« 「第三百八十五話」 | トップページ | 「第三百八十七話」 »

2013年11月 6日 (水)

「第三百八十六話」

俺は、高速道路を北へ走らせていた。
「で?何で俺の出番なんだ?」
「すいません局長!明け方に、おっきな地震あったでしょ!」
「ああ、そうみたいだな。」
「みんな、あっちの方に行っちゃって、その後に電話が来たんです!」
「で、久し振りの休日に家族サービスしてた俺に連絡して来た訳か。」
「調べたら、現場の自動車スクラップ工場まで、一番近かったのが局長だったもんで!」
「だが、時限爆弾だろ?何でわざわざ危機管理局が出て行かなきゃならないんだ。警察の仕事だろ。」
「勿論その通りなんですが、爆弾が仕掛けられたスクラップ工場の回りにはいくつもの巨大なガスタンクや化学繊維工場などがあるんです!」
「また厄介な場所に仕掛けてくれたもんだ。」
「それに!」
「それに?」
「サイクロンが接近中なんです!」
「俺はなんてラッキーボーイなんだ。」
「とにかく上からは、現場に行って被害規模を把握してこいと言う事です!」
「はいはい。」
「宜しくお願いします!」
通信を切り、朝日が海をキラキラと照す光景を見ながら、今朝の悪夢を思い出していた。ビーチの見えるホテルで寝ていると部下からの緊急連絡で叩き起こされ、急いで支度をしながら今日のレジャーを全てキャンセルし、妻や二人の娘の冷たい視線を背中に浴びながらホテルを出た。
「・・・・・・最悪、離婚か?」
ジョークにもならないジョークを呟き、高速道路を降りると、問題の自動車スクラップ工場が見えてきた。確かに工場の回りには、時限爆弾が爆発したら、俺の離婚と同じぐらいの一大事がこの街を襲うだろう。おまけにサイクロン?これは今年最大のジョークだな。工場の周辺には、既に多くの警察や消防、マスコミの姿が見えた。爆発物処理班の姿も見えた。
「イタズラの類いじゃない訳か。」
仮にイタズラの類いだとしたら、今からホテルに戻れば家族のご機嫌を取り戻せたのに、と頭のどこかで考えていた。
「ん?」
工場に近付くにつれ、俺の車と工場に集まっていた車らが擦れ違って行く。
「どう言う事だ?」
工場に着き、俺は車から降りた。
「危機管理局の者だが、時限爆弾は?」
「行ってみれば分かるさ。」
近くにいた警官にそう言われると、彼が指差す工場の中へ俺は向かって行った。
「ん?」
工場の中には、スクラップ待ちの一台の黒いバンの前に、一人の完全装備の爆発物処理班の男が立っていた。俺は、状況を把握する為、男の元へ近付いて行った。
「で、状況は?」
「貴方は?」
「ああ、危機管理局の者だ。」
「見ての通りです。」
俺は、男が指差すスライドドアの中を見た。するとそこには、カウントダウンがデシタルに表示されてる時限爆弾が座席に置かれていた。
「これは!?」
「そうです。明らかに偽時限爆弾です。」
「はあ?偽時限爆弾?」
「チープな作りですよ。」
これが偽時限爆弾?しかもチープ?素人の俺には、さっぱり見分けがつかない。さすが、プロの目は違うな。などと感心してる場合じゃない!
「偽物なのか!」
「ええ。」
「だから、みんな現場から帰って行ったのか。」
「そうです。」
「アンタは帰らないのか?」
「これを処理したら帰ります。」
「そうか。偽物だったのか。」
よし、これで家族のご機嫌を取り戻せる。今から戻れば、少し遅めのランチには、間に合う。
「偽物だったんなら、危機管理局の出番もないよな。」
「ですね。」
「なら、俺も帰っていいんだよな。」
「お気を付けて。」
「じゃあな。」
俺は、車に向かって歩き出そうとした。サイクロンの事は、家族のご機嫌を取り戻してからでも、どうとでもなる。だが、微かに何か妙な雰囲気が漂っていた。
「で、アンタは一体何をしてるんだ?」
「ですから、爆発物の処理ですよ。」
「爆発物の処理って、ただ突っ立って偽時限爆弾を眺めてるだけじゃないか。」
「ええ、そうです。」
「偽物なんだろ?」
「ええ、偽物です。」
「だったら、こんなもん取り出して叩き壊しちまえばいいじゃないか。」
「なぜです?」
「なぜって、偽物なんだろ?偽時限爆弾なんだろ?」
「はい。」
「何かこう、偽物だって分かってても、カウントダウンされてるのを見てるってのは気持ちいいもんじゃないだろ。」
「そうですか。」
「万が一、って事があるかもだろ?」
「万が一、はありませんよ。偽物なんですから。」
「だったら取り出して壊さないか?」
「なぜです?万が一なら、それこそ、それこそですよ?」
「偽物なんだろ?」
「はい。」
「万が一、はないんだろ?」
「ええ、例え取り出して叩き壊したとしても爆発などしません。」
「だったら、取り出して叩き壊しちまおうぜ。」
「なぜですか?」
「その方が早いだろ?」
「早いって何ですか?」
「処理だよ。取り出して叩き壊した方が手っ取り早いだろ?」
「貴方は、危機管理局の方ですよね?」
「そうだ。」
「私は、爆発物処理班です。」
「そうだな。」
「この現場に、危機を管理するような事はありません。接近中のサイクロンの被害でも心配していたらいいのでは?」
「知らなかったのは俺だけか?旅行前から少し家族が不機嫌だった謎が解けたよ。」
「どうぞお帰りになって下さい。」
「いやまあ、そうなんだけどな。」
「何が、おっしゃりたいのですか?」
「一応、偽時限爆弾でも、処理されるまで見届けないと、と思ってな。」
「そうですか。大変仕事熱心な方なのですね。」
「いやいや、そんなんじゃないさ。」
「カウントダウンがゼロになるのを見ているのが、私の処理のやり方です。それに、あと五分です。待てませんか?」
「いや、分かってるんだよ。分かってるんだけどな。その道のプロが言うんだし、やり方はプロに任せた方がいいってのは、分かってるんだよ。」
「なら、私に任せて下さい。」
「絶対に爆発しないんだよな?」
「しません。」
「でもほら、100%じゃないかもしれないだろ?」
「100%ですよ。」
「だけど、プロも見誤るって事もあるかもしれないじゃないか。」
「見誤りません。これは、偽時限爆弾です。」
「でも、でもだぞ?爆発はしないかもしれないけど、違う何かが起こるかもしれないだろ?」
「例えば?」
「例えばそうだな?これはカウントダウンがゼロになったら」

第三百八十六話
「あと五分です。からの書き手の五分」

|

« 「第三百八十五話」 | トップページ | 「第三百八十七話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/53852689

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三百八十六話」:

« 「第三百八十五話」 | トップページ | 「第三百八十七話」 »