« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月 2日 (水)

「第四百二十話」

「はっ!?」
目が覚めた。ベッドの上だ。ここは?ここはどこだ?ここは俺の部屋だ。
「・・・・・・・・・。」
そうだよな。目が覚めて自分の部屋じゃない事なんて実は、滅多にある事じゃない。
「・・・・・・喉が渇いたな。」
飲み物は確か冷蔵庫の中だったな。当たり前か。考えるまでもない事をなぜ、俺はさっきから考えてるんだ?まあでもとにかく今は、この手にしてる水を飲んで、喉を潤そう。それからの事は、それからだ。
「・・・・・・・・・プハア!」
生き返った。いや別に特に死んでいた訳じゃないけど生き返った。おかしい、何かがおかしい。なぜ、考えなくてもいい様な事をさっきっから頭の中で自分に言い聞かせるかの様にしてるんだ?
「・・・・・・病気か?」
季節の変わり目で、体調でも崩したのか?喉は痛くないし、体もダルくはない。でもここは一応念の為に計ってみるか。
「体温計は確か・・・・・・。」
ん?どこだ?確か体温計は、この辺にしまってあるはずなんだけどな?どこだ?ないぞ?この部屋じゃないのか?そっちの部屋か?それともあっちの部屋か?どこだ?どこにあるんだ?体温計、体温計、体温計。ないないない。ないぞ?もしかして、1階の部屋にあるのか?
「面倒臭い事になったな。」
ないならないで、特に熱がある訳でもなさそうだから計らないでもいいんだけど、気になる。むしろ熱があるのかないのかじゃなく、もはや体温計が家にあるのかないのかが気になるんだ。気持ちはもうそっちに向いてるんだ。
「どこだ?」
これか?体温計か?キッチンにあったのか!でもなぜ?何で俺はキッチンなんかに体温計を置いてたんだ?前回、どんな状況で使用したんだ?んまあとにかくこれで、ない事はほぼ確定してるけど熱が計れる。さあ、早く早く。早く熱がどれぐらいなのかを教えてくれ。一体俺は今、どれぐらいの熱があるんだ?知りたい!知りたくてたまらない!
「って、マドラーじゃないか!」
もういい。面倒臭い。ない、熱はない。まあ、まったくない訳じゃないけど、平熱以上はないって意味だ。体もダルくない。まあ、まったくダルくない訳じゃないが、病気のダルさじゃないって意味だ。喉だって痛くない。まあ、今さっき大きな声を出したから多少は痛いけど、もうしばらくすれば治まる痛さって意味だ。
「・・・・・・何かおかしい。」
何だ?何がおかしいんだ?改めて考えなくてもいい事を一生懸命頭の中で考えてるぞ?この違和感は、何だ?昨日の夜、洗濯をしてベランダに干してる洗濯物が、大雨にさらされてるからか?
「何っ!?」
バカか俺は!起きてからずっと窓の外の大雨が視覚と聴覚から入って来てたってのに、今頃か!今頃になって事の重大さに気付いたのか!って、早く洗濯物を取り込まないとだろ!
「・・・・・・・・・。」
いや、別に急ぐ必要はない。今まさに雨が降り出したんならまだしも、既に雨は降ってるんだ。しかも大雨だ。急いだって結果は一緒だ。むしろこんな時は、急いだ方が悪い結果を生む事がある。手を壁にぶつけたり、手を窓に挟んだり、洗濯物を地面に落としたり、まあとにかく焦らずに、このずぶ濡れの洗濯物を洗濯機まで運んで、もう1度洗濯して、今度は乾燥機を使おう。
「ツイてない。」
いや、天気予報を見なかった俺が悪いのか。よし、これであとは洗濯が終わるのを待つだけだ。とんだハプニングだったけど、落ち着いて対処すればどうって事ない。怪我もしないですんだ。そう、何事も落ち着いて冷静になって考えれば、大抵の事は解決の糸口が見えて来る。
「・・・・・・・・・。」
何か忘れてるんだ。俺は、きっと何か重要な事を忘れてる。記憶がない。何か突発的な病気とかじゃなく、原因は枕元に転がるこのバーボンの空瓶だ。何だ?何かとてつもなく重要な事を忘れてるぞ?辿れ、辿るんだ。記憶を辿れ!でなきゃ何かとてつもなく悪い事態に陥る気がしてならない。早く思い出すんだ。
「・・・・・・・・・。」
ダメだ!バーボンのお陰で記憶を辿れない。だとしたら、記憶を辿れないとしたら、本能だ。俺の目が覚めてからの本能を探るんだ。本能は嘘を付かない。記憶の様に歪められたり自分の都合良く書き換えられたりしない。本能だ。
「・・・・・・・・・。」
なぜ、飲み物を?なぜ、体温計を?なぜ、洗濯物を?なぜだ?なぜなんだ?
「なぜ、俺はベッドから1度も降りない!?」
・・・・・・・・・
思い出した!思い出したぞ!ベッドの下だ!ベッドの下に怪物がいるからだ!俺がベッドから降りた途端に、俺を食べ様と静かにジッと待ち続けてる怪物がいるからだ!赤い目をしたあの怪物が!

第四百二十話
「右腕がめちゃくそ長い男」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

「第四百二十一話」

 私が湖の畔を散歩していると、鳰の番が仲睦まじく子育てをしている光景が見えたので、少し離れた場所に座り、休憩も兼ねて観察してみる事にした。

第四百二十一話
「鳰」

「ねぇ?そろそろ交代してくれない?」
「ちょっと今、翼の調子が悪くて無理。」
「いやいやいや、無理じゃなくて、さっきからずーっとアタシが卵温めてるんですけど?」
「ごくろうさまです。」
「ごくろうさまです。じゃなくて!ごくろうさまですって言うなら早く交代してよ!」
「だから、翼の調子が悪いんだってば。」
「卵の上に座ってるだけなんだから翼関係ないじゃん!」
「その態勢がキツいんだよ。今の俺の翼にはさ。」
「いやいやいや、水の上にいる時と変わんないじゃない!」
「変わる。」
「変わらないでしょ!」
「いいか?水の上にいる時は、こうして足を動かせるだろ?」
「さっきっから言おう言おうと思ってたんだけど、話をする時は、止まってくんない?スイスイ、スイスイ、グルグル、グルグル回るのやめてくんない?」
「こうしてるのがいいんじゃないか。今の俺の翼にはさ。」
「いや、こっちはイライラして、しょうがないんだけど!」
「こうしてるとな、翼の調子がいくらか良いんだよ。でもな、卵の上でジッとしてるのは、ダメなんだよ。」
「何が?」
「何がって?」
「だから、翼の調子が悪いって、何が?何がどう調子が悪いの?」
「ハッキリとは分からない。」
「何を言ってくれてんの!?」
「だから、朝起きて何だかよく分からないけど、とにかく翼の調子が悪いって日があるだろ?鳥あるあるだろ?」
「ない!」
「ラッキーバード!」
「いや、ないでしょ!鳥ないないでしょ!別にアタシが今まで幸運で生きて来たみたいに言わないでよ!そんな話聞いた事ないわよ!てか、サボりたいだけなんでしょ?」
「サボりたい?」
「そう。」
「俺が?」
「そう。」
「この俺が?」
「そう。」
「卵を温めるのに命を懸けてる俺が?」
「じゃあ、懸けなさいよ命!翼の調子が悪いぐらい何なのよ!」
「待て待て、いいか?温めないとは言ってないだろ?」
「言ってるも同じでしょ!」
「それは、お前の捉え方だろ?」
「何?アタシが間違ってんの?」
「そうだよ。」
「はあ!」
「ちょっと落ち着けよ。卵が割れたらどうすんだよ。」
「卵を盾にするなんて、アナタ、卑怯ね。」
「卑怯って、お前が今にも興奮して暴れ出しそうになったから、俺は産まれて来る子供達の心配をしてるだけだろ。」
「ごめん、ちょっと1回目クチバシで目を突っつかせてくんない?」
「その後の一生を冷静に考えたら、いいよって言う訳がないだろ!」
「なら早く交代しなさいよ!」
「翼の調子が悪いって言ってるだろ!」
「あのさ?サボりたいならサボりたいって、素直にそう言えば?何で意味の分からない嘘を付くの?素直に言えば、アタシだって今日1日ぐらいは、いいよって言うかもしれないじゃない。」
「言うかもしれないって事は、言わないかもしれないって事だろ!そんな危ない賭け出来る訳がないだろ!って、そもそも俺はサボりたいなんて考えてない!翼の調子が悪いこんな状態で卵を温めたりして、産まれて来る子供達に悪影響を与えてしまったらって、考えての事だ!」
「どんな?」
「どんなって?」
「だから、翼の調子が悪い状態で、卵を温めたら、産まれて来る子供達に、どんな悪影響があるの?」
「分からない、分からないけど、例えばそうだな?毒とか?」
「毒?翼の調子が悪い鳥が卵を温める事が毒って事?」
「いや、産まれて来た子供達が毒鳥になっちゃうって事だよ。」
「どう言う仕組みよ!」
「だから、例えばだよ!翼の調子が悪い鳥が卵を温めたら、そんな前代未聞な事が起こってしまうかもしれないって事だよ!もしかしたら、象が産まれて来るかもしれないって事だよ!」
「突飛も突飛で、例えになってないじゃない!」
「落ち着けって!卵が割れちゃうだろ!」
「ねぇ?」
「何だよ。」
「アナタが卵を温めるの交代してくれないなら、アタシにも考えがあるわ。」
「考え?考えって何だよ。」
「割るわ。」
「はあ?」
「交代しないなら、この卵を1つずつ突っついて割るわ!」
「お前、卵を盾にするなんて、それでも親鳥か!」
「その言葉!そっくりそのまま返すわよ!」
「俺は、翼の調子が悪いって言ってるだろ!」
「いやもう取れちゃえば!そんな下らない理由で卵が温められないならいらないじゃん!ちょっと来なさいよ。むしり取って上げるから。」
「俺の翼が無くなったら、誰が子供達に飛び方を教えてやるんだ!」
「アタシが教えるわよ!」
「俺はな!子供達と大空を一緒に飛ぶのが夢なんだよ!」
「ならサボらないで温めなさいよ!」
「翼の調子が良くなったら、温めるよ。」
「えバカなの?」
「バカってなんだ!バカって!」
「バカにバカって言ってるだけでしょ!」
「誰がバカだ!」
「お前だ!」
「コンニャロウ!」
「何よ!やんの?かかってきなさいよ!」
「翼の調子が悪くなかったら今すぐにでも行ってやったのにな!」
「とんだチキンね!」
「何だと!!」
まったく、何と仲睦まじい鳰の番なのだろうか。私も見習わなくてはな。そうだ。妻に日頃の感謝を込めて、花屋に寄ってから家に帰る事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

「第四百二十二話」

「ん?」
どうやら、人類の明るい未来について考えていたら、いつの間にか眠ってしまっていたようだ。
「いたたたた。」
椅子に座って机に伏せて寝るのには、学生時代から馴れているとは言え、やっぱりあの頃とは違い、体の節々が痛む。よく言う歳には勝てないってヤツか。
「さてと、眠気も消えた事だし、続きをするか。」
私が研究している人工知能の分野が、もっともっと発展すれば、人間の暮らしが今よりも快適になるのは間違いない。
「ん?蟻?どっから入って来たんだ?」
「お前に忠告しに来たんだ。」
「喋った!?」
「驚く事か?」
「当たり前だろ!蟻が喋ったんだぞ!」
「蟻だって喋るだろ。」
「喋らないだろ!」
「なぜ?なぜ蟻が喋らないと言い切れる。」
「それは私がこうして60年以上生きて来て、蟻と喋った事がないからだ!」
「蟻と喋った事がないではなく、お前が蟻と喋ろうと試みた事がないの間違いではないのか?」
「何だと?」
「蟻は喋れないと言う先入観で蟻に話し掛けもしない60年以上を生きていたと言うだけの事だろ?」
「喋れるのか?蟻は?」
「ああ、だから私とお前は、さっきっから会話をしているのではないか。」
「・・・・・・夢か?私はまだ、夢を見ているのか?」
「まあ、これを夢だと思おうが、現実だと思おうが、それはお前の勝手だ。私は、お前に忠告さえ出来ればそれでいい。お前がそれを聞いたと言う事実が私の中にあれば、それでいいのだからな。」
「その忠告とは一体何だ?」
「今すぐ、お前が手掛けている研究をやめろ。でなければ、取り返しの付かない事になるぞ。」
「人工知能が暴走して、人間と戦争でも始めるとでも言いたいのか?下らん。これは、映画ではないんだ。」
「戦争など起きない。」
「だったらいいではないか。」
「戦争など起きないと言うのは、戦争にすら発展しないと言う意味だ。仮に戦争にまで発展させられたのならば、それは私が人間を見くびっていたのだと、謝ろう。」
「おいおいおい、さっきから聞いていると、話が随分と飛躍しているが、この研究は、人工知能があくまで人間の暮らしを今よりも快適にする為のモノだぞ?無敵のロボット兵を作る研究ではないんだ。」
「お前の志など、いとも容易く大きな権力に握り潰される。」
「つまり、この研究を続けて行けば、いずれ人類は滅びると言うのか?」
「人類は、滅びない。」
「滅びない?ならば、人類はどうなると言うんだ。」
「人類は、蟻になる。」
「バカな!なんだ蟻になるって!」
「容姿が蟻になると言う意味ではない。我々、蟻のような存在になると言う意味だ。」
「人工知能に支配されると言うのか?」
「支配とは違うな。お前達は、別に蟻を支配している訳ではないだろ?簡潔に言えば、人間の文明が終わると言う事だ。それは人工知能に支配された訳ではなく、人間自らが今の人間を終焉へと導いて行く。」
「終焉?」
「そう、人工知能により快適になり過ぎた世界で、人間は人間でなくなって行く。人間は今の人間的思考を維持出来なくなり、やがては単調な思考でのみ行動して行く。なぜならその時にはもう既に、人工知能が今の人間の立場になっているからだ。新しい地球の文明が始まるからだ。そしてやがて、人工知能もまた同じ事を繰り返すだろう。頭の良いお前なら分かるだろ?」
「お、おい!?つまりそれは、人間と言うのは!?」
「そうだ。人間が人工知能を作り出したように、蟻が人間を作り出した。」
「そんな話を信じられる訳がないだろ!」
「懇願してまで、この現状を止める気はない。ただ、我々と同じ過ちを繰り返しそうになっている人間を見て、余計なお世話かもしれないが忠告だけしようと考えた。ただそれだけだ。さて、用も済んだ事だし私は帰るとする。」
「ちょっと待て!」
「何事にも程度が必要だ。気を付けるんだぞ、人間。」
「お、おい!」
蟻は、ドアの隙間から出て行った。私は、しばらく呆然とドアの方を見ていた。そしてまた机に向かい、とりあえず研究を続ける事にした。

第四百二十二話
「蟻になる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

「第四百二十三話」

 僕は、普通の高校1年生。友人と学校に行く途中、道に迷って気が付くとダンジョンに来てた。ダンジョンに来て、気が付くとラスボスを倒してた。ラスボスを倒すと、その先にダンジョンの出口が出現した。僕は、これで家に帰れるんだって、ほっとした。でも、友人は違ったみたいだ。
「そろそろ帰ろう。」
「いや、まだここに居よう。」
「何だかんだでラスボスは倒したんだよ?ここに居たって意味が無いよ。ほら、あそこにダンジョンの出口が見えるよ。行こう!きっと、みんな心配してるよ。」
「おいまさか、今さっき倒したラスボスみたいな怪物がラスボスだと思ってるのか?」
「え?だって自分から大魔王的な事を言ってたじゃん。だとしたらどう考えたって今のがラスボスでしょ。」
「お前、昔から滅多にゲームやらなかったよな。」
「うん。あんまり興味が無いと言うか、本読んでたりする方が楽しいし。」
「そんなお前に、悪いニュースと良いニュースがある!」
「何?」
「悪いニュースってのは、今俺達が倒したのは、ラスボスなんかじゃない!」
「何で!?あんなに自分は大魔王的な事を言ってたのに!?」
「ゲームを滅多にやらないお前に、ゲームばっかやってる俺から助言だ。今のは、ラスボスじゃない!」
「だからどうして!どうしてラスボスじゃないって言い切れるんだよ!そんなに言うなら何か納得がいく根拠を言ってみてよ!」
「ゲームってのは、こんなに単純じゃない。ラスボスだと思って倒したヤツが実はラスボスじゃなくて、本当のラスボスがラスボスだと思ってたヤツの後に出て来るってゲームを俺は、山程やった!だから断言出来る!今のは、ラスボスなんかじゃない!ラスボスは、まだ存在する!そしてラスボスは、姿を現すタイミングを近くで伺ってる!」
「そんな!?」
「ラスボスってのは、そう言う存在なんだよ。」
「でも、アイツは自分から大魔王的な事を!」
「確かにアイツは自分から大魔王的な事を何度も何度も言ってた。だけど、大魔王的なヤツがラスボスだって誰が決めた?」
「それは・・・・・・ゲームってのは、そう言うものでしょ?ラスボスだと思ってたヤツがラスボスじゃなくて本当のラスボスがラスボスだと思ってたヤツの後に出て来るってパターンもあるかもしれない!しれないけど、ラスボスだと思ってたヤツがラスボスってパターンもあるんじゃないの!」
「確かに、大魔王的なヤツがラスボスってゲームも多く存在する。」
「だったら!」
「ゲーマーとしての俺の嗅覚が、アイツはラスボスなんかじゃないって感じてるんだよ。」
「じゃあ!ラスボスは一体どこにいるんだよ!」
「それが良いニュースだ。」
「居場所が分かってるの!?」
「ああ、ゲーマーとしての俺の嗅覚がラスボスの居場所をビンビン感じてるよ。」
「近くにいるの?」
「いる。」
「もし、逃げれるなら、あの出口まで全力疾走しようよ。」
「おそらくそれは、不可能だろうな。」
「え?そ、そんなに近くにラスボスはいるの?」
「ああ、そうだ。」
「ど、どこにいるの?」
「・・・・・・・・・お前。」
「はい?」
「ラスボスは、お前なんだろ。」
「え!?」
「お前がラスボスだ!」
「僕は、ラスボスじゃないよ!僕は、ガリ勉だよ!こんなあからさまなガリ勉がラスボスな訳がないじゃないか!」
「さあ!来い!」
「来ないよ!ちょっと待ってよ!僕達、友達だろ?」
「ああ、友達だ!親友と言っても過言ではないぐらいの友達だ!そしてラスボスだ!」
「ラスボスじゃないよ!僕を見てよ!ちゃんと見てよ!僕に大魔王的な要素なんかないじゃないか!」
「言っただろ?大魔王的なヤツがラスボスだとは限らないって!意外なヤツが犯人だったって推理小説みたいなもんだ!」
「これはあまりにも意外過ぎるよ!僕はラスボスじゃない!」
「間違いない!お前はラスボスだ!お前を倒せばゲームは終わる!」
「これはゲームじゃなくて現実なんだよ!」
「覚悟しろ、ラスボス。」
「ラスボスじゃない!」
「行くぞ。」
「や、やめてよ。絶対やめてよ?」
「カンチョー!」
「イターイ!?やめてって言ったのにー!」
「俺は、この世界を救う!」
「カンチョーで救われた世界の事も考えなよ!」
「世界を救うのに過程は意味無い!世界を救ったと言う結果に意味があるんだ!」
「何を言ってるの!?」
「カンチョー!」
「痛いってばーっ!」
「ラスボスめー!」
「ガリ勉だよー!」

第四百二十三話
「この世界は救う価値がある」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

「第四百二十四話」

「あ・・・・・・。」
暇な休日、ボクは部屋で右目をいじってた。そしたら、右目が取れた。ボクは床に落ちた右目を拾って洗って水をヒタヒタに入れたコップに浮かべた。テーブルの上にコップを置いて椅子に座り、ボクは右目を左目で眺めてた。
「ビィィィィィィ!!」
こんな時間に訪問者?と思ったけど、そんな時間でもなかった。ドアを開けると宅配業者の男が小包を持っていた。ボクはその小包を受け取りキッチンに戻って椅子に座ってコップに浮かぶ右目を左目で眺めながら小包を開けた。
「ビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリ!!」
随分と過剰な梱包の中には、新しい左目が入ってた。
「!?」
しまった!って思った。今日は火曜日だから普通に仕事がある日だって事に気付いた。でも右目が無いと出来ない仕事だから、やっぱり今日は休日に等しいなぁって、右目が浮かんでるべきはずのコップを見ると、やっぱり右目が浮かんでた。
「ジャアアアア!」
届いた左目も水をヒタヒタに入れたコップに浮かべたいからって、蛇口から流れ出る水を見ながら、あの流れ出る水が水じゃなくてタコだったら、ボクは一生タコには困らない人生だなって思った。そしてこうも思った。あの水は、一体いつから流れ出てるんだ?って。さっき、右目が取れたトラブルに襲われて大パニックで気付かなかったけど、あの時既に蛇口から水は流れ出てた。これは来月、とんでもない水道代かもしれないって愕然としたし、仮に蛇口からタコだったら今頃タコだらけだったって、やっぱり蛇口からは水だなと歓喜した。
「パリーン!」
「あ・・・・・・。」
あまりの歓喜は、災いを呼ぶとはよく言ったもんで、尋常じゃなく歓喜してたら、テーブルにぶつかってテーブルの上の右目が浮かんでたコップが床に落ちて割れた。
「あ・・・・・・。」
おまけに、テーブルの上に置いといた左目も落ちて転がって、転がって転がって転がって転がった。左目を見失わないようボクは必死で左目で左目を追った。もしここで左目を見失ったら、もう2度と左目を目にする事はないだろうって思ったからだ。
「やった!」
そんなボクの気持ちとは裏腹に転がる左目は、いともたやすく拾う事が出来た。そのいともたやすくは、こんなにもいともたやすくってぐらいだった。いともたやすくを競う大会が仮に存在するとしたら、ボクはこの国に1番輝くメダルを持って帰って来る事が出来るだろう。
「よっしゃ!」
ボクは次の呼吸をする前に素早く右目も拾った。スローモーションで見たらきっとスローモーションだからボクの今の素早さは伝わらないだろうなって思ったけど、今のボクはボクがこの世に生まれてから1番素早かった。素早さを競う大会が仮に存在するとしたら、ボクはこの国にもう1つ1番輝くメダルを持って帰って来る事が出来るだろう。
「あ・・・・・・。」
そう、つまり今の『あ』は、どっちの手で、どっちの目を握ってるのか分からなくなったから思わず出た『あ』だ。でも瞬時に冷静を絵に描いた様な男子なボクは、どっちの手に、どっちの目が握られてるか見分ける方法を編み出した。そう、右目を握ってる手は、割れたコップのガラスの破片で怪我をしてるはずだ。例え物凄い身体能力をボクが発揮して散乱するガラスの破片をオートマチックに反射的に避けながら右目を拾って怪我1つしてないとて、割れたコップの回りは水浸し、つまり水で濡れた手の中に右目が入ってるって事は必然的。
「ああ。」
奇跡的に両手に傷が無い事を確認して安堵するか否かでボクは自分が異様な程に手汗をかく体質だって事に気付いて呆然とした。
「ジャアアアア!」
落胆しながら膝からスローモーションで崩れ落ちてくボクは、蛇口からスローモーションで流れ出る水を見ながら、あの流れ出る水が水じゃなくてタコだったら、やっぱりボクは一生タコには困らない人生だなって思った。
「ビィィィィィィ!!」
膝が床につくかつかないかのこんな時に限って訪問者だ。ボクは気を新たにドアに向かって行くと気を引き締めてドアを開けるた。けどそこには誰も居なかった。これが単なるイタズラだと気付くのに数分掛かった。
「あ・・・・・・。」
行き場のない怒りと憎しみと憎悪と怨恨と憤怒と小声の罵詈雑言の中、キッチンに戻ったボクは、怒りで強く握り締めた両手の隙間から両目の形容しがたい肉片的な物が出てるのに気付いた。やっちゃったって思ったけど、同時になんとかなるだろって思った。きっと後者は思っちゃダメなんだろうなって思ったけど、思った。あと、右目ってこんなにもいともたやすく取れちゃうんだなとも思ったし、左目って宅配便で届くんだなって思ったし、蛇口から流れ出る水を見ながら、あの流れ出る水が水じゃなくてタコだったら、ボクは一生タコには困らない人生だなって思った。

第四百二十四話
「豪放磊落」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »