり、キミは動かなくなり、キミを維持できなくなり、キミであってキミでなくなる。捏造が始まり、やがて混じり合い、虚構のキミが完成する。愛し合った妻の心の中で、妻のキミが生き続ける。辛い思い出を忘却し、楽しい思い出を再生する。」
「また下らない絵空事を言ってんだよな!そうなんだよな!訳の分からない事を口にしてるだけなんだよな!」
「人は、そんなに強くない。キミが死んだ時点で、キミの死の事実は、どうでもよい。あとは如何にして心の中でキミを生かすのかのそれだけだ。3年と2ヶ月と8日と約19時間、キミの妻はよくやった。」
「ウソだろ!?やっぱり夢なんだろ!?そうなんだろ!?」
「さあ、もう辛い思い出から解放して上げようではないか。」
「何だ?何なんだよ!何で体が光出してんだよ!」
「或いは死は、この時点の事を言うのかもしれない。」
「訳の分からないこ

第三百七十一話
「忘却の果てのリボーン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月31日 (水)

「第三百七十二話」

千の幸せがあっても





万の幸せがあっても





億の幸せがあっても





一の不幸せがあれば





うんこです。

第三百七十二話
「争いのメカニズム」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »