« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月 3日 (水)

「第五百二十九話」

 家を囲む柵の前に老婆と中年の男が何やら立ち話をしていた。
「そうかねぇ?」
「お婆ちゃん?そうなんですよ?防犯のプロの僕が言うんです!」
「この柵じゃダメなのかい?」
「高さは問題ありません。防犯のプロの僕が言うんです!高さは大丈夫です!」
「だったら、一体何が問題なんだい?」
「問題なんだい?そんな防犯意識だと、お婆ちゃん?夜中に目が覚めた時には、枕元に強盗がいますよ?」
「怖いねぇ。」
「怖いです!とても怖いです!防犯のプロの僕が言うんです!それはもうこの世の何よりも怖いです!」
「それで?一体この柵のどこに問題があるんだい?」
「隙間ですよ!お婆ちゃん!」
「隙間?このほっそい隙間かい?」
「そうです!この柵のほっそい隙間です!」
「この柵のほっそい隙間のどこに一体そんな問題があるんだい?」
「問題があるんだい?そんな防犯意識だと、お婆ちゃん?夜中に目が覚めた時には、枕元に強盗がいますよ?」
「怖いねぇ。」
「怖いです!とても怖いです!防犯のプロの僕が言うんです!それはそれは怖くて怖くて、逆に怖くないです!」
「怖くないのかい?」
「怖いです!!」
「おやおや。しかしねぇ?この柵のほっそい隙間の一体何が問題なんだい?いくら考えてもババアには分からないよ。」
「この柵のほっそい隙間より、ほっそい強盗がお婆ちゃんの家を狙ってたとしたらどうします!」
「このほっそい柵の隙間より、ほっそい強盗がかい?こうして指先がやっと入るぐらいのほっそい隙間にかい?」
「こうして指先がやっと入るぐらいのほっそい隙間より、ほっそい強盗がお婆ちゃんの家を狙ってたとしたらどうします!」
「いるのかい?そんなほっそい強盗が?そんなほっそい人間が?」
「防犯のプロの僕が言うんです!います!」
「紙みたいなペラペラ人間かい?」
「紙で例えるのなら、そうかもしれません!」
「だけどね?例えそんなこのほっそい柵の隙間を通り抜けられる紙みたいなペラペラ人間のほっそい強盗がいたとしてだよ?そんな強盗が目が覚めて枕元にいたとしても、それならそれでババアの力でもどうにか撃退出来るんもんなんじゃないかい?」
「お婆ちゃん?自分の力を過信してはいけません!」
「過信している訳じゃないよ。」
「ならば、お婆ちゃん?お婆ちゃんは、100メートルを9秒台で走れますか?」
「ババアが走れる訳がないだろ?そもそもそんな風な過信はしてないだろ?」
「同じ事です!防犯のプロの僕が言うんです!」
「でも、過信する訳じゃない。過信する訳じゃないよ?それでも紙みたいなペラペラ人間になら、ババアでも撃退出来ると思うよ?」
「そこまで言うのなら、お婆ちゃんに聞きたい事があります。」
「何だい?」
「お婆ちゃんは、猛毒を持つヘビに噛まれたら死にますよね?」
「そりゃあ、猛毒だからね。死んでしまうね。」
「ほら!」
「ほらって何だい?ほらって何に対してのほらなんだい?」
「だって、さっき、お婆ちゃんは、このほっそい柵の隙間より、ほっそいペラペラ人間の強盗を撃退出来るって言ったではないですか!」
「言ったけど、それと猛毒を持つヘビと、一体どう関係があるんだい?」
「ほっそい強盗にも猛毒があるって事ですよ!クジラも一瞬にして殺してしまう猛毒があるって事ですよ!」
「それは嘘じゃないのかい?」
「防犯のプロの僕が言うんです!」
「そうかい?そうなのかい?だけど、そうなると柵のほっそい隙間をどうこうって話じゃなくなるね。」
「お婆ちゃん!話は、柵のほっそい隙間をどうこうです!」
「何でだい!?」
「何でもです!」
「そうかい?」
「そうです!」
「だったら、このババアは、このほっそい隙間の柵をどうすればいいんだい?」
「簡単ですよ。隙間のない壁にしてしまえばいいんです!防犯のプロの僕が言うんです!」
「家を囲む柵を全部壁に?だけど、そんな事したら、壁壊しに壁を壊されるだけじゃないかい?」
「お婆ちゃん?壁壊しは、もう絶滅しましたよ?」
「そうなのかい!?」
「そうです!天然痘よりも以前に壁壊し菌は根絶されてます。防犯のプロの僕の知り合いの病原菌のプロが言うんです!」
「ニュースになったかい?」
「ニュースにはなりませんでした。」
「なぜだい!?なぜ、そんな重大な事をニュースしないんだい!?」
「事が重大過ぎて、むしろ逆にニュースにするニュースでもなかったからです。だから、お婆ちゃん?壁壊しなんて昔の昔の大昔の笑い話ですよ。」
「笑い話じゃないだろ?それは不謹慎じゃないかい?当時は壁壊しで多くの人が苦しんだんだよ?」
「不謹慎過ぎて、逆に笑い話なんですよ。」
「そうなのかい?」
「そうなんです!防犯のプロの僕が言うんです!」
「でもね?この家を囲む柵を全部壁にするには、物凄い費用が掛かるだろ?だとしたら、ババアはこのままほっそい隙間の柵でいいさ。」
「お婆ちゃん!例えば、このほっそい隙間の柵より、ほっそい強盗の話がジョークだったとしてです!」
「ジョークだったのかい?」
「例えばの話ですよ!」
「何だい。例えばかい。」
「ほっそい強盗がお婆ちゃんの家に入らなかったとして、ほっそい犬が迷い込んだら、お婆ちゃんはそのほっそい犬を飼うと言うんですか!」
「話は、どんな方向に向かっているんだい?」
「もはや話は国家レベルにまで達してますよそりゃあ!防犯のプロの僕が言うんです!」
「どの辺がだい?」
「ほっそい犬って暗号が飛び交ってる辺りからです!」
「勝手に国家レベルの暗号を飛び交わさないでおくれよ!」
「早く決断しないと、お婆ちゃん!衛星からのレーザービームでこの家ごと地図上から消されちゃいますよ!」
「何を決断すればいいんだい!」
「決まってるじゃないですか!ほっそい隙間の柵を全て壁にするかです!」
「壁にするにしても一体どこに連絡すればいいんだい!」
「お婆ちゃん?お忘れですか?僕は防犯のプロです!ここにサインして、お金を振り込んでもらえば、すぐにでも請け負いますよ?」
「分かった!お願いするよ!」
「契約成立!」

第五百二十九話
「一人暮らしのお金持ちの老人の柵のほっそい隙間詐欺撲滅運動」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

「第五百三十話」

「キィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン!!」
「ん?耳鳴り?」
突然襲った強烈な耳鳴り、次の瞬間、俺の目の前には男が立っていた。
「え?誰?」
「幽霊です。」
「幽霊?こんなタイミングで?」
俺は、休日に仕事で溜まったストレスを解放する為に、ドライブをしていた。人はもちろん、車もほとんど走ってないどこか遠くの山道をマイペースに車を走らせていた。だが、唐突にそれはやって来た。そう、恐怖の腹痛だ。もはやそこから俺のドライブは、休日に溜まった仕事のストレスを解放する為のドライブじゃなく、ケツの穴から奴らを解放するトイレ探しのドライブになった訳だ。人間の尊厳と人なんていないんだから別にいいじゃんかって考えとが葛藤しながら、冷や汗で俺はトイレを探した。そしてやっと見付けた山道のドライブイン。この時ばりは、さすがの俺も神に感謝した。急いで車を駐車して、ケツにありったけの力を入れてトイレに駆け込み、便座に座って奴らを一気に解放し出したと同時に襲った強烈な耳鳴り、そして目の前に現れた男。
「幽霊?こんなタイミングで?」
「すいません。」
「何?」
「え?」
「いやだから、出て来たからには、何か理由があるんだろ?しかもこんなタイミングで現れるんだから、凄く重要な事なんだろ?だったらさっさと用件を言ってくれよ。見ての通り俺は今、とても忙しいんだよ。物凄く立て込んでんだよ。」
「重要かどうかは分かりません。この個室で首を吊って自殺しました。」
「そう。」
「こんな山道のドライブインで、しかもオフシーズンってのもあって、発見まで相当時間が掛かりました。」
「そうなんだ。」
「恐くないんですか?」
「恐いよ。幽霊だからね。でも、今は恐がる余裕がないんだよ。見て分かるだろ?で?それで?」
「僕は、貴方を殺す為に現れました。」
「こんなタイミングで!」
「すいません。」
「あれ?何かよく怪談話で聞く道連れ的なやつか?」
「たぶん、そうだと思います。」
「淋しいから?」
「そうなのかもしれません。」
「いやでもさぁ?いくら淋しいからって、初対面の人間に道連れ的な事するか?」
「ダメですか?」
「俺が質問してんだよ。」
「すいません。」
「だって、初対面だぜ?気の合った人間をってなら、まだ分かるけど、初対面でお互い何も知らないんだぜ?仲良くなれるかどうかなんて分からないんだぜ?俺が凄く嫌な奴だったら、どうすんの?」
「そこまで考えてませんでした。」
「誰でもいいからってのは、分かるよ。その気持ちは分かる。でも、もう少しよく考えた方がいいと俺は思うけどな。」
「苦しむ方がいいですか?やっぱり苦しまない方がいいですか?」
「なになになに?もう、俺を殺すってのは決定されてんの?」
「すいません。死んでから、一人も殺せてないので、鬼に物凄く叱られるんです。」
「叱るんだ、鬼。」
「はい。」
「つか、いるんだ、鬼。」
「はい。自殺した時、死んだショックであんまり鬼の説明を聞いてなかったから、詳しくはよく分からないんですけど、僕のケースはそう言う感じだそうです。」
「ちゃんと聞かなきゃ、ざっくり過ぎて分からないよ。」
「すいません。」
「まあ、あっちの世界がそう言うシステムなら、そう言うシステムでいいけどさ。俺は嫌だよ。こんなとこで死ぬなんてさ。」
「じゃあ、外で待ってます。」
「違うよ!こんなとこでってのは、トイレの中でって訳じゃなくて、人生のこんなとこでって事だよ。」
「これから先、生きてても楽しい事なんて一握りですよ?残りは辛い事だけですよ?」
「何で人生半ばで死んだ奴が人生を語る?いいか?例え、アンタが言ってる人生論が正しいとしてもだ。人間ってのは、生きてる事そのものに意味があるんだよ。」
「え?すいません。貴方をどうやって殺そうか考えててあまり聞いてませんでした。」
「そう言うとこだよ!」
「エンジンを掛けたら車が爆発するのと、便器の水が逆流してお尻の穴から入って来て溺死と、どっちがいいですか?」
「便器の水が逆流を選ぶ奴なんかいる訳ないだろ!」
「じゃあ!」
「じゃあ!じゃない!おい、聞いてなかったのか?俺は、殺されるつもりはないって言っただろ!」
「それは困ります!」
「俺も困ります!」
「ジャンケンしましょうか!」
「そんな事で生き死に決められるかよ!」
「僕は、グーを出します!」
「駆け引きすんな!やる訳ないだろ!」
「じゃあ、生き死に関係なしで、ただジャンケンしましょうよ。」
「信用出来るかよ!しかも、勝ったら生きるのか負けたら生きるのかルールが分からないだろ!」
「貴方、物凄く頭が良いですね。」
「当たり前だろ。これから俺は、世界を驚かせる大発明をするんだからな。」
「世界を驚かせる大発明!?一体何を大発明するんです?」
「幽霊が聞いても驚くぞ?」
「何ですか?」
「タイムマシーンだ!」
「ああ、なるほど。」
「何だよそのリアクションは!おいおいおい、まさか俺が夢だけ語る単細胞だと思ってんのか?だとしたら、見当違いだぞ?既に試作品は完成してんだ。明日、その試運転を控えてるってのに、死ねる訳がないだろ!」
「それ、失敗しますよ。」
「いくら幽霊だからって、俺の世紀の大発明を馬鹿にするなら、ぶっ飛ばすぞ?」
「馬鹿になんかしてません。」
「いきなり否定は、馬鹿にしてるも同然だろ!」
「馬鹿になんかしてませんよ!」
「だったら、もう何も言わずに俺の前から消えてくれ!」
「それは出来ません!」
「はあ?なら、俺が出て行く!」
「それも叶いません!」
「ふざけるな!」
「ふざけてませんよ!タイムマシーンを発明するのは、貴方ではありません。」
「おいおいおい、幽霊が今度は予言者気取りか?」
「これは、予言ではなく、事実です。」
「事実だと?」
「幽霊が未来の事を知ってる訳がないだろ!」
「幽霊じゃないんです、僕。」
「何!?」
「貴方のタイムマシーンの試作品の試運転は大事故を起こすんです。それは、貴方の助手によるものです。そう、スパイですよ。貴方のタイムマシーンの研究は、既に別の人間に奪われてるんです。その大事故がきっかけで、一族は辛い人生を歩む事になるんです。」
「何を言ってるんだ?」
「辛い人生を歩んで来た一族が出したこれが結論なんです。お祖父さん。」
「本当に幽霊じゃないのか?お前は、未来から来た俺の孫なのか!?」
「貴方を殺して、一族も消える。」
「ま、待て!?まだ実験は失敗した訳じゃないだろ!」
「まだ?お祖父さん。そんな希望的観測で意見しないで下さい。どんな事をしても、既に失敗してるんですよ。分かりますよね?だから、僕がここにいるんです。そして、貴方がどん底に落ちて、お祖母ちゃんと出会うフラグが立つ前に、僕らは消えなければならないんです。」
「や、やめろ!?ま、待て!?」
「大丈夫。誰が見ても首吊り自殺にしか見えないようにしますからから。」
「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

第五百三十話
「未来自殺」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

「第五百三十一話」

「ダークヒーロー?」
「ん?」
「ボクは、本当に助かるの?」
「ああ、俺がお前を助けてやる。お前に酷い事をしてきた父親と母親は、今日でお前の目の前から姿を消す。」
「ダークヒーロー?それって、パパとママを殺しちゃうって事?」
「俺は、こう見えてもあくまでヒーローだ。人間を殺すなんて事はしない。ただ、普通のヒーローじゃない。もしかしたら、他の人間からしてみたら、お前の父親と母親は、死んだも同然かもしれない。」
「パパとママに何をするの?」
「それは、お前のような小さな子供が知る必要はない。」
「そう。」
「現時点で、お前には三つの選択肢を自由に選ぶ事が可能だ。」
「三つの選択肢?」
「まずは、これから先もあの父親と母親と生活を共にする。つまりは、今までと何一つ変わらない生き方だ。もしも、お前がこの状況でその選択肢を選ぶなら、俺は今すぐこの場から姿を消す。そして、二度とお前の前に姿を現す事はない。」
「それはヤダ!このままパパとママと一緒にいたら、きっとボクは殺されちゃう!」
「もう一つは、俺がお前を父親と母親から救い出す選択肢だ。これを選べば、お前は二度と父親と母親に会えなくなる。」
「会いたくない!」
「もしかしたら、あの父親と母親が、心を入れ替える可能性も残されているんだぞ?」
「ボク、分かるんだ!パパとママは、ボクを愛してない!」
「愛してない、か。その顔で言われると、説得力があるな。」
「もう一つは?」
「ん?」
「ダークヒーロー、選択肢は三つあるって言ってたじゃないか。もう一つは?」

第五百三十一話
「ダークヒーロー」

「これだ。」
「銃?」
「最後の選択肢は、今からこの銃で、お前自身が父親と母親を殺す。」
「えっ!?」
「お前自身が、この運命の糸を断ち切る。それが、三つ目の選択肢だ。」
「憎いよ!殺したいよ!パパとママを殺したい!でも、でもそんな事したら!」
「ああ、俺はこう見えてもヒーローだからな。目の前の殺人を見過ごす訳にはいかない。お前が父親と母親を殺した時、お前は俺の敵になる。俺はお前を裁く。」
「ボクは、殺されちゃうの?」
「だから言っただろ?こう見えてもヒーローだ。殺したりはしない。ただ、他の人間からしてみたら、それは死んだも同然かもしれない、と。人には、復讐心がある。そして、殺意が存在する。だがそれは、どんな人間の心の中にもあるもんだ。しかし、心の中を占めるその大きさはそれぞれだ。お前の中にあるそれを心に封印したまま、大人になり、人生を歩んで行く事は、困難だ。お前の父親と母親は、お前の妹を殺した。奴等は、もはや人間と言うカテゴリーから逸脱してしまったのかもしれない。耳をすましてみろ?このシャワーの音が止まり、バスルームから父親と母親が出て来たら、次はきっと、お前の番だ。」
「や、やっぱり警察に!」
「アドバイスをやろう。警察は、三つ目の選択肢は与えちゃくれない。こうしてクローゼットに隠れて待っていても正義の味方は来てくれないぞ?さあ、時間はあまり残されてはいない。だがしかし、よーく考えるんだ、ダークヒーロー。」
「お兄ちゃん?誰と話してるの?ダークヒーローって?暗くて何も見えないよ。」
「ん?ううん、何でもないよ。何でもない。大丈夫、お兄ちゃんが絶対に守るからな。絶対に・・・。」
「うん!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

「第五百三十二話」

「ね、ねぇ!ちょっと!帰るって、どう言う事!?」
少年。
「その言葉通りだ。少年。」
正義のヒーロー。
「僕を助けに来たんじゃないの!?」
「ああ、その通りだ。」
「だったら、何で帰るだなんて言い出すの!?」
「そのつもりだからだ。」
「意味が凄く分からないよ!」
「少年、これは物凄く理にかなっている事だ。」
「難しい事を言われても分からないよ!」
「少年、私は必ず明日、少年を助ける!」
「はあ!?」
「では!」
「帰らないでよ!意味分かんないよ!何で今日じゃなくて明日なんだよ!明日助けに来るなら、何で今日来たんだよ!」
「正義のヒーローとして明日、確実に少年を助ける為にだ。正義のヒーローに失敗は許されない。その為の下見が大事なんだ。少年が、どんな場所に、どんな悪が、どんな目的で、どんな風に少年を監禁しているのかを知る為だ。」
「ちょっと待ってよ!明日、助けてくれるなら!今日でもいいじゃないか!」
「それは無理だ!」
「何でだよ!無理って何なんだよ!それに、僕には明日は無いかもしれないじゃないか!今日、殺されちゃうかもしれないじゃないか!」
「大丈夫だ、少年!」
「何が?」
「明日は、必ずやって来る!そして、私が必ず助け出す!」
「それ今日にしてよ!」
「さらばだ!」
「行かないでよーっ!!」
涙で滲む少年の眼差しの先には、夕陽に向かって飛び去って行く正義のヒーローの姿が映っていた。

第五百三十二話
「明日マン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

「第五百三十三話」

「行かないでよーっ!!」
少年。
「どうしたんだ?少年。」
正義のヒーロー。
「え、誰!?」
「誰って、少年が悪に監禁されてる場所にいる部外者って言ったら、正義のヒーローしかいないだろ?」
「正義のヒーロー!?良かった!正義のヒーローは、一人じゃなかったんだ!」
「ん?何をぶつぶつ言ってんだ?」
「ううん!何でもないよ!僕を助けに来てくれたんでしょ!」
「ああ、そのつもりだった。」
「良かった!もう、悪い人達に明日までに殺されちゃうんじゃないかって、絶望してたんだ!ん?そのつもりだった?何で、だった?」
「少年!すまん!」
「何で謝るの?」
「俺は、正義のヒーローとして、自分が悔しい!悔しくて堪らない!」
「ちょっと、落ち着いてよ、正義のヒーロー!意味分かんないよ。一体どうしたの?どうしたのって言うか、話はとりあえず僕を悪のアジトから助け出してからにしない?」
「本当に、すまん!」
「え、だから謝ってる意味が全然分からないんだってば!」
「正義のヒーローとして昨日、確実に少年を助けるべきだった。だが、正義のヒーローにもそれぞれ諸事情ってもんがある。」
「うん。」
「必殺技や得意な乗り物、得意とする地形や環境、様々な分野に秀でた正義のヒーロー達が、それぞれに人助けをしてる。」
「うんうん。」
「少年、正義のヒーローってのは、大変なんだよ。」
「うんうんうん、分かったからさ!とりあえず助け出してよ!」
「本当に、すまん!心から、すまん!少年!」
「ちょっと待ってよ!どうして帰ろうとするの!?」
「俺には、少年の明日を見守る事しか出来ないんだ。」
「ん?んん?難しい話とかは後でいいからさ。」
「今日を生きる少年の姿を、その元気な姿を目に焼き付ける事しか出来ない。」
「いやもう、半分殺されてるみたいなもんだよ?早く助け出してよ!」
「大丈夫だ、少年!」
「え何が?どの辺が大丈夫なの?ねぇ?」
「明日は、必ずやって来る!そして、誰か俺じゃない別の正義のヒーローが必ず助け出す!」
「それ今やってくれればいいじゃん!正義のヒーローならさ!」
「すまん!」
「え、ちょっとーっ!!行かないでよーっ!!」
涙で滲む少年の眼差しの先には、よるのはじまりに向かって飛び去って行く正義のヒーローの姿が映っていた。

第五百三十三話
「昨日マン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »