« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月 4日 (水)

「第四百十六話」

 俺は、今日で14歳になる娘の病室にいた。夜はいつも漆黒で、数時間後に昇る太陽の光は、俺の心をいつも蝕む。人間が朝と共に目が覚めるメカニズムなら、娘はもう人間ではないのかもしれない。チューブで呼吸し、チューブから栄養を摂取する、そう言う人間ではない何かなのかもしれない。だが、娘が人間ではない何かになってしまったんだとしても、やっぱり娘は、俺の娘に何一つ変わりはない。心のどこかで諦めてはいるが、心のどこかで奇跡を求めていた。娘とまた、笑顔で語り合える日を、娘の花嫁姿を前に涙を堪える俺の未来を。
「始めますか?」
ベッドに眠る娘を見下ろす俺に、窓ガラス越しで語り掛けて来た俺の後ろに立つ若い女は、数時間前に呆然と海岸で地平線へ沈む太陽を眺めてる時に知り合った女だ。年齢は30代前半ぐらいだろうか。色白で細身、背は高く、まるで喪服をイメージさせるような服装だった。娘の事を誰かに話すなど、滅多に無かった。ましてや初対面の人間に話すなんて1度も無かった。
「もう1度聞く。」
「・・・・・・・・・。」
娘を元の娘に戻す為なら俺は、あらゆる手を尽くした。だが結局、俺には金を払い、こうして命を繋ぎ止めておく事しか出来ないと気付かされた。ある日突然、医学が劇的に進歩する時を葛藤に耐えながら待つしかなかった。そんないつもの葛藤の中、海岸に立ち尽くし、何度も何度も目にしていると言うのに、ぼんやりとしか思い出せない風景に現れた女は、魔法の言葉を俺に放った。
「本当に、娘を元の元気な娘に戻せるんだな。」
「はい。ただし、海でも言った通り。」
「分かってる。代償だろ?」
「そうです。娘さんをこの様な姿になる前の姿に戻す事は簡単です。しかし、何事にも代償は伴います。誰かが幸福になる一方で、誰かが不幸になるのです。それがこの世界のバランスです。」
「・・・・・・・・・。」
この世界?女の言うこの世界とは、一体どの世界なんだ?本当に女は、俺以外の人間にも見えているんだろうか?もしかしたら、俺にはこうして女の姿に見えているだけで、本当はおぞましい容姿をしている何かなんじゃないだろうか?悪魔や死神の類いだとしたらきっと、娘の元気な姿と引き換えにこれから死ぬ俺を、その表情1つ変えない向こう側で嘲笑ってるのかもしれない。だが、俺の命と引き換えに娘が元の元気な娘に戻るなら、むしろ俺は笑って死ねる。あの日、嫌がる娘を無理矢理仲直りする為に、海へドライブなんて、珍しく父親らしい事などしなければ・・・・・・。女が俺を気まぐれな道楽として利用するなら俺は女を、仕掛けた罠にまんまと掛かった獲物だと思い、喰らってやる。
「決断は、お父さん?貴方にお任せします。しかし、機会は一生に1度しかありません。そのタイムリミットは、太陽が昇るまでです。これは貴方の人生なんですからね。」
俺の人生は、あの日終わった。俺が死に、娘が無事だったなら?そんな事はもう何万回も考えた。そう、俺は父親として娘の人生を正常な道に戻してやるだけ、娘の時計の針を正しい位置に戻してやるだけだ。
「やらない選択肢はない。」
「そうでしたか。では、始めます。目を瞑って下さい。」
「・・・・・・・・・。」
目を瞑る前に、窓ガラス越しに見た女の目が金色に光った様に見えたが、単なる思い込みの俺の見間違いだったんだろうか?きっと、女がこの世のモノでないと願う俺が見せた希望なのかもしれない。次に目を開けた瞬間、俺の前に笑顔で立つ娘を抱き締めている奇跡を信じてみようとする愚かな希望なのかもしれない。いや、女が悪魔や死神の類いであるならきっと、このまま俺は目覚める事はないだろう。最期に娘の元気な姿を見せてくれるなんて計らいを望むべきではない。
「もう、目を開けても構いませんよ。」
予想だにしないギフトだった。目を開けた瞬間、命を絶たれようが、一瞬でも娘の姿を見れるのなら、人生の最期にこんな幸福はない。それとも、目を開けるとそこは既に地獄と呼ぶおぞましい場所なんだろうか?だが、地獄と呼ぶには、いつもと変わらぬニオイが鼻から伝わって来る。代償が何かなど、考えても仕方無い。今俺がやるべき事は1つだ。
「・・・・・・これは?」
目を開けると朝になっていた。天井から視線を移し病室を見渡しても女の姿はどこにも見当たらない。
「どう言う事だ!?」
そして俺は、娘になっていた。

第四百十六話
「きっぶん悪い作品だ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

「第四百十七話」

「何でモテないのかしら?ねぇ?先生?アタシ、何でモテないのかしら?何でなのかしら?もう!いやんなっちゃうわ!って、そんな事をカウンセリングの先生に言ってもよね!」

「どうやって生きてるんだよ!?」

第四百十七話
「左半分の女」

「どうやって生きてるって、あら?雅に生きてますよ?それはもう、雅にね。」
「いやよく分からないその生き方は!ボクが言いたいのは、そうじゃなくて!そう言う事じゃなくて!つまり物理的に!」
「はい?」
「え?化け物?」
「え!?化け物!?どこ!?どこに化け物!?アタシ、化け物とかゴリラとか苦手中の苦手なのよ!先生!苦手にも程があるのよ!先生、追い払ってちょうだい!って、ちょっと?先生?何でアタシをゲラウト?ちょっと?先生!?何故?何故のゲラウト?」
僕は、左半分の女をゲラウトした。
「苦手って・・・・・・どの口が言うんだよ。ゴリラって・・・・・・何だよ。」
だいたい右脳は左、左脳は右、じゃないのか?あの女、どう動いてんだ?革命的に動いてんのか?
「・・・・・・疲れてんのかな?」
カウンセラーがカウンセリングが必要なぐらい、幻覚的なモノが見えてしまう程に疲れるまで働くなんて、本末転倒だな。ああ、そうだ。次の休みには、湿地帯にでも行こう。湿地帯に行って、癒されよう。ああ、こうして目を閉じてると湿地帯がボクを
「先生!」
「出た!?」
「何で追い出すんですか!もしかして、アタシの美貌が恐ろし過ぎてですか?いやだもう!先生ったらぁ!」
「ちょっとすいません。」
「何?」
「いやちょっと。」
「何してるんです?」
「ホントにちょっと。」
「何なんです?何かの検査ですか?」
違う。今、ボクは確かに女の右を触ろうと手をジャッジャッジャッ!ってやってみたけど、無い。確率は低いがもしかしたら、ボクの方に問題があるんじゃないかって思ったんだ。右側が失調してしまってて、右半分の女を見えてないだけなのかってね。けど、違う。女は本当に左半分なんだ。左半分の女なんだ。
「虫でもいたの?」
「虫がいたんです。」
さあ!いよいよ参ったぞ、と。幻覚的なモノでもボクに問題がある訳でもなく、現実として目の前に左半分しかない女が存在する。例えるなら?そうだなぁ?サツマイモの天ぷらかと思ったらナスの天ぷらだったみたいなしてやられた感?みたいな?いや、違う。そんなもんじゃないぞ。そんな現実的なもんじゃないんだ、これは!
「先生?」
「・・・・・・すいません。で?」
「で?」
「いやだから、何なんですか?何か悩みがあるから来たんですよね?」
「何でそんなに投げやりなんですか?」
そりゃあ、投げやりにもなるだろ。何だか分からないんだから、何だか投げやりにもなるってもんだよ。たいして知り合いでもないヤツの結婚式に人数合わせで参加させられてる感があからさまに理解出来た時のアレだよ。もうウンコ漏れちゃってんのにトイレ探してる時のソレだよ。今日、一発目の患者が左半分の女だったって時のコレだよ。
「別に、投げやりじゃないですよ。」
「ああ、じゃあ!アタシの美貌に魅せられて、ポーっとしちゃってんだ!いやだも!先生ったら!」
「はあ・・・・・・。」
コレが殺意ってヤツなのか?だとしたら、殺意ってのは意外と冷めてるんだな。もっとこう、カッカッするもんだと思ってた。カッカッ、カッカッ、して、カッカッ、カッカッ、するものかと思ってよ。そもそも何なんだ?どう言う事なんだ?何で女は、左半分なんだ?剣豪に無謀にもケンカ売ったのか?マジシャンの嫁?でも、モテるどうこう言ってたから、マジシャンか?ある日突然、左右に意志が生まれてケンカして別れたのか?お前なんかとやってられるか!的な?それとも生まれつきなのか?まあアレだよね。これだけは確かだけどさ。ポーっとなんかなる訳がないよね。だって左半分の女を見てて、ただただ、ボクは今、ずーっと気持ち悪いだけなんだからね。
「でね?先生、アタシの悩みなんですけどね。」
「・・・・・・・・・。」
どうでもいいよ。お前の悩みなんてさ。そもそも悩みの塊じゃないか。カウンセラーとして情けない話かもしれないけど、ボクにこの女の心の病は治せない。まあでも?患者の脈打つ心が、こうしてマジで見えたのは初めてだけどね。まあ、見えてるのは心だけじゃないけどね。とにかく、ボクはお手上げだ。
「幻覚が見えるんです。」
「幻覚?」
「はい。」
何だよ幻覚って、己が幻覚みたいな存在のくせに?幻覚って何だよ。犬が自分の尻尾を追い掛けてる様よりも滑稽だな、おい。鼻くそホジホジしてて、鼻血出しちゃうよりも無様だな、おい。
「幻覚って?それは一体どんな幻覚なんですか?」
「人の右半分が見えるんです。」
おっと?これはこれは、やっぱりと言うか案の定と言うか、やってくれたな左半分の女。つまりはボクも?カウンセリングが必要だったってオチか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

「第四百十八話」

「監督、俺野球辞めます!」
これは、9回裏ツーアウト満塁、ボールカウントはノーストライクスリーボール、バッターボックスには4番、マウンド上でかなり追い込まれてるピッチャーの話である。
「どのタイミングで引退するつもりなんだよ!いいか?大丈夫だ!お前ならここを切り抜けられる!なんてったってお前は!ウチのエースなんだからな!」
そんなピッチャーの気持ちを落ち着かせる為に監督は、マウンドに駆け付けていた。
「でも無理だよ、監督。俺、無理だよ。」
「無理じゃない!」
「無理だよ。」
「大丈夫だ!」
「無理だってば。」
「お前なら大丈夫だ!自信を持て!」
「もう限界だよ!」
「何の限界か!一体何の限界か!人はよく、もう限界もう限界って言うが!限界って何だ!何が限界か!そんな都合のいい言葉を軽々しく使うもんじゃない!なあ?いいか?お前は限界じゃない!俺が決める事じゃないのは分かってるが!この場は、俺に仕切らせてくれ!お前は、限界なんかじゃない!」
「限界なんだよ!右腕が取れ掛けてるんだよ!」
「え?」
「うん!」
「いや可愛らしく、うん!じゃなくて、何でそんなウソ付くんだよ。」
「ウソじゃない!」
「ウソだろ!取れ掛けてなんかないだろ!」
「見た目にはそうかもしれないけど!」
「見た目だ!取れ掛けてると言ったらそれはもう!全面的に見た目の事を言う!!」
「監督!」
「何だ!」
「気持ちの話だ!」
「何がだ!」
「右腕が取れ掛けてるって言うのは!見た目じゃなくて!そう言う気持ちだって話だ!」
「そうか。気持ちの話か。でもな?大丈夫だ!」
「大丈夫なもんか!プランプランなんだぞ!」
「気持ちの話だろ?」
「血が!ドバドバ出てるんだぞ!」
「だから気持ちの話だろ?」
「血だけじゃない!内臓や脳ミソだって出ちゃってんだぞ!」
「どんな気持ちなんだよ!その気持ちを伝えられて、どう共有すればいいんだよ!難しいよ!」
「監督!」
「何だ!」
「1塁ランナーいるだろ?」
「ああ。」
「1塁ランナーがな!俺にはさっきっから大型の鳥に見えてしょうがないんだよ!」
「大丈夫だ!」
「1塁ランナーが大型の鳥に見えてるヤツが大丈夫なもんかーっ!」
「大丈夫だ!1塁ランナーは初めから大型の鳥だ。1塁ランナーだけじゃない。2塁ランナーも3塁ランナーも大型の鳥だ。」
「何でだよ!じゃあ何か?俺達は、大型の鳥と野球の試合してんのか?」
「そうだ!」
「そんな訳がないだろ!」
「そんな訳がないって分かってるなら!なぜ、どうしようもないウソを付くんだ!」
「ウソじゃない!1塁ランナーが大型の鳥に見えるんだ!」
「うん、でもいいじゃん。別に1塁ランナーが大型の鳥に見えてたっていいじゃんか、そこは。」
「いい訳がないだろ!」
「1塁ランナーが大型の鳥に見えてようが、1塁ランナーが、カマキリに見えてようが、1塁ランナーが公証人役場に見えてようが、試合は続けられるだろ?」
「気になるだろ!」
「気にするな!」
「ムチャクチャだな!」
「お前がな!」
「気にするなって言われてもな!気になるもんは、どうしようもないんだよ!気にしないように気にしないようにすればするほど、気になって気になって、どうにもならないんだよ!」
「気にするな。」
「俺の熱弁!監督!今の俺の熱弁は、アンタの心に響かなかったのか!」
「そんなフワッとした熱弁が心に響くか!いいから、深呼吸して気持ちを落ち着かせて、それから投げろ。あとワンアウトだ。」
「嫌だ!」
「何でだよ!」
「考えてもみてくれよ、監督。このピッチャーマウンド。」
「ピッチャーマウンドがどうかしたのか?」
「数え切れないほどのピッチャーがマウンドに立ち、数え切れないぐらい踏まれたこのピッチャーマウンド。」
「それが何だ。」
「次、俺が投げてピッチャーマウンドを力いっぱい踏み込んだ時、その瞬間にピッチャーマウンドが抜けたらって考えたら!もう恐怖で恐怖で、とてもじゃないが無理だ!」
「まずピッチャーマウンドが抜ける訳がないし、今まで投げてただろ?」
「急に!急に、そう言う考えが浮かんだんだよ。虫の知らせって言うのか?きっと、何か危険を察知したんだよ。この球場は、きっと呪われてる!ここで昔いっぱい人が死んだんだ!」
「どんな場所だって、昔から辿ったら人がいっぱい死んでるよ。」
「おい監督!どうしてそんなにクールでいられるんだ!それほどまでに女子人気が欲しいのか!」
「一言、マウンド上でなぜか追い込まれてるピッチャーを落ち着かせようと駆け付けてみたら、そんな事を言われるとはな。」
「だってそうだろ!そのダンディーなヒゲは!そう言う事だろうが!」
「何の話をしてるんだ!」
「監督!」
「今度は何だ!」
「今度とか言うな。そう言うの傷付く。」
「悪かった。」
「監督!」
「何だ!」
「このスタジアムのどこかに仕掛けられた爆弾は、解除出来たのか!」
「今度って言いたくなる内容だろ!急に、どんな設定だよ!」
「野球の試合を続けてる限りは爆発させないって要求のあれだよ!」
「どれだよ!」
「だけどもう!限界だ!これ以上、試合を引き延ばせない!」
「じゃあ、終わらせてくれよ。なあ?さっさと帰ろうよ。」
「監督!」
「何だよ!」
「ノリが悪いぞ!」
「野球の試合をしてるんだぞ!何でマウンド上で、監督とピッチャーがコミカルな会話をしなきゃならないんだよ!」
「監督!」
「何だ!」
「監督!」
「何だ!」
「監督!」
「何だ!」
「監督!」
「何だ!」
「監督!」
「ここに来て繰り返しのしょうもない時間稼ぎすんなよ!」
「この状況分かってんのか!9回裏ツーアウト満塁、ボールカウントはノーストライクスリーボール、バッターボックスには4番なんだぞ!」
「うんでも、9回の表にウチは大量得点入れたから絶対に勝てるんだよ。」
「勝負に絶対はない!野球はツーアウトからだ!」
「スコアを見てみろ!」

第四百十八話
「71対5」

「監督!」
「何だ!」
「・・・・・・・・・・・・野球はツーアウトからだ!」
「うっせ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

「第四百十九話」

「何だよ。」
「先生!呑気に脇を掻きながら、何だよ、じゃないですよ!」
短編小説家の男の仕事場兼住居のこの国で一番高い山が望める一室で、その担当の女は、激怒していた。
「どんな仕草で俺が何だよって言おうが勝手だろ。何をそんなにカリッカリッしてんだよ。原稿は昨日着で届いたはずだぞ。」
「アタシ、確かに言いました。先生も変な短編小説ばかり書いてないで、そろそろ恋愛小説でも書いたらどうですか?と。」
「いやだから昨日着」
「まあ、普通の恋愛小説じゃ面白くないので、出来るだけドロドロな。三角関係、いや四角関係!そこに先生オリジナルの要素を加えたならば、それはもう!無敵の恋愛小説の出来上がり!と。」
「昨日着でその無敵の恋愛小説が届いたろ?」
「何だこれは!これのどこが無敵の恋愛小説だ!」

第四百十九話
「百角関係」

「凄いだろ。」
「いやね。アタシもタイトルを見て、破り捨ててやろうと思いました。でもね?やっぱり読まずに評価するのは、一人の人間としてクズだと思って、読みましたよ。はい、読ませていただきました。」
「凄いだろ。」
「百角関係って、どうなんだろう?少しだけ好奇心がくすぐられました。」
「凄いだろ。」
「凄かねぇよ!どこが凄いんだよ!何が凄いんだよ!お前これ、小石ばっかじゃねぇか!!」
「オリジナリティだよ。」
「便利な言葉としてオリジナリティ使ってんじゃねぇぞ!」
「あれ?俺、怒られてんの?」
「怒られてるとかの次元じゃないんだな!そんな次元じゃないんだな!」
「ちょっと落ち着けよ。俺は、アンタが恋愛小説の話を持ち掛けて来たから書いた。」
「書いた?何を?」
「ドロドロした中に俺のオリジナリティを投じた無敵の恋愛小説だよ。」
「おいちょっとマジでバカなのかよ!」
「マジで、って事は少しそう思ってたってのかよ。」
「思ってました!」
「思われてた!?」
「主人公と思われる野球部のキャプテンが水泳部のマネージャーに恋をする。ああ、なるほど、高校と言う学園をテーマに百角関係にするつもりなんだって思いました。水泳部のマネージャーは、国語の先生に恋をする。国語の先生は、数学の先生に恋をする。」
「凄いだろ。」
「数学の先生は、担任するクラスのサッカー部のキャプテンに恋をする。」
「凄いだろ。」
「ちょっと先生黙っててもらえます?で、次!次からおかしくなるんですよ!サッカー部のキャプテンは、空き地の猫に恋をする。空き地の猫は、博士のロボに恋をする。博士のロボは、博士のロボ2号に恋をする。博士のロボ2号は、博士のロボ3号にって、以降17号までそれが続いて、博士のロボ17号は、川原の小石に恋をする。で、以降ずーっと小石が小石に恋をしてって、最後に小石が野球部のキャプテンに恋をする。で、百角関係!」
「泣けただろ?」
「泣けるか!誰が小石に感情移入出来るんだ!オリジナリティ出したいなら、最後の最後に小石でいいじゃないですか!つか、博士のロボと小石の重複何なんですか!万策尽きるの早過ぎだっつぅの!」
「別に尽きた訳じゃないさ。」
「博士のロボと小石に誰が等身大の自分を重ねられるってんですか!博士のロボと小石に誰が、誰もが一度は経験した事がある恋心を共感させられるってんですか!博士のロボって、何っ!!」
「地球を悪から守る為に日夜研究し続けてる博士だよ。書いてあるだろ。」
「サッカー部のキャプテンが猫に恋をってとこで既に読み手の気持ちが離れてるってのに、そこにトドメの一撃しないで下さい!」
「人間が猫に恋しちゃいけないのか!ロボが恋しちゃいけないのか!恋愛ってのはな!自由なもんだろうが!」
「自由過ぎなんだっての!自由に書き過ぎなんだっての!アタシは、人と人のドロドロの恋愛に先生オリジナルの要素を加えた無敵の恋愛小説を持ち掛けたんです!」
「ええー!恋愛小説のルール分かんないよ。」
「百角なら百角で、全て人間に統一すればいいじゃないですか!簡単な話でしょ!スルーしましたけど、日夜研究し続けてる博士ってのもアウトですからね!」
「何でだ!」
「分かるだろ!」
「分からん!」
「博士が百角に関わるならまだしも!全く恋愛に興味ないヤツの事細かな人物設定なんか誰が求めるってんですか!」
「そんな博士が作ったロボだからこそ!その反動で恋愛感情が芽生えたんだろ!」
「こんな意味不明な議論なんかしたくないっ!とにかくこれで先生には、恋愛小説が書けないって事が、これで分かりました。」
「書けなくはないだろ。」
「まともな!恋愛小説が書けないって事が分かりました!」
「書けなくはないだろ。」
「じゃあ!書いてみろよ!ドロドロした三角関係とか四角関係じゃなくて!純愛的な野球部のキャプテンと水泳部のマネージャーとの感情移入出来る恋愛小説を書いてみろよ!」
「ああ!ああ!書いてやるよ!野球部のキャプテンと水泳部のマネージャー女海賊との感情移入出来る純愛的な恋愛小説をな!」
「そうゆうとこ!!」
「どうゆうとこ!?」
「女海賊に誰が感情移入出来るんだ!」
「水泳部のマネージャーだから海賊。山岳部のマネージャーだったら山賊。そうだろ!」
「違うだろ!何で、そうゆう特殊な設定を付けたがるんですか!」
「じゃあ、野球部のキャプテンと水泳部のマネージャーが最初から最後まで、ずーっとチューしてればいんだろ。」
「どんな恋愛小説だ!物語として成立しないだろ!どう展開してくんだ!」
「水泳部のマネージャーは、不治の病でな。いつ死んだっておかしくないんだよ。野球部のキャプテンは、それでも水泳部のマネージャーが好きで好きで堪らない。水泳部のマネージャーも野球部のキャプテンが好きで好きで堪らない。でも、自分らの無力さが甚だしい。ありふれた日常が明日には思い出になってしまうかもしれない。それでも二人は今日を一生懸命生きる。だけどそんな奇跡は、長く続かない。」
「いや、二人はずーっとチューしてんのに、それをどうやって展開して行くつもりなんですか?回想させてくんですか?」
「いや単純に現在進行形で、ずーっとチューしたまま展開してけばいいじゃん。」
「喜劇か!」
「喜劇じゃない!!」
「な、何ですか急にその迫力!?」
「野球部のキャプテンはな!水泳部のマネージャーが死なないように一生懸命チューし続けてんだ!」
「いやちょっと本当に意味が分かりません。何で野球部のキャプテンは、水泳部のマネージャーが死なないように一生懸命チューし続けてるんですか?」
「水泳部のマネージャーが、チューし続けてないと死んじゃう病、だからに決まってんだろ!」
「そうゆうとこ!!」
「どうゆうとこ!?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »