« 「第四百六十三話」 | トップページ | 「第四百六十五話」 »

2015年5月 6日 (水)

「第四百六十四話」

朝、目が覚めて僕は、すぐに体の異変に気付いた。これはきっと母さんの為業だとすぐに気付いた僕は、全力疾走で母さんが居る母さんの部屋へ向かった。
「母さん!」
「朝から全力疾走でなんですか!家が壊れたらどうするんです!朝から家の中を全力疾走していいのは、朝から家の中を全力疾走していい免許の持ち主だと決まっているんです!それはもう古からです!」
「母さん、僕の腕を返して下さい。」
「何の話ですか?朝から母さんの部屋で下ネタはやめなさい。」
「どこが下ネタなんですか!惚けたって無駄ですよ?父さんは仕事で海外に出張中なんです。だからこの家には今、母さんと僕の2人だけなんです!僕の腕をもぎ取れるのは母さんしかいないではないですか!」
「2人だけじゃないかもしれないわよ?」
「そんな恐い事を言っても誤魔化せませんよ!学校が始まる前に早くもぎ取った腕を返して下さい!」
「腕をもぎ取られたぐらいで動揺するんじゃありません!母さんはアナタを腕をもぎ取られたぐらいで動揺するように育てた覚えはありません!」
「動揺はしてません。至って冷静です。」
「ならよし!行ってよーし!」
「だから腕を返してもらわないと行けないんですよ!」
「なぜ?」
「母さん?考えてもみて下さい。僕は中学生です。」
「いつの間に!?」
「今日、体育の授業で飛び箱を飛ばなければなりません。」
「だから何です?」
「腕を1本もぎ取れた状態で飛び箱が飛べると思いますか?」
「だから、だから何です?飛び箱が飛べたからと言って、将来大金持ちになれるのかしら?飛び箱が飛べたからと言って、将来国を動かす政治家になれるのかしら?飛び箱が飛べたからと言って、将来謎の病原体を退治するワクチンが作れるのかしら!!」
「いやそれらは全て飛び箱に限った事ではないではありませんか。中学生と言う世界の中での話ですよ。」
「小さな世界の話ね。」
「僕には全てです。」
「今日も小さな世界へいってらっしゃい。」
「ですから、もぎ取った腕を返してもらわないと行けないんですよ!」
「足があるじゃない!立派な2本の足があるじゃない!」
「足は2本あるけど腕が1本しかないんですよ!」
「幻の話?」
「ここまで話してて今更幻の話な訳がないじゃありませんか。」
「ここまで話してて今更幻なのが幻でしょ!」
「母さん!ふざけていないで僕の腕を返して下さい!」
「ふざけてるですって?母さんはね!生まれてから1度もふざけた事なんてございません!」
「そう言う事を白眼で言ってる時点でふざけてると言うのです!いいですか?僕がまだ中学生だから話は飛び箱で済まされますが、これがパイロットだったらどうですか?墜落ですよ!」
「離陸に比べたら墜落なんて簡単な話よ!」
「これが医者だったら今日の手術は失敗ですよ!」
「成功に比べたら失敗なんて簡単な話よ!」
「山岳救助隊なら誰も助けられませんよ!」
「生かすに比べたら見殺すなんて簡単な話よ!」
「例え話を意味不明な残忍な例え話で返さないで下さい!」
「アナタが残忍な例え話するからでしょ!」
「どこが残忍な例え話なんですか!」
「だって飛び箱に比べたらあまりにも人の命が犠牲になり過ぎじゃない!」
「母さんがした事は場合によったら多くの人の命を犠牲にすると言う事ですよ!」
「地球にとったら人口が減っていい事かもしれないわね!」
「どんなポジティブ思考の持ち主なんですか!」
「話は変わるけど、今日の晩御飯はカレーライスでいい?」
「変わり過ぎでしょ!ここでそんな急激に話をねじ曲げていい訳がないじゃありませんか!」
「だから断りを入れたでしょ?アナタの腕をもぎ取る時もちゃんと断りをささやいたのよ。」
「断りを入れたら何をしたっていいもんじゃないんです!とにかく返して下さい!腕!」
「返すのは簡単よ?でもね?またもぎ取るのは凄く大変な事なのよ?」
「どうしてまたもぎ取ろうとするんです!」
「そこに腕があるから。」
「何でもかんでもそんな感じで言えば誰かがいい感じに解釈すると思わないで下さい!」
「10億人いたら1人ぐらいは共感してくれるかもしれないじゃない!10億人いたら1人ぐらいは共感してくれるかもしれないって思想で育ってもらいたい。」
「そんな思想!ほぼ独りぼっちではないですか!」
「いいじゃない!結局人は死ぬ時は独りぼっちなのだから!」
「それでも僕は!腕を返して欲しいんです!」
「腕なんかなんだい!そんな風には考えられないの?」
「悲しいかな人は、そんな風には考えられない生き物なんです。」
「つまらない生き物ね。」
「母さんもそんなつまらない生き物の1人ですけどね。」
「なんか冷めたわ。」
「何に熱してたんですか。」
「好きなだけ持って行けばいいわ。そして好きなだけ飛び箱でも飛べばいいわ。」
「好きなだけって腕狩りですか?」
「伝説のね。」
「訳の分からない伝説を1つ増やさないで下さい。じゃあ、腕は返してもらいます。」
「いってらっしゃい。母さんは電気も点けずにウイスキーをガブ飲みしながら帰りを待ってるわ。」
「どうしてそんな典型的に落ち込めるんですか!」
「完成形だと思い込んでいる人って生き物によ。」
「はあ、深いですね。」
「晩御飯はカレーパンに降格よ!」
「母さん?僕の中ではカレーパンの方が上です。」

第四百六十四話
「まだ手が重要視されていた時代のお話」

|

« 「第四百六十三話」 | トップページ | 「第四百六十五話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/59900185

この記事へのトラックバック一覧です: 「第四百六十四話」:

« 「第四百六十三話」 | トップページ | 「第四百六十五話」 »