« 「第五百十九話」 | トップページ | 「第五百二十一話」 »

2016年6月 1日 (水)

「第五百二十話」

 俺は、宝箱開け課の者だ。宝箱を開けるだけで、トレジャーハンターではない。トレジャーハンターは、隣で二つの宝箱を前に座って腕組んで必死になって迷ってる奴の方だ。通常、トレジャーハンターと言ったら自分で宝箱を開けて宝を持ち帰ると考える人もいるかもしれないが、そう言う優秀なトレジャーハンターは極々稀な存在で、実際には役所に宝探しを申請しに来たトレジャーハンターと宝箱開け課とで話し合いを繰り返し、宝探しに向かう。
「で?俺は、どっちの宝箱を開ければいいんですか?」
「ちょっと待って下さい。もうちょっと考えさせて下さい。」
「そう言ってもう、何時間も経ちますよ?」
「そんな事言われても、まさか宝箱が二つ存在するなんて思ってなかったんですよ。」
確かに、この四丁目のクリーニング屋のダンジョンの47階には、宝箱は一つのはずだった。しかし、こう言う事態は、よくある事で、古からの言い伝えなんてモノは、結構大雑把なモノだ。金色の宝箱とボロい宝箱、トレジャーハンターの頭を悩ませるには、確かに十分な素材だ。
「あのう?宝箱開け課さん?」
「何ですか?トレジャーハンターさん。」
「どっちだと思いますか?」
「どう言う意味ですか?」
「金色の宝箱、ボロい宝箱、どっちも正解っぽいけど、どっちもトラップっぽい。どっちに宝が入ってると思いますか?」
「トレジャーハンターさん?分かっていると思いますが、それは規則違反です。あくまで開ける宝箱を決定するのは、トレジャーハンターの意志です。そこに役所の人間が関与する事は出来ません。」
「分かってます。けど、意見を聞くぐらいいいじゃないですか。」
「駄目です。何か事故が起きてからだと、後々面倒臭い事になります。」
「そんなマニュアル通りみたいな事言わないで、どっちだと思うか意見して下さいよ。」
「マニュアル通りに仕事するのが役所なので、すいません。それに、マニュアルに一番厳しいのが宝箱開け課なのは、トレジャーハンターさんが一番理解していますよね?」
「くそっ!ちくしょう!よし!金色だ!金色の宝箱にする!金色の宝箱を開けて下さい!」
「金色の宝箱ですね。分かりました。」

「いや!ちょっと待った!やっぱりボロい宝箱だ!ボロい宝箱を開けて下さい!」
「ボロい宝箱ですね。分かりました。」
「いやいやいや!やっぱり金色の宝箱!じゃなくて!ボロい宝箱!でもなくて!ああ!もう!くそっ!」
「どっちを開ければいいんですか?」
「あのう?宝箱開け課さん?」
「何ですか?トレジャーハンターさん?」
「金色の宝箱もボロい宝箱も、両方開けるって事は出来ないんですか?」
「それは出来ません。宝箱開け課同伴の場合、一つのダンジョンで開けられる宝箱の数は一つです。」
「そこを何とか!僕には、金色の宝箱かボロい宝箱かを決める事なんか出来ませんよ!」
「そもそも一人で宝箱を開けられるS級トレジャーハンターでさえ、一つのダンジョンで開けられる宝箱は三つまでの決まりです。貴方は、トレジャーハンター準二級です。そんなトレジャーハンターが、ここで宝箱を二つ開けられる訳がない。」

「でも!」
「ええ、言いたい事は分かります。中にはルールに反して宝箱を乱開けしてるトレジャーハンターもいます。しかし、その多くは免許を剥奪され、血族全員が宝箱刑務所に入れられ、死ぬまでそこから出られない生活を送っています。そして何よりも、そんな事をしたら宝箱がこの地球上から絶滅してしまうんですよ?それでもいいんなら、金色の宝箱とボロい宝箱を二つ開けます。」
「・・・すいません。バカな事を言ってしまいました。」
「分かって貰えたんなら、結構です。」
「宝箱開け課さん。」
「何ですか?トレジャーハンターさん?」
「トラップの確率は、どれくらいですか?」
「トラップの確率は、低いです。おそらく、金色の宝箱を開けてもボロい宝箱を開けても、宝が入っている確率が高いです。しかし、あくまでそれは確率が高いと言うだけで、トラップの場合もあります。確か申請時、トラップ保険には加入していましたよね?」
「はい。」
「では、何の心配もないはずですが?」
「あのう?宝箱開け課さん?」
「何ですか?トレジャーハンターさん?」
「どう考えてもトラップだった場合、僕よりも宝箱開け課さんの方がヤバいですよね?」
「はい、最悪の場合死にます。」
「いいんですか!?」
「いいも悪いも、それが宝箱開け課の仕事ですから。」
「そ、そうですか。」
まるで自分が死刑執行人になったかのような感覚に陥って悲しい目で俺を見るトレジャーハンターだったが、しかしそれが唯一、宝箱の乱開けの罪を俺が償う方法だ。
「さあ?トレジャーハンターさん?金色の宝箱、ボロい宝箱、どっちを開けますか?」

第五百二十話
血族解放の為」

|

« 「第五百十九話」 | トップページ | 「第五百二十一話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/65793561

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百二十話」:

« 「第五百十九話」 | トップページ | 「第五百二十一話」 »