« 「第四百五十話」 | トップページ | 「第四百五十二話」 »

2015年2月 4日 (水)

「第四百五十一話」

 僕は今、彼女と喫茶店にいる。
「僕、思ったんだけどさ!」
「え!?物凄い興奮だけどどうしたんですか?」
「いやこれは興奮せずには話せない話なんだよ!」
「そんな事よりさ。アリクイラーメン食べに行こうよ。」
「いや、アリクイラーメン食べに行くけどその前に僕の話を聞いてよ!」
「なるべく簡潔にね。スープなくなり次第終了だから、アリクイラーメン!」
「人にはさ。」
「え、人にはから話すの?」
「話すよ!人にはから話さなきゃな話なんだから、人にはから話すよ!」
「大体、人にはから話す話って長くなる流れだけど大丈夫?」
「大丈夫!」
「じゃあ、早くね!アリクイラーメン、今日半額なんだから!」
「人にはさ。眠ってる才能的なもんがあるじゃん。」
「眠ってる才能的なもん?」
「そう!例えば、僕は全くテニスをした事ないけど、テニスをしたら凄く上手いとかさ!天賦の才っての?何の努力もしないでもいい的な?」
「実は私には物凄いデザイナーの才能があるとか!」
「そうそう!」
「じゃあ、アリクイラーメン食べに行こっか!」
「いや何で?まだ話し終わってないのに何でアリクイラーメン?てか、アリクイラーメンって何!?チャーシューがアリクイ的な?アリクイの肉使ってますよ的な?」
「そんな不気味な感じじゃないよ。アリクイがラーメン作ってるから通称アリクイラーメン!」
「そっちの方が十分不気味ですけど!何?アリクイ似の大将がやってる大人気のラーメン店って事?」
「行けば分かるさ!」
「ちょっと待って!まだ話の核心を突いていない!」
「だったら早く突いてよ!アリクイラーメン伸びちゃうよ!」
「まだ注文してない!今物凄くアリクイラーメンに興味津々だけど!気持ちがアリクイラーメンに引っ張られてるけど!聞いて!いいから僕の話を聞いて!」
「分かった。」
「で、僕思ったんだ。もしかしたら、今まで生まれてから1度も試みてないだけで、僕はこの手のひらからビーム的なもんを出せるんじゃないかってさ!そう言う眠れる力があるんじゃないかってさ!」
「いや出せないでしょ!」
「こうやって、腕をピーンと伸ばして!」
「そんなにピーンと伸ばすの?」
「ビーム的なもん出すんだからこれくらいピーンと伸ばさなきゃ!」
「だからって、そんなにピーンと伸ばす?私の鼻の頭につくかつかないかの距離だよ?そしてそんな指と指の感覚ピーンと広げる?」
「もう指と指の間がちぎれるぐらいにピーンとね!」
「で?」
「手のひら全体からビーム的なもんを出す!」
「どうやって?」
「出ろ!って念じるんだよ!」
「念じるだけ?」
「念じるだけだよ。眠れる力だからね。天賦の才だからね。ここに何の努力もいらない。」
「で?」
「バーッ!ってビーム的なもんが出るんだよ!」
「ビーム的なもんが出たら、私の頭なくならない?」
「出たら頭、吹っ飛んでなくなる!」
「アリクイラーメン食べれないじ」
「バーッ!」

第四百五十一話
「出た!?」

「アリクイラーメンって?」
「そこ、食い付くとこですか?刑事さん。」
「で?なぜショットガンで彼女の頭を喫茶店で吹っ飛ばしたんだ?」
「ショットガンで彼女の頭を喫茶店で吹っ飛ばしたりしませんよ!」
「嘘つけ!ショットガンだろ!大体、頭を喫茶店で吹っ飛ばすって言ったらショットガンだろ!」
「限定的過ぎるでしょ!シチュエーションが!」
「ショットガンじゃなかったら何なんだよ!」
「ビーム的なもんです。」
「何?」
「だから、ビーム的なもんです。」
「まだそんな事を言うか!」
「僕はさっきから真実しか話してませんよ!彼女の頭を喫茶店で吹っ飛ばしたのは、不可抗力なんです!実際に僕には手のひら全体からビーム的なもんが出る力が眠ってたんですよ!」
「不可抗力で彼女の頭を喫茶店で吹っ飛ばすかよ!」
「だったら!ビーム的なもんじゃなかったら!ショットガンで彼女の頭を喫茶店で吹っ飛ばしたんだとしたら!そのショットガンはどこにあるんですか!そんなもん刑事さん達が来た時には喫茶店になかったですよね?」
「どうせ食べれるショットガンだったんだろ?」
「どうせ食べれるショットガンって何ですか!」
「溶けないチョコレートみたいなもんで作った食べれるショットガンだったんだろ?」
「そんな技術があったら僕は今頃、億万長者ですよ!」
「なら、やってみろ!」
「何をですか?」
「だからこの取調室で再現してみろって言ってんだ!」
「出ちゃいますよ?」
「出てたまるかよ。」
「頭、吹っ飛んじゃいますよ?」
「そんときゃそん時だよ。」
「死んじゃうんですよ?」
「死ぬかよ。出ないんだから。」
「いやでも!」
「いいから!やってみろって言ってんだからやればいいんだよ!」
「分かりました。」
「おいおいおい!こんなに腕をピーンと伸ばすのか?」
「こんなに腕をピーンと伸ばすんです。これが大事なんです。」
「鼻の頭につくかつかないかの距離だぞ?」
「ビーム的なもんを出す訳ですから、こんなに腕をピーンと伸ばす訳です。」
「いやだからって、こんなに腕をピーンと伸ばして、こんなに指と指の間までピーンとすんのか?」
「ちぎれるぐらいにピーンとする訳です。」
「で?」
「手のひら全体からビーム的なもんを出すんです。」
「出ないじゃん。」
「念じてませんから。」
「念じろよ。」
「出ちゃいますよ?」
「出てたまるかよ。」
「頭、吹っ飛んじゃいますよ?」
「そんときゃそん時だって言ったろ?」
「死んじゃうんですよ?」
「死ぬかよ。出ないんだから。」
「いやでも!」
「いいから!やってみろって言ってんだからやればいいん」
「バーッ!」

第四百五十一話
「出た!?」

「何してんだお前!?」
「記録係的な刑事さん!だから僕は出るって言ったんですよ!」
「ショットガン隠し持ってやがったのか!」
「はあ!無理でしょ!ここ取調室ですよ?つか、見てましたよね!」
「先輩はな!昨日、子供が産まれたばっかりなんだぞ!」
「何でそんな情報今!一部始終見てましたよね?僕の手のひら全体からビーム的なもんが出たのを!」
「昨日、子供が産まれたばっかりなのに!食べれるショットガンで頭を吹っ飛ばしやがって!」
「もうムチャクチャでしょ!何もかもが!見てましたよね?こうして!こうして腕をピーンと伸ばして、指と指の間をピーンと伸ばして、手のひら全体からビーム的なもんが出たのを!」
「こんなとこからそんなもんが出る訳ねぇだ」
「バーッ!」
「あ!?」

第四百五十一話
「出た!?」

「男の子だったんですか?女の子だったんですか?」
「知りませんよ!後から聞いた情報なんですから!」
「溶けないチョコレートって、味がなくならないガム的な事ですか?」
「弁護士さん。そんなとこに食い付かなくていいんですよ。早く僕を透明な隔たりのそっち側に出して下さいよ。」
「いくら敏腕弁護士の私でも、人を3人も殺した人間を透明な隔たりのこっち側に出す事は不可能ですよ。」
「完全なる不可抗力なんですよ!殺そうと思って殺したんじゃないんですよ!」
「ショットガンで殺意がなかったなんて、そんなの裁判では通用しませんよ?」
「だから!ショットガンじゃなくて、ビーム的なもんなんですよ!」
「それは、ショットガンで殺意がなかった以上に裁判では通用しませんよ。」
「本当なんですよ!本当に手のひら全体からビーム的なもんが出るんですよ!」
「なら、出してみて下さい。」
「それは出来ません。」
「貴方がもし、本当に手のひら全体からビーム的なもんが出せるのなら、裁判をひっくり返す事が出来るかもしれません。」
「ほ、本当ですか!?」
「私を誰だと思ってるんですか?私は、敏腕弁護士ですよ?」
「・・・・・・・・・。」
「さあ、ここで証明してみせて下さい。」
「こうして腕をピーンと伸ばします。」
「そんなに!?え?腕も指と指の間もそんなに!?」
「こんなにです。あのう?顔を近付けない方が?」
「これ、透明な隔たりがなかったら、確実に鼻の頭についてるんじゃないか?で?」
「あとは、手のひら全体からビーム的なもんが出ろって念じるだけです。」
「続けて!」
「出ますよ?」
「出たら裁判をひっくり返せます。」
「いやでも!弁護士さんが死んじゃったら誰が裁判をひっくり返すんですか!」
「透明な隔たりを信じましょう。」
「無理ですよ!」
「死刑になりたいんですか!」
「死刑!?」
「このままでは、貴方は確実に死刑です。それはもう敏腕弁護士の私でもです。さあ!透明な隔たりのポテンシャルを信じてビーム的なもんを!」
「分かりました。」
「ハハハ!安心して下さい。そもそもこの透明な隔たりは、どんな屈強な凶悪犯でも破壊出来な」
「バーッ!」

第四百五十一話
「出た!?」

「何してんだお前!?」
「見張り役的な人!だから僕は出るって言ってんですよ!透明な隔たりも破壊しちゃうって思ってたんですよ!」
「ショットガン隠し持ってやがったのか!」
「無理でしょ!」
「この敏腕弁護士さんはな!昨日、子供が産まれたばっかりなんだぞ!」
「この人も!?見てましたよね?僕の手のひら全体からビーム的なもんが出たのを!」
「昨日、子供が産まれたばっかりなのに!食べれるショットガンで頭を吹っ飛ばしやがって!」
「何なんですかその食べれるショットガン!そんなポピュラーなんですか!見てましたよね?こうして!こうして腕をピーンと伸ばして、指と指の間をピーンと伸ばして、手のひら全体からビーム的なもんが出たのを!」
「こんなとこからそんなもんが出る訳ねぇだ」
「バーッ!」
「あ!?」

第四百五十一話
「出た!?」

僕は、逃げた。逃げて今、ビルの屋上にいた。
「疲れた。」
僕は、疲れた。いろんな意味で疲れた。
「こうして。」
だから僕はこの世から消え去る選択肢を選んだ。鼻の頭につくかつかないかの距離で指と指の間をピーンとして、念じる。

「あ、でもこれじゃあ腕をピーンと出来ないから手のひら全体からビーム的なもんが出ないか・・・・・・・・・あっそうだ!アリクイラーメン食べ」
「バーッ!」

第四百五十一話
「出た!?」

|

« 「第四百五十話」 | トップページ | 「第四百五十二話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/58817246

この記事へのトラックバック一覧です: 「第四百五十一話」:

« 「第四百五十話」 | トップページ | 「第四百五十二話」 »