« 「第三百九十一話」 | トップページ | 「第三百九十三話」 »

2013年12月18日 (水)

「第三百九十二話」

「オエッ!はあ!?いきなり何してんすか!?」
「挨拶代わり!」
「いやいやいや、挨拶代わりって!欠伸してる人の口に指を入れるとか何考えてんすか!意味分かんないすよ!てか、誰なんすか!」
「欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「いやもう、挨拶代わりと言うか、主題じゃないすか!はあ?欠伸してる人の口に指を入れるマンって何なんすか!」
「欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「悪なのか正義なのか分からないし、そもそもそれって単なる嫌がらせだし、何なんすか!」
「この世に欠伸がある限り!欠伸をする人がいる限り!その口に指を入れ続ける!欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「いやだから、悪なのか正義なのか分からないし、それは嫌がらせ意外の何でもないし、何なんすか!」
「8万馬力!欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「急に何すか!8万馬力とか急に何すか!欠伸してる人の口に指を入れるって、8万馬力ある人がする事じゃないじゃないすか!」
「科学の申し子!欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「だから急に何すか!科学感ゼロじゃないすか!欠伸してる人の口に指を入れるって、原始的な嫌がらせじゃないすか!」
「メロン大好き!欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「関係無いじゃないすか!何で急に好物言い出したんすか!いや、何か正義のヒーロー的な前口上すけど、何なんすか?」
「パン大好き!」
「好物聞いてないすから!何が大好きだって別にいいっすよ!」
「小麦粉大嫌い!欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「どっちなんすか!だったらパン嫌いじゃないすか!」
「食べるのは嫌いだけど、存在が好き!」
「そう言う角度からパンを見てる人、初めてですよ!」
「6万馬力!欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「2万馬力減ったじゃないすか!いやだから、もう悪なのか正義なのかとか、どうでもいっすよ!何なんすか?そもそも何なんすか?」
「欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「オエッ!ってなるじゃないすか!そんな事したら、オエッ!ってなっちゃうじゃないすか!」
「咳が出る状態なのに平然と喫茶店とかに来ちゃうヤツ大嫌い!欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「何回、自己紹介するんすか!だったら、そいつの口に指を入れたらいいじゃないすか!」
「風邪うつるから嫌!」
「自分も、風邪かもしれないじゃないすか!なのに口に指を入れて来たじゃないすか!」
「風邪なの?」
「風邪じゃないすけど。」
「欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「いや、ピースサインの意味が分からないすよ!少なくともオエッ!ってなったさっきの自分は、平和じゃないすよ!」
「あとあれだよね?自転車のライトが眩し過ぎるヤツとかも嫌いだよね。パッパッ!って点滅させてるヤツは、もっと嫌いだよね。だってさ。自転車のライトって、相手に存在を気付かせればいい訳でしょ?なのに相手の目を眩ませるぐらい強烈な光を放ってどうすんだって!思うよね。むしろあれは、逆に相手の目を瞑らませて存在を隠してるよね。忍の発想だよね。」
「急に何すか!急に流暢に語り出して何なんすか!だから、だったらそいつの口に指を入れればいいじゃないすか!」
「風邪うつるから嫌!」
「何でその危機感を常に持ってる人が!欠伸してる人の口にだけ無防備に指を入れて来るんすか!」
「欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「名乗ればいいってもんじゃないすよ!やっていい事とダメな事があるじゃないすか!」
「くしゃみしてる人の頬っぺたに平手打ちするマン!」
「いや単なる暴力じゃないすか!」
「ゲップした人とダンス踊るマン!」
「何すか!何なんすか!それ!生理現象に対するそれ何なんすか!新しいのいっぱい出て来たけど何なんすか!仲間すか?」
「一匹狼!欠伸してる人の口に指を入れるマン!」
「会話が!会話がもう成立しないじゃないすか!悪でも正義でも何でもない単なる変質者じゃないすか!」
「違うっっっ!!」
「・・・・・・何すか!?急に大声とか何なんすか!?」
「私は、究極のオエッ!を求める者だ!」
「はあ?究極のオエッ!って何すか?」
「究極のオエッ!別名!伝説のオエッ!」
「いや、一切説明になってないすよ?究極のオエッ!が地球を救うとかすか?究極のオエッ!が逆に地球を滅ぼすとかすか?」
「そうなの?」
「適当な作り話だったんじゃないすか!付き合って損した!」
「帰っていい?」
「自由人過ぎるっ!?」

第三百九十二話
「指を噛み切られるかもという恐怖を乗り越えた者」

|

« 「第三百九十一話」 | トップページ | 「第三百九十三話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/54303279

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三百九十二話」:

« 「第三百九十一話」 | トップページ | 「第三百九十三話」 »