« 「第四百六十話」 | トップページ | 「第四百六十二話」 »

2015年4月15日 (水)

「第四百六十一話」

 僕は、散歩していた。散歩していたら、ふと思った。そして人気のない路地に入り立ち止まり空を見上げて目を瞑り心の底から願った。

「世界が平和になりますように。」

「はい、世界は平和になりました。」

するとどこからか声が聞こえた。

「え?」

僕は目を開けて辺りを見渡すが声の主は見当たらなかった。ならきっと今のは神様なんだなと思い、願いを聞き入れてくれたんだなと喜び、僕は再び散歩の続きをと歩き出した。

「え?ええ?」

この日から人間の肘と膝の関節が曲がらなくなった。

 

第四百六十一話
「世界平和の始まりの日」

|

« 「第四百六十話」 | トップページ | 「第四百六十二話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/59655246

この記事へのトラックバック一覧です: 「第四百六十一話」:

« 「第四百六十話」 | トップページ | 「第四百六十二話」 »