« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月 7日 (水)

「第四百十二話」

 落とし穴を掘っていて、気付くと自分が落とし穴から出られなくなっていたなんて話は、どっかの外国人が酒場で使うジョークとして作った話だと思っていた。

第四百十二話
「HOLE MAN」

 それはもう、見事にだった。友人を落とし穴に落として大爆笑でもしてやろうかと最初は気軽に掘っていてたら、いつの間にか時間を忘れ我を忘れ、気付くと見事に自分が落とし穴から出られなくなっていた。
「おーい!」
すっごく小さく見える白ゴマの様な出口に向かって叫んだとこで、外まで聞こえるはずもない。
「誰かー!」
でも叫ばずにはいられない。何かそうさせるモノが落とし穴にはある。きっとこれは、自分で掘った落とし穴から出られなくなってしまった者にしか分からない特別な心理なのかもしれない。
「おーい!出してくれー!」
ああ、ダメか。落とし穴を掘るとこを誰にも見られずにと人気の無い場所を選んだのが仇となった。完全に裏目に出た。きっとボクは、この自分で掘った落とし穴の中で死ぬんだ。誰にも気付かれずに、死んでいくんだ。そしてきっと、死んだ事にすら気付かれないんだ。ふと思ったんだけど、自分で掘った落とし穴から出られなくなって死んだ場合、それって事故なんだろうか?それとも自殺なんだろうか?故意ではないから、やっぱり事故扱いなんだろうか?でもまあ、きっとどんな扱いになろうが、葬式でボクは、とんだマヌケ野郎と弔問客に扱われるんだろうな。
「・・・・・・・・・。」
なぜだろう?なぜか涙が出て来るのは?なぜだろう?それでもお腹が減るのは?なぜだろう?何の根拠も無いこの自分は最終的には絶対に助かると言うポジティブな感覚は?
「カレーライス、お腹一杯食べたかったなぁ。」
「なに?カレーライスって。」
「化け物!?」
「いやいやいや、俺からしたら化け物は、人間のアンタの方だよ。」
「何!?」
「何って?」
「いやだから、生き物的な種類の話!?何!?」
「モグラ。」
「デカっ!身の丈がボクと同じぐらいじゃないか!モグラって、こんなもんじゃないの?」
「いやいやいや、モグラはこれが普通だろ。地上に顔出すモグラは、まだまだヒヨッコなんだよ。」
「そうだったんだ。ちょっと待って!」
「どうした?」
「とりあえず、こうなった場合のお馴染みの発言をこれからするけど、いい?」
「何?」
「幻じゃないよね?夢じゃないよね?」
「いやいやいや、それは俺の台詞だよ。」
「はあ?何で?」
「考えてもみろよ。この状況で人間に出会う方が普通じゃないだろ?」
「ボクがアウェイ?んまあ、それもそうか。」
「だろ?で?」
「で?」
「いやだから、アンタはこんなモグラしかいないような場所で何をしてんだ?」
「ああ、落とし穴を掘ってて気付いたら、出られなくなってた。」
「それはつまりあれか?ジョークか?」
「何でボクが酒場で使うジョークをわざわざ実践しなきゃならないんだよ!ジョークを使う前に死んでしまうじゃないか!」
「生きて使えばいいだろ?」
「モグラ感覚で簡単に人間に語るなよ!人間はな!人間はな!こんな時は叫んで助けを呼ぶ事しか出来ないんだい!おーい!出してくれー!」
「何だか面倒臭い奴が現れたもんだな。別にモグラ感覚で話してる訳じゃない。俺がアンタを背負って外まで連れてってやろうって話だ。」
「いいモグラだったんだな!」
「まあ、こっちもこっちで、ここに人間がいられちゃマズイ事情があるんだよ。」
「マズイ事情?」
「人間喰いが人間のニオイを嗅ぎ付けてやって来ちまうんだよ。まあ、人間喰いにモグラが喰われる事はないが、奴等は臭いしせっかく苦労して作った道を荒らすしで、迷惑なんだ。」
「恐るべし地下世界!」
「だから、さっさと俺の背中にしがみつきな。」
「分かりました。」
「行くぞ?」
「はい!ん?」
「どうした?」
「何、この異臭?」
「マズイな。奴等が近付いて来たみたいだ。少し急ぐから振り落とされるなよ。」
「早く!!」
「で?」
「で?」
「ジョークじゃないなら、何でアンタは、こんな落とし穴なんか掘ったんだ?」
「そりゃあ!友人を落とし穴に落として大爆笑でもしてやろうと思ったからに・・・・・・。」
「どうした?」
ボクに友人は、いない。
「穴友になってくれないか?」
「はあ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

「第四百十三話」

「幽霊!?」
「そう、幽霊。」
「朝から?」
「朝だけど、幽霊。」
俺が身支度を整えて、寝室を出たドアの前に、その若い女が立っていた。
「・・・・・・・・・。」
「そんなマジマジと見られると、お恥ずかしい。」
「本当に幽霊か?」
「考えてもみてよ。アタシが幽霊じゃなかったら、大変だよ?不審者って事だよ?強盗だよ?殺されますよ?大問題でしょ!」
「俺には幽霊でも大問題だけどな。」
「それとも~?」
「何だよ。」
「スケベな想像した?」
「スケベな想像?」
「酔っ払って、知らない女、連れ込んじゃった的な?誰なんだこの女ー!的な?浮気しちゃったー!的な?女房にバレるー!など?」
「するかよ!別に昨日は酔っ払ってない。」
「女房は?」
「一人暮らしだ。」
「そうかそうか。おじさん、女房子供に逃げられたんだね。」
「一人暮らしだって言っただろ!勝手に想像膨らませるんじゃねぇ!未婚だ!俺は!ちょっと待て!だいたい幽霊が何なんだよ!幽霊と愉快痛快に立ち話してる場合じゃないんだよ!」
「ジャーン!」
「効果音がおかしいだろ!」
その女の幽霊がTシャツの裾を一気に捲り上げると、そこには無数の刺し傷があった。
「ノーブラ!」
「そこじゃないだろ!」
「またスケベな想像したでしょ?」
「またって何だ!またって!それにだいたいこれは、スケベな想像どころの話じゃなくて!モロだろ!むしろスケベは、お前だろ!」
「アタシ、このマンションのこの部屋で、殺されたんです。アタシがこの寝室で寝てる時、夜中に忍び込んで来たヤツに、何度も!何度も!何度も何度も何度も!包丁でお腹を刺されて!こうやって馬乗りになって!何度も何度も何度も!何度も何度も!」
「いや、そう言う話は、Tシャツを下ろしてからにしてくれないか?」
「キャッ!」
「どういう感情回路なんだよ!」
「何度も!何度も何度も!何度も何度も何度も!」
「いや、何度もの下り、何度もいいから!」
「んで、アタシは死にましたとさ。チャンチャン!」
「軽いな。」
「ええ!そりゃあ!もう!恐怖でしたよ!恐怖で声も出ませんでしたよ!ええ!ええ!もしかしたら、おしっこちびってたかもしれませんよ!だけどそれが何か?いけませんか?ええ!」
「待った!俺は、何を怒られてんだ?で、何で急にその時の心情を俺が聞いてるみたいに話し始めた?」
「おじさんが何も聞いて来ないからでしょ!」
「おいおいおい、こりゃあ、朝から有り得ない方角から、厄介事が舞い込んで来たな。ダメ元で聞くけどな。」
「膝枕で耳かきは、無理です!」
「違うに決まってる!この状況で俺は幽霊に何をお願いしてんだ!そんな訳がないだろ!そのあれだろ?お前が、俺の目の前に現れたってのは、その殺したヤツを見付けて欲しいって話だろ?でも、今は忙しいんだよ。これから仕事だし、夜じゃダメか?いや、詳しい話は、夜にしてくれ!」
「勘違いしてる。」
「勘違い?」
「殺したヤツを殺して欲しいだなんて、お願いしたい訳じゃない。」
「だいぶ話が飛躍してるけどな。」
「そもそも、おじさん警察じゃないでしょ?」
「ああ。」
「売れない画家でしょ?」
「小学校の教師だ!職業当てる気がないだろ!適当にも程がある!」
「そもそも、アタシを殺した男は、次の日に魔のカーブで殺したし!」
「そのVサインは、どんな感情で受け止めたらいいのか分からん!って、はあ?なら、お前は何しにわざわざ俺の前に現れたんだよ!もう、復讐する相手がいないなら、さっさと成仏すればいいだろ?」
「まだ、成仏する訳にはいかないのです!」
「なぜに敬礼?じゃあ、あれか?お前を殺した男は、誰かに依頼されて、お前を殺しただけで、まだ復讐する相手がいるって言うのか?復讐は終わってないのか?」
「アタシは、国の秘密を知った二重スパイか!」
「んなガチガチな設定、思い付くか!」
「ノンノンノン!チガイマース!」
「誰?」
「別に、犯人は複数いない。アイツは、単なる快楽殺人鬼。単独犯。アタシは、運が悪かっただけ。8人中の1人。」
「8人・・・・・・。連続殺人鬼って訳か。」
「ピンポーン!」
「テンションおかしいだろ。」
「ああ!おじさんにも見せたかったなぁ!8人で力を合わせて、あの男を魔のカーブで殺したとこ!ああ、因みにアタシは、ピンク、って呼ばれてたんだ!」
「何でそんなニックネームを?いや、そもそもそんな奇妙な復讐劇を見せられてもだよ。」
「まず、レッドが車のブレーキに細工してね!」
「それ、魔のカーブとか関係あるのか?何か、思ってた魔のカーブと違うな。」
「関係大あり!魔のカーブで殺すとこに意味があるんだよ!でねでね!ブルーとイエローがね!ホワイトの」
「ちょっと待った!聞かされてもなんだよ。忙しいんだよ。職員会議が始まっちゃうんだよ。な?復讐話は、一旦置いといて、なぜに成仏する訳にはいかないんだ?」
「ケーキ屋さんになりたいって夢があるからに決まってるでしょ!」
「えっ?」
「いや分かってるよ?アタシ、もう死んじゃってるし、幽霊がケーキ屋さんなんて無理だって事はさ。」
「なら、そこまで理解してるのに、何で?」
「だから、おじさん!」
「おい、嫌な予感しかしないぞ?」
「アタシの代わりにケーキ屋さんを!」
「無茶だろ!」
「無茶じゃない!おじさんなら出来るから!」
「どんな確信だよ!いや、そもそも俺は教師だし!」
「大丈夫!」
「何が?」
「夢を諦めないで!」
「えっ?」
「何もしないで諦めないで!お願い!」
女が指差す押し入れの中には、確か将来の夢を書いた俺の小学生の卒業アルバムが入っていた。
「ケーキ屋の夢を諦めるも何も、そもそも俺の夢は、宇宙飛行士だ!」
「ベタ!?」
「ベタって何だ!子供の頃の夢にベタとかないだろ!」
「んまあ、いいじゃんいいじゃん!ケーキ屋さんやろうよ!」
「何でだよ!何でそんな軽い感じで、人の子供の頃の夢をねじ曲げんだよ!」
「とりあえず土地買いに行こ!」
「とりあえずで買いに行くクラスの買い物じゃないだろ!」
「名前何にしようか?」
「俺はこれから職員会議があるんだー!」

第四百十三話
「悪霊」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

「第四百十四話」

オレは、春からこの研究所に入ったフレッシュマンだ。
「ロボットに乗るのは初めてか?」
「ああ。」
そして、コックピットの小さなモニターに映る老人が、この研究所で一番偉い博士だ。ロボットに乗るのが初めても何も、まさかこんなマンガやアニメみたいな世界が現実に存在しているだなんて思ってもみなかった。
「いいか?フレッシュマン!これが成功したら、お前は人類初のマンガやアニメに出て来るようなロボット操縦成功者だ!」
「ふわっとし過ぎだろ!人類初感が全く伝わって来ない!」
「がっはっはっはっはっ!フレッシュマンはそれぐらいの反骨心がないとな!わしの人選に狂いはなかった!がっはっはっはっはっ!」
フレッシュマンが反骨心を持ってたらダメだろ!博士的な人間は、変わり者が多いって聞いてたが、ここまでとはな。
「で?オレは一体何をしたらいいんだ?」
「心配するな、フレッシュマン!お前さんは、わしの指示通りにすればいいだけだ!簡単だろ?」
「分かった。」
「では!博士2号の」
「ちょっと待ってくれ。」
「お前は、わしをズッコケさせて殺す気か!なぜ、怒鳴りの途中に待ったするんだ!」
「すまん。だが、ちょっと気になる事があったからな。」
「何だ!さっさと言え!」
「このロボット、博士2号って名前なのか?」
「当たり前だ!」
「つまり、既に博士1号が存在してるって事なのか?」
「わしが博士1号だろうが!」
「いや、じゃあ、これは実質的に博士1号だろ!これに2号って名付けたら、アンタもロボットって事になるぞ?」
「がっはっはっはっはっ!さすが、フレッシュマン!細かい事に突っ掛かってくれるわい!つまり、わしの人選に狂いはなかったと言う事だな!がっはっはっはっはっ!」
「・・・・・・・・・。」
全く話が噛み合わない。さっさと終わらして、とっとと帰ろう。
「いいか?フレッシュマン!とにかくお前さんとは、話が噛み合わないからな。さっさと終わらして、とっとと帰るぞ!」
「同感の極みだ。」
「では!博士2号の公式実験を開始する!準備はいいか?フレッシュマン。」
「いつでもどーぞ。」
「では、まず!お前さんから向かって右側にある絶対に押して欲しいボタンを押して欲しい!」
「いや、ネーミングがおかしいだろ!」
「何がだ!」
「起動ボタンだろ?絶対に押して欲しいボタンじゃなくて、絶対に押すボタンだろ?」
「がっはっはっはっはっ!それでこそフレッシュマン!」
「何がだ?」
「甘い!非常に甘い!もちろん、わしの人選に狂いはなかったと言う事だ!がっはっはっはっはっ!」
いやもう、全く持って何が言いたいのか理解が出来ない。
「どう言う事だ!」
「絶対に押して欲しいボタン、その言葉の通りと言う事だ!」
「はあ?」
「つまりは、そのボタンを押すか押さないかは、パイロットであるお前さんに委ねると言う事だ!フッレシュマン!がっはっはっはっはっ!」
「何だと?じゃあ、オレがこのボタンを押さなかったら?」
「実験は、失敗だ!」
「何なんだよ!」
「さあ!フレッシュマン!どうする!」
「どうするって、ここまで来て押さないってバカはいないだろ!」
「がっはっはっはっはっ!それでこそフレッシュマン!根性が違うわい!がっはっはっはっはっ!わしの人選!」
なぜ、そんな人選を強調したがる?誰かと人選争いでもしてたのか?
「押したぞ。」
「よし!それで博士2号は、起動した!」
「起動ボタンだから、そりゃあ、するだろ。で、オレがボタンを押してる間に、モニターの向こうのアンタは、何で誰かの誕生日を全力で祝おうとしようとしてるような格好になってんだ?元々、ビケにメガネなのに、ビケにメガネのパーティーグッズは御法度だろ。」
「座席の左下を探ってみろ!」
「はあ?」
「早くしろ!時間がない!」
「何の時間だよ。ん?このバッグか?」
「開けろ!時間がない!」
「だから、何の時間だよ。はあ?ワイン?」
「年代物の曰く付きの赤ワインだぞ?がっはっはっはっはっ!」
「曰く付きって何だ!で、このトンガリ帽子は何なんだ?」
「お祝いと言ったら、そのトンガリ帽子だろ!」
「お祝いと言ったらな?そうじゃなくて、オレが言いたいのは、ロボットの操縦に何で、年代物の赤ワインとお祝いでお馴染みの帽子が必要なのかって事だ!」
「がっはっはっはっはっ!それでこそフレッシュマン!その口答え!いいぞ!がっはっはっはっはっ!人選は、わし!」
「何を口答えしたのか分からないし、この異次元空間の説明をしてくれ!」
「分からんのか?あからさまに、お祝いムードなんだから、お祝いに決まってるだろ!分かったら、早く準備をしろ!」
「いや、ちょっと待ってくれ!博士2号の公式実験の成功を祝うなら、研究室でいいだろ?別に遠く離れた場所にいる訳じゃなく、研究所の敷地内にいんだから。」
「すぐやりたいんだよ!」
「じゃあ、すぐやりたいのは、いいとしてだ。だったら、実験が成功したらにしたらどうなんだ?何で、絶対に押して欲しいボタンを押しただけで、こんな盛り上がりなんだよ!こんな感じで実験を進めてったら、終わり頃にはオレは泥酔状態だろ!」
「ぬははははははは!」
「何で大魔王みたいな笑いに切り替えた?」
「だからフレッシュマン!されどフレッシュマン!とどのつまりフレッシュマン!」
「何が言いたいんだ?」
「それでこそフレッシュマンだと言う事だ。」
「いや、そのフレッシュマン一点張りの説明で理解出来るヤツなんかいないだろ。」
「実験は、成功したと言う事だ!フレッシュマン!」
「何だと!?オレはまだ、絶対に押して欲しいボタンを押しただけだぞ?」
「だからこそだ!」
「お、おい。これは一体何の実験なんだ?このロボットは、一体何をしたんだ?」
「ふっふっふっ。まだ分からんのか?」
何だ?この今までとは違うモニターに映る博士の不適な笑みは?オレは一体何のボタンを押してしまったって言うんだ?何が起きる?いや、もうすでに何かが起きてる?何かとんでもない事が!?
「ん?何だ?」
「そろそろ気付いたか?フレッシュマン。」
「何のにおいだ?」
「がーっはっはっはっはっ!」
「これは!?」
「完成だ!」
「メロンパン!?」
「そうだ!」

第四百十四話
「メロンパン焼き機」

「才能の無駄遣いにも程があるだろ!」
「才能に無駄遣いなどない!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

「第四百十五話」

よーし!短編小説で4コマ漫画をノリと勢いだけで書くぞー!えい!えい!おー!1コマ目ー!
「男が地面に仰向けになっている。」
出だし絶好調!出だし絶好調ー!この調子でー!この調子で2コマ目!2コマ目!えい!えい!えい!おー!
「いてててて!と、男は上半身を起こし、右手で頭を擦っている。」
これは物凄い臨場感だ!こんな臨場感体験した事がない!今世紀最大の臨場感だ!この臨場感を維持しつつの3コマ目!
「いてててて!と、男は立ち上がりお尻を擦っている。」
おい!おいおいおい!何なんだ!何なんだこの画期的な展開は!恐怖だな!もう自分のこう言う才能に恐怖すら感じちゃうな!いいぞいいぞ!このいい緊張感を保ちながら前代未聞の4コマ目!

第四百十五話
「短編小説で4コマ漫画」

「酷いな。」
「ご苦労様です。警部。」
「物凄い臭いだ。」
「ええ、一部液状化するぐらい腐乱が激しくて・・・・・・見ますか?」
「いや、いい。で?状況は?」
「事件性は、ありませんね。」
「なら、自殺か?」
「その線もないかと。」
「だったら、何だって言うんだ?」
「餓死です。」
「餓死!?30代半ばって聞いてたぞ?」
「はい。」
「30代半ばの男が都会のど真ん中で餓死だと!?」
「はい。」
「本当に事件性は無いのか?」
「ありません。」
「根拠は?」
「これです。」
「遺書か?だったら、睡眠薬か何かを飲んでの自殺じゃないのか?」
「これは、遺書ではありません。」
「遺書じゃない?」
「どうぞ。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・まさかだろ?」
「警部、おそらくそのまさかだと思われます。」
「有り得ないだろ。」
「それが、有り得たんです。」
「そいつは!この4コマ目を考えてる最中に餓死したって言うのか!」
「はい。」
「嘘だろ!?何か、こんな勢いなのにか?もうすでに4コマ目が頭に浮かんでいる、いやもはや4コマ目から逆算しながら書き綴ってる感じを醸し出しているのにか!」
「まあ、文章上の事ですし、実際には1コマ1コマを一生懸命時間を掛けて絞り出していたのかもしれません。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「警部?」
「・・・・・・いやまさかな。」
「何か気になるところでも?」
「いや、考え過ぎかもしれないが、もしかしたらこれが4コマ目なんじゃないか、と。」
「これ、と言いますと?」
「これ、だよ。この空間全てがだ。」
「だとしたら、シュールですね。」
「ああ、シュールだな。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・だいたい、短編小説で4コマ漫画って、何だ?」
「無理、ですよね?」
「無茶、だろ。」
「バカ、なんですかね?」
「バカ、だったんだろうな。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「帰りますか。」
「そうだな。」
「こういうのまた、やるんですかね?」
「こういうのまた、やるんだろうな。」
「警部?」
「何だ?」
「例えば警部だったら、どんな4コマ目にします?」
「そうだなぁ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »