« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月 1日 (水)

「第四百五十九話」

「すいません。」
「何だ!」
「いまいち状況が掴めてないんですけど?」
椅子の脚に足を縛られ座らされてる男は、いまいち状況が掴めていなかった。テーブルを挟んだ軍人風のガスマスクの男は、掴めている。暗い地下室にあると思われる部屋。ちょろちょろと水が壁を伝う音が聞こえる裸電球がぶら下がる狭い部屋。ゆっくりとそれは、執行されようとしていた。
「状況が掴めないだと?そんなもん掴めなくて構わん!とにかくお前は、これを掛けろ!」
「メガネ?」
「そうだ!メガネだ!」
「僕別にメガネっ子じゃないんで。」
「そんな歪な言い訳で言い逃れ出来ると思うな!」
「すいません。本当に状況が掴めないんですよ。雰囲気的には何かアレですよね?これから僕は殺されるって感じしますよね?ドラマや映画でよく観るようなシチュエーションですもんね?でもアレですよね?まさかですよね?だって僕、誰かに殺されるような事してないですから。」
「何だかんだで状況を掴めているではないか!いいからお前は黙ってその暗殺メガネを掛けろ!」
「暗殺メガネって何ですか!その掛けた人を殺す気まんまんのネーミング何なんですか!」
「掛けた人間を殺す為だけに開発されたメガネだから暗殺メガネだ!」
「掛けたらどうなるんですか?」
「掛けたらレンズから猛毒が散布されて眼球から全身に猛毒が回るシステムだ。」
「だからガスマスクなんですか?」
「そうだ。」
「ガスマスクつけるぐらいなら、直接この部屋に毒を散布すればいいじゃないですか!何でわざわざ暗殺メガネなんか使用するんですか!」
「今日はなんだかとても暗殺メガネを使用したいからだろ!」
「そんなファッション感覚な!だいたい何で僕が殺されなきゃならないんだ!」
「殺されるような事をしたから殺されるに決まっているだろ!」
「だからその殺されるような事って何ですか!」
「メガネを侮辱した。」
「メガネを侮辱?メガネを侮辱なんかしてない!」
「私の顔を忘れたか?」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・あの時の!?とかならないですよ?ガスマスクを取ってからこそ発揮する言葉でしょ?」
「ガスマスク外した瞬間にお前が暗殺メガネを掛けたら諸共だろ!」
「掛けないですよ!そもそもが掛ける気無いんですから!」
「せーの!」
「そんな掛け声に乗せられて気軽に掛けられるメガネじゃないでしょうが!このメガネは!僕が何か侮辱するような事を言ったんなら謝りますよ!ただ僕には身に覚えのない事過ぎて、教えて下さいよ!一体僕がどうメガネを侮辱したのかを!」
「どうせ掛けたって外すんだろ?そう言ってお前はメガネを侮辱した。」
「それを侮辱と呼ぶならば!侮辱のストライクゾーンがゆるゆるだ!」
「掛けても外す?メガネは掛けたら外さない!それがメガネ人だ!」
「すいません。メガネ人って?アレ?迷い込んじゃいました?僕、いつの間にか不思議空間に迷い込んじゃいました?」
「とにかくつべこべ言わずに暗殺メガネを掛けろ!」
「掛けませんよ!」
「黒縁だからか?」
「色の問題じゃない!掛けた後の仕組みの問題だ!」
「安心しろ。メガネは掛けたまま土に埋めてやる。」
「土に埋められるってワードが出てるのに安心出来る訳がない!だいたい掛けたら外すって発言が侮辱に値するなら!そんなの僕以外にも大勢存在してるでしょ!」
「だからまた同じようなヤツを発見したら、同じような事をする。安心しろ。」
「いや僕が言いたいのはそんな事じゃなくて!僕にした事を僕以外にもしろって事じゃなくて!僕に今からしようとしてる事をするなって事!」
「それは無理だ!」
「そもそもアンタだって何かを侮辱しながら生きてるだろ!」
「かもしれないな。」
「ほら!だったらアンタだって何かに罰せられなきゃだろ!」
「ただ私の場合は、あくまでかもしれないであって、確実ではない。」
「こんな時に使うもんじゃないだろ!かもしれない理論!」
「侮辱しながら生きているかもしれないが、現に私はどこかの誰かに拉致監禁されて殺されていない。つまりそれは、私が何かを侮辱しながら生きているかもしれないが殺されるに値しない侮辱だと言う事だ。」
「どゆこと?」
「太陽が眩しいとか、超高層ビルが高いとか、朝が来たとか、そう言った侮辱レベルだ。」
「僕のそれもそれだろ!」
「お前のそれはそれではない!」
「どこがだ!」
「常軌を逸しているだろうが!」
「常軌を逸してんのはアンタだ!」
「何とでも言うがいい。さあもうお喋りはおしまいだ!さっさと暗殺メガネを掛けろ!」
「嫌だ!」
「メガネ嫌いか!」
「この暗殺メガネが嫌いなだけだ!」
「じゃあアレか!別にメガネが嫌いって訳じゃないんだな?」
「別に嫌いじゃないよ!」
「普通の黒縁メガネだったら掛けてもいいって事だな?」
「普通のメガネだったら何縁だって掛けてもいいよ。」
「ようこそ!メガネ人へ!」
「いやだからって僕はメガネ人じゃない!」
「なら何人だ!」
「何人って、あえて言うなら目がいい人です。」
「神か?」
「はい?」

第四百五十九話
「私は今日、神に会った」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

「第四百六十話」

「探偵さん!」
「何ですか?警部さん。」
「何ですか?警部さん。だなんて、のほほんと言ってる場合ですか!」
「別に僕は、のほほんと言ってませんよ。」
「コーヒーを飲みながらオーシャンビューでオーシャンビューをオーシャンビューしてるじゃないですか!そう言うのを世間一般では、のほほんと言うんです!」
「部屋を直角にウロチョロしてないでどうです?警部さんも一緒にコーヒーでも。」
「探偵さん!」
「少し落ち着きましょうよ。」
「この宿泊施設で人が殺されたんですよ!」
「だから、落ち着いて話を整理整頓しましょうよ。」
「整理整頓は嫌いじゃないです。」
「どうぞ。」
「いただきます。」
「で、見たんですよね?」
「見たんですよ。」
「殺害の現場を目撃したんですよね?」
「結構この世界に長く身を置いてますが、殺害の現場を目撃したのは初めてです。」
「僕がずっと昨晩から気になってたのはそこなんですよ。」
「まさか犯人が分かったんですか!だったら今すぐ犯人のとこに行って、犯人はお前だ!ってやりに行きましょう!馳せ参じましょ!」
「そんな直角に立ち上がらないで、もう一回直角に座って話の続きをしましょう。」
「探偵さん!こうして2人でのほほんとオーシャンビューをオーシャンビューしながらコーヒーを飲んでる間にも!また殺人が行われるかもしれないんですよ!」
「なぜ逮捕しないんですか?」
「はい!?」
「警部さんが殺人の目撃者なら、わざわざ僕が探偵しなくても1発で逮捕出来ますよね?と言うかなぜその場で犯人を逮捕しなかったんです?」
「探偵さん?アンタ何も分かっちゃいねぇ。」
「急なキャラ変は何なんですか?」
「私は警部だが、今は警部ではない。」
「はい?」
「私は目撃者なんですよ!」
「目撃者の警部ですよね?」
「いやですからね?人は1つの職業にしか就けないんですよ。」
「そんな事ないでしょ!いやましてや目撃者は職業ではない!」
「この地球上に目撃者と言う職業があってもいいじゃありませんか。」
「僕の知る限り、地球上を持ち出す人間にロクな人間いません。」
「私はね?探偵さん。あの時から警部を退職して目撃者に就職したんですよ!これからは目撃者で家族を養って行こうって本気で誓ったんですよ!真横にあった奇妙なオブジェに!」
「すいません。何か恐いです。」
「探偵さん!私は探偵さんより何億倍も恐いですよ!だって目撃者なんですから!次に殺されるのは私かもしれないじゃないですか!」
「・・・・・・・・・。」
「なぜ沈黙なんですか?もっと貴方は殺されない!とか、次の殺人が起こる前に犯人の正体を突き止めます!とかないんですか?それとも!?犯人が分かったんですか!」
「探偵が沈黙したからって、必ずしも犯人が分かった訳じゃないですよ。言葉もないってヤツの沈黙ですよ。」
「役に立たない探偵さんですね!」
「警部さんにだけは言われたくない!」
「ずっと気になってたんですが、その警部さんって呼ぶのやめてもらえませんか?私もう警部じゃなくて目撃者なんで。」
「なら!さっさとこんな殺人事件を解決してしまいましょう!」
「そう来なくっちゃ!」
「誰ですか!」
「凄い威圧ですね。誰って、私は」
「そうじゃなくて!目撃者さんが目撃した犯人ですよ!」
「ちょっと落ち着いて下さいよ。探偵さん。」
「この状況で自分でも驚くほど落ち着いてますけどね!本当だったらこの拳で貴方の事をぶん殴ってやりたいですよ!」
「そうなんです!さすが探偵さんだ!」
「意味不明に褒めないで下さい。」
「犯人は、殴り殺したんです。」
「それは僕も死体を見てるので知ってますよ。」
「無邪気でした。」
「何がですか?」
「無邪気なパンチでした。」
「いやパンチが無邪気とかどうでもいいんで。」
「あんな無邪気なパンチ見た事ありません。いやまあ、パンチ自体そんな数を見た事ないんですけどね。」
「パンチいいですよ!別にどんなパンチだったかとか気になってないですから!そんな事よりも誰なんですか?」
「いやだから私は」
「そうじゃなくて!貴方の事は分かってますから!ちょくちょく記憶喪失ですか僕は!」
「大変ですね。」
「ちょくちょく記憶喪失ではない!犯人ですよ!犯人の顔!その無邪気なパンチを繰り出したのは誰なんですか!」
「左手でしたね。」
「何なんですか!そのちょいちょい小出しにヒントを与える姿勢!犯人は、左利きか!とかならないですよ?この場合!」
「醍醐味なのに?」
「顔見たんですよね?」
「見たんですよ!」
「ならそんな醍醐味は必要ない!」
「勿体ない。」
「この時間の方がよっぽど勿体ないですよ!」
「料理長でした。」
「それは殺された方でしょ!」
「だから、殺されたのも殺したのも料理長だったんですよ!」
「料理の長がなんで2人もいるんだ!」
「知りませんよ!殺されたのは料理長で、殺したのはTシャツに料理長って書いてあったんです。」
「ややこしいな!」
「話すとややこしいですけど、現場はそれほどややこしくなかったですよ。むしろシンプルでした。」
「でしょうね!それで一体誰なんですか!」
「何言ってるんですか探偵さん。」
「だから目撃者さんの事じゃなくて!」
「貴方ですよ。」
「はい?」
「下に着てるTシャツを見てみなさい。」
「何を言ってるんで!?どう言う事だ!?」
「震えて掴んでいるコーヒーカップを持つ手を見てみなさい。」
「左手!?そんなバカな!?確かに僕はさっきまで右手で持っていたはずだ!?」
「自分でも言ってたじゃありませんか。探偵さん。」
「何を言ってました?」
「ちょくちょく記憶喪失か、と。」
「・・・・・・・・・。」
「午前10時38分。殺人容疑で逮捕します。」

第四百六十話
「602号室の奇譚」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

「第四百六十一話」

 僕は、散歩していた。散歩していたら、ふと思った。そして人気のない路地に入り立ち止まり空を見上げて目を瞑り心の底から願った。

「世界が平和になりますように。」

「はい、世界は平和になりました。」

するとどこからか声が聞こえた。

「え?」

僕は目を開けて辺りを見渡すが声の主は見当たらなかった。ならきっと今のは神様なんだなと思い、願いを聞き入れてくれたんだなと喜び、僕は再び散歩の続きをと歩き出した。

「え?ええ?」

この日から人間の肘と膝の関節が曲がらなくなった。

 

第四百六十一話
「世界平和の始まりの日」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

「第四百六十二話」

 僕の妻は今、僕を救う為に奔走している。
「逃げたんじゃないのか?」
「信じてる。必ず帰って来るって僕は妻を信じてる!」
「帰って来ただけじゃダメだ。ただ帰って来ただけじゃな。」
夜の侵入者は、寝ている僕と妻を電撃で目覚めさすと同時に気絶させた。目を覚ますと妻の姿はなく、僕はロープでグルグル巻きのバスルームでミノムシ状態だった。夜の侵入者は、バスタブの淵に座り、楽しそうに銃口を僕に向けながら、僕より先に目を覚ました妻の経緯を語った。夜の侵入者は、夫婦愛を確かめる為にこんなバカげたゲームを仕掛けたようだ。先に目を覚ました方に後から目を覚ます方が殺されたくなければ自分の指定したモノを夜明け前までに持って戻って来い。そのまま逃げるのも警察に駆け込むのも自由。その夜の侵入者が妻に指定したモノは、深海に眠る存在してるのかどうかも分からない地球のへそと言う秘宝だった。
「夜明けまであと3時間だ。」
「3時間でそんな存在してるのかどうかも分からない地球のへそなんて聞いた事もない秘宝を見付けて戻って来れられる訳がないだろ!」
「夫婦愛があるなら、存在してるのかどうかも分からない秘宝でも見付けて戻って来られるんじゃないか?」
ムチャクチャだ。ムチャクチャ中のムチャクチャだ。夜の侵入者は、きっと誰でもいいから殺したいだけなんだ。だけど単に殺すだけだったら罪悪感に苛まれるから、ムチャクチャな理由をこじつけてるだけなんだ。
「お前は!誰でもいいから殺したいだけなんだろ!」
「おいおいおい、人をその辺の頭のイカれた殺人衝動を抑えられない変人と一緒にするな。」
この男が変人じゃなかったら一体何が変人なんだか分からない。
「今頃、妻はきっと警察に向かってる!お前は逮捕されるかその場で射殺だ!」
「その時はその時だ。だが、警察が来た時点でお前は夫婦愛が無かったと絶望しながら死ぬんだぞ?」
「夫婦愛が無いって言うのは、お前の勝手な思い込みだろ!僕達夫婦にはお互いを愛する気持ちが確かに存在する!」
「それはそれで、お前の勝手な思い込みだろ?」
「何だと!お前みたいな奴に何が分かる!僕達の夫婦愛の何が分かる!」
「分かるさ。夜が明ければ全てがな。」
「存在するかどうかも分からない秘宝を持って来いだなんてムチャクチャな事を言っといて何が夫婦愛だ!」
「だから、夫婦愛があれば持って帰って来られるだろ?」
最悪だ。最悪の結婚記念日だ。予想を遥かに上回る最悪だ。予約したレストランもサプライズのプレゼントも全てが最悪だ。
「最高だろ?」
「ふざけんな!この状況の何が最高だ!」
「考えてもみろよ。こんな機会一生無いかもしれないんだぞ?自分達夫婦の夫婦愛が計れる機会なんてな。」
「夫婦愛があるかどうかなんてその夫婦が互いに計ればいい事だ!こうやって他人が勝手に間に入って計るもんじゃない!」
「だが、こうして他人が間に入った方が分かりやすいだろ?ありがたいだろ?感謝される事はあっても非難されるの事じゃないだろ?」
「狂ってる!」
「これが狂ってるって言う世の中の方が狂ってる。お前は信じてるんだろ?」
「ああ、信じてる。必ず妻は警察に駆け込んで僕を救ってくれるってな!」
「悲しいねぇ。そんな風にしかお前は妻を信じられないのか?それがお前の夫婦愛なのか?それが妻の夫婦愛なのか?今、妻は自分を助ける為に存在するかどうかも分からない秘宝を一生懸命探してるって考えられないのか?」
「考えられ」
「ただいまー!秘宝、あったよ!」
「おい、なんて言おうとしたのか知らないが、最後まで言わなくて良かったな。」
「え?僕?僕だけがまともなんじゃなくて、僕だけがおかしいバージョン?」

第四百六十二話
「妻側を書いた方が面白かったかなと思った作品でしたね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

「第四百六十三話」

「子供はその先の悲しみを想像できないから勇気がある。大人はその先の悲しみを想像できるから優しさがある。」
「そんな独自の哲学なんかどーでもいいから!さっさと船を出しなさい!」
夜の侵入者は、寝ている私と夫を電撃で目覚めさすと同時に気絶させた。目を覚ますと夜の侵入者はまだ気絶している夫をロープでグルグル巻きのミノムシ状態にした。夜の侵入者は、楽しそうに銃口を夫に向けながら、夫より先に目を覚ました私がこれから何をすべきなのかを語り出した。夜の侵入者は、夫婦愛を確かめる為にこんなバカげたゲームを仕掛けたようだ。先に目を覚ました方に後から目を覚ます方が殺されたくなければ自分の指定したモノを夜明け前までに持って戻って来い。そのまま逃げるのも警察に駆け込むのも自由。その夜の侵入者が夫を助ける為に私に指定したモノは、深海に眠る本当に存在してるのかどうかも分からない地球のへそと言う秘宝だった。私は家を飛び出し向かって来る原付バイクの運転手に跳び蹴りをかまして原付バイクにまたがって、とりあえず深海だから港へ走らせた。
「待ってなさいよ!絶対に存在するかどうかも分からない秘宝を持って帰るから!」
と赤信号で止まる度に叫びながら港に着くと、丁度いい具合に船が停泊していて丁度いい具合に月明かりに照らされながら船長が黄昏れていたので私は私をラッキーガールだと歓喜に沸きまくっていた。
「子供はその先の悲しみを想像できないから勇気がある。大人はその先の悲しみを想像できるから優しさがある。」
「そんな独自の哲学なんかどーでもいいから、さっさと船を出しなさい!」
「船を出したいなら奥さん。どうか私の上から原付バイクごとどいてはくれないだろうか?」
「あ、ごめんなさい!勢い余って轢いてた!?本当にごめんなさい!」
「大丈夫。よくある事かもしれないですから。」
「寛大ね!さすが豪華客船の船長!」
「の隣の小さな船の船長ですけどね。それで?なぜこんな夜中の夜中に船に乗りたいのですかな?」
「いろいろ信じられない出来事が巻き起こってるの!詳しくは説明できないんどけどそこは察して!」
「うむ、察しましょう。」
「ありがとう!で、なぜこんな夜中の夜中に船に乗りたいかって言うと!」
「まさか奥さん?存在するかどうかも分からない秘宝、地球のへそを探しに行くのではなかろうね?」
「そうよ!さすが豪華客船の隣の小さな船の船長!」
「船乗りの間では有名過ぎる話ですよ。あまりにも有名過ぎて今では逆にもう誰も口にしない話です。」
「やっぱり存在するのね!存在するかどうかも分からない秘宝は!」
「いやいやいや、奥さん?存在するかどうかも分からない秘宝だから、存在するかどうかも分からない秘宝と呼ばれているのです。」
「とにかく!船を出して!」
「地球のへそを探しに行くのは構わないが、私はその前にまずは病院に行きたいのだがいいかい?」
「ダメよ!そんな時間ないのよ!夜明け前までには家に帰らなきゃならないの!それに今日は結婚記念日だし海の上にいる場合じゃないのよ!」
「それはそれは、おめでとう。」
「ありがとう。」
「なるほど、それで旦那さんに地球のへそをサプライズのプレゼントにしようって訳なのだね?」
「もうなんかそう言う解釈でも何でもいいから早く船を出して!」
「分かった。船を出そう。」
「ありがとう!」
なんかこう言う感じで話すと手抜きみたいに思われるかもしれないけど、船に乗って宝探しの途中、海賊と戦ったり、地図に載ってない怪しい島で化け物と戦ったり、その時知り合った博士がくれた発明品で存在するかどうかも分からない秘宝を発見して、海賊とまた戦ったり、宴で盛り上がってる最中にうっかり怪盗に盗まれた存在するかどうかも分からない秘宝を取り戻したり、お姫様を助けたり、その結婚式に参加して涙したり、海賊と戦ったり、なんだかんだ3ヶ月ぐらい経った頃、それぞれがそれぞれの運命に還る最後の晩餐と涙の別れをした後、あの時知り合った博士がくれた時間を戻す禁断の発明品で結婚記念日の夜中の夜中の原付バイクで豪華客船の隣の小さな船の船長を轢く前に戻して、私はUターンして家に戻って来た。
「ただいまー!秘宝、あったよ!」

第四百六十三話
「だから書いてみた妻側」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »