« 「第四百三十七話」 | トップページ | 「第四百三十九話」 »

2014年11月 5日 (水)

「第四百三十八話」

「ゴリラのパワーをなめるな!」
「いや別にゴリラのパワーなめてないよ。」
「いや、お前ゴリラのパワーなめてる。」
「なめてないよ。」
「なめてないよって言ってる時点で、その段階でゴリラのパワーなめてる。」
「どうすりゃいいんだよ!」
「ゴリラのパワーなめてる目をしてる。」
「そんな目してないだろ。」
「親父にそっくり!」
「そりゃあ!親子なんだから似てるだろ!似てて当然だろ!DNA的な問題だろ!何か?俺達親子はゴリラのパワーなめてる目をしてるのか!」
「長い。」
「長いって?長いって何?」
「とにかくお前ら一族はゴリラのパワーをなめてる!」
「なめてるんだとしたら、俺だけにしてくれ。」
「やっと認めたよ。ここまで言わなきゃ認めないんだからな。」
「まあ、認めてないけどな。じゃあ聞くけど、俺はどうゴリラのパワーをなめてんだ?握力スゲェなって思ってるよ?」
「そう言うところがなめてるって言ってんだ!」
「どう言うところだよ!」
「所詮は、握力スゲェなぁって事ぐらいだろ?」
「大体の人がそうだろ!」
「他人を巻き込むな!」
「巻き込んじゃないよ!じゃあ、教えてくれよ。ゴリラのパワーをさ!」
「お前、ゴリラがこう来たらどうする?こう来たらー!」
「何でゴリラが翼を羽ばたかせながら空から襲い掛かって来るんだよ!」
「だからゴリラのパワーなめてるっつってんだ!何でゴリラが翼を羽ばたかせながら空から襲い掛かって来るんだよ、じゃない!」
「そんなアホみたいな顔して言ってないだろ。」
「何でゴリラが翼を羽ばたかせながら空から襲い掛かって来るんだよって、ゴリラが空から翼を羽ばたかせながら襲い掛かって来るからだろ!」
「どんな怒られ方されてんだ、俺は?無いだろ!」
「何が!」
「そもそもがゴリラに翼が無いだろ!」
「いやちょっと待て!お前、ゴリラに翼が無いとこ見た事あんのか!」
「何回もあるよ!」
「だから!それはゴリラが本来のパワーを出して無いバージョンだろ!」
「バージョンって何だよ!ゴリラは、パワー出すと翼が出るのか!」
「当たり前だろ!」
「いや有り得ないだろ!」
「お前、ゴリラがこう来たらどうする?こう来たら-!」
「何でゴリラが早撃ちガンマンなんだよ!」
「早撃ちガンマンじゃないだろ!ゴリラのパワーだろ!」
「どう考えても早撃ちガンマンだろ!」
「ゴリラのパワーだっつってんだろ!」
「ゴリラ似のガンマンじゃなくて?」
「ゴリラ似のガンマンじゃねぇよ!」
「ゲンコツって、めちゃくちゃ怒られてんじゃん俺!?いやいやいや、銃じゃん!」
「銃ですよ!何ですか!銃がどうかしましたか!」
「え?その銃はどっから来たの?」
「ガンショップだろ!銃なんだから!」
「じゃあ、何か?ゴリラがわざわざガンショップに銃を買いに行ってるって事か?」
「そんな事は!当たり前の事!」
「おかしいおかしい!」
「何にもおかしい事なんか言ってませんけど?」
「さっきから何でちょいちょい学級委員みたくなんだよ!」
「ガンショップに銃を買いに行く、そして早撃ちする。それ、ゴリラのパワー!」
「何で原住民っぽく喋るんだよ!」
「こう来たらどうする?こう来たらー!」
「何でゴリラの胸が開いてミサイルが発射されんだよ!」
「ゴリラのパワーだよ!」
「ゴリラのパワーの一言で片付けられる事言ってないからな!もうそれは博士から改造手術施されてるじゃん!」
「お前さぁ?」
「何で急に肩組むんだよ。」
「博士がニヤニヤしながらゴリラに改造手術して胸からミサイル出るようにしてるとこ見た事ありますか?」
「いやだから、そもそもゴリラが胸からミサイル出してるとこを見た事ないから!」
「あれ!」
「あれって何だよ!あれって!」
「でも俺の話を聞いて、ああ今まで自分はゴリラのパワーなめてたなぁって、思ったろ?」
「それが本当の話だったらな。」
「うんうん。」
「いや、うんうん、じゃなくて、嘘だろ?」
「じゃあ、お前さぁ?ゴリラがこんな風に来たらどうする?こんな風にー!」
「何を運転してんだよ!」
「でっかいトラックだよ!でっかい!でっかいトラックでお前をお前の車ごと谷に突き落とそうとしてるんだよ!」
「どんなシチュエーションだよ!きっかけが分からないよ!ゴリラをそこまで怒らしちゃった俺のきっかけが!」
「ジャングルで、お前が口から吐き捨てたガムを踏んじゃったとかじゃないの?」
「シチュエーションのシチュエーションがめちゃくちゃだろ!」
「じゃあ、満員電車でお前が足踏んだとかじゃないの?」
「いやだから!」
「小学生の頃、お前がいじめてたんじゃないの?」
「それはあくまできっかけの説明で!そっから俺がでかいトラック運転してるゴリラに谷に突き落とされるに直結しないだろ!」
「するだろ!」
「しないだろ!ジャングルはいいとして、その他はゴリラがこっち側に来ちゃってんだろ!」
「そんな事を言ってるからお前はゴリラのパワーなめてんだ!来てますよ!ゴリラは我々のすぐそばまで来ちゃってますよ!」
「温暖化じゃねぇんだよ!」
「温暖化ですよ。もはやゴリラは、温暖化ですよ。」
「絶対違うだろ!」
「ゴリラ化ですよ。」
「何で温暖化に寄せちゃうんだよ!」
「人類総ゴリラ化ですよ。」
「なら平和だ。」
「ああ、平和だ。それがゴリラのパワーですよ。」
「どれが?」
「じゃあ、お前!ゴリラがこう来たらどうする?」
「まだ続けるのかよ!」
「こう来たらー!」

第四百三十八話
「他の動物に置き換えて何度も読み返そう」

|

« 「第四百三十七話」 | トップページ | 「第四百三十九話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/57897679

この記事へのトラックバック一覧です: 「第四百三十八話」:

« 「第四百三十七話」 | トップページ | 「第四百三十九話」 »