« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月 5日 (水)

「第四百三話」

「それで?逃げた犬の特徴は?」
「熊みたいな犬です。」
「熊?と言うとかなり大きな犬って事ですかね?」
「探偵さん。かなり大きな犬だったら、わざわざ熊みたいな犬なんて表現しないで、超高層ビルみたいな犬って言いますよ。」
「いや、かなり大きなをわざわざそんな怪獣みたく表現しなくてもいいでしょ。なら、黒い犬って事ですか?」
「だから探偵さん。黒い犬だったら、わざわざ熊みたいな犬なんて表現しないで、停電みたいな犬って言いますよ。」
「黒に使う表現ではないでしょ。停電みたいな犬ってなんですか。ならば、熊みたいに狂暴な犬って事ですか?」
「やれやれ探偵さん。狂暴な犬だったら、わざわざ熊みたいな犬なんて表現しないで、高2の時の生徒会長みたいな犬って言いますよ。」
「いやいや、そう言われても思い出を共有していない私には、さっぱりですよ。それでよく生徒会長が務まったなって、ただただ思うだけですよ。分かりました。口答ではいくらで聞いても想像出来ないので、この紙に逃げた犬の絵を書いてみて下さい。そうすれば、熊みたいな犬と貴方がおっしゃる意味が一発で理解出来ます。」
「分かりました。」
「お願いします。」
「こんな感じで・・・。」
「ふむふむ。」
「ここはこんな風で・・・。」
「ふむふむ。」
「顔がこんなで・・・。」
「ふむふむ。」
「毛並みはこんな感じで・・・。」
「ふむふむ。」
「こうでこうかな?」
「ふむふむ。」
「こんな犬です。」
「うん、モロに熊!!」
「名前は、五臓六腑、と言います。」
「いや、名前についてとやかく言うつもりはありませんが、これ完全に熊ですよね?熊みたいな犬じゃなく、熊そのものですよね?」
「違いますよ。熊じゃなくて、僕が飼ってる犬の五臓六腑ですよ。」
「ガオー!的な?熊出没注意的な?愛犬の絵を、犬の絵を書いて下さいってお願いされて、まずこんな絵を書かないでしょ!あれ?冷やかし?」
「違いますよ!!!」
「!?」
「冷やかしな訳ないじゃないですか!僕は、五臓六腑が居なくなった一週間前から心配で心配で一睡もしてないんですよ!そりゃあ、一週間一睡もしないなんて有り得ない事ですけど!僕の知る限り!僕は一睡もしてません!僕の知らないとこではしていたかもしれません!うっかり寝ちゃってたかもしれませ!本当は逃げたその日に寝ただろって誰かに言われたら、本当は寝たって正直に言います!けどこれは気持ちの問題なんです!気持ちの上で僕は、五臓六腑の事が心配で心配で一週間無睡眠って事です!!」
「ん?何の話ですか?と、とにかく胸ぐらを掴んでる両手を放して、そして座って落ち着いて話しましょうか。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・ゴホン、とにかく愛犬が逃げて心配だって気持ちは、物凄く伝わりました。」
「ありがとうございます。」
「その逃げた犬の写真をお持ちでないですか?」
「ありますよ。」
「そうですよね!ありますよね!私とした事が、うっかりしていました!そうなんですよね!写真ですよね!口や絵じゃなくて、まずは写真でしたよね!」
「これです。」
「熊じゃないか!!」
「はい。」
「いや、はいって!だったら、今までの熊だ熊じゃないのやり取りは何だったんですか!私は、ただただ理不尽に胸ぐらを掴まれたんですか!と言うか、こんなのが閑静な住宅街で逃げ出したとしたら、最悪、人喰ってますよ!」
「五臓六腑は、人を食べた事ありません。人を与えた事もありませんし、散歩中に食べた事もありません。」
「そりゃあ、そうでしょうよ!あったら大問題ですよ!私が言いたいのは、そう言う事ではなく、制御不能状態で野に放たれたこの写真の猛獣が、この一週間で何をしてもおかしくないって事です!」
「写真は、熊です。」
「写真は?」
「僕、熊がメチャクチャ好きなんですよ。熊ファンなんですよ。」
「ああだから、熊みたいな犬を飼ったんですねって事は、物凄く理解出来ましたけど、このタイミングで本物の熊の写真を出して来ちゃう事は、理解出来ません。」
「探偵さんと喜びを分かち合いたかったんです!」
「そんなキラキラな目で見詰められてもですよ。と言うか、さっきの絵は、この写真じゃないですか!」
「はい。」
「じゃあ、やっぱり絵の犬は、熊だったんじゃないですか!」
「そこは、ご愛敬。」
「探させる気あります?」
「まんマンです!」
「正義のヒーローみたいに言わないで下さい。でしたら、大好きな熊の写真ではなく、大好きな愛犬の写真を見せて下さい。」
「ラジャー!」
「なぜ、正義のヒーロー寄りに?」
「これが、一週間前に逃げ出した五臓六腑です。」
「何で熊みたいな犬だなんて表現した!!!」
「お、落ち着いて、探偵さん。胸ぐらを掴んでる両手を放して、座って話の続きを楽しくしましょうよ。ああ!五臓六腑の写真を破ろうとしないで!!」

第四百三話
「ボストンテリア」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

「第四百四話」

金なんか持っていても幸せになどなれない。私は、1日でも早く、この大金とお別れしたいと願っている。そんな大金が入った鞄を眺めながら溜め息を吐いていると、その客は時間通りにやって来た。
「アンタがクラシックを聴くとはな。」
「私だってクラシックが無性に聴きたくなる日もあるさ。」
「そんな趣味があったなんて知らなかったよ。」
「人は人のキャラクターを自分勝手に構築する。面倒臭い生き物だ。」
「確かにそうだな。」
「そう言えばまた殺人事件が起きたみたいだな。」
「ああ、今度は小さな女の子らしい。変態の仕業だろ。」
「この街も物騒になったものだ。」
「じいさんを殺して快感を得る変態が居ないといいな。」
「ふっ。私が死んだとこで誰も悲しみはしない。例え変態でも、人生の最後が誰かを喜ばして終われるなら、それもいいのかもしれない。」
「変態を喜ばして死んでもいいだなんて、アンタが一番の変態だよ。」
「そう言う運命や罰だとしたら、潔く受け入れようと言う例えだ。」
「・・・・・・俺には難し過ぎて、そのポジティブについて行けないね。」
「キミも独りぼっちで大金を持って年老いてみれば分かるだろう。」
「金が増え続ける事が悩みなんて、アンタいい死に方しないだろうな。」
「死に方に良いも悪いもないだろ。ただ、いつも私は金の使い方を間違ってしまったのかもしれないと思い続けているだけだ。」
「だったら全部燃やしちまえばいい。」
「はっはっはっ!それが出来たら苦労しない。」
「で?金は用意出来てるのか?」
「その鞄の中だ。」
「確かめても?」
「もちろん。」
「・・・・・・・・・。」
「満足か?」
「ああ、満足だ。」
「それは良かった。」
「大金の代金はここに置いてく、それじゃあ。」
「次は、いつ大金を見に来るんだ?」
「さあな?」
今日もまた、少し金が増えた。

第四百四話
「本末転倒」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

「第四百五話」

 私は、人を殺した。完璧な密室で人を殺した。殺人事件として世間を賑わしているが、誰も私には辿り着けない。数ヶ月もすれば、誰も事件を口にする事はない。そして、忘れ去られ、事実は闇の中へと葬り去られる。誰もが謎を謎と考えるのを諦める。
「どーも。」
音楽スタジオの出入口で、待ち伏せしていたこの老刑事を除いては・・・・・・・・・。

第四百五話
「刑事の勘」

 オンボロの小さな車の屋根でタバコを揉み消し、吸い殻を携帯灰皿へと入れ、オンボロなコートを風になびかせ、ボサボサの髪を掻きながら、その小さな老刑事は近付いて来た。
「刑事さん。アナタもしつこい人ですね。」
「俺がしつこいのは、お前にしつこくされるヘドが出る理由があるからだろ?」
相変わらず態度も言葉使いも最低の刑事だ。
「何度も言ってますよね?私は、殺してなんていません。」
「何度でも言うよ。殺したのは、お前だ。」
「刑事の勘ってヤツですか?」
「さあな?いいか?俺には、お前がどんな下らない理由で殺人しようが、関係ねぇんだよ。ただ、殺人しといて世の中をウロチョロされんのが許せねぇだけだ。それに、お前に会うのはこれで最後だ。」
「証拠を持って来たんですか?」
「まあ、話は殺されたゴーストライターのマンションでしようじゃないか。」
「そんな時間、私にはありません。」
「安心しな。今日のスケジュールは全部キャンセルしといてやった。」
「なんて事を!?警察がそこまでやっていい訳がない!」
「殺人するようなクズを社会に野放しには出来ねぇんだよ!」
「もし、アナタが今日、私を逮捕出来なかったら、私はアナタを訴えます!」
「勝手にどーぞ。」
私は、老刑事のオンボロな車に乗り込んだ。
「相変わらず汚い車ですね。」
「殺人したクズのくせに、人の車にケチ付けてんじゃねぇよ。」
コイツ、確実に地獄に落としてやる。どんな天才だろうと、この完璧な密室の謎が解ける訳ないってのに、ましてやこんな老いぼれが解けるはずない。コイツから刑事の職を奪い、冤罪の制裁を受けさせてやる。
「お前、マジックってヤツを見た事あるか?」
「マジックですか?テレビでならあります。」
「凄いよな。」
「ええ。」
「だが、そこには必ずトリックはある。」
「そうですね。」
「鳥肌もんのマジックにも必ずトリックがある。」
「だから、マジックなんですよ。」
「だがな?そこにトリックが存在し無いとしたら、どうだ?」
「何を言ってるんです?マジックには、トリックが付き物でしょ。」
「俺達は、マジックに驚いてる訳じゃない。むしろそのトリックの方に驚いてるんだ。」
「何が言いたいんですか?」
「首が360度回ったり、トランプのカードを予め予言しといたり、体を切断したり、遠く離れた場所へ一瞬で移動したり、巨大な建造物を消したり、そんなマジックには必ずトリックがあるから凄いって思う。でもな?そんなマジックにトリックが無かったらどうだ?」
「どうだ?って聞かれても、そんな有りもしない事に答えられませんよ。」
「頭を柔らかくして考えてみてくれよ。どうだ?」
「マジックにトリックが無いとしたら、驚きもしないでしょうね。」
「何でだ?」
「それは、当たり前だからですよ。出来て当たり前の事をただ単にやっているだけだからですよ。」
「そうだ。元々、首が360度回るヤツが首を360度回しただけ、元々、予言出来るヤツがトランプのカードを予言しただけ、凄い事だが凄過ぎて凄くない。いや、それ以前にこんなのはマジックでもなんでもねぇ。」
「だとしても常識的にそんな事がある訳がない。こんな馬鹿馬鹿しい質問に意味があるんですか?」
「そう言うヤツを超能力ってのか?仮に超能力者の行き着く先がマジシャンだったとしたら、これこそが最大のトリックだな。」
「そんな下らない話なら、無言で目的地まで向かってもらえますか?」
「おいクズ!お前に善良な市民と同じ権利はねぇんだよ!お前みたいなクズは、これから一生申し訳ありませんでしたの人生で、頭下げ続けて地球の隅っこでひっそり生きてくしかねぇんだよ!」
「いい加減にしろ!私は殺人なんかしてない!証拠も無いのに人を殺人者扱いして卑下するのはやめろ!」
「お前は、ゴーストライターを殺した。」
「密室だったんだろ!殺したとして私はどうしたと言うんだ!防犯カメラにも映っていなければ、完璧なアリバイがあるんだぞ!だいたい、ゴーストライターと言うのはやめろ!私は、自ら作曲しているんだ!」
「おいおいおい、気付いてないのか?随分と前から既に謎解きは始まってんだぜ?」
「何だと!?」
「分からなかったみたいだから、クズにも分かりやすく謎解きしてやるよ。まず、あの完璧な密室だが、お前は壁抜けが出来る!」
「いきなり何ですか!本気で言っているんですか?」
「ああ、本気だ。お前は、そう言うヤツなんだよ。壁抜けが出来るヤツ。だからあの密室は、完璧でも何でもない。」
「私が壁抜け出来たとしましょう。だが、マンションの防犯カメラには、私の姿は映っていないんですよ?」
「それは、お前が透明になれるヤツだからだ。壁抜けして透明になった。それだけの事だ。」
「馬鹿馬鹿しい。刑事さんの言う通りだとして、私には完璧なアリバイがあるじゃないですか。」
「完璧なアリバイ?」
「殺害不可能な距離!マンションからバーまでの距離ですよ。どう考えても最速で2時間、往復で4時間。仲間とバーで飲んでいた私には殺害不可能だ。」
「瞬間移動。」
「は?」
「お前は、瞬間移動でマンションへ行き、透明になり堂々と正面から壁抜けでマンションに入り、壁抜けで部屋へ入り殺害し、壁抜けして透明になり、瞬間移動した。つまりお前は、この3つの超能力を使い分けて殺人を行っただけだ。」
「瞬間移動が使えるなら、壁抜けや透明にならなくていいだろ!」
「いきなり部屋に瞬間移動したんじゃ、様子が分からないだろ?」
「透明になって瞬間移動すればいいじゃないか!」
「なるほど。だが、お前はそうしなかった。いや、それが出来なかった。それはなぜか?おそらく同時に超能力を使う事が出来ないか、瞬間移動が正確な位置に到着出来ない。」
「茶番だ!」
「確かに茶番だ。一見完璧で見事な密室だが、そこにはトリックなんて高等なもんは存在し無い。複数の超能力が使えるヤツが、複数の超能力を使い分け、ただただ普通に人殺ししただけの下手な茶番劇だ。」
「証拠があるのか?私に壁抜けや透明になれたり瞬間移動出来る証拠が!あると言うのか!」
「無いね。」
「無い!?」
「ああ、無い。これは、刑事の勘ってヤツだ。さっきお前も言ってたろ?」
「馬鹿馬鹿しい。」
馬鹿馬鹿しいか。まあ、まだまだ時間はあるんだ。RECだらけのこの車ん中で、ゆっくり話そうじゃないか。ん?とりあえず汗でも拭いたらどうだ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

「第四百六話」

「寒い・・・・・・。」
「ねぇ?」
「ん?寒い寒い。」
「起きて来てから、何回寒いって言うつもり?」
「何回って、特に回数は決めてないよ。今朝はやたらと寒いから、寒いってついつい言っちゃうだけだよ。寒い寒い寒い。」
「分かってるのよ。今朝が寒いなんて、この地域の人達は、みんな分かってんのよ。」
「何をそんなにカリカリしてんだよ。あー寒い。」
「いや、寒い寒いって意味も無く連呼される事がイライラすんのよ。じゃあ何?アナタは、空気吸ってる空気吸ってるって連呼すんの?瞬きしてる瞬きしてるって連呼すんの?」
「そんな事連呼する訳がないだろ。」
「だったら寒い寒いって連呼するのやめてよ。」
「分かったよ。あー寒い寒い。」
「分かってないじゃん!」
「分かってるよ。分かってるけど、ついつい言っちゃうんだよ。ついつい言っちゃうだろ?寒い朝は、寒い寒いってついつい言っちゃうだろ?」
「言っちゃうわよ!」
「そう言うもんだろ?」
「言っちゃうけど、アナタみたいにずーっと言っちゃってる人はいないわよ!何?病気?寒い寒い病?」
「それで、お前が納得するなら、それでいいや。あー寒い。」
「じゃあ!今すぐ病院に行って来てよ!寒い科の先生に診てもらって、悪性寒い摘出手術してもらってよ!」
「悪性寒いってなんだよ。」
「あのね?寒い寒いって言われる妻の気持ちにもなってみてよ。いい?例えば今、アナタが死んだら、旦那の生前最後の言葉が、寒いかもしれないのよ?」
「どう言う心配だよ!それに、生前最後の言葉が寒いって、意外と多いんじゃないか?生前最後の言葉トップ10には入るんじゃないか?」
「何よ!その不謹慎な調べ!あのね?生前最後の言葉が寒いなら、まだマシかもしれないけど、アナタみたいに、寒い寒いって連呼してたら、寒いのさむ、って部分で事切れるかもしれないのよ?」
「まあ、確率的にはあるかもしれないな。」
「そしたら、それを聞いたアタシは、サム?サムって誰?サムって誰なの?一体アナタはどんな事件に巻き込まれてしまったの!って、その後のアタシの人生は、サムに悩まされる事になるのよ?いいの?それでいい訳?愛する妻が、寒いって言い切れなかったがための勘違いで、その後の人生をサム探しに費やしてもアナタは平気なの!」
「死ぬ間際まで寒い寒いって連呼してたのに、何で急にサムって謎の人物を登場させちゃうんだよ!普通に考えたら、寒いって言おうとしてたに決まってるだろ!で、何で俺は事件に巻き込まれちゃったんだ?」
「それは、人は常に何かしらの事件に巻き込まれているからよ。」
「名探偵の決め台詞的な感じに言っても、全くなってないからな。」
「ブー!名刑事でしたー!」
「どっちでもいいよ!あー寒い。」
「燃やせば?」
「何を?」
「いやもう、そんなに寒いならガソリンかぶって火を点ければいいじゃん!」
「死ぬだろ!」
「いやもう、死んだっていいじゃん。こんなに寒い寒いって連呼するぐらいの極寒から解放されるなら、死んだっていいじゃん!死ぬなんてなんだい!だよ!」
「ライターを渡すなよ!ライターを!」
「いやもう、大丈夫だって!家ごと派手にやっちゃってよ!ブワァーっと!はい!燃えろ!燃えろ!」
「拍手で近付きながら燃えろコールやめい!まさか寒いを連呼で、自殺を強要されるにまでに至るとは思わなかったよ。」
「人生は常に予想外!」
「そのちょいちょい決め台詞調なんなんだ?」
「つか、そんなに寒いんだったら、運動でもして来れば?休日なんだしさ。」
「お前、外はもっと寒いんだぞ?」
「いや、最初は寒いかもしれないけど、運動してれば暖かくなるでしょ?」
「暖かくなる前に凍死したらどーすんだよ!」
「するかよ!外どんな気温よ!エベレストかよ!窓の外を見てみなさいよ!みんな動いてるじゃない!」
「運動は、嫌だ。疲れるから。あれだぞ?運動から帰って来たら、寒いは連呼しなくなるかもしれないけど、今度は疲れたを連呼するぞ?いいのか?それでもいいのか?」
「そん時は、口の中に肉まん詰め込むからいいわよ。」
「何で疲れて帰って来た旦那にそんな仕打ちすんだよ!」
「旦那だからよ!」
「旦那なのにか!」
「旦那だからこそ!」
「いや意味が分からない。てか、口の中がデロデロになるだろ!数日間ブルーだろ!」
「誰が熱々の肉まん詰め込むっつった?」
「カチカチの肉まん詰め込んだらまた寒くなるだろ!何の為の運動だ!それに勢いよくカチカチ詰め込まれたら前歯が折れちゃうかもしれないだろ!」
「そこは折れちゃわないように上手くやるわよ。アタシを誰だと思ってんの?」
「誰!?」
「アナタの奥さんよ!」
「恐ろしく答えになってないっ!」
「むしろ逆にお風呂場で冷水を頭からかぶるってのはどう?」
「却下!」
「じゃあ、グツグツ煮えたぎった鍋に顔面押し込んで上げるわよ。」
「却下!」
「分かった!寒さを忘れるぐらいの痛みを与えればいいんだ!ちょっと右目をおもいっきりグーで殴らせて!」
「却下!何でそんな全てが荒々しいんだよ!寒い朝に寒いって連呼しただけで代償がデカ過ぎるだろ!」
「この全てを実行してもなお、アタシのイライラはおさまらないわ!」
「そんなかよ!寒い朝に寒いって連呼、そんなにかよ!罪深き過ぎるだろ!」
「ねぇ?起きてから1時間経たない間に、寒いって何回言ったか知ってる?」
「いや、そんなの数えてないよ。」
「アタシもよ!」
「だったら投げ掛けるな!」
「うっせっ!」
「情緒!?」
「分かった!」
「大丈夫なやつか?」
「おもいきって皮膚全部剥いじゃえばいんじゃない?」
「一周回って辿り着く大人の考えか!何で人体模型みたいになって今後の人生を生きて行かなきゃならないんだよ!」
「素敵!」
「どこがだ!だいたい、旦那が起きて来て寒いって言ってんだから、抱きしめてくれるとか、温かいコーヒー出すとか、してくれないんだよ。」
「今、何て言った?」
「温かいコーヒー出すとか。」
「その前。」
「抱きしめてくれるとか。」
「もっと前。」
「え?もっと前!?だいたい、旦那が起きて来て寒いって言ってんだから?」
「もっと前!」
「どれ!」
「普通に考えたら、寒いって言おうとしてたに決まってるだろ!の前!」
「結構な前だな!聞くタイミングおかしいだろ!」
「いいから!」
「死ぬ間際まで寒い寒いって連呼してたのに、何で急にサムって謎の人物を登場させちゃうんだよ!だよ。」
「サムって、誰!」
「お前発信だ!」
「サマンサって誰なのよ!」
「何で浮気発覚みたくなっちゃってんだよ!」

第四百六話
「修羅場はいつも突然に」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »