« 「第三百六十八話」 | トップページ | 「第三百七十話」 »

2013年7月10日 (水)

「第三百六十九話」

「ねぇ勇者?」

「何だよ、魔法使い見習い。」

「魔法使い見習いじゃなくて!ボクは魔法使いだよ!」

「魔法が使えない魔法使いがいるか?」

「使えるよ!てか、今はボクの魔法の事なんて、どーでもいいんだって!勇者!宿屋でゴロゴロしてないで!そろそろマジで冒険に行こうよ!」

「冒険?」

「そう!冒険!この世界を滅ぼそうとしてる大大大魔王を倒しに行こうよ!」

「・・・・・・・・・明日、な。」

「明日、明日、って!そう言ってもう何ヵ月だよ!昨日の明日は今日だよ!今日なんだよ!」

「いいか?魔法使い見習い?」

「魔法使い!」

「俺様の身にもなって考えてみろよ。」

「何さ。」

「そりゃあ、俺様だって国王に呼ばれて、大大大魔王を討伐してくれって言われた時は、あ、その前の日に家で寝てたら大精霊からお告げがあったんだ。明日、お前は国王に呼ばれて、大大大魔王の討伐を命じられるってな。んで、起きて次の日になったら、本当に大精霊の言うように国王に呼ばれて、大大大魔王の討伐を命じられたんだ。でだ、俺様が国王に呼ばれて、大大大魔王を討伐してくれっ」

「少し違った角度から何回、同じ事を説明するんだよ!」

「・・・・・・・・・俺様が言いたいのはだ。俺様が国王に呼ばれて、大大大魔王を討伐してくれって言われた時、メチャクチャやる気があったって事だ。大大大魔王をメチャクチャ討伐してやろうと思ってたって事だ。この世界を大大大魔王の支配からメチャクチャ救おうとしてたって事だ。」

「その物凄いやる気が、何で何ヵ月も宿屋でゴロゴロになっちゃったの?」

「原因は、お前だ。」

「ボク?」

「そうだ。」

「何でボク?」

「メチャクチャやる気だった俺様は、大大大魔王を倒すには、絶対に仲間が必要不可欠だと考えた。最初の村に辿り着いた俺様は、共に大大大魔王を討伐してくれる仲間がいないかの情報を村人に聞いた。メチャクチャ聞きまくった。次の村でも、その次の町でも、その次の次の町でも、その次の次の次の港でも、その次の次の次の次の精霊の森でも、この世界の半分以上を旅した頃に、やっと仲間になってくれそうな、共に大大大魔王からこの世界を救おうとしてくれそうな、仲間の情報を掴んだ。それが、お前だ。」

「うん!そうだよ勇者!さあ!大大大魔王を倒しに行こう!この世界に平和を取り戻そう!」

「お前がいるって言うこの町に辿り着くまで、そりゃあ、長い長いメチャクチャ一人旅だった。いくつものダンジョンに足を踏み入れたさ。まあ、それは実際には大大大魔王の討伐とは無関係な、村人の頼みや女王の願いとか、そんなんだったけどな。それでも俺様は、これが別に大大大魔王の討伐とは直接的に繋がらなくても、この世界の住人が喜ぶなら、それでよかった。メチャクチャやる気だったからな。」

「さすがだよ!勇者!」

「船を手に入れる時なんか、メチャクチャこの世界を大大大魔王から救おうって気持ちが無かったら、メチャクチャ絶対に無理だった。」

「この世界で船は超超超貴重だからね。世界で数人しか持ってないもんね。勇者が船に乗って来たその勇姿を目にした時、物凄くテンション上がったなぁ!」

「言葉の通じない国や勇者を拒絶する国や機械の国や呪いの国や、そりゃあここに辿り着くまでに、色々な国を渡り歩いた。だがそれは微塵も苦にならなかった。メチャクチャやる気がメチャクチャ苦を上回ってたからな。そして、ここに辿り着いた時も、これから色々な国を渡り歩くんだろうって思った。」

「行こうよ!色々な国に!」

「そして、出会った仲間が魔法が使えない魔法使いだった。」

「つ、使えるよ!」

「もはや魔法が使えないんだから、魔法使い見習いと言うか、メチャクチャ普通な人だ。俺様は、メチャクチャ普通な人を一緒に大大大魔王を討伐する仲間だとメチャクチャ信じて、メチャクチャ旅して来たのかって、ふと考えたら、メチャクチャやる気が、メチャクチャどっか行った。」

「どっか行かないでよ!メチャクチャやる気!」

「行くだろ!メチャクチャやる気が出て行くのを止める権利は、この場合!俺様に無いだろ!」

「よし!行こう!」

「どんなテンションなんだよ。俺様の話を聞いてなかったのか?」

「聞いてたよ!聞いてたからこそ!ボクは勇者の話に感動したからこそ!今まで以上に物凄く大大大魔王を倒したくなったんだよ!一日でも早く大大大魔王を倒してこの世界を平和にしたくなったんだよ!勇者と一緒なら今度こそ絶対に大大大魔王を倒せる!世界を救う事が出来る!だから、行こうよ!冒険に!」

「魔法が使えない魔法使いに何が出来る!!」

「使えるよ!!」

「使うな!!」

「使う!!」

「何で使う!!」

「それはボクが魔法使いだからだ!この世界を大大大魔王の支配から救いたいと思ってる魔法使いだからだ!!」

「この世界の迷惑だ!!」

第三百六十九話
「魔王パワーアップ魔法」

|

« 「第三百六十八話」 | トップページ | 「第三百七十話」 »

コメント

ぷふっ

投稿: 水晶 | 2013年7月13日 (土) 19時15分

あはっ

投稿: PYN | 2013年7月16日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/52395991

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三百六十九話」:

« 「第三百六十八話」 | トップページ | 「第三百七十話」 »