« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月 3日 (水)

「第五百三話」

 夫を亡くして気付けば半年、ようやく忙しい日々が少し落ち着き取り戻して来た頃、私はとある洋食屋の前に立っていた。あの日、夫は外食してから帰宅し、いつもより幸せそうな顔で過ごしていた。お風呂に入り、晩酌をして、夫婦の営みを終え、私達は眠りについた。そして、朝を迎えて私の横で夫は、とても幸せそうな顔で死んでいた。お医者さんから聞かされた死因は、突然死だった。警察の方で解剖してもらってけど、でもやっぱり結果は変わらなかった。脱力感と使命感の日々を過ごす中、半年が過ぎようとしたある日、リビングのソファーで虚無感に襲われながら、夫と過ごした日々を断片的に回想しながら、最後の日に夫が玄関で言った何気ない言葉と、テーブルの上に置かれた解剖結果の用紙に書かれた文字が、繋がった。

第五百三話
「死ぬほど美味いで、死ぬ」

「いらっしゃいませ。」
「・・・・・・。」
ここがあの日、夫が外食した洋食屋。普通のどこの街にでもありそうな洋食屋。店内もメニューもマスターも至って普通な洋食屋。私は、カウンターの真ん中に座った。
「ご注文は、お決まりですか?」
もちろん、この洋食屋に入る前から、何を頼むかは決まっていた。
「グラタンとアイスコーヒー。」
「かしこまりました。」
夫は、この洋食屋のグラタンを死ぬほど美味いと言っていた。その夫が愛したグラタンを味わいたい訳じゃない。コイツだ。このマスターが、私の夫を殺したんだ。死ぬほど美味いで人は死なないって思ってるかもしれないけど、違う。それは違う。人は、死ぬほど美味いで、死ぬ。私の夫がそうだったように!死ぬほど美味い料理は、罪!
「お待たせしました。グラタンとアイスコーヒーです。」
「マスター?」
「はい。」
「この男の人、知ってます?」
私は、マスターに夫の写真を見せた。マスターは、夫の写真を手に取り、しばらく眺めていた。そして、何かを思い出したかのように、私を見た。
「この人、確か半年前ぐらいだったかな?ウチの店のグラタンを食べて、物凄く褒めてくれたんですよ。あんなに褒めてもらて、あんなに幸せそうな顔で料理を食べてくれる人は初めてだったんで、覚えてますよ。」
「その時、その人、グラタン食べて何か言いませんでした?」
「何か?そうですね?ああ、言ってました!死ぬほど美味いって!」
「死にました。」
「えっ?」
「その人、私の夫なんです。この洋食屋で死ぬほど美味いグラタンを食べた翌日、死にました。」
「それは、ご愁傷様でした。」
「人殺し!」
「はい?ちょっと、奥さん!落ち着いて下さい!」
「マスター!貴方は人殺しよ!」
「ちょっと待って下さい!私は、人殺しじゃありませんよ!」
「夫は!ここで!この洋食屋で!死ぬほど美味いグラタンを食べて死んだんです!」
「待って下さい!僕がグラタンに毒でも入れて旦那さんを殺したって言いたいんですか!?僕はあの日、旦那さんとは初めて会ったんですよ?殺す理由がない!それに僕は人を殺したいって思った事なんてありません!」
「殺意のない殺人よ。」
「どう言う意味ですか!」
「だから言ってるでしょ!夫は、死ぬほど美味いグラタンを食べて死んだのよ!」
「まさか、死ぬほど美味いで死んだって言いたいんですか!?」
「そうよ!」
「そんなバカな!」
「そんなバカな?なぜ?何が?どこが?そんなバカななの?」
「死ぬほど美味いグラタンを食べたからって、それが理由で、それが原因で本当に死ぬ訳がないじゃないですか!」
「死ぬのよ!人は、死ぬほど美味い物を口にしたら、本当に死ぬのよ。」
「そんな!」
「このグラタンは、殺人グラタンなのよ!」
「そんな風に言わないで下さい。旦那さんの事は、心中お察しします。でも、突然死だったんではありませんか?」
「そうよ。」
「だったら!」
「突然死の正体が、そうだったらどうする?」
「どう言う意味ですか?」
「突然死の原因の一つが、死ぬほど美味い物を口にした事だとしたら!」
「そんな突拍子もない!?」
「人は死期が分かるって言うでしょ?そう言う事よ!」
「どう言う事ですか!」
「頭の回転が遅い人ね!口にまで出して、死ぬほど美味いって言ってるって事は!つまりはそう言う事でしょ!無意識に己の死を悟ったって事でしょ!」
「奥さん!」
「何よ!」
「奥さんはきっと、旦那さんの死を受け入れられてないんですよ。現実と非現実の狭間で混乱してるんですよ。」
「バカな事言わないで!」
「突然死を受け入れきれずに、どこかにその死の原因を見出そうとしているだけなんですよ!」
「私の頭は今、とってもスッキリしてるわ。今まで生きて来た中で一番ね!」
「だったら、奥さん。僕が作ったグラタンを食べてみて下さい。」
「ええ!もちろんよ!そのつもりで今日、ここに来たんですもの!」
「どうぞ。」
「・・・・・・・・・。」
一体、夫が死ぬほど美味いと言っていたグラタンの味とは、どんな物だったのか?そして、本当に人は死ぬほど美味い物を口にしたら、死ぬのか?答えは、これを口にすれば分かる。
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・不味ッ!」
「そうなんです。不味いんです!僕が作るグラタンは!」
「何よこの不味さ!殺人的に不味いじゃない!」
「普通の材料を使って作ってるんですけど、なぜだか不味くなってしまうんです。」
「貴方、これでよく洋食屋なんかやってるわね!」
「お恥ずかしい。でも、不味いのはグラタンだけで、他のメニューは普通です。」
「なら、グラタンをメニューから外しなさいよね!どんな神経してんのよ!」
「すいません。でも、これでお分かりですよね?」
「何が?」
「旦那さんは、そのグラタンを食べて、死ぬほど美味いと言ってくれたんです。初めてだったんですよ。グラタンを食べてそんな風に言って下さったお客さん。皆さん、もれなく必ず怒ります。もちろん、旦那さんも一口しかグラタンを召し上がりませんでした。」
「当たり前よ!こんなの全部食べたら、それこそ死ぬレベルのグラタンよ!むしろ夫が何で怒らなかったのが不思議よ!」
「優しいんですよ。」
「えっ?」
「旦那さんは、物凄く不味いグラタンを食べて、唯一死ぬほど美味いと言うジョークで、笑い飛ばしてくれたんです。とても優しい方です。亡くなったと聞いて、とても残念です。」
「・・・マスター。」
「すいません。奥さんが一番辛いはずなのに、泣いてしまって。」
「ありがとう、マスター。そんな風に夫の事を思ってくれてて。」
「いえ。」
「夫の死の原因は、このグラタンじゃなかったようね。」
「誤解が解けたみたいで良かったです。」
「でも!このグラタンは、メニューから外した方がいいわ!不味くて不味くて!」
「どうぞ、アイスコーヒーで口直しして下さい。」
「もちろんよ。」
「すいません。」
「えっ?何このアイスコーヒー!」
「自慢のアイスコーヒーです。」
「美味い!」
「ありがとうございます。」
「死ぬほど美味い!えっ!?まさか!?こっち!!」
「はい?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

「第五百四話」

「なっ、なななな何だこれは!?どっ、どどどどどう言う事なんだこれは!?」
私は、このマンションの管理人です。いつものようにゴミ置き場の清掃に向かったら、まさか変わり果てた姿の602号室の住人に出会うとは、思いもしませんでした。一体何がどうなって、こうなったんでしょうか?

第五百四話
「ゴミ置き場の全裸死体」

 俺は、シャワーを浴びていた。体の異変は、突然やって来た。
「えっ!?」
気付くと俺は、口から血を吐き、肛門から血を垂れ流していた。
「はあ?」
バスルームは、一瞬で凄惨な殺人現場と化した。何が起きたのか理解しようにも理解出来ない俺は、呆然としていた。だが、頭の中は、空回りのフル回転だった。
「えっ?」
兆し?そう、こう言う事って、もっと普通は何か兆し的なもんがあるんじゃないのか?さっき目が覚めて、カーテンを開けて太陽の光を浴びて、バスルームでシャワーを浴びるまで、俺には兆しはなかった。それとも、俺の普通が間違ってたのか?こう言う事って、死ぬって事って、むしろ全く何の兆しもなく、むしろいつも突然やって来るもんなのか?俺は一人、賃貸マンションの一室のバスルームで、今から死ぬのか?血を吐いて、血を垂れ流しても、これと言って体のどこも痛くない状態なのに?それとも、もはや痛みとかすら凌駕してる状態なのか?もう、痛みとかって問題じゃないのか?
「俺、死ぬのか?」
少しだけ冷静になった頭で血のバスルームをゆっくりと見渡した。まあ、人がこんだけ血を吐いて垂れ流したら、普通死ぬな。体のどっかが悪いんじゃなくて、体全体が悪いってレベルだもんな。そっかそっか。こんな感じなのか。何かこう、死ぬってもっと壮大なイメージだったけど、実際はこう、賃貸マンションのバスルームで一人、誰に看取られる訳でもなく、呆気なくって感じなのか。
「そっかそっか。」
父さんや母さん、元気にしてるかなぁ?そう言えば、もう何年も顔見せてないや。こんな事になるなら、仕事が忙しいからとか言ってないで、実家に帰っとくんだった。姪っ子や甥っ子も大きくなってるんだろうなぁ?何だ何だ。今の俺には、とてつもない後悔しかないな。
「ははっ。」
んまあでも?死を目前にして、後悔しない人間なんかいないか。何だか笑えて来た。いや、俺は後は死ぬだけだから笑ってられるけど、実家の家族はきっと、悲しむだろうな。メチャクチャ悲しむかどうかは分からないけど、全く悲しまないって事はないもんな。そう考えると、何か申し訳ないな。今から実家に電話して「これから死ぬけど、ごめん!」とか言った方がいいのかなぁ?
「って、おい!」
そんな事をしたら、自殺かと思われるだろ!もっと家族の頭を混乱させるだけだろ!まあ、このままここで、死ぬのが無難だな。やれやれ、こんな事になるんなら、もっと頻繁に人間ドックとかに行っとくんだったよ。残された家族に精神的なダメージを与えちゃうだろうなぁ?
「ごめん。」
でもこう、あれじゃない?実は意外と、あれだったりするんじゃない?死ななかったりするんじゃないの?だって、何だかんだで、全くどこも痛くない訳だし、たまたま余分な血を吐き出して垂れ流しただけとか?案外、こう言うのって、そう言うもんだったりするんじゃないの?
「いや、違う。」
何か、そう言う希望的観測は、やめよう。この状況、どっからどう考えたって、完全に死ぬよ。きっと、数時間後か数十分後か数分後かには、死ぬよ。明日の世界に俺は、存在しない。ん?だったらだぞ?だったら、その残された後どれくらいあるか分からない時間を有効に活用すべきじゃないのか?
「そうだよ!」
絶対にそうすべきだよ!と、言う事はだぞ?まず、全裸はマズいよな!これは絶対にマズい!せめて、ベッドで横になって眠るように死んでるって形が、無難だ!そうだそうだ!そうしよう!絶対にそれがいい!
「ん?」
だとしたら、もう少し部屋を片付けた方がいいかもな。俺が発見されて、部屋が汚かったら、ちょっとみっともないもんな。んじゃあ、ギリギリまで部屋の片付けをして、もうそろそろヤバいかなってなったらベッドで横になろう!
「よしよしよし!」
そうだ、それがいい!まず、バスルームを出よう!体を拭いて、髪を乾かして、服を着て、部屋を片付けて、それからベッドで死のう!
「まず、バスルームを出る。」
ここで、全裸で死ぬのが嫌だからベッドに行ったんだなって、思われないように、血を綺麗に洗い流さないとな。
「よし!」
これで、バッチリだ。んまあ、多少濡れてるのは、ご愛敬だな。乾くかもしれないしな。で、体を拭いて、頭を乾かす。部屋の片付けをして、死ぬ。
「部屋の片付けをして・・・部屋の片付け?」
マズい!非常にマズいぞ!片付けとか服を着るとか髪を乾かすとか体を拭くなんて事よりも最優先でやらなきゃならない事があっただろ!ああ、俺はバカか!何でもっと早くに気付かなかったんだよ!残された時間は僅かだって言うのに!
「ゴミ袋ゴミ袋ゴミ袋ゴミ袋!どこだゴミ袋!」
部屋にあるスケベなもんを全て処分せねばっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

「第五百五話」

「貴様!今、何と名乗った!」
「耳毛マン!」
「ふざけるな!」
「ふざけてない!僕は、悪を確実に許さない!正義の味方!耳毛マン!」
「そのネーミングが、ふざけてると言っている!」
「ふざけてない!ふざけてるのは、お前の方だ!平和だけが取り柄のこの素晴らしき町に、いとも簡単に悪を持ち込みやがって!この野郎!」
「フハハハハハハ!ふざけてなどいないわ!この町を拠点に、私はこの地球を征服してやるのだよ!」
「僕がそんな事をさせない!正義の味方!耳毛マン!」
「フハハハハハハ!そんな訳の分からんネーミングの正義の味方に、この私が倒される訳がない!」
「訳は分かるだろ!まんまじゃないか!」
「何がだ!」
「僕は、耳毛を武器化して悪と戦う正義の味方!だから、耳毛マン!正義の味方ってのは、ネーミングで悪と戦う訳じゃない!平和を守る為に戦うんだ!」
「フルヘルメット的な!そう言う感じな物を被ってて耳毛を武器化出来る訳がないだろ!」
「うるさい!」
「うるさいって!」
「喰らえ!耳毛ビーム!」
「効かん!いや、手のひらから出してるだろ!」
「出してない!手のひらから出してるように見せ掛けて耳毛からビーム出してるんだ!」
「だとしたら、なぜそんな訳の分からん事をしなければならんのだ!」
「僕が耳毛マンだからだ!」
「説明になってないだろ!」
「喰らえ!耳毛ソード!」
「効かん!今、明らかに背中から取り出しただろ!」
「違う!まるで背中から取り出したかのように見せ掛けただけだ!ちゃんと耳毛をソードにした!」
「だとしたらだ!その手間が必要なのか?」
「必要に決まってる!」
「決まらないだろ!正々堂々と耳毛からすればいいだろ!」
「うるさい!意表を突いてんだ!」
「だったら、まるで突かれていないから、よせ!」
「お前みたいな悪に正義の味方の必殺技を指南される覚えはない!」
「イライラするだろ!」
「イライラするなら!勝手にイライラしてればいいさ!だがな、それを僕がさせてるみたいな口振りはやめてくれ!」
「貴様が原因だ!貴様しか原因が見当たらないだろ!」
「黙れ!悪!これでも喰らえ!耳毛ファイヤー!」
「効かん!おいちょっと待て!今のは、明らかに胸の部分が開いてファイヤーしただろ!」
「なんておめでたい悪なんだ!」
「何だと!?」
「胸の部分が開いてファイヤーしたみたいに見せ掛けての耳毛ファイヤーに決まってるだろ!」
「胸の部分が開いた時に!その奥にファイヤー出す装置みたいなのが見えたぞ!」
「それも全て見せ掛けだ!」
「いる!?」
「何がだ!」
「本当に貴様が耳毛を武器化出来たとしてだ!その見せ掛けに金掛ける必要性があるのかって事だ!」
「ある!」
「本当に貴様が耳毛を武器化出来るなら!普段着でもいいだろ!」
「素っ裸でもいいって事か!」
「極端な話、そうだ。」
「素っ裸の正義の味方なんか前代未聞だろ!単なる変態だろ!」
「極端な話だと言っただろ!そもそも、そんなフルヘルメット的な感じで耳毛ファイヤーって、自身が大火傷だろ!」
「喰らえ!耳毛ビーム!」
「効かん!いやだから、手のひらから出てるだろ!」
「出してない!」
「だったら、手のひらを私に向けずにビームを出してみろ!」
「悪のお前に必殺技の出し方を指導される覚えはない!」
「一度でいいから耳毛からビームを出してるって証明して欲しいだけだ!」
「そう言う事を一度でもやってしまうとクセになる!」
「金貸してくれとか言ってる訳じゃないだろ!」
「同じ事だ!」
「どこがだ!」
「喰らえ!耳毛ブーメラン!」
「効かん!おい、待て待て待て!今のは、絶対に耳毛じゃないだろ!」
「耳毛だ!」
「肩のパーツを掴んで投げただろ!」
「肩のパーツを掴んで投げたように見せ掛けただけの話だ!」
「物理的に見せ掛けのレベルを越えてるだろ!」
「見せ掛けの向こう側を見せてやったんだ!」
「どう言う事だ!」
「うるさい!話の通じない悪とは、会話したくもない!」
「話が通じないのは、貴様の方だろうが!」
「喰らえ!耳毛ドッグ!」
「効かん!って、マジの犬だろ!しかも偶然通り掛かっただけの!」
「違う!偶然通り掛かったかように見せ掛けての耳毛ドッグだ!」
「だったら、もう一度、耳毛ドッグを出してみろ!」
「うるさい!」
「いや、さっきから、うるさいって、どう言う事なんだ?子供じゃないんだからさ。」
「喰らえ!耳毛ソング!」
「はあ?」


町の平和はオーソドックスがいい
町の平和はシンプルが1番

喫茶店に行けば
コーヒーを注文
やっぱ今日はコーヒーやめよかな?
やっぱ今日は別のにしようかな?
やっぱ今日もコーヒーにしよう

アイスにしよう アイスにしよう

耳毛マン 耳毛マン
昨日も今日も 耳毛マン


町の平和はオーソドックスがいい
町の平和はシンプルが1番

動物園に行けば
ゴリラを見る
やっぱ今日はゴリラやめよかな?
やっぱ今日はサイにしようかな?
やっぱ今日もゴリラにしよう

マウンテンにしよう マウンテンにしよう

耳毛マン 耳毛マン
今日も明日も 耳毛マン


町の平和はオーソドックスがいい
町の平和はシンプルが1番

線を引くなら
二重線がいい
やっぱ今日は二重線やめよかな?
やっぱ今日は円を描こうかな?
やっぱ今日も二重線にしよう

コンパスで引こう コンパスで引こう

耳毛マン 耳毛マン
明日も明後日も 耳毛マン


「効かん!そもそもが、どんな技だだし!どんなソングだだしでもう!」

第五百五話
「大ピンチ、地球!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

「第五百六話」

「神父さん。」
「これはこれは、どうなされたのですか?お爺さん。」
「わしには、これと言って懺悔する事がないんだ。」
「それは素晴らしい人生ではありませんか。」
「神父さん。」
「はい。」
「本当にそうだろうか?」
「はい?」
「本当に、わしの人生ってヤツは、神父さんの言う通り、素晴らしいもんなんだろうか?」
「懺悔する事がない。それは、素晴らしい人生ですよ。」
「神父さん?」
「はい。」
「ならなぜ、わしはここへ来たんだ?」
「何も教会に来るのは、懺悔するだけではありませんよ。神に祈りを捧げてみてはいかがです?」
「昔、人を2人殺した。」
「あるんじゃん!めちゃめちゃ懺悔する事あるんじゃん!」
「神父さん?」
「はい。」
「これは、懺悔に値する事なのか?」
「まあ通常、人を殺したら、それは懺悔に値しますね。」
「あんな奴等でもか?」
「どんな奴等でもです。例えそれが、悪魔のような人間でもです。お爺さんは、物凄く悪人を殺したのですか?」
「いや、わしにこなクソってくらい優しくしてくれた奴等だ。」
「何で殺すんだ!そんな天使みたいな優しい人達を!もしかして、お爺さんは快楽殺人の類いですか!?」
「神父さん?」
「はい?」
「優しいってのは、罪なんだよ。」
「たまに何かそんな事を言う人がいますが、優しいは罪ではありません!優しいを罪だと言う人は単に、自身が優しくないからです!優しくするって言うのは、そんな簡単な話ではないのですよ?人に優しくするのは、物凄くエネルギーが必要なのです。」
「ちょっと待った神父さん?」
「はい?」
「これ今、懺悔状態になってないか?」
「んまあ、捉え方によっては、そうかもしれませんね。でもね?」
「それは困る!」
「はい?」
「あくまでわしは、懺悔する事がなくて、ここに来てるんだからな。娘婿にもそう言って家を出たのだからな。」
「人を2人殺しといて!?」
「3人だったかな?」
「なぜ増える!?と言うか、殺したか殺してないかで曖昧なんじゃなくて、殺した人数であやふやなんだから、懺悔しましょうよ!」
「イヤだ!」
「めちゃくちゃ首を横に振って、それがお爺さんの物言いですか!それともその優しくしてくれた人達は、お爺さんの財産を奪い取ろうと優しく近付いて来たとかって、話の最後に裏切りがあるのですか?」
「そんな事はない。奴等は、最後の最後まで優しかった。いや、わしに殺されてからもなお、優しい。」
「殺されてからも優しいって何なのでしょうか?ちょっとお爺さんの脳味噌を疑いたくなります。」
「神父さん?」
「はい。」
「山に登った事は、あるか?」
「唐突ですね。ええまあ、ありますが、本格的な山登りは経験ありません。」
「わしはな。」
「もしかして、人を殺したと言うのは、山で遭難して一緒にいた人達の事ですか?」
「1人はそうだ。」
「だとしたら、自身を責めるのはやめて下さい。それは事故であって、お爺さんが殺した訳ではありません。」
「責めてないさ。だから、わしには懺悔する事がないと言ってるだろ?」
「そうでした。1人と言いましたが、まさかもう1人も同じような感じで?」
「ああ、もう1人は船旅の途中で事故に遭ってな。2人とも優しい奴等だったよ。わしに殺されたってのに、奴等は今でも優しい思い出で、わしの中で生きてる。」
「2人とも事故なのですよね?だったらなぜ、そのように殺しただなんて言うのです?」
「心の奥では、無意識にわしは、奴等に懺悔したいと思ってるのかもしれないな。だから、気付いたら教会の前にいたのかもしれない。」
「娘婿に懺悔する事ないけど教会に行くと家を出たのでは?」
「信じられないかもしれないが、神父さん?」
「はい。」
「わしに優しくすればするほど、わしに優しくした人間の死ぬ確率が高まるんだ。」
「はい?急展開にも程がありませんか?」
「つまり、わしに優しくすればするほど、わしに優しくした人間の死ぬ確率が高まると言う事だ。」
「同じ内容を繰り返し言っただけですよね?いやそれは、お爺さんが身の回りで優しくしてくれた人達を亡くしているから、そう思いたいだけなのでは?それは、お爺さんの自分だけが生き残ってしまったと言う心理状態から、罪の意識が作り出した十字架ですよ!」
「数字が見えるんだよ。」
「数字って何です?」
「頭の上にな。」
「頭の上って?」
「その人間が、わしに優しくしてくれた数字がパーセンテージで見えるんだよ。そいつが、100パーセントになった時、その人間は死ぬ。」
「そんなバカな!それは、幻覚です!お爺さんの罪の意識が見せている幻覚です!」
「だとしたらなぜ、1人目の時から数字が見えてるんだ?」
「お爺さん?」
「何だ?」
「暇なんですか?」
「何?」
「暇で暇で、とてつもなく暇だからって、神父をからかいに教会に来たのですか?面白いですか?だとしたらそれはとても罰当たりですよ?」
「こんなわしにまともに説教とは、神父さん、優しいんだな。」
「それは、お爺さんの捉え方次第でしょ!ちょっとお爺さん?どこ見てるのですか?人の話は目を見て聞きましょう!」
「神父さん?」
「はい?」
「今ので、神父さんの頭の上の数字が97になったよ。」
「何で初対面でそんなに高い数字なんだ!」
「神父さんと言う時点で既に95パーセント持ってるんだ。」
「どう言うルールなんだ!」
「わしの言ってる事が本当かどうか、確かめてみるかい?神父さん?」
「まさか、3人って!?3人目は私の事か!?」
「どうする?」
「どうもこうもない!帰れー!!」

第五百六話
「昨日は今年で3000才のお婆さん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »