« 「第三百七十六話」 | トップページ | 「第三百七十八話」 »

2013年9月 4日 (水)

「第三百七十七話」

 昨日が今日に代わる頃、私は小さな机と椅子を二脚用意して、メガネだらけのメガネ屋の前に小さな小さな店を開く。迷い人を正しい道へと誘う為に、と言ったらおこがましいかもしれないが、限り無くソレに近いと自負している。開店の準備が整い、私が椅子に座ると同時に、年老いた男性が向かいに座った。

第三百七十七話
「相談屋」

「聞いてくれるか?」
「どんな相談でしょう?」
「無いんだ。」
「無い?何かを無くされて心が困っているんですか?」
「いや、無くした訳じゃなく、そもそもが無いんだ。」
「何が無いのですか?」
「相談。」
「ええ、ですから貴方の相談をお伺いします。」
「そうじゃない。」
「相談ではないのですか?あいにく私は相談屋ですから、ソレ以外の何かをお伺いする事は不可能です。」
「する相談が無いのが、オレの相談だ。」
「えっ。」
「どうすればいい。」
「する相談が無い事が貴方の相談。」
「ああ、そうだ。」
「それはつまり、例えるならば、悩みが無いのが悩み、ストレスが無いのがストレス、みたいな。」
「違う!!」
「すいませんっ!」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・しかし、相談する事が無いのは、悪い事ではないのでは?」
「アンタ、何にも分かっちゃいないみたいだな。いいか?回りの人間は、大なり小なり相談を誰かにしてる。そんな日常風景にさらされてみろ。相談する事が無い自分の方がおかしいんじゃないかって思えてくるんだ。」
「なるほど。現代病みたいなモノですね。」
「違う!!」
「すいませんっ!」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・では、相談する事を生み出せば良いのでは?」
「考えてくれるか!」
「勿論です。」
「ありがとう!」
「相談屋ですから、当然です。」
「あのな?婆さんが死にそうなんだ。」
「急に何ですか!?」
「あ、今のは悩みか。すまんすまん。」
「えっ。何か、そこら辺を掘り下げれば悩みが相談に広がりそうな気はしますが。」
「プライベートだ!!」
「どんな癇癪持ちですか!?そもそもプライベートな境界線を持ち出したら、相談を生み出すなど不可能でしょ。」
「仕事の相談とかがあるだろ。仕事の!」
「では、仕事は何をなさってるのですか?」
「無職です!!」
「なら聞かさせないで下さいよ!」
「年齢的にどう考えたって無職感と死臭が漂ってるだろ!」
「そのブラック感漂うジョークは何なんでしょうか?」
「ジョークなんだから笑わそうとしてるに決まってるだろ!」
「笑っていいのか悪いのかギリギリのラインで言われてもですよ。」
「飼ってないけど我が家の犬の相談していいか?」
「ダメですよ!嘘じゃないですか!」
「飼ってないんだぞ?」
「いやそこが嘘の総本部ですから!相談する事を生み出すと言っても、まるっきり嘘はダメですよ。」
「嘘ってのはな。バレなきゃ嘘じゃないんだよ。」
「バレバレなんですってば!飼ってないって言っちゃってるんですってば!」
「高齢者を馬鹿にするなっ!!」
「どこにそんな要素があったのですか!」
「昼間な。絶対に神に誓って、アレはアンタじゃなかったが!アンタによく似た女にバスの中で馬鹿にされたんだ!!」
「性別の違う時点で私に怒りをぶつけるのはお門違いですよ。」
「お爺さん?どうぞ。ってな!!」
「親切じゃないですか!!席を譲ってくれたんではないですか!」
「いや、バナナの皮を投げ付けられたんだ!」
「それはもう!高齢者とか関係無いっ!」
「だから俺も持ってたバナナの皮を投げ付けてやったよ!」
「なら、いいではないですか!行って来いでもういいではないですか!」
「そしたら横に座ってた女の彼氏が、お爺さん?どうぞ。」
「そのバナナの皮ブーム何なんでしょう!」
「席を譲ってくれたんだよ。」
「急にほっこり!?まだまだ若い者も捨てたもんじゃないなぁ的な!?」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「婆さんが死にそうなんだ。」
「いや、だったらだったで!こんな所でこんな事をしているべきではないっ!」
「爺さんも死にそうなんだ。」
「祖父母な話!?貴方の年齢からして、だったらそれはいつ死んでもおかしくない話!」
「葬儀とか面倒臭ぇ!」
「愚痴ですか。」
「ほったらかしとこ!」
「許されないでしょそんな事!赤の他人に何を爆弾発言してるのですか!」
「プライベートだ!!」
「だったらソレを口にしないでいただきたい!」
「相談屋。」
「何でしょうか!」
「チョップしていい?」
「やりたい放題か!自由奔放にも程があるでしょうが!」
「いい?」
「ダメに決まってるでしょ!常識ないんですか!」
「相談屋。」
「何ですか!!」
「見付けたぞ。」
「何をですか!」
「相談する事をだ。」
「本当ですか!」
「ああ。」
「ゴホン、では、改めましてその相談、お伺いします。」
「この話、どう終わらせればいい?」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」

|

« 「第三百七十六話」 | トップページ | 「第三百七十八話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/53145866

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三百七十七話」:

« 「第三百七十六話」 | トップページ | 「第三百七十八話」 »