« 「第五百十五話」 | トップページ | 「第五百十七話」 »

2016年5月 4日 (水)

「第五百十六話」

 俺は、友人といつも下らない会話をする喫茶店に、その友人に呼ばれて、今日も下らない会話を共に喜怒哀楽していた。そして、友人が唐突、下らない話題に奇天烈を放り込んで来た。
「お前の裏技を教えてくれよ。」
「な、何?」
「お前の裏技を教えてくれよ。」
「俺の裏技って何だよ。」
「お前の裏技を教えてくれよ。」
「こえーよ!何で同じ台詞しか言わねーんだよ!」
「頭ん中、うんこだな!」
「どう言う状態だよ!」
「頭ん中が糞詰まりって事だよ!」
「独特な表現過ぎだろ!」
「ゲームとかであるだろ?裏技ってさ。」
「特定の操作をすると無敵になるとか、パスワードを入力すると金が増えるとか、そう言うのか?」
「知ってんじゃん!裏技!」
「そう言う意味の裏技は知ってるよ!でも、俺の裏技を教えてくれって意味がとにかく分かんねーんだよ!」
「同じだよ。」
「同じって何だよ!」
「同じだよ。」
「だから、同じって何だよ!」
「同じだよ。」
「だから、こえーよ!無表情で同じ台詞とか、とにかくこえーよ!」
「だから、特定の操作をすると無敵になるとか、パスワードを入力すると金が増えるとか、そう言う事だよ。」
「そう言う事だよって、だからその意味が分かんねーんだよ!」
「そんなキレられてもだよ。」
「そこまでキレてないだろ?」
「とにかく何でもいいから、お前の裏技を教えてくれよ。」
「ねーよ!」
「ねーの!?」
「ねーよ!ある訳がないだろ!特定の操作すると無敵になるとか、パスワード入力すると金が増えるとか、ゲームだろ!」
「じゃあ、それはゲームだとしてだよ!お前の右目と左の鼻の穴を同時に強く押すと、背中から翼が生える、とかは!」
「ただただ、俺の右目と左の鼻の穴が負傷するだけだ!」
「失礼して。」
「失礼してじゃねーよ!やろうとすんなよ!」
「ケチ!」
「ケチ!?これをケチのカテゴリーに入れるなら!お前はどうなんだよ!お前は!」
「俺は俺!地球は地球!」
「哲学風に返すなよ!じゃあ!お前の口に拳を入れたら背中から翼が生えるかもしれねーから、やってもいいか?」
「ケチ!」
「何でこの流れで俺がケチなんだよ!ただただ悪口かよ!」
「失礼して。」
「だから!失礼してじゃねーよ!こんな訳の分からない事で右目と左の鼻の穴を負傷したくねーから!だったら、お前の口に拳を入れさせろって!」
「お前なぁ?冷静になって考えてもみろよ。」
「何をだよ!」
「俺の口の中に拳を入れて、俺の背中から翼が生える訳がないだろ?」
「お前がな!お前がまず冷静になれよ!」
「俺はいつだって冷静だよ。明日、地球が滅亡するって言われても冷静だよ。」
「現象はとてつもないけど、経験した事ないからイメージしにくい事を比較に出されてもだ!」
「失礼して。」
「だから!失礼してじゃねーよ!失礼してじゃねーんだよ!お前さぁ?友達の右目と左の鼻の穴を負傷させてもいいのか?」
「背中から翼が生えるかもしれないんだぞ!」
「その代償がデカ過ぎなんだよ!」
「左耳を削ぎ落とすとか言ってる訳じゃないんだぞ?」
「同じレベルだ!」
「右目と左の鼻の穴に、親指をグイグイ押し込むだけだぞ?」
「だけって何だよ!だけって!左耳を削ぎ落とすよりかタチ悪いだろ!でなぁ?もう何かアレだよ!それって完全にそうしたら背中から翼が生える体で話を進めてるけども!もしもそれで背中から翼が生えなかったらどーすんだよ!」
「そん時は、俺がここ奢るよ。」
「そん時は、俺がここ奢るよ。肩ポンポン、ウインク、親指を立てる、じゃねーよ!アイスコーヒーで、俺は右目と左の鼻の穴を負傷かよ!たったアイスコーヒー1杯で!」
「追加で注文していいよ。」
「そーゆー事を言ってるんじゃねーだろ!この店のメニュー全て注文したとてだ!」
「失礼して。」
「失礼してじゃねーんだって!失礼したがるな!」
「勿体振らずに、失礼させてくれよ!」
「勿体振ってる訳じゃねーよ!最後には何だかんだでやってもいー訳じゃねーんだよ!絶対に失礼されなくねーの!」
「頼む!一生のお願い!」
「頼む!一生のお願い!頭下げて両手頭の上でスリスリじゃねーよ!」
「ケチ!」
「だから!ケチじゃねーよ!ケチじゃ!だったら、お前の口に拳を入れさせろよ!拳を入れさせろって言うか!肘まで入れさせろ!肘まで!」
「アッハッハッハッハッハッ!」
「拍手しながら大笑いすんな!」
「アッハッハッハッハッハッ!」
「その大物がするみたいな大笑いでのゆっくりな拍手やめろ!」
「いいぜ!」
「いいぜかよ!いいぜ!肩ポンポン、ウインク、親指を立てる、なのかよ!」
「ただし条件がある!」
「条件?」
「同時だ!」
「同時!?」
「そう!俺は、お前の右目と左の鼻の穴に親指をグイグイ押し込む!お前は俺の口の中に肘まで入れる!」
「アッハッハッハッハッハッ!」
「アッハッハッハッハッハッ!」
「アッハッハッハッハッハッ!」
「アッハッハッハッハッハッ!」

「アーハッハッハッハッハッハ!」
「アーハッハッハッハッハッハ!」

「アッハッハッハッハッハッ!ラーメンでも食いに行くか!」
「アッハッハッハッハッハッ!そうだな!お前の奢りでな!」
「何で?」

第五百十六話
「銅像」

「ねぇ?おじーちゃん?これ、なあに?」
「ん?これかい?これはのぅ?人間の背中から翼が生えた瞬間を記念して作られた銅像じゃよ。」
「エグいね。」
エグいのぅ。」

|

« 「第五百十五話」 | トップページ | 「第五百十七話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/65310351

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百十六話」:

« 「第五百十五話」 | トップページ | 「第五百十七話」 »