« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月 7日 (水)

「第三百七十三話」

「博士!」
「どうなさいました?」
「博士!!」
「博士です。」
「妖怪博士!!」
「はい、妖怪博士です。一回ね。一回落ち着きましょうか。ね?ゆっくり、座りましょう。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・ね。ゆっくり過ぎですから、あまりにもゆっくり過ぎで、ほぼ動いてませんから、とりあえず普通に座りましょう。」
「プハー!」
「プハー!って、着席する時の擬音で初めて聞きましたよ。それで、何か妖怪で困った事でも?」
「夫が・・・・・・夫が妖怪に取り憑かれてるんです!」
「何ですと!?それは一体何と言う妖怪ですか!」
「妖怪朝帰りです!」
「・・・・・・・・・はい?」
「あの妖怪朝帰りですよ!」
「ご存知みたいな?妖怪と言ったら的な?妖怪の代表格でしょ!ぽいニュアンスで言われてもですよ。奥さん?」
「ここ最近、毎日毎日、朝帰りなんです!毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日、毎日毎日!」
「私が聞くであろう一生分の毎日毎日、更に色々な言い方のバリエーションの毎日毎日、をありがとうございました。でもね、奥さん?」
「何ですの、妖怪博士?」
「お門違いですよ。」
「お門違い?」
「だって、妖怪朝帰りなんて妖怪など存在しないんですからね。旦那さんの浮気を解決したいなら、妖怪博士の所ではなく、別の所にご相談に行かれた方が良いかと。」
「ああ?」
「何で拳を振り上げてるんでしょうか?私、何か物凄くお門違いな事を言いましたか?」
「近所の奥さん連中と喫茶店で話してるんじゃないのよ!アタシは、妖怪研究所の妖怪博士に話してるのよ!」
「ええ。」
「それを何?妖怪朝帰りなんて妖怪など存在しないんです。旦那さんの浮気を解決したいなら、妖怪博士の所ではなく、別の所にご相談に行った方が良い。ですって!」
「そんなマヌケ面で言いましたっけ、私?」
「やたらとトイレに派手な装飾してる向かいの奥さんみたいな意味不明な!そんな事を言ってんじゃないわよ!」
「私は、何を言われてもいいですが、向かいの奥さんを巻き込むのは、やめましょう。」
「年間、新種の妖怪が数体発見されてると!そうアタシは隔週水曜日発売の妖怪雑誌で妖怪博士!アナタが書いたコラムを読んでいる事を知らなくって!」
「いやもう、両拳を振り上げるのは、激怒と言うか、おふざけにしか見えませんよ?まあ確かに、私は隔週水曜日発売の妖怪雑誌のコラムで、そのような事を書きました。」
「だったら!アタシの夫は、妖怪朝帰りに取り憑かれたんです!これは歴然たる事実なんです!それを何ですか!ええ?妖怪朝帰りなんて妖怪など存在しない。旦那さんの浮気を解決したいなら、妖怪博士の所ではなく、別の所にご相談に行った方が良い。はあ?何だよそれ!何なんだよ!ああ?それが妖怪博士の言う事かよ!マジふざけんなよ!何が妖怪博士だよ!浮気されてんのはテメェだろ!それを人に擦り付けてんじゃねぇよ!妖怪で困ってる人を助けられないなら妖怪博士やめちまえよ!」
「ねっ、奥さん。口が悪くなってますんで、落ち着きましょう。一旦、落ち着きましょう。あと、私は独り身ですからね。されるとかされないとかの次元じゃないんですよ。」
「プハー!」
「落ち着く時の擬音だったんですね。でもね、奥さん?」
「何ですの、妖怪博士?」
「普通に考えたらですよ?妖怪に取り憑かれたと思うんでなく、旦那さんの浮気を疑うでしょ。」
「だから!何で浮気なんだよ!確かに若い女の影はチラついてっけど!」
「だったら!」
「血が緑色なんだよ!」
「何が!?」
「アタシだってバッカじゃないわよ!ただ若い女の影がチラつくだけなら!浮気だと思うけど、血が緑色なのよ!」
「誰のですか!?そのチラつく若い女の血がですか?」
「夫よ!」
「はい!?旦那さんの血が緑色!?」
「んまあ、勢い余って緑色って言っちゃったけど、何て言うの?緑色っちゃあ緑色だけど、赤っちゃあ赤って感じかしら?ほら、限り無く赤に近い緑色って言うの?見た目はもう赤なんだけどね。赤にしか見えないんだけどね。気持ち緑色って事?」
「じゃあ!」
「じゃあって、何よ!それだけじゃないわよ!夫はね!電源が入ってない真っ黒の画面のテレビの前に座って、手を叩いて大笑いしながら観てるのよ!」
「こえーよ!」
「だからアタシも言ってやったわよ!こえーよ!って!これでもかってぐらい浴びせてやったわよ!こえーよ!ってさ!ええ?どうなのさ!これでもそれだと言うのかい!」
「いや、奥さんのキャラクターたるやもう、パニックの何者でもありませんよ。分かりました。入院の手続きをしましょう。」
「妖怪博士!」
「奥さん!」
「ありがとうございます!」
「いえいえ、妖怪に困ってる人を救う。これが私の仕事ですから。では、この書類に。」
「はい。」
「これから大丈夫ですよね?」
「これからって、夫は今、仕事です。」
「旦那さんではなく、奥さんが、ですよ。」
「アタシ!?アタシが入院すんの!?」
「はい。」
「ちょっと待ってよ!アタシの頭がイカれたとでも言いたいの!!」
「いやもう、椅子に座って両拳&両足を振り上げるって、大激怒と言うか喜劇ですよ。いいですか、奥さん。この妖怪研究所に辿り着いた時点で、奥さん貴女が妖怪に取り憑かれてるんですよ。」
「はあ?」
「妖怪に取り憑かれたり、妖怪に悩んで困ってる当事者の目の前にしか、この施設は現れないんです!」
「そんな!?ウソよ!だってアタシは隔週水曜日発売の妖怪雑」
「それは、私達が救助を発してるシグナルです。あの隔週水曜日発売の妖怪雑誌は、普通の人には見えません。」

第三百七十三話
「妖怪旦那さん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

「第三百七十四話」

  大学が夏休みになり、それを利用してボクは、久し振りに実家へ帰ろうと飛行機に乗った。しかし、その飛行機にテロリスト達も乗り合わせていた。ボクは、離陸後シートベルトのサインを確認してトイレに駆け込んだ事で騒ぎの中心に巻き込まれないですんだ。トイレのダクトをつたい貨物室に出ると、そこでテロリストの1人と格闘していた貨物係を目にした。テロリストを倒し、同時に倒れ込む貨物係にボクは、駆け寄った。
「・・・・・・・・・だ、大丈・・・。」
遠目では、荷物ではっきりと分からなかったけど、これはあまりにも悲惨な光景だった。
「大丈夫!いいかい?人間、諦めたら終わりだ!」
「あ、諦めたら終わりって!頭と胴体が切断されてるじゃないですか!」
「よいしょっと!大丈夫!諦めてないから!」
「そう言う問題じゃなくて!諦めるとか諦めないとか!そう言う問題じゃなくて!頭が胴体から切断されたら!普通、即死でしょ!」
「そう?」
「そうですよ!そうですよって答えてる自分に凄く違和感ですよ!」
「きっとそれは、諦めちゃった人達なんだろうね。」
「はあ?」
「で?上で何があったの?あ、もしかしてキミもコイツの仲間?コイツさ!オレを見るなり走って来ていきなりデカいナイフでバッサリだもんね!頭きちゃうぜ!」
「えっ?えっ?じゃあ、もしかしてボクが遠目で見ててテロリストを殴ってた武器って、頭ですか!?」
「そりゃそうだろ。諦めてないんだから手近な武器で戦うだろ。って、帽子・・・・・・・・・?」
「よく見たら顔中傷だらけの血だらけじゃないですか!?」
「大丈夫!諦めてないから!って、帽子がどっかに行っちゃったんだよなぁ?こう、殴ってる時にどっか飛んでっちゃったのかなぁ?参ったなぁ。」
「する!?します!?今、帽子の心配!」
「そりゃあ、するよ!だって無くしたら次からは自腹だよ?」
「いやその帽子を探すのに、両手で頭持って掲げてキョロキョロさせるのとか何なんですか?」
「何なんですかって、キミが今言った通りだよ。」
「上で大変な事が起きてるのに、下でまた違う大変な事が起きてて、その板挟みのボクは、どうすればいんですか。」
「上の大変な事がどれほど大変な事なのか知らないが、オレはオレで結構大変な事なんだぞ?」
「朝食にディナー出されたと思ったら実は夜だった。みたいな感じですよ。」
「ん?いやそれ普通だろ。」
「普通じゃありません!とにかくいいですか?上では今、テロリスト達が占拠してるんですよ!」
「とにかく、って言葉は、とにかく便利だよな。全ての状況を1回無かったものみたいにして、とにかく強引に話を元に戻すが、それが強引に感じられない。」
「どこに感銘を受けてるんですか!」
「て事は?コイツも?」
「おそらくはテロリストの一味です。」
「こわっ!?」
「胡座かいてお腹んとこに頭を両手で持ってる人の方がよっぽど!?この目線で普通に座りながら人と話してるおかしさたるや!?あ、もしかして!」
「どうした?」
「正義のヒーローですか!事前に飛行機にテロリストが乗り込むのが分かって!それでボクらを助ける為に潜入した!」
「いや貨物係ですけど?」
「またまたまたーっ!もう正体を隠さなくてもいんですよ!サイボーグヒーローなんでしょ!」
「いや生身貨物係ですけど?」
「だったら何で頭と胴体を切断されて生きてるんだ!」
「おいおいおい、話を最初に戻すのか?だからこれは、諦めないからだ。」
「だから何なんですか!何なんですかその理由!そんな理由でボクが納得する訳がない!」
「キミが納得するかしないかはオレには無関係だ。オレは諦めないからこうして生きてる。と言うか、今はオレの頭が胴体から切断されても生きてるだとかじゃないだろ?」
「いや今はまずそれでしょ!そこしかないでしょ!他に一体何があるんでしょ!」
「もうキミ、文法とかメチャクチャじゃないか。」
「物理的にメチャクチャな人に言われたくないですよ!」
「ならあれだ。サイボーグヒーローって事でいいよ。オレは!悪を絶対に許さない!サイボーグヒーロー!よろしく!」
「よろしくで頭を差し出されても・・・・・・。それにサイボーグヒーローじゃなくて単なる貨物係なんですよね?」
「もういいじゃないかサイボーグヒーローだろうが貨物係だろうが、今は上の大変な事をどうするかだろ?下の大変な事なんか気にするな。オレだって本当は帽子を探したいんだからな。」
「上って、テロリストですか?」
「そうだよ。テロリストをどうにかしないとオレ達はみんな殺されるぞ!」
「いや説得力が、何よりもその言葉には説得力が、ない!テロリストが要求に応じないから飛行機ごと爆破させても、生きてそうですもん!」
「生きてるかっ!木っ端微塵にされて生きてるかっ!どんな人間だよ!」
「そっくりそのままお返ししますよ!」
「木っ端微塵は、さすがに諦めるわい!」
「言ってる意味が分からないよ!」
「とにかくだ。」
「あ、とにかくって使った。」
「使うよ!使うだろ!オレは真っ当に正々堂々と正面から上の大変な事と向き合おうとしてるってのに!横からゴチャゴチャ言われた日にゃあ!とにかくも使いたくなるだろ!」
「分かりましたよ。で、何か作戦とかあるんですか?」
「ある!」
「マジですか!?無鉄砲にただただ言ってるだけかと思いました!?すいません!」
「オレを誰だと思ってるんだ?貨物係だぞ?」
「やっぱりサイボーグヒーローじゃなかった。」
「当たり前だろ。サイボーグヒーローならサイボーグヒーローで、それはそれでキミも少し引くだろ?」
「・・・・・・んまあ、それはそうですけど・・・・・・。で?作戦とは!」
「諦めない!だ!」
「ん、もうちょっと詳しくお願いします。」
「詳しくも何も、諦めない!は、諦めない!だ!」
「はあ?それ出来るの貨物係のアナタだけですよね?」
「つべこべ言わずに!とにかく上の大変な様子を見に行くぞ!」
「不安でいっぱいだなぁ。」
「ほら!立ち上がれ!若者!」
「いや10も年齢変わらないですよね?だいたい腰に頭を抱えながらって、ヘルメットじゃないんだし。」
「ああーっ!」
「えっ!?な、何ですか!?あっ・・・・・・すいません。」

第三百七十四話
「お尻の下に帽子」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

「第三百七十五話」

 人間なら必ずこんな経験があるだろう。朝、目が覚めた瞬間、今日やろうとしている事が上手くいく、と言う朝。それは他人から見てどうこうと言う話ではなく、自分なりに上手くいく、と言う話。そう、そしてまさに今、私がその状況にいるのだ。今日は、朝、目が覚めた瞬間から、凄く面白い短編小説が書ける気がしてならない。今日の全ての指標が既に、短編小説の完成に向かっていると言っても過言ではない。ストレスレスな目覚めから始まり、便切れの快調さ、天気気温湿度、もしかしたら短編小説だけではなく、何をしても全て上手くいくんじゃなかろうか?と錯覚さえ起こすぐらいの朝。時計を気にしなくてもスムーズに運ぶ支度。家を出ようとする時には、時間の方が慌てて追い掛けて来ているかのように感じられる朝。
「よし!」
そう、私はこれからこのドアを開け、喫茶店へと向かい、そこで面白い短編小説を書くのだ。大丈夫、何の心配もいらない。アイデアなら目覚めた瞬間から溢れ出している。あとは、この順調で快適な今日の流れに乗り、頭の中で組み立てながら喫茶店への道のりを歩くだけだ。
「ガチャ。」
やっぱりだ。やっぱり今日は、いつもと違う今日だ。目の前にあるマンションのエレベーターは、既に私がいる階に止まっている。そして、鍵を鍵穴に差し込む事が、こんなにもスムーズに感じた日はない。今日は、もしかしたら単なる自己満足的な面白い短編小説が書けるのではなく、自他共に認める面白い短編小説が書けてしまうのかもしれない。エレベーターに乗り込んだ私は、込み上げて来る勝利の歓喜を必死で押さえ込む事に必死だった。
「チン!」
エレベーターの扉が開き、エントランスを抜け、一歩外へと足を踏み出してみると、なんて清々しい朝なんだ。こんなにも朝を清々しいと感じるだなんて、ある意味で青天の霹靂だ。あまりにも清々し過ぎて、逆に禍々しく感じる貪欲な自分がいる。
「よし!」
歩き出そう。喫茶店へ向かおう。右左右左右左右左右左右左右、なんて順調で快適なんだ。こんなにも右足と左足がスムーズに言う事を聞くとは!?互いに互いを気を遣いつつも、けっして馴れ合う事はない。互いが互いの働きを尊重し合い、互いを高めている。それが右腕と左腕にも伝わり、これ程までに完璧な歩行へとなるとは!?こんな気分で喫茶店へ辿り着いた時、一体私は、どれ程の面白い短編小説を書いてしまうのだ!?悦楽過ぎて恐怖すら感じてしまう。こんなにも感情が入り乱れる朝が存在していいのだろうか?いいや、いい。いいんだ!だってこの朝が、一体誰にとってマイナスだと言うのだ?これは、誰にとってもプラスなのだ。
「うん!」
書き手も読み手も面白い短編小説。最高ではないか!こんな朝なら毎日大歓迎だ。だがしかし、こんな朝が毎日来ないからこそ、ある意味我々は順調で快適な毎日を過ごせているのかもしれない。毎日、最高傑作が書けてしまったのなら、それはそれで、自殺したくなってしまうのかもしれない。駄作があり傑作があり、私の日常は均衡を維持している。そんな当たり前が当たり前過ぎて、忘れていた事実に気付かせてくれる、朝。いいや、もしかしたら当たり前が当たり前過ぎて、忘れる事すら忘れたままで、一生を終えているのかもしれない。さあ、あとは目の前にそびえる喫茶店へと順調で快適に辿り着くだけだ。それからはもう、今日一番の至福の時間が私を包み込むだけだ。
「ん?」
渡り切った先の喫茶店のその先の時空を見つめ、横断歩道をスムーズに歩きながら私は、マンションからの道のりを遡り、驚嘆に打ち拉しがれた。それは、数横断歩道のどれもに赤信号で悩まされなかったのだ。私は、今日の全てが面白い短編小説が書ける指標だと言う核心を核心した。先走りそうな時空すら追い越しそうな、そんな自分を押さえながら、私は一歩一歩スムーズに階段を登り、喫茶店の扉の前に立ち、ノブを握る武者震いに沸き立つ右手を左手でサポートし、今まで押さえ込んでいたモノを全て解放しながら一気に喫茶店の扉を開けた。
「っざけんなよ!!」

第三百七十五話
「満席」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

「第三百七十六話」

 散歩中、人気のない裏路地を歩いていると、優しそうな目をした大型犬が僕を見ていた。大型犬好きの僕としては、いてもたってもいられなくなり、大型犬が寝そべっている家の門まで近寄り、下顎部分を撫でようと手を出した。
「ガブリ!」
「ん?ガブリ?」
ガブリって?噛まれたって事なんでしょうか?物凄く痛いから噛まれたのでしょう。でも何だ?この物凄い違和感は何なんだ?優しそうな目をした大型犬は、絶対に噛み付かないと言う僕の持論を覆されたと言う違和感とはまた違う違和感。これは何なんだ?
「物凄く痛い!けど物凄くくすぐったい!」
そう!僕の顔の真横に大型犬の顔がある!この違和感だよ!これは一体?どうしよう?物凄く恐いけど解明するか?顔を横に向けて違和感を解明してみるか?ここまで来るとだいたい検討はついてるけど、解明してみるか?
「有り得ないだろ!」
何でガブリで僕は大型犬に右肩まで噛み付かれちゃってんだよ!
「ウウウ!」
「ウウウ!って、おい!敵意丸出しでウウウ!って、ちょっと待てよ!どんな状況だよ!おかしいだろ!過剰だろ!普通の大型犬なら下顎を撫でようとした右手だけ噛み付くだろ!」
「ウウウ!」
「ウウウ!じゃない!」
1つの違和感を解明すると、また新たな違和感が生まれるとはよく言ったもので、このお尻に物凄い違和感は何だ?
「シャアアア!」
「異常にも程ってもんがあるだろ!」
両前足が根元まで突き刺さるぐらい爪を立てて飛び付くって!そんなダーツ的な猫がいますか?突き刺し過ぎて顔がお尻で横に向いちゃってんじゃないか!
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「お前らなぁ!人気のない裏路地で何をしてくれてんだよ!動物好きの僕に何してくれてんだよ!誰が得すんだよ!全員物凄く痛いだけだろうがこの状況!」
待てよ?この状況、こうも考えられるぞ?大型犬と猫が闘おうとしていたその丁度間に僕が奇跡的に入ってしまった。つまりは、大型犬も猫も僕を攻撃しようとしたんじゃなく、互いを攻撃しようとした。
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「巻き込まれた!?」

僕と言う国があり、それを挟んで大型犬と言う国と猫と言う国が戦争をおっぱじめたって事か!
「バサバサバサ!」
だったら、この頭の上の違和感は何なんだ?明らかに物凄い痛みと共に感じられる鳥の存在は一体何なんだ?解明するか?解明してみるか?
「バサバサバサ!」
「そりゃあ!バサバサバサするわい!」
十字路にあるミラーで頭の違和感を解明したとこ、カラスが勢い余って顔ごと頭に突き刺さってました。
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「・・・・・・・・・。」
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「・・・・・・・・・。」
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「・・・・・・・・・。」
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「助けてーっ!!」
と、これはもう助けを呼ばないとと思った僕は大きな声で助けを求めたが、散歩するには快適過ぎる人気のない裏路地が、仇となった。ウウウとシャアアアとバサバサバサと助けてだけが、静けさの中に全く風流感なく響くだけだった。
「何した?僕が何をした?こんな状況になるぐらいな悪い事を僕がしたか?」
実際には、こんな状況になるぐらいな悪い事を僕はしてない。そう、人はよく不幸に見舞われると、己の悪行を比較に用いるが、不幸と悪行に関連性はない!善行だけをしながら生きたとこで、肝心な時に目覚まし時計が壊れるし、クレパスに落ちる。そう僕の身に起きてるこれは、単なる不幸。物凄い不幸!
「ウウウ!」
「ウウウじゃない!」
「シャアアア!」
「シャアアアじゃない!」
「バサバサバサ!」
「バサバサバサじゃない!」
「ハハハハハ!」
「ハハハハハじゃない!って、ハハハハハって、なに!ハハハハハと同時に走る背中の物凄い痛みは、なに!」
ハハハハハのする方に僕が顔を向けると、おじいさんが両手で杖を持って僕の背中を有り得ない力加減で殴りながら、有り得ないぐらい大笑いしていた。笑って人の背中を叩くような?この滑稽な僕の姿を目にして、おかしくっておかしくって、もう勘弁してくれ的な?にしてはの力加減だろ!おじいさんの両腕取れかけてんだろ!両肩から血が噴き出してんじゃないか!
「ハハハハハ!」
「ちょっと!おじいさん!大笑いしてないで!助けて下さいよ!」
「ハハハハハ!」
「おじいさん!」
「ハハハハハ!」
「おじいさんって!」
「ハハハハハ!」
って、ダメだコイツ。完全にこの歯車の一部だ。
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「ハハハハハ!」
「ザアアアアアア!」
遂に豪雨まで、トホホだな。これをトホホと言わずして、何をトホホと言うんだ。
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「ハハハハハ!」
「ザアアアアアア!」
「・・・・・・・・・。」
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「ハハハハハ!」
「ザアアアアアア!」
「・・・・・・・・・。」
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「ハハハハハ!」
「ザアアアアアア!」
「・・・・・・・・・。」
いよいよあれか?僕、死ぬか?僕だけじゃなく、ここにいる全員、死ぬか?
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「ハハハハハ!」
「ザアアアアアア!」
「・・・・・・・・・。」
「大丈夫ですか?」
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「ハハハハハ!」
「ザアアアアアア!」
「・・・・・・・・・。」
「あのう?」
「ウウウ!」
「シャアアア!」
「バサバサバサ!」
「ハハハハハ!」
「ザアアアアアア!」
「・・・・・・・・・。」
「大丈夫ですか?」
そこには、自分はずぶ濡れで、僕に傘を差す物凄く素敵な若い女性が立っていた。
「ええ、大丈夫です。」

第三百七十六話
「今からアナタを愛します」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »