« 「第五百二十四話」 | トップページ | 「第五百二十六話」 »

2016年7月 6日 (水)

「第五百二十五話」

「シェフ!大変です!」
「誰ですか!?」
「街に!怪獣が出現しました!」
「だから、誰ですか!?」
「すいません!申し遅れました!私は、こう言う者です。」
「国の人!?」
「はい!私は、国の人、です!」
「いや、どんな肩書きだよ!国の人って!そんな括りなら、俺も国の人だよ!みんな国の人だよ!」
「シェフ!申し訳ないですが、貴方のその妄想話にお付き合いしている無駄な時間は御座いません!」
「お前、言葉は丁寧だけど、なかなか酷い事を言うな!何だよ!何なんだよ!街に怪獣が出現したからって、国の人が俺に何の用なんだよ!」
「このブレスレットを付けて下さい!」
「はあ?何で?」
「このヒーローブレスレットを利き手に付けて下さい!」
「そこを詳しく聞きたかったんじゃないんだよ!」
「シェフ!いいや、シェフマン!このまま無抵抗に何の罪もない街の人々が怪獣に踏み潰されたり、怪獣に食べられたり、怪獣が暴れて倒したビルの下敷きになってもいいんですか!」
「いいかよくないかで答えるなら、よくないよ!」
「では、このブレスレットを付けて下さい!行け!シェフマン!」
「ちょちょちょ、ん?俺?俺が戦うのか?その怪獣と?」
「シェフマンが戦わずして、一体この緑の地球を怪獣の魔の手から誰が守るって言うんですか!」
「いや、今まで数々の怪獣の魔の手から緑の地球を守って来た感じで言われても、初めてだしさ。」
「何事にも初めてはあります!」
「国の人がいきなり現れて、怪獣と戦えって、何のトレーニングもなしに出来る訳がないだろ!」
「ヒーローには、負けると分かっていても戦わねばならない時があるんです!シェフマン!」
「シェフマン言うな!え?負けるの?」
「負けますよ。初戦があんな怪獣だったら、まず負けますよ。」
「スゲェ初めての事だらけが巻き起こってて、その勢いに押されてここまで話してアレなんだけどさ!どゆこと?」
「ヒーロー法をご存知ないんですか?」
「怪獣が街に出現する事すら知らなかったからな!」
「時間がないので簡単に説明しますが、ヒーロー法とは、怪獣が出現した地域の住民からランダムでヒーローを選び、怪獣と戦って緑の地球を守ってもらう法律です!」
「そんな無茶苦茶な法律があってたまるかよ!俺はな!シェフだ!単なるシェフだ!」
「いいえ、貴方はシェフマンです!もしかして、名前が気に入らないとかですか?たまにそう言うヒーローがいるんですよね。でしたら、ご自分でお決め下さい!」
「そう言う問題じゃねぇよ!怪獣と戦うなんて嫌だって言ってんだよ!」
「多くの一般市民の命がこの間も犠牲になってるんですよ!」
「それは気の毒だけどさ!俺だって死ぬかもしれないんだろ?」
「まず間違いなく絶対死にます!」
「まず間違いなく絶対死ぬ戦いに誰が行くんだよ!」
「えいっ!」
「お、おい!?何すんだ!外れない!外れないぞ!ブレスレットを外せよ!」
「一度付けたブレスレットは、一度怪獣と戦闘しなければ外せません!そして、一時間以内に戦闘に勝利しなければ、爆発します!」
「何だと!?ふざけんな!おい!」
「行け!シェフマン(仮)!」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・俺、左利きだぞ?」
「どうりで変身しないと思いました。」
「どうすんだよ。」
「・・・行け!シェフ!」
「フライパンでどう戦えって言うんだよ!」

第五百二十五話
「利き手シールばか売れの巻」

|

« 「第五百二十四話」 | トップページ | 「第五百二十六話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/66379114

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百二十五話」:

« 「第五百二十四話」 | トップページ | 「第五百二十六話」 »