« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月 6日 (水)

「第五百十二話」

 仕事でヘマをした。いやまあ、実際にヘマをしたのは、僕じゃない。ただ、会社の商品が不具合を起こしたのは間違いない。そして、その商品をセールスしたのは僕だ。朝一番で、そのお客に対してこれでもかってくらい頭を下げた会社への帰り道、海が見える遊歩道のベンチで僕は、コーヒーを飲んでいた。
「どう言う事だ!?」
しばらく海を何となくただただ眺めていたら突然、中年男性が、僕の顔を見るなり、驚いて話し掛けて来た。
「はい?」
「どう言う事だと聞いてる!」
「どう言う事だとは?」
「原作通りなら!お前はもうこの世にいないはずだろ!」
「はい?」
「死んでいるはずだろ!なぜ生きてる!」
「すいません。物凄く意味が分からないんです。」
「隣に座らしてもらうぞ!」
「どうぞ。」
「何をコーヒー飲みながら海を見て黄昏れてるんだ!」
「いや別に僕は黄昏れてた訳じゃないですよ。」
「だいたい原作通りなら!コーヒー嫌いだろ!何してんだ!」
「あのう?相変わらず言ってる意味が物凄く分からないんです。」
「原作の話をしてるんだろ!」
「いやですから、そのさっきからおっしゃってる原作通りならってとこが、物凄く意味が分からないんです。」
「お前!原作通りなら!もっと頭のキレる奴だろ!」
「まず、僕に原作はありませんよ。あるんだとしたら、今の僕そのものが原作です。」
「何を訳の分からない事を言ってるんだ!」
「それは僕の台詞です!」
「原作通りなら!お前は、ビルの一室からスナイパーに狙われて既に死んでいるんだ!」
「いや、その原作の僕は何者なんですか!?スナイパーに命狙われるって!」
「お前!仕事は何をしてんだ?」
「メガネを売り歩いてます。」
「原作通りだな。」
「原作通りなんだ!?でも、そらだと僕は既にスナイパーに殺されてなきゃならない?いやいやいや、物凄く意味が分からないんです。」
「待てよ?お前が生きてるって事はだ!家でかくまってる少女はどうした!無事なのか!」
「いやいやいや、そんな変質者みたいな事、する訳ないじゃないですか!」
「お前!少女をかくまってないのか!」
「当たり前じゃないですか!そんな事したら警察に捕まるでしょ!」
「捕まらないだろ!」
「捕まるでしょ!誘拐でしょ!」
「原作通りなら!警察から少女をかくまうように頼まれてるんだぞ!」
「いや何でそんな波瀾万丈なんですか!僕の原作は!」
「お前!兄弟は!」
「姉が一人と兄が一人です。」
「原作通りなら!妹が一人だろ!」
「いやもう、家族構成が原作と違うとか有り得ないでしょ!」
「有り得ないんだよ!何してんだ!」
「そこは僕の責任じゃないですよね!」
「とにかく!原作通りに軌道修正するには、爆弾男に追い回されるとこまで戻るぞ!どうせ追い回されてないんだろ?」
「追い回される訳がない!だから!何でそんな殺されそうな状況なんですか!原作の僕は!」
「マッチョのオカマに言われただろ!」
「マッチョのオカマの知り合いなんていません!」
「おい!何してんだ!何でお前は原作通りに事を運ばない!」
「だから!原作があるんだとしたら!今の僕が原作だからですよ!」
「お前にここまで原作を無茶苦茶にする権利があるのか!」
「だから!そもそもが無茶苦茶にする原作なんて僕にはないんですよ!」
「昨夜はハイウェイ逆走してヘリからのミサイル攻撃を危機一髪で回避しながら帰宅したんだろ!」
「大事件じゃないですか!映画でしか観た事のないシチュエーションだ!」
「いや、あの組織ならメディアに圧力をかけて事件にすらしない。」
「そんな組織が実際に存在してるなら、僕はひとたまりもないですよ!」
「だから!何で生きてるのかって驚いてるんだろ!そしたら、お前が原作通りじゃないって聞いて、また驚いてるんだろ!」
「夢ですか?僕は、現実の僕は本当はベンチで居眠りしちゃってるんですか?」
「いいか?これが夢だとしても原作通りなら既に死んでるお前の夢なら!夢だろうが現実だろうが関係ない!」
「あのう?」
「何だ!」
「そろそろ会社に戻ってもいいですか?」
「言い訳がないだろ!お前は!このまま原作を無視し続けるつもりか!戻るなら爆弾男に追い回されるとこに戻る!」
「いや例えば貴方の話が真実だったとして!既に死んでなきゃならない原作に戻りたくないですよ!」
「おいおいおいおい!何だ?何なんだ?そんな理不尽が許されると思ってんのか?だったら原作って何だ!何なんだよ原作って!好き勝手に原作ねじ曲げるんだったらな!そもそもテメェで白紙から作り上げればいいだろうが!」
「無茶苦茶に怒ってるとこ大変申し訳ないんですけど、そろそろ本当に会社へ戻らないと上司に物凄く怒られちゃうんですよ。」
「そうかそうかそうか!あくまで原作通りを無視して突き進むって言うんだな!」
「いやだから、何度も言うように、これが僕の原作であり、現実なんですよ。」
「よーし!分かった!だったら勝手にしろ!ただな!最後にこれだけは言わしてもらうぞ!」
「何です?」
「俺が一番許せないのはな!お前は!原作通りなら女だろ!」
「じゃあもう!それは人違いだ!そもそもが人違いだ!家族構成の段階でもっと真面目に議論しとけばよかった!貴方は!人違いをしてる!」
「人違いなどする訳がないだろ?俺は、原作通りなんだから。」
「はい?」
「さらばだ!」
「え?あ、ちょっと!」
はてなだなぁ?物凄くはてなだぞ?つまり、一周して元に戻ったって感じなのか?いや、そもそもが一周なんかしてないのか?でもまあ、これはこれで不思議な体験だったと言う事で、とにかく会社に戻ろう。

第五百十二話
「物凄く原作通り上司に怒られた」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

「第五百十三話」

 人がまだ一度も空を飛んだ事のない或る時代。或る国の或る丘の上に学者と新聞記者、二人の男が丘の下を見ていた。
「先生、無謀です!やめて下さい!」
「新聞記者のくせに、キミは何を言っているんだ?世紀の瞬間に立ち会えるんだぞ?これほど名誉で栄誉な事は、ないだろ!」
「この高さですよ?失敗したら、先生は助かりません!」
「失敗?」
「そうです!」
「いいか?人が空を飛びたいと憧れを抱いてる以上、いずれ人が空を飛ぶ日がやって来る!」
「そうでしょうか?」
「ああ!絶対に来る!」
「でも果たしてそれは、本当に必要な事なんでしょうか?」
「うむ。なかなか興味深い事を言うな。」
「失礼ですが、僕は一度も空を飛びたいと思った事がありません。」
「それは、なぜだ?」
「そうですね。特に問題ないからです。空を飛ばなくても今の僕の生活に支障はありません。」
「なるほど。確かにそうかもしれない。」
「それに、そんな事は、絶対に不可能だと思ってます。人がコンドルのように空を飛ぶだなんて、有り得ませんよ。何か大きな力に反発するみたいで、むしろ僕は怖いです。」
「神に逆らう感覚かな?」
「神が人を作り、この世界を作ったのなら、そうですね。そう言う感覚かもしれません。人は、空を飛べない生き物です。逆に言うなら、空を飛ばなくても生きて行ける生き物です。」
「キミが言ってる事は、だいたい正しい。正論に等しい。」
「だったら先生!こんな場所から空を飛ぶ実験なんかやめましょうよ!運良く生きていたとしても一生を棒に振りますよ!」
「だがどうだ?キミは空を飛ぶ必要がないと言う反面、私は空を飛びたいと大空に憧れを抱いている。神が人を完全に作り上げたのなら、こんな感情は取り除いていたはずだ。空への一切の興味をな。」
「しかし、先生!」
「ああ、分かっているさ。神とかじゃないんだろ?そんな存在の話ではなく、ただただキミは私の安否を心配してくれている。」
「そうです!だから、先生。今日は、町に帰って酒場で一杯やりましょう。僕が、おごります。」
「ありがとう。だがそれは、この偉大な実験が終わってからにしようではないか。」
「先生!」
「この実験は、いつでも可能って訳ではないんだよ。今日のこの気候でなければ計算上、実験は成功しない。今日を逃せば、次にいつこの実験が行えるかは分からないんだ。明日かもしれないし、数年後かもしれない。もしかしたら私が生きてる間は、二度と実験は行えないかもしれない。今日と言う日は、それほど貴重な日だと言う事だ。だが、いずれはどんな気候だろうが飛べるようになるだろう。世紀の瞬間への第一歩なんてのは、いつの時代だって制限だらけさ。」
「・・・先生。」
「おいおいおい!何をそんな悲しい顔をしてるんだ!それじゃあ、まるで実験が失敗するみたいじゃないか!」
「失敗しますよ。」
「ハハハッ!前人未到には、いつの時代にもその言葉は付きまとうもんだ。大丈夫だ。私は、必ず成功する。キミは、それを記事にすればいい。歴史に残る記事を綴ればいい。」
「先生!」
「丘の下で待っている。」
「先生!頭にコンドルの羽を一本付けただけで空を飛べる訳がないじゃないですか!」
「後で、酒場で一杯おごってくれ。」
「先生!」
「これは、人類の大きな一歩となる!」
「先生ぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

第五百十三話
「歴史に残る記事」

 或る国の或る町の或る酒場で新聞記者は、酒を飲んでいた。その向かいには、酔っ払った葬儀屋が座っていた。
「で?アンタはどうして、その学者を止めなかったんだ?」
「止めたさ!僕は何度も先生を止めた!何度も何度も!」
「そうか。まあでも仕方ねぇな。学者なんてのは、何を考えてんのか分かったもんじゃねぇ!世間の度肝を抜いて喜んでる人種だ。アンタに責任はねぇよ。」
「僕がもっと強引にでも止めてたらと思うと・・・。」
「だから、アンタにゃ責任ねぇってば!でもよぅ?あの丘からだろ?死体はバラバラなんじゃねぇか?それこそ鳥のエサになってるなんて笑えねぇジョークになっちまってんじゃねぇのか?」
「・・・・・・・・・。」
「だがまあ!その一部でも棺に入れて埋めてやらねぇとだな!」
「ん?埋める?何の話です?」
「だから!その先生の葬儀の話だろうが!しっかりしろよな!」
「いや、先生は生きてるよ。ほら、あそこでコンドルの羽を頭に一本付けて踊ってる。僕がもっと強引にでも止めてたら、この実験は成功しなかった。」
「んなバカな!?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

「第五百十四話」

「動物アレルギー?」
「はい。」
「ペンギンの?」
「違います。」
「ライオンの?」
「違います。」
「カバの?」
「違います。」
「何の?」
「人間以外の全ての動物です。」
「何で?」
「何で?いや、何でと言われましても生まれつきなんです。」
「そうじゃなくて、何で動物園に就職したの?」
「ご迷惑でしたか?」
「ご迷惑でしたかってレベルの話じゃないよね?」
「ありがとうございます。」
「え?何の握手?」
「園長が、こんな私を採用して下さった事への感謝です。」
「知らなかったからね!知ってたら採用しなかったよ!」
「なぜですか!私がブスだからですか!そうなんですね!酷い!」
「いや、そんな事言ってないでしょう。ブスの下り一切無かったでしょう。それに、ブスじゃないでしょう。」
「ありがとうございます。」
「何の握手?」
「園長が私の事をブスじゃないと言って下さったからです。」
「自分の事をブスって、女友達の前では言わない方がいいと思いますよ?」
「どうしてですか?」
「なぜならそれは、キミが美人の部類だからですよ。」
「ごめんなさい、園長!」
「何の謝罪?」
「私、不倫は無理です!」
「口説いてないでしょう!単なる忠告ですよ。忠告!」
「あ!そうでしたか!アハハハ!」
「ガハハハハ!」
「アハハハハハハハハ!」
「ガハハハハハハハハ!」
「アハハハハハハハハ!」
「ガハハハハハハハハ!」
「アハハハハハハハハ!」
「ガハハハハハハハハ!」
「アハハハハハハハハ!」
「ガハハハハハハハハ!じゃなくて!呑気に園長室で笑い合ってる場合じゃなくて!パンダが来るって決まった日じゃないんだから!」
「す、すいません!すぐ、ペンギンの散歩に!」
「ちょっとちょっと!」
「あ!すいません!私が失神してる間に時間過ぎちゃいましたね。では、ライオンの飼育小屋の掃除に行ってきます!」
「ちょっとちょっと!」
「あ!すいません!私が失神してる間にライオンの飼育小屋の掃除の時間も過ぎちゃいましたね。では、カバの餌やりに行ってきます!」
「ちょっとちょっと!」
「あ!すいません!私が失神してる間にカバの餌やりの時間も過ぎちゃいましたね。では、前々から欲しかったバッグがセールで大幅値下げしてたんで買ってきます!」
「もうそれはかなりのちょっとちょっと!だよ!いいから!どこかへ行こうとしないでいいから、とりあえずここにいなさい。」
「え!?でも、他の皆さんは動物の飼育を一生懸命してお給料を貰ってるのに、私はこうして園長と世間話してるだけでお給料を貰うだなんて、無理です!」
「どうなったら、話がそんな風に捻れまくるんだ!」
「違うんですか?」
「違うに決まってる!話がこれ以上捻れる前に単刀直入に言わしてもらいますよ?」
「どうぞ。」
「キミには」
「ガーン!!」
「早い早い早い!ガーン!!が早い!キミには、しか言ってないでしょう。」
「お話の流れ的にきっと、ガーン的な内容だと思ったので!」
「まあ、そうなんですけどね。」
「ガーン!!」
「だから、早い早い早い!相鎚のように、ガーンって言われたら話せなくなるでしょう。」
「ガーン禁止令ですか?」
「ガーン禁止令ですよ。そもそも滅多にお目に掛かれないですよ。ガーンって言う人に。ん?何してるんですか?」
「ガーンって言わないように、息を止めてるんです!」
「いや、息を止めながら喋れてる時点で、ガーンも言えちゃうでしょう。だいたい、息を止めながら話を聞かれても真面目に聞いてない感じがするからやめましょう。」
「きききき聞いてまままます!」
「その息を止める方に神経が集中しちゃってるでしょう。顔を真っ赤にして、時折白目で、美人が台無しでしょう。」
「プハー!!ありがとうございます!」
「何の握手?」
「美人と言って下さったからです。」
「握手も息を止めるのも話が終わるまで禁止しましょう。」
「握手が全ての国だったら一大事ですね。」
「握手が全ての国だったら一大事です。でもここは、そう言う国じゃない単なる動物園の園長室の一室ですからね。」
「握手が全ての国だったら、この園長室はまさに!革命軍の本拠地ですね!」
「何でそんな楽しそうに話しているのか理解出来ませんが、もうそれは放って置いて、こちらの話を先に進めましょう。」
「どうぞ。」
「キミには、この動物園を辞めてもらいます。」
「分かりました。」
「理解してもらえて助かります。」
「では、私はラクダのコブのブラッシングに行ってきます!」
「何で、分かりましたって言った後に、よく分からない事を言うの?」
「園長、時計を見て下さい!もうすぐラクダのコブのブラッシングの時間です!」
「いやそうだけども!そうなんだけども!キミはクビですよって話なんですよ?」
「何で私がクビなんですか!この動物園の職員の皆さんの誰よりも!園長よりも動物を愛してる私が、どうしてクビなんですか!」
「でも、誰よりも失神するでしょう。」
「それは、動物アレルギーだからです!」
「いやだから!それそれ!」
「大丈夫です!」
「何が?」
「今度は、失神しても仕事をやり遂げます!」
「だから、何が大丈夫なの?失神した時点で仕事はやり遂げられないでしょう。」
「では、ゾウの水遊びに行ってきます!」
「ラクダのコブのブラッシングは!」
「あ!そうだ!すいません園長!ついつい話に夢中でうっかりしてました!」
「夢中ではないでしょう。全く話の内容を理解してないのだから!」
「とにかくこれからは失神しないように頑張ります!失神しない事に全神経を集中して動物の飼育を一生懸命頑張ります!」
「完全に動物の飼育の方が片手間になるでしょう。」
「園長!!」
「な、何です?」
「バッファローの赤ちゃんにミルクを上げてきます!」
「キミの動物に対する愛情は買いますよ!でも、この仕事は動物に対する愛情だけでは勤まらないのですよ!」
「どうしてですか!ここは動物園なのに!どうして動物に対する愛情だけでは勤まらないんですか!」
「失神するでしょう!」
「動物アレルギーなんです!」
「堂々巡りも甚だしいね!」

第五百十四話
「美人雇用の落とし穴」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

「第五百十五話」

「ズコーッ!動物アレルギー?」
「はい。」
「ペンギンの?」
「違います。」
「ライオンの?」
「違います。」
「カバの?」
「違います。」
「何の?」
「人間以外の全ての動物です。」
「ズコーッ!何で?」
「何で?いや、何でと言われましても生まれつきなんです。」
「そうじゃなくて、何で動物園に就職したの?」
「ご迷惑でしたか?」
「ズコーッ!ご迷惑でしたかってレベルの話じゃないよね?」
「ありがとうございます。」
「え?何の握手?」
「園長が、こんな私を採用して下さった事への感謝です。」
「ズコーッ!知らなかったからね!知ってたら採用しなかったよ!」
「ギャフン!なぜですか!私がブスだからですか!そうなんですね!酷い!カビーン!」
「ズコーッ!いや、そんな事言ってないでしょう。ブスの下り一切無かったでしょう。それに、ブスじゃないでしょう。」
「ありがとうございます。」
「何の握手?」
「園長が私の事をブスじゃないと言って下さったからです。」
「自分の事をブスって、女友達の前では言わない方がいいと思いますよ?」
「どうしてですか?」
「なぜならそれは、キミが美人の部類だからですよ。」
「ごめんなさい、園長!」
「何の謝罪?」
「私、不倫は無理です!」
「ズコーッ!口説いてないでしょう!単なる忠告ですよ。忠告!」
「あ!そうでしたか!アハハハ!」
「ガハハハハ!」
「アハハハハハハハハ!」
「ガハハハハハハハハ!」
「アハハハハハハハハ!」
「ガハハハハハハハハ!」
「アハハハハハハハハ!」
「ガハハハハハハハハ!」
「アハハハハハハハハ!」
「ガハハハハハハハハ!ズコーッ!じゃなくて!呑気に園長室で笑い合ってる場合じゃなくて!パンダが来るって決まった日じゃないんだから!」
「す、すいません!すぐ、ペンギンの散歩に!」
「ズコーッ!ちょっとちょっと!」
「ドヒャー!あ!すいません!私が失神してる間に時間過ぎちゃいましたね。では、ライオンの飼育小屋の掃除に行ってきます!」
「ズコーッ!ちょっとちょっと!」
「ドヒャー!あ!すいません!私が失神してる間にライオンの飼育小屋の掃除の時間も過ぎちゃいましたね。では、カバの餌やりに行ってきます!」
「ズコーッ!ちょっとちょっと!」
「ドヒャー!あ!すいません!私が失神してる間にカバの餌やりの時間も過ぎちゃいましたね。では、前々から欲しかったバッグがセールで大幅値下げしてたんで買ってきます!」
「ズコーッ!ズコーッ!もうそれはかなりのちょっとちょっと!だよ!いいから!どこかへ行こうとしないでいいから、とりあえずここにいなさい。」
「え!?でも、他の皆さんは動物の飼育を一生懸命してお給料を貰ってるのに、私はこうして園長と世間話してるだけでお給料を貰うだなんて、無理です!」
「ズコーッ!どうなったら、話がそんな風に捻れまくるんだ!」
「違うんですか?」
「違うに決まってる!話がこれ以上捻れる前に単刀直入に言わしてもらいますよ?」
「どうぞ。」
「キミには」
「ガーン!!」
「ズコーッ!早い早い早い!ガーン!!が早い!キミには、しか言ってないでしょう。」
「お話の流れ的にきっと、ガーン的な内容だと思ったので!」
「まあ、そうなんですけどね。」
「ガーン!!」
「ズコーッ!だから、早い早い早い!相鎚のように、ガーンって言われたら話せなくなるでしょう。」
「ガーン禁止令ですか?」
「ガーン禁止令ですよ。そもそも滅多にお目に掛かれないですよ。ガーンって言う人に。ん?何してるんですか?」
「ガーンって言わないように、息を止めてるんです!」
「ズコーッ!いや、息を止めながら喋れてる時点で、ガーンも言えちゃうでしょう。だいたい、息を止めながら話を聞かれても真面目に聞いてない感じがするからやめましょう。」
「きききき聞いてまままます!」
「ズコーッ!その息を止める方に神経が集中しちゃってるでしょう。顔を真っ赤にして、時折白目で、美人が台無しでしょう。」
「プハー!!ありがとうございます!」
「何の握手?」
「美人と言って下さったからです。」
「ズコーッ!握手も息を止めるのも話が終わるまで禁止しましょう。」
「ドヒャー!握手が全ての国だったら一大事ですね。」
「握手が全ての国だったら一大事です。でもここは、そう言う国じゃない単なる動物園の園長室の一室ですからね。」
「ドヒャー!握手が全ての国だったら、この園長室はまさに!革命軍の本拠地ですね!」
「何でそんな楽しそうに話しているのか理解出来ませんが、もうそれは放って置いて、こちらの話を先に進めましょう。」
「どうぞ。」
「キミには、この動物園を辞めてもらいます。」
「分かりました。」
「理解してもらえて助かります。」
「では、私はラクダのコブのブラッシングに行ってきます!」
「ズコーッ!何で、分かりましたって言った後に、よく分からない事を言うの?」
「園長、時計を見て下さい!もうすぐラクダのコブのブラッシングの時間です!」
「ズコーッ!いやそうだけども!そうなんだけども!キミはクビですよって話なんですよ?」
「カビーン!何で私がクビなんですか!この動物園の職員の皆さんの誰よりも!園長よりも動物を愛してる私が、どうしてクビなんですか!」
「でも、誰よりも失神するでしょう。」
「それは、動物アレルギーだからです!」
「ズコーッ!いやだから!それそれ!」
「大丈夫です!」
「何が?」
「今度は、失神しても仕事をやり遂げます!」
「ズコーッ!だから、何が大丈夫なの?失神した時点で仕事はやり遂げられないでしょう。」
「では、ゾウの水遊びに行ってきます!」
「ズコーッ!ラクダのコブのブラッシングは!」
「ドヒャー!あ!そうだ!すいません園長!ついつい話に夢中でうっかりしてました!」
「夢中ではないでしょう。全く話の内容を理解してないのだから!」
「とにかくこれからは失神しないように頑張ります!失神しない事に全神経を集中して動物の飼育を一生懸命頑張ります!」
「完全に動物の飼育の方が片手間になるでしょう。」
「園長!!」
「な、何です?」
「バッファローの赤ちゃんにミルクを上げてきます!」
「ズコーッ!キミの動物に対する愛情は買いますよ!でも、この仕事は動物に対する愛情だけでは勤まらないのですよ!」
「カビーン!どうしてですか!ここは動物園なのに!どうして動物に対する愛情だけでは勤まらないんですか!」
「失神するでしょう!」
「動物アレルギーなんです!」
「ズコーッ!堂々巡りも甚だしいね!」

第五百十五話
「美人雇用の落とし穴(コメディ多め)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »