« 「第五百三十七話」 | トップページ | 「第五百三十九話」 »

2016年10月 5日 (水)

「第五百三十八話」

「俺は、親指を切断するから、後は任せた!」
「何でだよ!」
日が変わり一つ歳を取った頃、人を殺したから、切断するのを手伝ってくれと親友から連絡があり、どうせまたイタズラだろうと思い、暇だったから親友の家を訪ねてみると、バスルームに親友の彼女の死体が横たわっていた。原因は、些細なケンカだったらしい。その結末、親友が首を絞めて彼女を絞殺すると言うものだった。バスルームは全面、ビニールで覆われていた。バスルームのビニールで覆われた床には、土が盛られていた。その上に、親友の彼女は横たわっていた。それは、彼女が失踪してまず疑われるのが親友であり、部屋には一切の血液を残さない為だった。僕は、異様なバスルームのその光景を親友の口から聞かされた時、コイツ狂ってると思った。そして、コイツいつかやろうとしていたな、とも思った。その説明の後、僕は撥水加工を過剰に施されたレインコートに着替えさせられ、包丁を手渡され、バスルームに入った。
「俺は、親指を切断するから、後は任せた!」
「何でだよ!」
「シーッ!大きな声を出すなよ。彼女が目を覚ましたらどうすんだよ。」
「こえーよ!こんな状況でよくジョークをぶっ込んでこられるな!」
「彼女にもよく言われた。」
「お前ら、いつもどんな状況下でデートしてたんだよ!とにかく、まずは服を脱がすぞ。」
「しかし、リーダー。」
「誰がリーダーだよ!俺が殺したみたいだろ!」
「服を脱がすと言う事は、裸になるって事では?」
「死体をバラバラにするなら、どうしたって服が邪魔だろ。」
「それを口実に、人の彼女の裸を見て、興奮したいだけなんだろ!」
「興奮出来るか!こんな形相の女の裸で興奮出来るか!」
「こんな形相の女とは何だ!こんな形相の女とは!親友の彼女だぞ!親友の!」
「何で殺した?」
「つい!テヘッ!」
「テヘッ!じゃねぇよ!テヘッ!じゃ!テヘッ、一番不釣り合いな場面だろ!ふざけてんなら、帰るぞ?」
「ごめんごめん。悪かったよ。」
「切断して、バラバラにして、どっか山に埋めるんだろ?」
「目玉は記念に保管しとくけどな。」
「こえーよ!もう、そう言うヤツじゃん!シリアルキラー的なヤツがするヤツじゃん!」
「シリアルジョークだよ。」
「いいか?もうジョークやめろ!な!」
「分かりました!リーダー!」
「帰るぞ?」
「ごめんごめん。でもな?切断するだけじゃなくて、出来るだけ肉を削ぎ落として、ミキサーで細かく出来るとこまで細かくしたいんだよ。」
「そう言う、屋さんじゃねぇんだよ!俺は!お客さんの要望に出来るだけ答える、そう言う、屋さんじゃねぇんだよ!だいたい、そんな肉を削ぎ落としてミキサーしてたら、どんどけ時間が掛かると思ってんだよ。死んだら、どんどん硬くなっていくって言うじゃんか。」
「だから、出来る限りバスルームを暖かくしてるだろ?あそうだ!お袋がリンゴ送って来たんだけど、食うか?」
「食わねぇよ!食わねぇだろ!どのタイミングでお裾分けぶっ込んで来てんだよ!」
「じゃあ、帰りに持って帰れよ。ウチのリンゴは甘くて美味いぞ!」
「毎年くれるから知ってるよ。」
「よし!そうと決まれば、ちゃっちゃと切断して、終わらせちゃいましょう!リーダー!」
「リーダーやめろって言ってんだろ!」
「ごめんごめん。」
「じゃあ、やるぞ。」
「ラジャー!」
その後、俺は親友と親友の彼女と三人で、昼近くまで盛り上がった。

第五百三十八話
「サプライズバースデー」

「この辺でいいのか?」
「そうだな。ここなら景色も良いし、彼女もきっと喜ぶ!」
「お前なぁ?」

|

« 「第五百三十七話」 | トップページ | 「第五百三十九話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/67812920

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百三十八話」:

« 「第五百三十七話」 | トップページ | 「第五百三十九話」 »